Search

検索したいワードを入力してください

2019年07月05日

働き方が違う?大手企業とベンチャー企業の働き方の違い4つ

大手企業とベンチャー企業の特徴の違いを知っていますか。今回は大手企業とベンチャー企業について、それぞれの特徴やメリット、デメリット、働き方の違いについてご紹介していきます。就職や転職を検討されている方はぜひ読んでみて下さい。

働き方が違う?大手企業とベンチャー企業の働き方の違い4つ

大手企業とベンチャー企業とは

働き方が違う?大手企業とベンチャー企業の働き方の違い4つ
大手企業とは、一般的に大企業の中でも各業種のトップを占める企業のことを指し、ベンチャー企業とは一般的に新しいビジネス形態を積極的に展開している企業を指します。

今回はこの大手企業とベンチャー企業について、それぞれの特徴やメリット、デメリットについてご紹介していきます。就職や転職を検討されている方はぜひ読んでみて下さい。

大手企業

大手企業の定義は法律などで明確にされていません。

大手企業という言葉の前提に、大企業という言葉があります。これは中小企業基本法1の第二条で定義された中小企業という言葉の反対語として使用される言葉です。

大企業の中でもトップの企業が大手企業と見なされるのが一般的です。

ベンチャー企業

ベンチャー企業という言葉にも、明確な定義はありません。

一般的には新しいビジネス形態を積極的に展開していたり、ベンチャーキャピタルと呼ばれる投資会社から資金援助を受けている会社がベンチャー企業とみなされています。

またベンチャー企業の多くは中小企業の規模の会社であることが多いのも特徴の一つです。大学などの研究機関が作り出した新しいモノや技術を使い、起業するケースも増えています。

大手企業の働き方が向いている人

働き方が違う?大手企業とベンチャー企業の働き方の違い4つ
大手企業とベンチャー企業の特徴は全く違います。そのため、自分がどちらの企業に向いているのか事前に検討しておくと安心です。

ここからは大手企業の働き方が向いている人のタイプとその理由をご紹介します。

安定を求める人

大手企業は大企業の中でも特に名の知れた企業が多く名を連ねています。

大手企業は有名な企業、将来的にも安心して働けるというイメージが強く、働いていると他者や転職先の企業から信頼を得られやすい傾向にあると言えます。

顧客や取引先からも信頼が厚く、縁が切れにくいのも大手企業の特徴です。仕事がなくなるということはほとんどないので、安定を求める人に大手企業は向いていると言えます。

休日や休暇をしっかり取りたい人

働き方が違う?大手企業とベンチャー企業の働き方の違い4つ
大手企業の多くは休日や休暇の取得が適正に行えるよう、規則を設けています。これは労働時間の適正化にも関わっており、不必要な時間外労働が発生しにくくなっています。

規則の中で通常の休日以外に産休や育休が取得しやすくなっていたり、リフレッシュ休暇などが設けられている場合も多いのが特徴です。

休日や休暇はしっかり取りたいという人に、大手企業は向いていると言えるでしょう。

評価に拘わらない人

大手企業ではキャリアプランがある程度定型で定められている場合が多いです。一定の流れがあり、それに沿って昇進していく形になります。

しかし良くも悪くも規模が大きいため個人単位の実績が分かりづらく、毎回違う担当者が仕事の評価を行う場合も多いのが現状です。努力していても思ったような結果に結びつかないこともあります。

思うような評価が必ずしも得られなくても気にせず働ける人に、大手企業は向いていると言えます。

ベンチャー企業の働き方が向いている人

働き方が違う?大手企業とベンチャー企業の働き方の違い4つ
ここまで、大手企業に向いている人のタイプをご紹介してきました。

ここからは、ベンチャー企業の働き方が向いている人のタイプをご紹介していきます。大手企業とはまた違った個性的な特徴が多いので、ぜひ確認してみてください。

働きがいややりがいを重視したい人

働き方が違う?大手企業とベンチャー企業の働き方の違い4つ
ベンチャー企業の多くは設立から日も浅く、従業員も少ない場合が多いです。一人でもかけたら仕事が止まってしまうような場合も往々にしてあります。

自身の仕事が自社のサービスや製品の核になる、ということも多いので、やりがいを持って仕事に従事することができると言えるでしょう。

仕事のやりがいを重視したい人に、ベンチャー企業はぴったりです。

自分の裁量で仕事を進めたい人

ベンチャー企業は従業員の数が少ない場合が多く、従業員同士はもちろんですが、上司との距離が格段に近いのが特徴です。

直属の上司が直接評価をすることが多いため個人の昇進スピードが早く、個人に与えられる裁量は大きくなります。大手企業ですぐにはできないような物事の判断もどんどん自身で進められ、できることが増えていき、スキルも磨かれます。

自分の裁量でどんどん仕事を進めたい人に、ベンチャー企業は向いています。

正当に評価されたい人

働き方が違う?大手企業とベンチャー企業の働き方の違い4つ
先ほどもお話ししたとおり、ベンチャー企業の多くは従業員が少なく、他の従業員や上司との距離がとても近いのが特徴です。

人数が少ないからこそ、個人にしっかりと目が行き届きます。直属の上司から見たままの、正当な評価を下してもらうことができるのも、ベンチャー企業の特徴であると言えます。

自分の仕事をしっかり見て、正当な評価をして欲しいと思っている人に、ベンチャー企業は向いています。

大手企業とベンチャー企業の働き方の違い4つ

働き方が違う?大手企業とベンチャー企業の働き方の違い4つ
ここまで大手企業とベンチャー企業がどんなものなのか、どんな人が向いているのかについてご紹介しました。

ここからは大手企業とベンチャー企業の働き方の違いについてご紹介します。

実際に働く場合に企業の中でどのような働き方をすることになるのか、大手なのかベンチャーなのかで全く異なります。どちらが自身の希望の働き方に近いかなどと照らし合わせて読んでみてください。

大手企業とベンチャー企業の働き方の違い1:教育体制の充実

大手企業では仕事の教育方法がマニュアル化されている場合が多いです。そのためきちんとした教育を受けた上で働く働き方をすることができます。

これに対しベンチャー企業ではまた設立して間もない企業が多く、充分な教育体制が整っていない場合も少なくありません。状況によっては自身で調べたり、判断したりする働き方をする場合が多くなります。

教育体制に関しては、大手企業の方がその性質上充実していると言えます。

大手企業とベンチャー企業の働き方の違い2:仕事の範囲

働き方が違う?大手企業とベンチャー企業の働き方の違い4つ
大手企業では仕事の範囲が部署やプロジェクトごとに細かく決められています。そのため自身の社内での働き方は自ずと限定される傾向にあります。

これに対しベンチャー企業では十分な人数が確保できず、いくつかの仕事をまたぐように受け持って働く働き方が多い傾向にあります。

自身の仕事の範囲を把握しながら集中して働く働き方が大手、広い範囲の仕事を受け持ってスキルを磨きながら働く働き方がベンチャーと言えます。

大手企業とベンチャー企業の働き方の違い3:個人の影響力

大手企業ではプロジェクト単位の働き方をすることが多く、個人がどれだけその仕事に影響を与えているのか、自分がどれだけ貢献しているのか見えにくい傾向にあります。

これに対してベンチャー企業では個人単位の働き方をすることが多いです。そのため個人の仕事での成果が明瞭にわかる働き方であると言えます。

個人の影響力は大手企業では見えにくく、ベンチャー企業では見えやすい傾向にあります。

大手企業とベンチャー企業の働き方の違い4:雇用条件の安定

大手企業は顧客や取引先が多く、資金面にも余裕があるため倒産のリスクが相対的に低いのが特徴です。そのため精神的に余裕を持った働き方ができると言えます。

これに対してベンチャー企業は資金的な余裕はさほどなく、自社の技術やサービスで成果を上げられなければ失業のリスクも出てきます。そのため常に危機感を持った働き方をすることになります。

もともとの企業の性質上、雇用条件は大手企業の方が安定する傾向にあります。

大手企業とベンチャー企業の給料の差

働き方が違う?大手企業とベンチャー企業の働き方の違い4つ
ここまで、大手とベンチャーそれぞれの働き方の違いをご紹介しました。

ここからは大手とベンチャー、それぞれの給料の差をご紹介していきます。働き方が自分に合っているかはもちろん、給料も重要なポイントになります。確認してみてください。

大手企業の給料

大手企業の給料は500〜700万円が平均となります。

企業、業種によって給料に差がありますが、役員・重役クラスまで職位が上がった場合はこれよりも高い給料が支給されます。この場合は700〜900万円前後が相場となります。

ベンチャー企業の給料

ベンチャー企業の給料は400万〜600万円が平均となります。

大手企業よりも若干低めですが、ベンチャー企業の給料は個人の貢献度に比例して上がるため、昇給は大手企業よりも早い傾向にあります。

自分にあった働き方ができる企業が一番

働き方が違う?大手企業とベンチャー企業の働き方の違い4つ
いかがでしたか。今回は大手企業とベンチャー企業について、それぞれの特徴やメリット、デメリット、働き方の違いについてご紹介しました。

それぞれの企業に全く違った特徴がありますが、自分の特性にあった働き方ができる企業であるかどうかがとても大切です。

今回ご紹介した点に自分の特性を照らし合わせ、自身の働く場所を検討してみてください。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related