Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月02日

総合系コンサルティングファーム一覧11選|業界ランキングTOP5

本記事では、総合系コンサルティングファームの一覧から11社と、TOP5の会社一覧をご紹介します。コンサルティングファームに興味のある人や、各社の強みや特徴を知りたいという人は、まず、この11社とTOP5社の内容を参考にしてみてはいかがでしょうか。

総合系コンサルティングファーム一覧11選|業界ランキングTOP5

コンサルティングファームとは?

コンサルティングファームとは、企業などの役員に対して解決策を示し、その発展を助ける業務を行う会社です。

プロジェクトごとにコンサルティングファームが担う詳細な業務内容は異なります。企業の中期的な戦略を策定するプロジェクトがある一方、特定の事業テーマに応じたプロジェクトの支援を行う場合もあります。

ここでは、戦略系コンサルティングと総合系コンサルティングの内容と、求められる人材についてご紹介します。

戦略系コンサルティング

戦略系コンサルティングファームでは、従来の提案型のコンサルティングだけでなく、クライアントのプロジェクトの中に入り込んで戦略の実行面までサポートを行います。

戦略系のコンサルティングファームでは、クライアントの経営課題を解決に導くことを通じて、コンサルティングファーム自身が成長していきます

コンサルティングファームが成長することで、既存の戦略やコンサルティング範囲を超えて対応できるようになります。

総合系コンサルティング

総合系コンサルティングは、企業・事業戦略立案などの上流フェーズから、会社総体としてあらゆるコンサルティングサービスを幅広く手掛けています。

総合系と呼ばれるとおり、提供しているコンサルティングサービスの範囲が広く、近年ではデジタルやアナリティクス、RPA、AI、IoTといった新しいキーワードのコンサルティングも扱っています。総合系は、守備範囲が広く、取り扱い業種がわかりづらいという特徴もあります。

コンサルティングファームが求める人材

コンサルティングファームに向いているとされる人材は、簡単にいうと、クライアントに尽くす喜びと仕事の楽しさを感じることができる人です。

具体的には、クライアントの期待に応えたいという気持ちが強く、そのためにはプライベート時間を割くことさえ厭わない人、描いた夢のためであれば、苦労や困難をものともせず、乗り越えていける強さを持った人ということになります。

積極的に攻めるだけでなく、反省する気持ちも必要です。

総合系コンサルティングファーム一覧11選

総合系と呼ばれるコンサルティングファームには、どのような会社があるのでしょう。

ここでは、総合系コンサルティングファーム一覧にある11社をご紹介します。「総合系」とひとくくりに呼ばれているものの、各社の得意分野にはそれぞれ特徴があります。

総合系コンサルティングファーム一覧1:デロイトトーマツコンサルティング

デロイトトーマツコンサルティングは、日本におけるマネジメントコンサルティングのリーディングファームとしても一覧に掲げられる会社です。

監査法人トーマツ(会計事務所)やDTC-FAS(財務アドバイザリー)といった関連会社と連携し、あらゆる案件に対応できます。

穏やかな社風で、人材を育成するという風土のあるコンサルティングファームだといわれています。

総合系コンサルティングファーム一覧2:アクセンチュア

アクセンチュアは、一覧にあるなかでも世界最大級のコンサルティングファームです。誰しも「アクセンチュア」という企業名を耳にしたことが1度はあるのではないでしょうか。

「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」といった5つの領域で、広い領域範囲のコンサルティングサービスとソリューションを提供している会社です。

総合系コンサルティングファーム一覧3:PwCコンサルティング

PwCコンサルティングは、経営戦略の策定から実行まで、総合的なコンサルティングサービスを提供している、一覧にあるなかでも国内最大規模のコンサルティングファームです。

PwCグローバルネットワークと連携し、クライアントが抱える複雑かつ困難な経営課題の解決に取り組んでいきます。

PwCコンサルティングファームでは、グローバル市場で競争力を高められるよう支援を行っています。

総合系コンサルティングファーム一覧4:ベイカレント・コンサルティング

ベイカレント・コンサルティングは、コンサルティングファーム一覧にある中でも、ITシステム構築からスタートしたIT系に強いコンサルティングファームです。

今では、戦略ファーム出身者が多く集まり、戦略系コンサルティングについても業務拡大を続けています。

総合系コンサルティングファーム一覧5:アビームコンサルティング

総合系コンサルティングファーム一覧には、外資系のコンサルティングファームが多い中、アビームコンサルティングは、日本発のグローバルコンサルティングファームです。

NECと戦略的資本提携も実現し、金融、製造、流通、エネルギー、情報通信、公共事業などのクライアントに対し、コンサルティングサービスを提供しています。

総合系コンサルティングファーム一覧6:KPMGコンサルティング

総合系コンサルティングファームの一覧にあるKPMGコンサルティングは、事業変革、テクノロジー、リスク・コンプライアンスの3分野でサービスを提供しているコンサルティングファームです。

金融、保険、製造、自動車、製薬・ヘルスケア、エネルギー、情報通信・メディア、サービス、パブリックセクターなどの業種の企業に対し、コンサルティングサービスを提供しています。

総合系コンサルティングファーム一覧7:日本IBM(GBS:グローバル・ビジネス・サービス)

総合系コンサルティングファーム一覧にある日本IBMとは、IBMグループに属する世界最大級のビジネスコンサルテイングファームです。

世界のIBMグループと密接な連携をとり、ビジネスコンサルティングからシステム構築、業務アウトソーシングまで、一貫したサービスをIBMグループとして提供することができます。

総合系コンサルティングファーム一覧8:クニエ(QUNIE)

総合系コンサルティングファーム一覧にあるクニエ(QUNIE)は、NTTデータグループの一員として、専門性の高い業務コンサルティングを提供しています。

「グローバル展開」に力を入れており、日本企業の海外進出支援、新興国の成長に貢献するコンサルティングを展開しています。

クニエでは、コンサルタント自身が海外に赴き、現地での折衝、調査、戦略浸透までを手掛けています。

総合系コンサルティングファーム一覧9:EYアドバイザリー

総合系コンサルティングファーム一覧にあるEYアドバイザリー・アンド・コンサルティングでは、海外展開を考える日本企業や、日本市場に参入する海外企業のプロジェクトなどに多数対応しています。

EYアドバイザリーでは、財務プロセス改革からコスト削減支援、サプライチェーン最適化など財務・業務改革の分野で、クライアントの攻めの経営を支援しています。

総合系コンサルティングファーム一覧10:日立コンサルティング

総合系コンサルティングファーム一覧にある日立コンサルティングは、日立製作所が100%出資しているビジネスコンサルティング会社です。

コンサルティングサービスで培ったノウハウと、日立グループの多くのテクノロジーを活用し、実効性の高いソリューションを提供しています。

総合系コンサルティングファーム一覧11:シグマクシス

総合系コンサルティングファーム一覧にあるシグマクシスは、三菱商事グループが持つノウハウを活用し、新しいコンサルティング・ビジネスモデルを展開しています。

シグマクシスは、PwCコンサルティングを急成長させたコンサルティング業界を代表する倉重氏を会長とし、三菱商事とRHJインターナショナルにより設立されたコンサルティングファームです。

コンサルティングファーム業界ランキングTOP5

総合コンサルティングファーム一覧のなかから、業界TOP5のコンサルティングファームをご紹介します。

総合系コンサルティングファームでは、数千人規模というコンサルタントを抱えており、提供サービスの幅も広いため、どのようなコンサルティングを行っているのかが分かりづらい傾向にあります。

TOP5企業の一覧を見て、近年、急成長を遂げているコンサルティング業界の成長を牽引してきた会社の特徴をつかみましょう。

コンサルティングファーム業界ランキング5位:Oliver Wyman

コンサルティングファーム一覧のなかで第5位となるOliver Wyman(オリバー・ワイマン)は、世界26カ国50都市余りに3700人のプロフェッショナルを擁する、経営コンサルティング会社です。

独自のアプローチによって、クライアント企業の経営陣に、課題の解決策や競合との差別化施策の提案をし、世界中でのビジネス機会の創出・拡大支援をしています。

コンサルティングファーム業界ランキング4位:デロイトトーマツコンサルティング

総合系コンサルティングファーム一覧でもご紹介したデロイトトーマツコンサルティングは、ほかの外資系ファームと異なり、穏やかな社風で、人材を育成するという風土があります。

外資系に顕著な厳しい社風のイメージではなく、厳しくはありながらもコンサルタントとして一人前になるまで社内でしっかり面倒を見るという考え方が社内に浸透しています。

案件の割合は、戦略系よりも業務系が多い傾向にあります。

コンサルティングファーム業界ランキング3位:ボストンコンサルティンググループ

コンサルティングファーム一覧のボストン コンサルティング グループは、全世界に50ヶ国以上、90以上のオフィス、約18,500 人のスタッフを擁する経営戦略コンサルティングファームです。

ボストン コンサルティング グループの東京オフィスは、1966年にボストンに次ぐ2番目の拠点として設立された老舗です。

経営者、大学教授などに転じた人も多く、マッキンゼー同様、人材輩出ファームとしても有名です。

コンサルティングファーム業界ランキング2位:ベイン・アンド・カンパニー

コンサルティングファーム一覧の第2位となるベイン・アンド・カンパニーは、世界36か国、55オフィス、約7,000名のスタッフを擁する経営コンサルティングファームです。

東京オフィスは1981年に開設されており、「結果主義」を徹底したコンサルティングを行っています。

ベイン・アンド・カンパニーでは、コンサルティング目標を全コンサルタントで共有しており、企業のカルチャーにまでなっています。

コンサルティングファーム業界ランキング1位:マッキンゼー

一覧にあるマッキンゼー・アンド・カンパニーは、世界60カ国、105拠点に9,000人以上のコンサルタントを擁する、トップコンサルティングファームの一つです。

マッキンゼー出身者には、経済・産業界、ベンチャートップやアナリストとして活躍する人も多くみられます。

マッキンゼーでは、分析的アプローチという概念、科学的かつ論理的な問題解決の方法論が確立されており、経営コンサルティング手法が明確化されています。

コンサルティングファーム一覧をみて業界研究をしてみよう!

コンサルティングファーム一覧の中に、知っている会社や興味のある会社が見つかったでしょうか。一覧でご紹介した会社以外にも、たくさんのコンサルティングファームがあり、それぞれ強みを持っています。

一覧にある名称と強みや特徴を眺めてみて、コンサルティング業界のトレンドや傾向を読み解いてみましょう。

一覧にある会社だけで足りなければ、さらに興味ある種別のファームに絞って、検証してみましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related