Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月02日

ゲームプロデューサーの業務内容の種類3つ|ITエンジニアになる方法3選

ITエンジニアの一種であるゲームプロデューサーは、プログラムや開発ツールの知識の他に営業スキルやスケジュールを管理するスキルが求められます。またITエンジニアは大学や専門学校に通っていた人が勤まる傾向にありますが、実は未経験からでも目指せる職業です。

ゲームプロデューサーの業務内容の種類3つ|ITエンジニアになる方法3選

ITエンジニアとは?

ゲームプロデューサーの業務内容の種類3つ|ITエンジニアになる方法3選
ITエンジニアはSEやプログラマー、ゲームプロデューサーなどのITに関する技術者全般です。色々な種類のエンジニアでグループになりながら仕事をすることが多く、各職種の人の得意分野を活かしながら成果物を完成させます。

どのITエンジニアにも技術力は必須条件で、大学や専門学校でプログラミングを学んでから就職するのが一般的ですが、未経験の人も知識と技術を身に付ければチャンスがあります。

ITエンジニアの仕事内容

ゲームプロデューサーの業務内容の種類3つ|ITエンジニアになる方法3選
ITエンジニアは一般的に、ITに関する技術者全般を意味し、現代社会ではITは生活を快適にするために欠かせません。スマートフォンやパソコンでのネットショッピングやメール、銀行のATMは全てITで成り立っています。

色々な種類のエンジニアがそれぞれの専門知識と技術を活かしながら、新しいシステムを作ったりネットワークを安全に使用できるように管理していきます。ゲームプロデューサーはゲームの考案を行います。

ITエンジニアになる方法3選

ゲームプロデューサーの業務内容の種類3つ|ITエンジニアになる方法3選
ITエンジニアは知識や技術が身に付いていなければ勤まらないと捉えている人は多いですが、実際は未経験からでもITエンジニアとして活躍できます。ITエンジニアは種類ごとで求められるスキルが異なり、どんな仕事をしたいかを定めるかが重要です。

ITエンジニアにはプログラミングスキルが必要なので、大学や専門学校で知識と技術を身に付けた人が多いです。ここからは、ITエンジニアになる方法を詳しく見ていきましょう。

ITエンジニアになる方法1:独学でなる場合

ITエンジニアやゲームプロデューサーになりたい場合は、まずはプログラムに関する知識や技術を身に付けることが大切です。プログラミングスキルが身に付いている場合は、データベースやアルゴリズムなどのITエンジニアに必要な技術や知識を学びましょう。

プログラムやデータベースに関しては、色々な種類のテキストが書店に売られており、またオンライン学習ができることや、無料学習サイトがあるのが特徴的です。

ITエンジニアになる方法2:オンライン学習でなる場合

ITエンジニアやゲームプロデューサーを目指しても、社会人を普通にしていて忙しい人のためにオンラインスクールで学ぶという方法があります。オンラインでもプログラムを学習してから、人に教えてもらう方が知識や技術を身に付けやすいです。

社会人は勤務時間が決まっているため、勉強時間を確保したり学校に通うことが難しいでしょう。スケジュール管理が上手くできない場合は、オンライン学習で勉強するのが一番手っ取り早いです。

ITエンジニアになる方法3:専門学校に通ってなる場合

ITエンジニアやゲームプロデューサーになりたい場合は、専門学校に通って知識や技術を身に付けてから勤めるのが一般的です。専門学校の場合は、授業内容が大学で学ぶ内容よりも専門的になっています。色々な種類の専門分野を、重点的に教えてくれるでしょう。

資格の取得において手厚く指導してくれるため、スキルを身に付けたい場合は便利です。一方で通うには学費がかかり、ほとんどの場合が200万円を超えます。

ゲームプロデューサーの業務内容の種類3つ

ゲームプロデューサーの業務内容の種類3つ|ITエンジニアになる方法3選
ゲームプロデューサーはゲームの開発から販売に至るまでの一連の流れを担当し、スケジュールや予算、人材の管理を行う仕事です。開発現場で経験をたくさん積んだ人がプロデューサーになる場合が多いです。

プログラムやグラフィックなどのスキルにこだわらず、コミュニケーション能力やマネジメントスキル、交渉力などの種類も求められます。ここからは、ゲームプロデューサーの業務内容の種類について詳しく見ていきましょう。

ゲームプロデューサーの業務内容の種類1:スケジュールの進行管理

ゲームプロデューサーの業務内容の種類3つ|ITエンジニアになる方法3選
ゲームプロデューサーやITエンジニアは、スケジュールの進行管理を行わなければいけません。仕事には決まったタスクがあり、1つのタスクが終了してから新しいタスクを次々と仕上げます。

スケジュール管理が苦手な人は、いつまで経ってもタスクに区切りが付かないでしょう。1日に与えられる時間は全員同じで、時間に余裕を持つために管理しなければいけません。効率良く仕事をするために、すべきことを明確にしましょう。

ゲームプロデューサーの業務内容の種類2:コンテンツの品質管理

ゲームプロデューサーやITエンジニアは、色々な種類のコンテンツの品質管理を行わなければいけません。品質管理はPlan、Do、Check、Actionの4つを繰り返し、品質を改善していきます。

まずPlanは事故やミスがあった際の再発防止策を定めることで、DoはPlanで定めた防止策を行うことです。Checkは仕事をしながら改善点を見つけることで、Actionの段階で問題が見つかれば改善を施します。

ゲームプロデューサーの業務内容の種類3:クライアントとの打ち合わせ

ゲームプロデューサーの業務内容の種類3つ|ITエンジニアになる方法3選
ゲームプロデューサーやITエンジニアは、色々な種類のクライアントと打ち合わせを行う必要があります。充実した打ち合わせにするには、これから行うこと、知りたいこと、課題になっていること、どこが正解でどこが間違っているのかを話し合うことが重要です。

次に何をするかをその都度決めて物事を続けていけば、新しい課題が次に見つかり、それを解決していくというサイクルになるでしょう。

ゲームプロデューサーの知っておきたい開発ツールの種類4つ

ゲームプロデューサーの業務内容の種類3つ|ITエンジニアになる方法3選
ITエンジニアとゲームプロデューサーは、色々な種類の開発ツールの知識を身に付けておくと後々仕事で苦労することがありません。社内外で文章のやり取りを行う場合は、Microsoft Officeを使用することがほとんどです。

Officeは高価な製品ですが、持っていると仕事において便利です。ここからは、ゲームプロデューサーが知っておくべき開発ツールについて詳しく見ていきましょう。

ゲームプロデューサーの知っておきたい開発ツールの種1:Unity

Unityは、ゲームプロデューサーやITエンジニアが知っておくべき種類の開発ツールです。Unityは何でも作れるゲームエンジンで、描画やサウンド再生、データやユーザーインターフェイスの管理や作成を行うことができます。

ゲームを作るための統合開発環境なので、使い方を覚えれば誰もが簡単にゲームを作れますが、ゲーム以外の種類の物でも短時間の内に開発できるのが特徴的です。

ゲームプロデューサーの知っておきたい開発ツールの種2:Unreal Engine

Unreal Engineは、ゲームプロデューサーやITエンジニアが知っておくべき種類の開発ツールです。Unreal Engineは簡単なプログラミングで高品質なゲームか開発でき、現在は無償化されているため利用者が多いのが特徴的です。

パソコンだけでなく、AndroidやiOSにも対応しており、色々な種類のITエンジニアが使用しています。主にドラゴンクエストやキングダムハーツなどに使用されています。

ゲームプロデューサーの知っておきたい開発ツールの種3:Git

Gitは、ゲームプロデューサーやITエンジニアが知っておくべき種類の開発ツールです。バージョンの更新履歴を管理するためのツールで、更新履歴はGitに全部保存されるためバックアップ用のファイル作成が必要ありません。

色々な種類のファイルを、誰がいつ、どこを変更したかという情報を細かく記録することができ、編集をたくさん行ったファイルを過去の形に復元することもできます。

ゲームプロデューサーの知っておきたい開発ツールの種4:Visual Studio

Visual Studioは、ゲームプロデューサーやITエンジニアが知っておくべき種類の開発ツールです。色々な種類の開発者とアプリのためのツールで、WindowsやiOS、Androidのアプリケーションを開発する環境がこれ1つで整います。

利便性に優れているため、できることよりできないことを探した方が早いでしょう。Windowsにおいてアプリ開発を行う場合は、必須のツールとして色々な場面で使えます。

ゲームプロデューサーに求められるスキル5つ

ゲームプロデューサーの業務内容の種類3つ|ITエンジニアになる方法3選
ゲームプロデューサーの大変なところは、仕事における責任の大きさです。プロジェクトのリーダーを主に任されるため、作品のクオリティはゲームプロデューサーの技量によって大きく変わってくるでしょう。

ゲームプロデューサーはスケジュールやコストの管理も行うため、色々な種類の制作スタッフに指示を与えます。ここからは、ゲームプロデューサーに求められるスキルをを詳しく見ていきましょう。

ゲームプロデューサーに求められるスキル1:コミュニケーションスキル

ゲームプロデューサーの業務内容の種類3つ|ITエンジニアになる方法3選
ゲームプロデューサーやITエンジニアに求められるスキルは、コミュニケーションスキルです。コミュニケーションスキルが乏しい人は、伝える力と受け取る力を身に付けましょう。まず伝える力を身に付けるには、最初に結論から話すことが大切です。

受け取る力というのは、相手の体と心に耳を傾けて話を聞くことです。相手とは考え方が違っても、その考えを否定せずに話を聞き、相手の話を聞いているというサインを出しましょう。

ゲームプロデューサーに求められるスキル2:スケジュール管理スキル

ゲームプロデューサーの業務内容の種類3つ|ITエンジニアになる方法3選
ゲームプロデューサーやITエンジニアに求められるスキルは、スケジュール管理スキルです。スケジュール管理を上手く行うには、作業時間を正確に把握してからスケジュールを組み立てましょう。

普段行っている業務を全て洗い出し、その種類の業務が終わる前に時間がどのくらいかかったかを計ります。この方法で全部の業務にかかった時間を計り、作業にかかる時間を全て把握するとスケジュールを組みやすいです。

ゲームプロデューサーに求められるスキル3:ゲームプログラムに関する専門知識

ゲームプロデューサーの業務内容の種類3つ|ITエンジニアになる方法3選
ゲームプロデューサーやITエンジニアに求められるスキルは、色々な種類のゲームプログラムに関する専門知識です。専門知識を身に付けるには、参考書をたくさん読み、スキルアップの目的や将来の方向性をはっきりさせます。

参考書を読んだ上で、実際にプログラミングスキルを上げるにはコーディングをたくさん行っているかどうかで決まります。書いたプログラムが実際に違う物だと、修正する力も身に付けることができるでしょう。

ゲームプロデューサーに求められるスキル4:情報収集スキル

ゲームプロデューサーやITエンジニアに求められるスキルは、情報収集スキルです。情報を収集するためには、必要な情報だけを入手するように心がけましょう。世界には不要な情報が多く溢れているため、必要な情報だけをピックアップすることは難しいです。

情報収集スキルが高い人は、本当に必要な情報だけを素早く集め、不要な情報を取り除く力が身に付いています。必要な情報だけを選ぶ力が身に付いているのが特徴的です。

ゲームプロデューサーに求められるスキル5:営業スキル

ゲームプロデューサーの業務内容の種類3つ|ITエンジニアになる方法3選
ゲームエンジニアとITエンジニアに求められるスキルは、営業スキルです。営業スキルを身に付けるには、まずはコミュニケーション力が必要です。コミュニケーション力を身に付けるには、知らない人との会話を肩の力を抜いて話すことを心掛けましょう。

コミュニケーション力は他にも、カフェや飛行機で隣り合わせになった人と会話を交わすことで磨かれます。勇気を振り絞って意外なビジネスに繋がる可能性もあるでしょう。

多種類あるITエンジニアの中のゲームプロデューサーについて理解しよう!

ゲームプロデューサーの業務内容の種類3つ|ITエンジニアになる方法3選
ITエンジニアにはゲームプロデューサーやSEにこだわらず、色々な種類があります。企業ごとに主に使用する開発ツールやプログラミング言語はそれぞれ違うため、幅広く身に付けておくことで就職や転職の際に役立てられるでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related