Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月21日

セールスアシスタントの業務内容7つ|必要なスキルや気になるポイントは?

セールスアシスタントの仕事内容や年収、セールスアシスタントに必要なスキルや営業スタッフの仕事についてをご紹介します。セールスアシスタントのやりがいのある仕事の魅力がわかるのではないでしょうか。セールスアシスタントから営業や総務になれるのかについてもご紹介します

セールスアシスタントの業務内容7つ|必要なスキルや気になるポイントは?

セールスアシスタントとは?

セールスアシスタントの業務内容7つ|必要なスキルや気になるポイントは?
セールスアシスタントは、営業のサポートや日程調整、事務処理が仕事です。セールスアシスタントの業務は、見積書の作成や受注処理や納期の取り決めなどの仕事の外、営業のサポートといった活動的なイメージと魅力があり、憧れる人も多いのではないでしょうか。

またセールスアシスタントの活躍により、営業成績もかわってくるため、やりがいも感じれる仕事です。今回は、営業別のセールスアシスタントの業務内容をご紹介します。

営業事務との違い

セールスアシスタントの業務内容7つ|必要なスキルや気になるポイントは?
セールスアシスタントとは、営業事務のことではないかと思う人もいるのではないでしょうか。セールスアシスタントも営業事務もセールスのサポートをすることに変わりはありませんが、じつは業務内容には違いがあります。

営業事務は、営業活動をサポートする事務処理を代行して行うため、会社内で作業をしますが、セールスアシスタントの業務は、デスクワークだけでなく、セールスを行う社員に同行し営業のサポートをおこないます。

セールスアシスタントの業務内容7つ

セールスアシスタントの業務内容7つ|必要なスキルや気になるポイントは?
企業により販売するものは、技術、商品、人材など多岐にわたるため、企業の業務により仕事内容が変わってきます。

セールスアシスタントは、顧客を持ち営業のスキルを積むことで、営業職に就くことも可能になります。今回、お伝えする情報は、セールスアシスタントだけでなく、営業の職に就きたい人にも必見です。

こちらでは、各営業のセールスアシスタントの業務内容を7つご紹介します。ぜひ、就職活動の参考にしてください。

セールスアシスタントの業務内容1:企画営業

セールスアシスタントの業務における企画営業の仕事内容をご紹介します。企画営業のアシスタント業務には、各種媒体の広告企画立案、制作、実施、セールスプロモーションの企画、制作、印刷物などの企画、プロデュースなどがあります。

また企業を訪問しての広告内容の打ち合わせや、紹介のアポイントを取るための電話営業などが主な仕事だです。セールスアシスタントは営業担当に同行しますが、一人で訪問することもあります。

セールスアシスタントの業務内容2:代理店営業

セールスアシスタントの業務内容にある代理店営業をご紹介します。広告企画代理店の企画セールスアシスタントの業務内容は、セールスプロモーションの全般や、販売活動、企画の提案、担当顧客のコンサルタント、マーケティング、プレゼーションなどがあります。

求人広告代理店などの仕事内容は、飲食店や建設業などの幅広い顧客の担当業務、掲載中の広告の確認、応募の調査確認、採用計画の提案、WEB広告の作成などです。

セールスアシスタントの業務内容3:営業アシスタント

営業アシスタントの仕事内容を紹介します。営業のアシスタントの仕事内容は、各種商品や製品販売における顧客への対応、お客様からの電話、メール、FAXの対応、販売期間の分析、製品の提案、新商品の案内、セールスサポート、エクセルでの管理資料の作成です。

求人情報を扱う営業アシスタント業務では、総務や経理、スケジュール調整、スタッフの業務管理、集計資料の作成、面談の日程調整、資料や契約書の作成が主な仕事です。

セールスアシスタントの業務内容4:法人営業

法人営業のセールスアシスタントの業務内容を紹介します。セールスアシスタントは、営業事務に同行して打ち合わせや会議に出席することもありますが、大学や研究機関や医療機関などを扱う法人営業の仕事内容は、統計分析、データ分析などが中心であることもあり、仕事内容がデスクワークであることもあります。

仕事内容はアシスタント業務、案件情報の登録、書類作成などの営業事務業務、納品物の発送、手配、データ入力です。

セールスアシスタントの業務内容5:書類作成

セールスアシスタントの業務は、見積書、請求書、納品書の作成を正確に記入することです。企画書やプレゼン資料の作成は主にワードやパワーポイントで行い、顧客リストの作成はエクセルで行うのが一般的です。

その他の主な内容は、業務に付随するパソコンへの入力作業、顧客情報などのデータベース入力、業務報告の作成、契約情報の作成、広告の作成、商品説書の作成、製造管理書の作成、伝票入力、在庫管理書類作成などです。

セールスアシスタントの業務内容6:商品の受発注

セールスアシスタントの業務内容での商品の受発注についてご紹介します。セールスアシスタントの業務は、取り扱う商品により違いがありますが、営業アシスタントの仕事には受発注業務がメインです。

顧客からの注文を受け商品を発注し顧客へ納品します。発注ミスや発送のミスがないように、セールスアシスタントが在庫切れで商品の発送に問題がないように在庫を確認、コントロールし、営業担当ののサポートをします

セールスアシスタントの業務内容7:電話対応

セールスアシスタントの業務には電話対応やメールやFAXのやり取りは欠かせません。営業スタッフが不在の時の顧客との対応や、用件の取次、クレーム対応の取り次ぎなどがあります。営業スタッフには急ぎの用件かどうかを伝え、顧客と営業の連絡の取次を行います。

会社の顧客が外資系の時は、外国語が話せるセールスアシスタントが行うことがあります。外国語対応が可能なセールスアシスタントは給与も優遇される傾向があります。

セールスアシスタントに必要なスキル7つ

セールスアシスタントの業務内容7つ|必要なスキルや気になるポイントは?
セールスアシスタントに必要なスキルをご存知でしょうか。セールスアシスタントの仕事は、営業スタッフの仕事である、資料作成、事務仕事、お客様への訪問、取引先との打ち合わせなどの仕事のサポートですので、事務作業以外のスキルも必須です。

こちらでは、セールスアシスタントに必要なスキルを7つご紹介します。セールスアシスタントになりたい人は、ぜひ下記の記事をチェックしてみましょう。

セールスアシスタントに必要なスキル1:コミュニケーションスキル

セールスアシスタントの業務内容7つ|必要なスキルや気になるポイントは?
個人での作業の多い事務職とは違い営業スタッフや顧客と話す機会も多いセールスアシスタントは、チームワークやコミュニケーションが重要になります。

セールスアシスタントは、営業担当スタッフの売り上げを上げるために考えたり、きめ細やかなサポートが求められ、クレーム対応での適切で臨機応変な対応がが求められます。お互いのモチベーションを上げる誠意の籠った対応ができるコミュニケーションスキルが必要です。

セールスアシスタントに必要なスキル2:海外業務の場合の語学力

セールスアシスタントの業務内容7つ|必要なスキルや気になるポイントは?
セールスアシスタントに必要なスキルとして、海外業務の場合の語学力が必要になります。現在はいろいろな外国と関連する仕事が増えていることから、顧客との外国語対応ができるセールスアシスタントが求められています。

語学力に秀でたセールスアセスタントが営業のサポートをすることで、コミュニケーションがとれ業務がスムーズになります。

セールスアシスタントに必要なスキル3:スケジュール管理スキル

セールスアシスタントの業務内容7つ|必要なスキルや気になるポイントは?
セールスアシスタントに必要なスキルには、スケジュール管理スキルがあります。セールスアシスタントは、営業の担当の仕事の進行状況を的確に把握し、顧客や営業との密な連絡のやり取りで、営業担当スタッフの適切なスケジュール調整をしていきます。

セールスアシスタントにスケジュール管理スキルが備わっていることで、仕事の遅れなどもなく業務を安心して遂行できるため、営業担当がスムーズな仕事が可能になります。

セールスアシスタントに必要なスキル4:資料作成スキル

セールスアシスタントの業務内容7つ|必要なスキルや気になるポイントは?
セールスアシスタントは必要なスキルとして、資料作成スキルが求められています。資料作成はパソコンで行うため最低限でもパソコンスキルが必要です。パソコンスキルがそれほど高くはなくても、一般的なワードやエクセルなどの基本的な操作が可能であれば採用面接に応募できる確立があがります。

パソコンスキルがそれほど高くはなくても、データ入力の際の正確性や、スキルアップしていく学ぶ意欲や向上心が求められます。

セールスアシスタントに必要なスキル5:情報共有スキル

セールスアシスタントは必要なスキルとして、情報共有スキルが求められています。セールスアシスタントは、情報収集のだけでなくプロジェクトの全体像や状況を把握し、最新の仕事の情報や、顧客から新しく得た情報を営業スタッフと共有することが必要です。

顧客やスタッフ、営業スタッフとの連絡を密に行う必要のあるセールスアシスタントは渋滞などの交通トラブルの際の道案内など想定し、情報を共有するスキルが必要です。

セールスアシスタントに必要なスキル6:データチェックのスキル

セールスアシスタントの業務内容7つ|必要なスキルや気になるポイントは?
セールスアシスタントは必要なスキルとして、データチェックのスキルが求められています。セールスアシスタントは、データを確認し、ミスがあれば正しく訂正するのが仕事です。書類のデータに誤りがあれば会社の信用問題にかかわるため、スピーディーさより丁寧な仕事をすることが求められます。

顧客情報や商品の金額などミスの内容に正確さが求められるものをチェックするために求められます、データチェックのスキルが必要です。

セールスアシスタントに必要なスキル7:チームワーク

セールスアシスタントは、日中、外出している営業スタッフとのチームワークを築き、チームワークにいかせる細やかで機転の利く対応が望まれています。どんな些細なことも、わからなければ確認をする姿勢が大切でしょう。

セールスアシスタントには、チームの団結力を上げるための行動や周りへの配慮や優しさといった、チームワークに欠かせない能力が必要です。時にはチームを引っ張るリーダーシップも必要になる場合もあります。

セールスアシスタントの気になるポイント2つ

セールスアシスタントの業務内容7つ|必要なスキルや気になるポイントは?
業務内容を知り、セールスアシスタントに興味を持たれた方は、セールスアシスタントの年収ややりがいについて気になっているのではないでしょうか。

こちらでは、セールスアシスタントの気になるポイント2つを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。これを読めば、セールスアシスタントの平均年収がどれぐらいあるのかや、やりがいとはどのようなものかがわかります。

セールスアシスタントの気になるポイント1:平均年収

セールスアシスタントにの給料は、平均年収が300万円前後です。セールスアシスタントは、営業職へのキャリアアップも目指せる近道ですので、給料がもっと欲しいという人は、営業職への転職もおすすめの選択肢です。

セールスアシスタントの仕事は、簿記の資格や、経理や税務を学ぶことで、管理職を目指すことも可能です。セールスアシスタントの仕事は、キャリアアップにつながる重要なスキルを学べる仕事です。

セールスアシスタントの気になるポイント2:やりがい

こちらでは、セールスアシスタントがやりがいを感じることを紹介します。営業アシスタントとしてチームに貢献できることがやりがいに繋がる傾向にあります。

定期的に顧客を訪問しヒアリングなどを行うセールスアシスタントのやりがいは、直接お客様から連絡があることもモチベーションアップにつながるといいます。また仕事に関わり、業務の効率が良くなることもやりがいやモチベーションアップになるそうです。

セールスアシスタントについて深く知ろう

セールスアシスタントの業務内容7つ|必要なスキルや気になるポイントは?
今回は、セールスアシスタントの業務内容7つや、必要なスキルについてをご紹介しましたが、いかがでしたか。セールスアシスタントの業務内容を把握することで、自分に適性があるかどうかが知れたのではないでしょうか。

セールスアシスタントの仕事がやりたいと思った人は、ぜひ、セールスアシスタントになるために必要なスキルを磨いて、自分の得意とするセールスアシスタントの仕事につき、やりがいを持ち活躍して行きましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related