Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月12日

FASの主な仕事内容6つや役割|未経験から転職する際のポイント5つ

皆さんこんにちは、今回は「FASの主な仕事内容6つや役割|未経験から転職する際のポイント5つ」と題して、「FASの主な仕事内容6つや役割」についての詳細情報をピックアップする上で、FASに関して未経験から転職する際のポイント5つについてご紹介します。

FASの主な仕事内容6つや役割|未経験から転職する際のポイント5つ

FASとは?

FASの主な仕事内容6つや役割|未経験から転職する際のポイント5つ
FASというのは一般的に「ファイナンシャル・アドバイザリー・サービス」の略称をもって、「公認会計士のキャリアパスとして扱われる上で、現代ではFAS業界の進出にも伴い、主に財務に関する専門的な助言を率先して行なうコンサル・ファーム」となります。

基本的には各種企業にとってのコンサル系企業として見なされる場合も多く、企業利益を抜本的に伸ばすためのいろいろなアドバイス、キャリア支援などをしていきます。

FASの主な仕事内容6つ

FASの主な仕事内容6つや役割|未経験から転職する際のポイント5つ
FASの主な仕事内容についてですが、先述のようにFASでは企業における財務に関する専門的な助言を率先して行なうコンサル・ファームとなるため、個別ビジネスへのアドバイス・支援を専門的に斡旋していく職種内容となります。

法人・個別運営企業を問わず、特に財務関連での助言・支援・サポートを行なう専門コンサル・ファームとなるため、非常に多くの企業からもそのニーズが認められています。

FASの主な仕事内容1:M&Aアドバイザリー

FASの主な仕事内容6つや役割|未経験から転職する際のポイント5つ
M&AアドバイザリーというのはFASの基本的な仕事内容になりますが、これはM&A戦略の立案支援、対象企業のスクリーニングとそのためのアプローチ、ディールマネジメントや交渉サポート、クロージング支援などを率先して行なう業務になります。

M&Aアドバイザリーというのは、特定の企業との契約の取りまとめを担う専門家の職種を指しており、商取引をはじめ代行するべき書類手続きなどもその業務に含みます。

FASの主な仕事内容2:企業 / 事業再生アドバイザリー

FASの主な仕事内容6つや役割|未経験から転職する際のポイント5つ
企業・事業再生アドバイザリーですが、これはその名のとおりに「これから起業する場合に必要となる経営コンサル・アドバイス」を率先して行ない、また事業計画の見直しに持つ事業再生に必要な対応を検討する職務になります。

最近でも多くの企業でこの事業再編・再生・抜本的な企業方針の改訂などがなされており、その際に必要となる交渉支援や各種データの集積、また企業利益促進のための改善案などをまとめます。

FASの主な仕事内容3:各種バリュエーション

FASの主な仕事内容6つや役割|未経験から転職する際のポイント5つ
FASでは企業コンサルティング系の職務内容が多彩に見られるため、企業独自の理念・方針に見合った適切なコーディネートが必須となる場合があります。

そのために、経営アドバイス1つにしてもいろいろなバリュエーションを求めておくことが必要で、どのような事業展開にどれほどの将来ニーズ・利益が確約されるかといった、あるていど将来の企業状態を想定しておく手腕が求められます。

FASの主な仕事内容4:不正調査(フォレンジック)

FASの主な仕事内容6つや役割|未経験から転職する際のポイント5つ
FASではこの不正調査も非常に重要視しており、特に経営管理に基づく土台的な業務としてこの職務は用意されています。基本的には、会計不正、横領、贈収賄・汚職関連不正、競争法違反などの不正調査がなされ、企業利益を守るための防御策がまとめられます。

フォレンジックサービスというのは、一般的に企業で採用している規制上・法律上、さらにビジネス上で発生する問題の防止、調査、および是正措置の支援につなげられます。

FASの主な仕事内容5:M&A戦略立案・PMI

FASの主な仕事内容6つや役割|未経験から転職する際のポイント5つ
これは従来において見られてきた戦略系ファーム・総合系ファームでなすべきM&A戦略立案やPMIサポートなどに関する支援領域を、FAS内で改めてカバー(フォロー)する形で斡旋されていきます。

基本的には、M&A(提携戦略)の立案および実行支援、ビジネスデューデリジェンス、買収・提携スキーム構築および交渉戦略策定、案件成立後のバリューアップ戦略などをはじめ、他にもさまざまな業務支援がなされます。

FASの主な仕事内容6:トランザクションサービス

FASの主な仕事内容6つや役割|未経験から転職する際のポイント5つ
次にFASが担う「トランザクションサービス」ですが、これはストラクチャリングサポート、財務・財務・ビジネス方針などのデューデリジェンス、財務モデリング作成支援をはじめ、主に販売戦略や企業規模の拡大に向けた支援サポートになります。

特にIT関連企業では事業開発が盛んであり、それによってビジネス規模の拡大が顕著であり頻繁であるため、このサービスは必須となる上で、円滑な企業管理につなげられます。

FASの役割3つ

FASの主な仕事内容6つや役割|未経験から転職する際のポイント5つ
さて、ここからは「FASの役割3つ」と題して、FASが受け持つ職務分野をさらに具体的にご紹介していきます。

このFASの職務内容を紐解く上で、具体的に各企業にとってはどのような利点があるのか、またその企業ニーズがどのように社会へ還元されるのかなどを問いつつ、FASならではの独自のコンサル内容に注目してみましょう。

FASの役割1:ファームの経営・運営の中心となる

FASの主な仕事内容6つや役割|未経験から転職する際のポイント5つ
企業拡大を目指す場合、どの企業にとっても事業の新規開拓を始めなければなりません。その場合、そのための新規クライアントの確保やコンサル・ファームの経営・運営・管理などが必須となり、FASはその場合の中心的な役割を担うことになります。

企業にとって必要な経営コンサルに関するプロジェクト提案をしておき、それに必要なマーケティング戦略・人材育成などを確保するのも、FASの重要な職務です。

FASの役割2:クライアントとの中長期的な信頼関係の構築・維持

FASの主な仕事内容6つや役割|未経験から転職する際のポイント5つ
これもFAS事業にとっては非常に重要な点ですが、特定の企業専門領域・業界を俯瞰しつつ、知識・経験を活用する上で後続スタッフを指導しチームをリードするためには、営業・マーケティング活動をサポートし、クライアント担当者と信頼関係を築く必要があります。

企業支援・サポートを継続させていくためのメンテナンス系サポートにもなり、この充実性によって企業成長にまつわる促進度が変わってきます。

FASの役割3:現場責任者としてスケジュール通りに質の良い作業をする

FASの主な仕事内容6つや役割|未経験から転職する際のポイント5つ
コンサル系職種としての振る舞いにはじまり、業務に必要な会計・財務に関する知識や情報、スキルを習得する上で、上位層の指示を仰ぎつつ、各種プロジェクトを全体的に促進していく上では、その担当する業務をまず目標へ向けて達成することが重要になります。

その上でFASはコンサルの専門領域を満たすための企業促進を図り、どのクライアントに対しても的確かつ着実な企業成長を促すための支援が必須となります。

FAS業界へ未経験から転職する際のポイント5つ

FASの主な仕事内容6つや役割|未経験から転職する際のポイント5つ
さて、ここからは「FAS業界へ未経験から転職する際のポイント5つ」と題し、それまでコンサル系企業で働いたことがない求職者でも、ここを押さえておけば必要な情報が得られるといった内容をご紹介していきます。

FAS業界においては主にコンサル系の知識、コミュニケーション能力、交渉力などがまず求められ、その上で英語能力をはじめとする語学力の充実が課されます。自分のニーズに見合ったポイントを押さえましょう。

FAS業界へ未経験から転職する際のポイント1:年齢

まずFAS業界で見られる採用条件・年齢についてですが、これは一般の新卒採用時の場合と同じく、「若いほど採用されやすい」となります。基本的には30代の採用者が(中途採用時には)比較的多く、それ以上の年代になると採用は難しくなるでしょう。

FAS業界へ未経験から転職する際のポイント2:学歴

次に学歴についてですが、これは転職後に受け持つ職務によっていろいろ変わります。特に交渉担当や企業利益促進に直接関わる部署での従事となれば、語学能力や財務関連の知識・スキルが豊富にあることが必須となるため、それなりの学歴保持は必要でしょう。

有名国立・私立大学の類を問わず、その職務に必要な資格を取得できる学部卒、またその能力を第三者へ証明できる学科卒の場合は、そのニーズを満たせることが多いです。

FAS業界へ未経験から転職する際のポイント3:職歴・バックグラウンド

これはいわゆる学歴・職歴などにおいて見られる実務キャリアのストック項目になります。もちろんこの場合は、FAS業界でメインに扱われるコンサル系・財務関係の知識に明るい点が望まれるため、それなりの職に就いていた経歴が評価されます。

しかし、その関連職種に就いていた場合でも大きく評価されることがあり、自己PRできる内容であればとにかくすべて提示しておくことが大切です。

FAS業界へ未経験から転職する際のポイント4:会計・税務系スキル

FAS業界では公認会計・財務関連・税務系スキルが豊富であればあるほど、転職時の評価は間違いなく高くなります。その採用基準を満たせる内容の経歴を事前に工夫しておき、第三者に認められる内容を提示しましょう。特に税務関連の経歴は高評価です。

FAS業界へ未経験から転職する際のポイント5:セールス系スキル

主にマーケティング戦略・コンサル関連での交渉において必須となる「セールス系スキル」についてですが、この能力も高ければ高いほど、採用時には高評価になります。

FAS業界では突出した能力を求めることはありませんが、それでも一般的に見て平均的な知識・学識・情報取得スキルは必要とされるため、前もって自分が希望する職務ではどのようなニーズが課されるか、その辺りを十分調べておきましょう。

FAS系コンサルティングファームのオススメ5選

FASの主な仕事内容6つや役割|未経験から転職する際のポイント5つ
さて、ここからは「FAS系コンサルティングファームのオススメ5選」と題して、実際に転職する場合、また法人企業として新しい事業展開を期待する際におすすめされるFAS系コンサルティングファームをご紹介していきます。

コンサル系職種というのは、このようなファームが多く設けられていることでわかるように、非常に多彩なコンサル支援分野が確立されています。そのため、独自に必要なコンサル・ファームを把握しましょう。

FAS系コンサルティングファームのオススメ1:PwCアドバイザリー

まずPwCアドバイザリーですが、このコンサルティングファームは「国内最大規模のコンサルティングファーム」と呼ばれており、FASではメインとなる財務アドバイザリー分野では、M&Aや事業再生・再編に専門のディールズ部門がサービスを提供しています。

税務、法務、コンサルティング、監査・アシュアランスとの協働体制をはじめ、基本的にM&A・事業再生・インフラの三つの領域でクライアント支援を約束します。

FAS系コンサルティングファームのオススメ2:KPMGFAS

次にKPMGFASグループですが、ここではM&A、事業再編・再生関連アドバイスをはじめ、デューデリジェンス、不正調査や特殊調査などといった企業運営には欠かせない支援が、プロフェッショナルな視点によってサポートされます。

企業が迅速に成長していくための支援を約束し、企業戦略・トランザクション・事業再編・事業再生・ポストディールなど、企業活動のあらゆる段階において総合的にサポートしてくれます。

FAS系コンサルティングファームのオススメ3:経営共創基盤

次に経営共創基盤ですが、ここでは事業面・財務面・組織面の課題を学際的に取りまとめた上で、それらの項目から連動する改善テーマを確認します。一般の経営コンサルティングファームと違い、ハンズオンスタイルで人材を投入し、長期間のサポートがなされます。

FAS系コンサルティングファームのオススメ4:AGSコンサルティング

次は株式会社AGSコンサルティングですが、ここでは管理業務サポート、税務顧問の徹底した充足、グループ会社管理などのMS事業サービスの構築をはじめ、IPO事業支援サービスやデューデリジェンス、企業グループ再編に関するサポートがなされます。

特に企業展開する上では資本ストックが必要となるため、そのための予算統制・組み合わせ・整備・管理の仕方を、抜本的な企業改善のもとで約束してくれます。

FAS系コンサルティングファームのオススメ5:みらいコンサルティング

みらいコンサルティングでは、公認会計士、税理士、司法書士、社会保険労務士などの各専門分野からの支援を中心にして、企業の土台となる経営・会計・事業再編をはじめ、それに必要となる人事管理、情報システムなどのコンサルティングサービスが提供されます。

事業承継コンサルティングと組織再編コンサルティングの2点から重圧的に支援を約束し、特に人事制度構築コンサルティングへの充実が魅力となるでしょう。

FASについて知ってみよう

FASの主な仕事内容6つや役割|未経験から転職する際のポイント5つ
いかがでしたか。今回は「FASの主な仕事内容6つや役割|未経験から転職する際のポイント5つ」と題して、「FASの主な仕事内容6つや役割」についての詳細情報をピックアップし、未経験から転職する際のポイント5つについてご紹介しました。

FAS業界ではコンサル系支援が重要視され、各企業の経営改善・利益促進に向けて抜本的なサポートがなされます。コンサル分野で着実に成長できる職種を選びましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related