Search

検索したいワードを入力してください

2019年07月05日

ゲームディレクターの業務内容の種類3つ|ITエンジニアの仕事内容や特徴

ITエンジニアの需要が増え、供給が追い付いていない状況です。ITエンジニアの中の1つの種類であるゲームディレクターも人気のある職業の1つですがどのような仕事を行うのでしょうか。この記事ではゲームディレクターの業務の種類や必要なスキル、平均年収などご紹介します。

ゲームディレクターの業務内容の種類3つ|ITエンジニアの仕事内容や特徴

ITエンジニアとは?

ゲームディレクターの業務内容の種類3つ|ITエンジニアの仕事内容や特徴
ゲームディレクターという職業を聞いたことはありますか。ゲームディレクターとは一言でいうと、ゲーム制作現場における総監督のことです。アイデアの段階から携わり、制作現場のプログラマーやデザイナーなどを取りまとめるディレクションが主な仕事内容となります。

ゲームディレクターはITエンジニアの中の1つの種類でもあります。この記事では、ゲームディレクターの業務の種類や必要なスキルなどについてご紹介します。

ITエンジニアの仕事内容

ITエンジニアとは、情報技術を扱う技術者たちの総称を指す職業で、ゲームディレクターもこの中の1つの種類として含まれます。ITエンジニアの仕事内容を一言でいうと、コンピューターを動かすためのシステムを設計することです。

ITエンジニアの種類は多く、クライアントの要求に応じたシステムを設計するシステムエンジニアや、ネットワーク設計や管理を行うネットワークエンジニアなどもITエンジニアの種類の1つです。

ITエンジニアの平均年収

ITエンジニアの平均年収はどのくらいでしょうか。ITエンジニアの種類によって平均年収も異なってきます。

クライアントの要望を受けてシステム開発を行うシステムエンジニアは平均年収が300万~600万円程度です。プログラミング言語を使用してシステムなどを作るプログラマーで平均年収は300万~500万円くらいです。

また、WebエンジニアもITエンジニアの1つの種類ですが、平均年収は400万円前後です。

ITエンジニアになる方法

ゲームディレクターの業務内容の種類3つ|ITエンジニアの仕事内容や特徴
では、ITエンジニアにはどうすればなれるでしょうか。近年、どの種類のITエンジニアも全体的に人手不足で、未経験からでも転職を狙える可能性があります。

未経験者向けにITエンジニアリングのノウハウを研修で指導してくれる企業もあります。

一般的には、プログラミングなどを学習の上で転職活動に臨むとスムーズです。プログラミング学習からITエンジニアへの就職支援まで行ってくれるスクールもあります。

ゲームディレクターの業務内容の種類3つ

ゲームディレクターの業務内容の種類3つ|ITエンジニアの仕事内容や特徴
では、ITエンジニアの中の1つの種類である、ゲームディレクターはどのような種類の業務を行うのでしょうか。

ゲームディレクターはゲーム開発の現場を統括する責任者です。プログラマーやプランナーなど多くのスタッフが関わるゲーム開発チームをまとめあげ、企画から完成までを管理します。

ゲームディレクターの業務は、他のITエンジニアと同じくスケジュール管理や、ゲームの質を維持するための品質管理などがあります。

ゲームディレクターの業務内容の種類1:スケジュールの進行管理

ゲームディレクターの業務内容の種類3つ|ITエンジニアの仕事内容や特徴
まず、ゲームディレクターの業務であるスケジュール管理では、開発スタッフの役割や経験を生かしてスムーズにゲーム開発を進めていけるように、スタッフに的確に指示や伝達を行う必要があります。

制作において問題や不具合が発生した場合にも、スタッフに対して適切に指示を出して対処していくことが重要です。この業務は、他のITエンジニアも行っている業務の1つで、プロジェクトなどがスムーズに進むように管理しています。

ゲームディレクターの業務内容の種類2:コンテンツの品質管理

ゲームディレクターの業務内容とには、コンテンツの品質管理も含まれます。

企業は自社の商品やサービスの品質管理を行ていますが、ゲーム会社も例外ではありませんん。ゲーム会社は自社のゲームがユーザーの手に届く前にさまざまな形で品質管理に努めています。

ユーザーの手元に行ってからゲームが進行不能になるなどの事態が起こらないように、開発の段階で念入りにチェックいく必要があります。

ゲームディレクターの業務内容の種類3:クライアントとの打ち合わせ

ゲームディレクターの業務内容の種類3つ|ITエンジニアの仕事内容や特徴
ゲームディレクターの仕事は開発チームの統括だけではありません。クライアントと打ち合わせを行い、要望を確認することもゲームディレクターの業務の1つです。

ゲームディレクターはクライアントが求めるゲームの仕様や世界観などを打ち合わせを通じて聞き出し、それをチームのメンバーに伝えて実現可能かなどを調整していく必要があります。

ゲームディレクターの知っておきたい開発ツールの種類4つ

ゲームディレクターの業務内容の種類3つ|ITエンジニアの仕事内容や特徴
ゲームディレクターは直接、開発ツールを使ってゲーム制作はしません。

しかし、的確な指示を出すためにはプログラマーが使用する開発ツールを把握しておく必要があります。また、何か問題があった際にはゲームディレクターが開発ツールを扱う可能性もあります。どのような種類の開発ツールがあるのでしょうか。

主にUnity、Unreal Engine、Git、Visual Studioの4種類を知っておくと安心です。

ゲームディレクターの知っておきたい開発ツールの種1:Unity

Unityとは、モバイルやブラウザゲーム制作の開発ツールで、100万人以上の開発者が利用しています。

iOSやAndroidなどのモバイル端末やPSなどの家庭用ゲーム機などに幅広く対応していて、さまざまなプラットフォームのゲームの開発ができます。また、画面上にオブジェクトを配置して操作ができるので、プログラミングのスキルがなくてもゲームを作ることができます。

ゲーム制作初心者におすすめのツールです。

ゲームディレクターの知っておきたい開発ツールの種2:Unreal Engine

Unreal Engineとは、エピックゲームズが自社で開発した「Unreal」などのゲームや同業他社が開発したゲームなど、多くの3Dゲームで採用されている開発ツールです。Unityと同じく、プログラミング言語がわからない人でもゲームを作ることができる仕様になっています。

また、Unreal Engine 4は2015年に無償化したことで、大きな話題となりました。

ゲームディレクターの知っておきたい開発ツールの種3:Git

Gitはオフラインでもプログラムの編集などができるツールで、その変更履歴も管理することができます。エンジニアだけではなく、WEBデザイナーなど、ITエンジニアのほとんどの人にとって必要な知識です。

Gitの最大の特徴は全てのフォルダのコピーを自分のパソコンの中に作成できる点です。また、いつ誰が何を変更したという履歴も管理できるので、ファイル名をわざわざ変更して保存する必要がなく便利です。

ゲームディレクターの知っておきたい開発ツールの種4:Visual Studio

VisualStudioとはMicrosoft社が開発した開発ツールです。

WindowsやAndroid、iOS、Webアプリケーションなどさまざまなアプリケーションを構築するために統合された開発環境を手に入れることができるため、「あらゆる開発者とあらゆるアプリのためのツール」と呼ばれています。

拡張機能を使うと、自分のスキルやアプリに合ったプログラミング言語で開発することができ、柔軟性が高いです。

ゲームディレクターに求められるスキル4つ

ゲームディレクターの業務内容の種類3つ|ITエンジニアの仕事内容や特徴
ゲームディレクターの業務内容や知っておくとよい開発ツールについてご紹介してきました。これらをふまえて、ゲームディレクターに求められるスキルは何でしょうか。

ゲームディレクターになる上で必要なスキルは主にコミュニケーションスキル、スケジュール管理スキル、ゲームプログラムに関する専門知識、情報収集スキルの4種類です。これらはITエンジニア全般にも必要であるといえます。

ここではこれら4種類のスキルについて具体的に見ていきます。

ゲームディレクターに求められるスキル1:コミュニケーションスキル

まず、ゲームディレクターには開発チームを編成してビジョンを伝え、それに必要な目標を設定するための伝達力やコミュニケーション能力が求められます。

また、問題に直面しているような時に、スタッフのモチベーションを維持することもゲームディレクターの役割です。スタッフが信頼してついていこうと思えたり、意見を聞こうと思えるように、スタッフと良い関係を築けるコミュニケーション能力が必要です。

ゲームディレクターに求められるスキル2:スケジュール管理スキル

ゲームディレクターに求められるスキルの1つとして、プロジェクト進行の管理やスタッフへの的確な指示など、全体を広く俯瞰してスケジュールを管理していく能力が必要となります。

そのためには、トラブルの際に開発スタッフそれぞれの言い分やを聞き、誰もが納得できる解決を図る調整能力も必要です。また、スケジュールを管理するためには企画から完成までのプロセスすべての知識を押さえておかなければいけません。

ゲームディレクターに求められるスキル3:ゲームプログラムに関する専門知識

ゲームディレクターの業務内容の種類3つ|ITエンジニアの仕事内容や特徴
ゲームディレクターは製作現場全体を指揮する必要がありますので、プログラミングやデザイン、シナリオ制作、音楽などのさまざまな専門知識を身につけておかなければなりません。

なお、ゲームディレクターには、プログラマーなどゲーム開発スタッフとして経験を積んだ上でキャリアアップすることが一般的です。また、ITエンジニアの中にはゲームディレクターに必要なものと近い種類のプログラム言語を扱う職業の人もいます。

ゲームディレクターに求められるスキル4:情報収集スキル

ゲームディレクターには魅力的なゲームを創りだせる発想力が必要です。また、自分がおもしろいと思うものだけでなく、ユーザーがおもしろいと思えるようにニーズを把握することも大切です。

発想力は、自分の体験や知識などのさまざまな情報から生まれてきます。全く関係のない分野の知識や経験がヒントになる場合もあります。自分の好みにとらわず、常に幅広い種類の情報を集められるスキルがゲームディレクターには必要です。

ゲームディレクターの気になるポイント3つ

ゲームディレクターの業務内容の種類3つ|ITエンジニアの仕事内容や特徴
ゲームディレクターという職業に興味を持たれた人も多いでしょう。では実際に転職を考えるとなると、押さえておくべき気になるポイントは何でしょうか。

ここでは、ゲームディレクターという職業のやりがいはどうか、未経験でもなれるのか、またゲームディレクターの平均年収はどのくらいかの3種類の点について考えていきます。

ゲームディレクターの気になるポイント1:やりがい

ゲームディレクターという仕事は、多くの開発スタッフで作成したゲームが世間に発売され、ユーザーの反応がよいときに、やりがいを痛感することができます。

また、ゲーム制作に直接かかわることができますので、ゲーム好きにはたまらない仕事です。多くのスタッフと一緒に仕事をするので、ひとつの物をみんなで作り上げる一体感も感じることができます。

ゲームディレクターの気になるポイント2:未経験でもなれる?

ゲームディレクターは、プログラマーなどのゲーム開発スタッフが経験を積んだ上でキャリアアップとして就くことが多いです。未経験でいきなりなることは少ないですが、前職での経験をアピールできれば十分に採用してもらえるチャンスがあります。

前職で、ゲームディレクターに必要なコミュニケーションスキルやスケジュール管理スキルなど数種類のスキルを得ていることを十分にアピールしましょう。

ゲームディレクターの気になるポイント3:平均年収

ゲームディレクターの業務内容の種類3つ|ITエンジニアの仕事内容や特徴
ゲームディレクターの仕事の平均年収はどのくらいでしょうか。同じゲームディレクターでも、勤めている会社の大きさや勤務地などによって異なりますが、30歳代で平均年収は400万~500万円くらいです。

ただし、作成したゲームが大ヒットしたり、常に一定の売り上げがある作品を数種類生み出したゲームディレクターの場合には、年収1000万円を超える人もいます。

多種類あるITエンジニアの中のゲームディレクターについて理解してよう!

ゲームディレクターの業務内容の種類3つ|ITエンジニアの仕事内容や特徴
ITエンジニアという職業の中の1つの種類である、ゲームディレクターについてご紹介してきました。

情報技術を扱うITエンジニアの仕事は種類がたくさんありますが、中でもゲームディレクターはゲームに直接関わることができる職業です。また、世の中にゲームを生み出すことのできるという達成感も得られます。

ゲームディレクターに関心を持った人は、ぜひITエンジニアやゲームディレクターについて詳しく理解しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related