Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月10日

Webプログラマーの平均年収3つ|年収アップの方法や有利な資格も紹介!

Webプログラマーの平均年収やスキルアップに必要な要素を紹介します。Webプログラマーは自身のスキルや経験、実績によって大きく年収が左右される職業です。またプログラム言語にも流行りがあり常に最新の情報を知る必要があるでしょう。詳しく解説していきます。

Webプログラマーの平均年収3つ|年収アップの方法や有利な資格も紹介!

Webプログラマーとは

Webプログラマーの仕事はインターネット上のプログラムを設定する仕事です。私たちが閲覧しているホームページや企業の公式サイトなどを設計している職業を指します。Webサイト構築に必要なものにHTMLやCSSがあります。

より高いWebプログラマーを目指すには、さらに高度な言語取得は避けては通れません。その他に企業にカスタマイズされたデータベース連携や問い合わせページなど多岐にわたります。

Webプログラマーの仕事内容

インターネットに公開されているホームページの構築がWebプログラマーの仕事内容になります。例えばホームページのトップページに特定の画像を表示させたい、新商品の解説ページを目立つ箇所に表示させたい要求をHTMLなどの言語で表示する仕事です。

ホームページ制作の他に、システムの構築やマネジメントも含まれます。一般的に年収が高いとされ、人気のある仕事です。

【年齢別】Webプログラマーの平均年収3つ

Webプログラマーの平均年収について詳しく見ていきましょう。持っているスキルや実績によって年収が大きく異なります。プログラマーは年齢によってある程度の目安を付けることは可能といえるでしょう。

Webプログラマーの平均年収20代

WEBプログラマーとしての年収を見ていきましょう。20代ではまだまだスキルや実績が足りない年代です。なのでWebプログラマーだからといって特別、年収が高いといったケースは稀と言っていいでしょう。

新卒採用の場合は、未経験なのか入社した会社にもよりますが、平均して年収が400万円ほどと考えていいでしょう。

Webプログラマーの平均年収30代

30代だとWebプログラマーとしてスキルも身につき、一人でプロジェクトを任される年齢と言えるでしょう。役職についたり、部下を持って責任感のある立場で仕事をすることも増えてきます。

年収も上がり平均して450万円程度が見込めます。所属している会社や役職やスキルにもよりますが、Webプログラマーの平均年収はこの数字となります。

Webプログラマーの平均年収40代

Webプログラマーだけでなく40代だと、後輩や部下を従える立場となります。またマネジメント教育や企業との仕事でも、核となるポジションに就くことも多いでしょう。平均年収は400万円後半から500万円ほどと言われています。

より専門的な知識やスキルがある、企業が顧客として固定されている場合などは、もっと年収が跳ね上がると考えていいでしょう。

フリーランスの場合

フリーランスの場合、一概に値段を設定することは困難でしょう。フリーランス自身のスキルや習得している言語などにより収入が異なるからです。

またある程度の年齢でフリーになるのか、独学で副業としてフリーランスになるのかにもよるので、相場が大きく異なることは確かです。平均年齢よりも上になることもあれば、大きく下回ってしまうことも考えられます。

Webプログラマーの年収アップの方法6つ

Webプログラマーは常にスキルアップが必要な職業と言えるでしょう。年収を上げるためにも「経験と実績を積む」「言語習得」「スクールへ通う」「転職する」「独立する」「副業で稼ぐ」の6つのポイントから解説します。

副業や独立することは簡単なことではありません。まずは今の環境で、できることからはじめて年収を上げる努力をしましょう。

Webプログラマーの年収アップの方法1:経験と実績を積む

Webプログラマーは簡単なホームページ制作だけでなく、データベース管理などのスキルも必要です。年収をあげるためには実務経験を積むこと、スキル向上が何よりの近道です。

プログラミング言語の数は多くあり、専門性が高いので自分のキャリアを明確にすることが重要と言えるでしょう。ホームページ制作に特化するのか、システム制作に特化するのかによって選択すべきプログラム言語は異なります。

Webプログラマーの年収アップの方法2:言語を学ぶ

PHP・ruby・Objective-C・JAVA・javascriptといった必要な言語を身に付けるべきでしょう。ホームページ上のデザインだけで満足してはいけません。

実は言語はどれかひとつだけ習得すればいいのではありません。流行り廃りがある業界なので、どの言語をマスターすべきか考えましょう。

優秀なWebプログラマーになるために、流行りの言語を学ぶという点は外せないポイントです。

Webプログラマーの年収アップの方法3:スクールへ通う

システム構築や業務用ツール言語に特化したWebプログラマーは年収が高い傾向にあります。しかし専門性が問われるので、独学でなんとかなるようなものではありません。スクールに通った方が時間の無駄にならないでしょう。

一例ですが、PHP、JAVA、Python、oracleといった言語を学ぶようにしてください。求人サイトなどにも、これらのスキルを求める求人が多く掲載されています。学んで損はないでしょう。

Webプログラマーの年収アップの方法4:転職する

Webプログラマーの経験がなく仕事の経験を積みたい場合は、給与面で多少の難があっても目をつむるでしょう。でも十分な経験やスキルを手に入れても、条件が変わらないとすれば転職がおすすめです。

現在働いている企業での年収アップが難しい時、思いきって転職することも年収を上げる方法です。Webプログラマーは非常に需要の高い職種です。転職サイトに登録し、担当者に相談することか始めましょう。

Webプログラマーの年収アップの方法5:副業する

Webプログラマーの中には副業をされている方もいます。副業は本業のスキルアップにも繋がるので、メリットがあります。ただ、会社によっては副業を禁止している場合もあります。注意した方が良いでしょう。

また本業が疎かになってしまうほど、飲めり込まないよう注意が必要です。あくまで本業としている仕事のWebプログラマーの方をこなしましょう。

Webプログラマーの年収アップの方法6:フリーランスになる

Webプログラマーをしている方にとってフリーランスという言葉はそれほど違和感がないでしょう。多くのWebプログラマーがフリーランスとして成功を収めているからです。ただ、フリーランスとして活動をするなら当然、気を付ける点もあります。

フリーランスは、顧客や仕事を自分で受注しなければなりません。人脈や仕事のアテがない状態から始めると収入がなくなってしまう恐れもあります。注意しましょう。

webプログラマーに有利な資格4選

Webプログラマーになるため、または年収を上げるために有利な資格を紹介します。「Ruby」「PHP」「Python」「JavaScript」の4つの資格です。

必須のものから、将来性があるものがあるので、これからWebプログラマーを目指す人もスキルを上げたい方も一読してください。

webプログラマーに有利な資格1:Ruby

Ruby言語とはWebでシステムを動かすために必要なプログラム言語を指します。Webプログラマーの中でも、システム開発やプログラム構築の分野に進みたい方におすすめです。

Ruby言語専門的な言語なので求める企業も多く、年収面でも後押ししてくれるはずです。

Webプログラマーに有利な資格2:PHP

PHPの資格には初級・上級・ウィザードの3種類あります。PHPの初級は未経験からWebプログラマーを目指そうとしている方に、人気の資格になっています。PHP資格を突破することで、他のプログラム言語が理解しやすくなるという利点もあります。

Webプログラマーに有利な資格3:Python

Pythonはこれから、さらに重要になってくる言語でしょぅ。それは人工知能やAIに関するプログラム言語だからです。最近は、手軽にプログラミングを学べる時代です。今から資格を取っておけば、職場やアルバイト先でも力になってくれます。

データ解析、仮想技術面でもこれから必要になると予想されています。将来的にもっと違う分野でも活躍が見込まれますので、受験をしておいて損はないと言えます。

Webプログラマーに有利な資格4:JavaScript

JavaScriptとはWebのギミックを表現するプログラム言語です。指定の場所に画像を張り付ける、リンクを記入するなどは簡単なHTMLだけで表現できます。

しかし、これに加えてカーソルを文字の上に乗せると色が変わるというようなギミックを加える時に使用するのがJavaScriptです。Webを魅力的に作る、デザインをよくするために必要な言語と言えるでしょう。

Webプログラマーに似た職業は?

Webプログラマーだけでなく、Webに関する職業は多岐に渡ります。同じ仕事内容ではなくても、一緒に仕事を進めていくためにも知っておいて損はないでしょう。自分の分野以外の仕事を知ることで、スキルアップや年収アップにつなげてください。

Webデザイナー

Webプログラマーによく似た職業にWebデザイナーがあります。クライアントから仕事を受けWebサイトをデザインしていく仕事です。

クライアントの注文に対してヒアリングする能力も欠かせません。文字のフォントから、全体的なカラーなどサイト全体のイメージを固めて作っていきます。

全体の構成を考える仕事なので、クライアントの希望に沿ったサイトを作る能力と、自身の感性も大事になってくる仕事と言えるでしょう。

Webデザイナーの平均年収

Webデザイナーの年代別平均年収について詳しくみていきましょう。20代で300万円前後と言われています。入社当初から高い専門性を問われるので、この金額となります。30代で300万円後半、40代で500万程度と考えていいでしょう。

持っているスキルや顧客、また所属する企業にもよりますが比較的安定して金額が上昇する職業と言えます。

SE

SEの仕事は、主にプログラムの設計や開発の仕事になります。データ分析や統計、売り上げの統計や、顧客満足度の推移など多岐にわたります。クライアントによってシステムの内容が変わることが特徴と言えるでしょう。

1人で請け負うというより、チームで行っていくことや継続的にシステムを稼働させる必要があります。そのため、長期的にひとつの仕事を受け持つことが多いでしょう。

SEの平均年収

SEの平均年収は約500万円と高い水準です。SEは企業にとって欠かせない存在です。代わりが効く職業ではないので、同じ職場で長期に渡って雇用されるという特徴があります。

しかし、その一方でシステムが軌道に乗るまでは評価されない、エラーが起こった場合には早急に対処しなければならないなどのデメリットもあります。臨機応変に対応する場面も少なからず出てくるでしょう。

Webプログラマーの年収について知ろう

Webプログラマーは目指す方も多く、人気の高い職業です。また年収も高い傾向で、更なるスキルがあれば転職や就職に有利な仕事です。

年収面だけでなく、Webシステムを一から構築する楽しみがあるのがWebプログラマーです。クリエイティブを刺激される仕事であることを知って、自分に有利な選択肢を増やしていきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related