Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月02日

Webプロデューサーの業務内容の種類4つ|ITエンジニアとは?

IT業界はさまざまな業種や職種が絡み合っており、技術やサービスが進化するにつれて業態も複雑になってきています。ここではITエンジニアが担う役割や、ITエンジニアの職種の一つであるWebプロデューサーの業務内容やスキルについてご紹介します。

Webプロデューサーの業務内容の種類4つ|ITエンジニアとは?

ITエンジニアとは?

Webプロデューサーの業務内容の種類4つ|ITエンジニアとは?
ITエンジニアとはInformation Technology(情報技術)の技術者を指す職業です。

コンピューターを動かすためのシステムを設計するのが主な仕事となります。顧客から要望をヒアリングし、システムの設計作業を行い、スケジュールの管理も行います。

そのため、ITエンジニアに求められる能力の種類は多岐にわたり、プログラミングの知識やコミュニケーション能力、文章力などさまざまな能力が必要とされます。

ITエンジニアの業界分類4種類

Webプロデューサーの業務内容の種類4つ|ITエンジニアとは?
ITエンジニアの業界は4種類に分類できます。

IT業界はさまざまな業種や職種が絡み合っているため、働き方も多種多様で、一言で説明するのは難しい業界であると言えます。

ここではITエンジニアの働く業界を、「インターネット業界・Web業界」「情報処理サービス業界」「ソフトウェア業界」「ハードウェア業界」 の4種類に分類し、それぞれの内容と仕事の種類についてご紹介します。

ITエンジニアの業界分類1:インターネット業界・Web業界

Webプロデューサーの業務内容の種類4つ|ITエンジニアとは?
ITエンジニアの業界の一つにインターネット業界・Web業界があります。

企業向けのサービスであるWebサイト制作、ネットワーク構築などを行う場合と、個人向けのサービスであるポータルサイト、SNSなどを提供する場合があります。

この業界では、企業のサイトを運営したり、さまざまなWebサイト制作に携わることになります。代表的なITエンジニアの種類は、WebデザイナーやWebプロデューサーが挙げられます。

ITエンジニアの業界分類2:情報処理サービス業界

ITエンジニアの業界の一つに情報処理サービス業界があります。

システムインテグレータとも呼ばれ、ハードウェアの選定からデータベース構築、システム開発、保守まで企業に情報システムの導入を行うための全てのサービスを提供します。

また、企業が抱えている問題や課題を分析するコンサルティングサービスを提供している場合もあります。代表的なITエンジニアの種類はITコンサルタントやセールスエンジニアが挙げられます。

ITエンジニアの業界分類3:ソフトウェア業界

Webプロデューサーの業務内容の種類4つ|ITエンジニアとは?
ITエンジニアの業界の一つにソフトウェア業界があります。

ソフトウェアとは、ハードウェアの動作を制御するための手順や命令をまとめたプログラムのことを指します。システム全体を管理するOSと、OS上で特定の作業を実行するアプリケーションソフトの2種類に分けることができます。

近年ではさまざまなアプリケーションが開発されており、代表的なITエンジニアの種類はプログラマーやシステムエンジニアが挙げられます。

ITエンジニアの業界分類4:ハードウェア業界

Webプロデューサーの業務内容の種類4つ|ITエンジニアとは?
ITエンジニアの業界の一つにハードウェア業界があります。

ハードウェアとはパソコンや周辺機器、それらを構成する電子回路などを指します。近年ではパソコン関連以外でもスマートフォンや家電、ゲーム機などもハードウェアに含まれています。

代表的なITエンジニアの種類は組込みシステムエンジニアなどが挙げられます。

Webプロデューサーの業務内容の種類4つ

Webプロデューサーの業務内容の種類4つ|ITエンジニアとは?
Webプロデューサーはどのような種類の仕事をする職業なのでしょうか。

ここではITエンジニアの職種の中でも、Webプロデューサーにピックアップして、その業務内容についてご紹介します。

Webプロデューサーの業務内容の種類1:プロジェクト企画

Webプロデューサーの業務内容の種類に、Webプロジェクトの企画が挙げられます。

Webプロデューサーは依頼を受けると、まずはクライアントにヒアリングを行います。そして要望や課題に対応するためにはどのような種類のWebサイトを構築すればいいのか企画を立案し、企画書を作成します。

また、できあがった企画書をクライアントに提出し、Webプロジェクトのプレゼンテーションなども行います。

Webプロデューサーの業務内容の種類2:クライアントとの交渉

Webプロデューサーの業務内容の種類4つ|ITエンジニアとは?
Webプロデューサーの業務内容の種類に、クライアントとの交渉が挙げられます。

Webプロデューサーはプロジェクトの責任者として多くの交渉を行うため、クライアントとの良好な関係を築くことが大切です。

丁寧なヒアリングを行い、制作に関する予算や全体のスケジュール、細かい要望などを聞きだします。そのため、コミュニケーション力はWebプロデューサーにとって重要な能力であると言えるでしょう。

Webプロデューサーの業務内容の種類3:予算運用

Webプロデューサーの業務内容の種類に、予算運用が挙げられます。

Webプロデューサーはクライアントの目標達成のためのコスト計算だけでなく、自社の売り上げも含めたコスト管理も行います。そのため、クライアントとの予算交渉からプロジェクト全体の収支管理などを行っています。

さらに適切な予算運用のためには、予算とスケジュールを考慮したコストコントロールを行う必要があります。

Webプロデューサーの業務内容の種類4:スケジュールの進行管理

Webプロデューサーの業務内容の種類4つ|ITエンジニアとは?
Webプロデューサーの業務内容の種類に、進行管理が挙げられます。

Webプロデューサーは、決められたスケジュールでそれぞれのスタッフの仕事が円滑に進むように管理をする必要があります。

また、プロジェクトがスムーズに進行するように、最終的なビジョンをWebディレクターやスタッフに正確に伝えることが必要です。さらに制作途中でブレが生じないように、常に進捗の確認を行うことが求められます。

Webプロデューサーの知っておくべきプログラミング言語の種類4つ

Webプロデューサーの業務内容の種類4つ|ITエンジニアとは?
Webプロデューサーとして知っておくべき言語は何でしょうか。

ITエンジニアの中でも、Webプロデューサーは基本的には自身でプログラミングを行うことはありません。しかし、プログラミングの知識がなければどういったシステム構築をすればいいのか、また実際に実現可能なプログラムなのかどうか判断することができません。

ここではWebプロデューサーとして知っておくべきプログラミング言語4種類についてご紹介します。

知っておくべきプログラミング言語の種類1:PHP

PHPとはWEBアプリやサービス開発に用いられる種類のプログラミング言語です。

PHPはHTMLと組み合わせて使うことが可能です。PHPと同じようにWEBサービスを開発できる言語にJavaScriptがありますが、JavaScriptはWEBブラウザで動作するものです。

一方、PHPはWEBサーバー上で動くため、開発するにはWEBサーバーにPHPがインストールされた環境が必要になります。

知っておくべきプログラミング言語の種類2:CSS

CSSとはWebページのスタイルを指定を行う種類のプログラミング言語です。

カスケーディング・スタイル・シートの略称で、文書のスタイルを指定する言語となっています。また、CSSはHTMLと組み合わせて使用しますが、HTMLはWebページの情報や構造を定義し、CSSはWebページのデザインを指定する役割を持ちます。

知っておくべきプログラミング言語の種類3:Javascript

JavascriptとはWebページを動きを作成する種類のプログラミング言語です。

JavaScriptを使うと、ユーザーのアクションに応じたコンテンツの表示を行うことができます。また、ブラウザー上で表示される地図やグラフィックアニメーションなどを表示する事ができます。

JavaScriptはコードをHTMLファイルに直接記述するか、別ファイルに記述してHTMLファイルから読み込んで実行します。

知っておくべきプログラミング言語の種類4:HTML

HTMLとはWebページを作成する種類のプログラミング言語です。

ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージの略称で、インターネット上で公開されているWebページのほとんどはHTMLで作られています。つまり、WebページはHTMLタグを使って構成された文書ということになります。

コンピュータに理解できるように文書の構造を定義することが、HTMLの最も重要な役割と言えます。

Webプロデューサーに求められるスキル4つ

Webプロデューサーの業務内容の種類4つ|ITエンジニアとは?
Webプロデューサーに求められるスキルとは何でしょうか。

Webプロデューサーはプロジェクトの企画や制作、予算管理や運用などさまざまな業務種類のフロー全体を把握し、全体的な統括を担う責任者です。また、その役割にともなう責任も重大です。そのため、ITエンジニアの中でも求められるスキルは多岐にわたります。

ここではWebプロデューサーに求められるスキルについてご紹介します。

Webプロデューサーに求められるスキル1:Webに関する専門知識

WebプロデューサーにはWebに関する専門知識が求められます。

ITエンジニアであっても、Webプロデューサーは実際にシステムを使える必要はありません。ただし、クライアントに対して詳しく説明するためには、知識は必ず必要となります。

また、専門的な知識は日々更新されているため、常に学んでおく必要があります。知らない状態では的確な指示をすることが難しくなり、メンバーのモチベーションを下げる原因となります。

Webプロデューサーに求められるスキル2:営業スキル

Webプロデューサーには営業スキルが求められます。

Webプロデューサーはクライアントとの交渉やコスト管理と言ったエンジニアからはイメージの遠い仕事も多いため、営業に近い職種と言えます。

そのため、エンジニアとして自分の手でものを作りたいという職人気質の人より、チーム編成を考えたり人員の力を引き出すことが得意だったりする人に向いている職種と言えるでしょう。

Webプロデューサーに求められるスキル3:スケジュール管理スキル

Webプロデューサーにはスケジュール管理スキルが求められます。

プロジェクトの責任者であるWebプロデューサーには、スケジュール管理能力や予算管理能力などのマネジメントスキルは必須です。納期や予算を守り、業務がスムーズに進むよう管理するスキルが求められます。

できるだけ余裕を持ったスケジュールを組み、予算内でプロジェクトを進めることが理想的と言えます。

Webプロデューサーに求められるスキル4:コミュニケーションスキル

Webプロデューサーの業務内容の種類4つ|ITエンジニアとは?
Webプロデューサーにはコミュニケーションスキルが求められます。

クライアントとの交渉は、ITエンジニアには必須の業務となります。専門知識がないクライアントの言葉から意図を汲み取り、要望を聞きだす能力が必要です。

また、受け身に要望を聞くだけでなく、こちらからできること、できないことを伝える能力も必要です。さらにプロジェクトチームに指示をするためにも、コミュニケーションスキルは大切な能力です。

多種類あるITエンジニアの中のWebプロデューサーについて理解しよう!

Webプロデューサーの業務内容の種類4つ|ITエンジニアとは?
ITエンジニアの中でもWebプロデューサーはさまざまな能力が求められます。

ITエンジニアと一口に言っても、その業界や業種、仕事の種類は多種多様です。ITエンジニアの中でも、プロジェクトの企画や予算管理など、Webプロデューサーに求められるスキルは多岐にわたりました。

プロジェクトの責任者であるWebプロデューサーという職業を知り、その業務内容について理解を深めましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related