Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月01日

ヘッドハンティングで注意すべき点11個|受けるときの注意点5つ

最近、ヘッドハンティングという言葉をよく使われる場面が増えています。このヘッドハンティングとは何か、行うことのメリットとは何かをご紹介します。さらに、ヘッドハンティングのメリットにハントされる時に注意すべき点をご紹介しましょう。

ヘッドハンティングで注意すべき点11個|受けるときの注意点5つ

ヘッドハンティングとは

ヘッドハンティングとは、働く優秀な人材を他の企業からスカウトして、自社で働かせることを指します。会社を経営する経営者や部下をまとめる経営幹部などのミドル層ばかりではなく、社員の中からも引き抜きます。

ヘッドハンティングを行うのは、企業からこのような人材が欲しいと依頼されたヘッドハンターが行うことが多く、会社の経営を立て直したり、社員にやる気を与えるなどプラスになる人材をヘッドハンティングします。

ヘッドハンティングのメリット

外部から人材をヘッドハンティングすることのメリットは、自社にはいない優秀な人材を確保できます。スキルと実積がある優秀な人材を外部で探して引き入れることでいいアイデアが生まれたり、サービスの向上が期待できます。

また、人柄も重視するヘッドハンティングした優秀な人材は職場の雰囲気を明るくしたり、やる気のない社員と上手くコミュニケーションをし、やる気を出させて質のいい仕事をさせるなどのメリットもあります。

ヘッドハンティングで注意すべき点11個

わざわざ他の企業の社員を高い給料やビックな待遇でヘッドハンティングして自社に引き抜くことにはメリットもありますが、注意しないと逆にマイナスとなることがあります。では、ヘッドハンティングで注意すべき点11個を取り上げて詳しくご紹介します。

ヘッドハンティングで注意すべき点1:情報の開示

ヘッドハンティングで注意すべき点は情報の開示です。素行も分からないヘッドハンターに対し、企業の情報やポジション、家の住所や家族構成などをすぐに開示するのは悪用の恐れもあり、危険です。

また、会社の給料や待遇はどうか、ヘッドハンターの情報を紙面かWEB上で情報を開示してこないのも何か企んで近づいてきていると伝わりますので注意しましょう。

ヘッドハンティングで注意すべき点2:固定の電話番号からの連絡ではない

固定の電話番号からの連絡ではないヘッドハンティングには注意しましょう。固定電話の番号が分からないよう携帯や公衆電話からの電話の場合、競合相手が他社の優秀な人材を辞めさせたいとヘッドハンティングする時に電話します。

固定電話番号ではない電話は実在しない人の可能性もありますので、企業の固定電話番号をチェックすることが必要です。中には講習料や手数料をとるために電話をかける詐欺もあるので注意しましょう。

ヘッドハンティングで注意すべき点3:「あなただけの特別なオファーです」

ヘッドハンティングで注意すべき点は、「あなただけの特別なオファーです」と言ってくるヘッドハンターです。早く優秀な人材を自社に引き入れたいと考えるハンターは、あなただけにしか掲示しない特別な条件を伝えてきます。

しかし、ヘッドハンティングされた時、オファー内容を伝えてこないようであれば嘘をついている可能性がありますので、信用しないことが注意点です。

ヘッドハンティングで注意すべき点4:メールアドレスが.co.jpではない

メールアドレスがco.jpではないヘッドハンティングは注意しましょう。存在を明らかにする企業であれば存在を明らかにするcoやjpを含むメールアドレスを選ぶはずです。

このドメインは日本の会社の住所を表しており、届出を出す日本企業のみが保有する有料のドメインとなります。

そのため、信頼と信用が高いドメインを保有する企業のヘッドハンターかを企業に問い合わせてチェックすることが必要です。

ヘッドハンティングで注意すべき点5:機密案件だと強調する

ヘッドハンティングで注意すべきことは機密案件だと強調するヘッドハンターです。自社に引き込むために声を掛けてきたわりには、いざ案件内容について聞くと「機密案件だ」と案件内容を説明しない場合、引き抜かれた後に伝えられた案件内容とまったく違うことがあります。

実績もあり、企業から依頼されてヘッドハンティングを行うヘッドハンターであれば機密とは伝えず、詳細をきちんと公開して伝えてくるか注意しましょう。

ヘッドハンティングで注意すべき点6:某有名企業などあいまいな表現

某有名企業などあいまいな表現をするヘッドハンティングには注意しましょう。信頼あるヘッドハンターであれば企業名とポジション、そして名前を伝えてきます。

ところが、いくら聞いても企業名を言わない、ポジションも名前も嘘っぽいなど信用性に欠けるヘッドハンターが本当に実在しているかも怪しいところです。

面談のタイミングになっても企業名を出さないのであれば、詐欺かいたずらの可能性がありますので注意しましょう。

ヘッドハンティングで注意すべき点7:面談=安心とは限らない

面談をしたから安心とは限らないことに注意しましょう。ヘッドハンティングされて面談をしていい雰囲気となった場合、もうこれで採用は確実と安心してしまう人は多いです。

しかし、本当に採用されるかは面談だけでは決めることはなく、一度会議をしてから本当に採用するかを決めて、後日、連絡をしてきます。

そのため、面談したから安心だと会社を辞めないようにし、採用が決まるまで会社を辞めないよう注意をすることが必要です。

ヘッドハンティングで注意すべき点8:名刺に固定番号の記載がない

名刺に固定番号の記載がないヘッドハンターからのヘッドハンティングでは注意しましょう。他企業に信用と所在地を伝えるためにも、大抵の名刺に存在する企業の固定電話が記載してあります。

しかし、企業名が記載されていても固定番号が記載されていないのは、会社に連絡されては困る理由を抱えていると分かります。

そのため、自分から会社に連絡ができる固定電話が記載されている名刺を渡すヘッドハンターを選ぶことが注意点です。

ヘッドハンティングで注意すべき点9:セミナーの参加を強要してくる

セミナーの参加を強要してくるヘッドハンティングには注意しましょう。本来であれば、セミナーに参加するのは、自由に自分のタイミングで決めることが多く、ヘッドハンターにいきなり強要されて参加するものではありません。

強要するからには何か考えがあり、トラブルに巻き込まれる可能性も高いので注意が必要です。企業と直接関係のないセミナーであったり、内容が定かではないセミナーには参加しないようにしましょう。

ヘッドハンティングで注意すべき点10:すぐに書類を出す

すぐに書類を出すのは避けたい注意点です。いくら優秀な人材だからすぐに引き抜きたいとすぐに書類を出すよう要求してくるヘッドハンターが信用できるとは限りません。

会ってすぐに企業の案件の書類を見せて、ヘッドハンティングの契約にサインをさせるなど促し、何の説明もしないヘッドハンターも優秀ではなく、信用性に欠けるので注意が必要です。

ヘッドハンティングで注意すべき点11:高すぎる給与水準や好待遇

ヘッドハンティングで注意すべき点は、高すぎる給与水準や好待遇を掲示することです。優秀な人材を確保したいといっても、予想を大きく上回り、高すぎる給与を伝えるヘッドハンターは信用しない方が安全です。

また、多くの手当てが付くは、高級マンションに住める、年に何回も海外旅行に行ける、有給休暇や年間の休日が多いなどの好待遇を伝えるヘッドハンターは、引き抜きたいために嘘をついていることが多いので注意しましょう。

ヘッドハンティングを受けるときの注意点5つ

ヘッドハンターから優秀な人材だとヘッドハンティングをされるのは嬉しいことです。しかし、簡単に対応したためにトラブルに巻き込まれてしまう場合があります。

そこで、トラブルを回避するためにも、ヘッドハンティングを受けるときの注意点を5つご紹介しますので、参考にしてみてください。

ヘッドハンティングを受けるときの注意点その1:信頼性があるか確認する

ヘッドハンティングを受けるときの注意点は、ヘッドハンター自身と案件に信頼性があるか確認することです。本当にそのヘッドハンターは企業に勤めているのか、どのポジションでどのような仕事をしているのかを確認するのかが注意しましょう。

また、伝えてくる案件の内容は本当か、本当にその案件は実在するのかなど、細かい部分までしっかりと企業に連絡して確かめることで、転職してからトラブルを回避することができます。

ヘッドハンティングを受けるときの注意点その2:ヘッドハンティング先企業の情報取集をする

ヘッドハンティング先の企業の情報収集をすることが注意点となります。ヘッドハンターの勤める企業名や住所、電話番号などの情報を伝えてこない場合は、こちらの方から聞き出さないと何も情報を得られないまま話が進んでしまいます。

しかし、採用された後に初めて勤める企業や配属されるポジション、給与や待遇を聞かされて後悔することがありますので、しっかり企業の情報を自分で収集しましょう。

ヘッドハンティングを受けるときの注意点その3:即答しない

すぐに即答しないことがヘッドハンティングを受けるときの注意点です。自社に引き込みたいとヘッドハンターはすぐに即答させて会社を辞めさせます。

しかし、案件の情報も分からないし、企業の情報も分からないときには即答せず、しっかり案件とその情報を把握してから返答をすればトラブルを回避できます。

ヘッドハンティングを受けるときの注意点その4:給料やポジションなど条件を明確にする

ヘッドハンティングを受けるときの注意点は、給料やポジションなど条件を明確にすることです。このくらいの給料やこのポジションだろうと条件をはっきり伝えてこないのは、本当は給料が低く、ポジションも決まっていないことがあります。

そのため、しっかり給料やポジションなど条件を明確にしてくるヘッドハンターは信用もあると分かりますし、条件に違いがあれば企業に訴えて改善できますので明確にしましょう。

ヘッドハンティングを受けるときの注意点その5:すぐに退職手続きをしない

ヘッドハンティングを受けるときの注意点は、すぐに退職手続きをしないことです。魅力的な給料や待遇を口頭ですぐに自社で働いてほしいと言ってくるヘッドハンターの話が本当か分かりません。

そのため、ヘッドハンティングが最後まで完了していない間に退職してしまい、ヘッドハンターに逃げられて、仕事を失う前に辞めないようにしましょう。

ヘッドハンティングの流れ3つ

自分がヘッドハンティングをされたとき、どのような流れで新しい企業へ転職するのかチェックしておきたい人も多いでしょう。では、ヘッドハンティングの流れを3つピックアップし、それぞれご紹介します。

ヘッドハンティングの流れ1:ヘッドハンターからの連絡

ヘッドハンティングの流れは、ヘッドハンターからの連絡がきます。電話かメールで連絡がくるか、企業ページ経由でくることもあります。連絡内容は面談を希望する日時を聞かれることが多く、具体的な情報は、この時点では伝えられることはほとんどありません。

ヘッドハンティングの流れ2:ヘッドハンターとの面談

面談の日時を決めたらヘッドハンターとの面談を行います。面談では、転職先の企業名や与えられるポジションなど、具体的な転職先の情報を伝えられます。

この面談では、まだ転職先へと就職して働いた段階ではありませんので、自己の情報開示は少しだけに控えましょう。

ヘッドハンティングの流れ3:ヘッドハンティング先企業の担当者と面談

最後に、ヘッドハンティング先企業の担当者と面談があります。面談で聞けないもっと具体的な情報を知るために、企業の担当者と直接会って面談を行います。

この面談では、自分のどういった部分が高く評価されてヘッドハンティングされたのかをヒアリングすることもできます。

ヘッドハンティングの注意点を把握しておこう

ヘッドハンティングの注意点を把握しておきましょう。人当たりが良さそうなヘッドハンターが高い給料やビックな待遇を伝えても鵜呑みにしてはいけません。

信用し、部署やポジション、企業への不満を話した後にそのヘッドハンターが実は詐欺であった、案件など嘘であったなどのトラブルに見舞われる可能性がありますので注意してください。信頼性があるか分からないから即答せず、企業の情報を収集し、条件を明確にしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related