Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月13日

ITエンジニアの中のインフラエンジニアを4種類に分けて徹底解説!

ITエンジニアの中のインフラエンジニアに興味があるけれど、どのような種類があるのか分からない人が多いです。そこで、ITエンジニアの中のインフラエンジニアを4種類に分類して紹介していきます。必要なスキルや資格も紹介しているので参考にしましょう。

ITエンジニアの中のインフラエンジニアを4種類に分けて徹底解説!

ITエンジニアとは?

ITエンジニアの中のインフラエンジニアを4種類に分けて徹底解説!
ITエンジニアは、情報系総合職のことです。ITエンジニアは、進化し続けるIT技術を活用するために生まれた仕事の種類と言えるでしょう。最新の技術動向が必要になる職業なので、常に業界のトレンドをチェックしておく必要があります。

主に情報系や工学系、理学系の学生が、就職する仕事として知られています。さらにここでは、ITエンジニアの中でも特にインフラエンジニアについて紹介していきます。

ITエンジニアの業務内容と年収

ITエンジニアの中のインフラエンジニアを4種類に分けて徹底解説!
ITエンジニアの業務内容は、システムエンジニアやプログラマー、インフラエンジニア、サーバーエンジニアと、ネットワークエンジニアなど幅広い種類や分野におよびます。さらに年収は、300万円から700万円と幅広いです。

ITエンジニアの仕事は、IT関連の技術者のことを言うので業務内容は多岐におよびます。年収が高いITエンジニアは、専門性が高く経験年数が年収に大きく関わることも少なくありません。

ITエンジニアになるには

ITエンジニアの中のインフラエンジニアを4種類に分けて徹底解説!
ITエンジニアになるには、専門学校に通ったり会社の研修を通じてITエンジニアになることが多いです。インフラエンジニアの場合は、特にインフラのついて詳しく学ぶ必要があるでしょう。

独学でITエンジニアやインフラエンジニアになることも可能ですが、多くの種類の書籍などを自分で選び学習する必要があります。さらにオンライン学習で目指すこともできるので、他の仕事をしている人はその方法もおすすめです。

開発エンジニアとインフラエンジニアの違い

ITエンジニアの中のインフラエンジニアを4種類に分けて徹底解説!
開発エンジニアとインフラエンジニアの違いは、大きいです。同じITエンジニアという呼ばれることが多い修理の仕事ですが、業務内容が全く違います。

インフラエンジニアは、開発された基幹系システムやアプリケーションを入れるものを使うネットワークに関連する種類の仕事をします。対して開発エンジニアは、基幹系システム、パッケージソフトなどの設計からリリースを業務にしてるという違いがあります。

インフラエンジニアの種類と基礎知識4つ

ITエンジニアの中のインフラエンジニアを4種類に分けて徹底解説!
ここからは、インフラエンジニアの種類と基礎知識4つを紹介していきます。インフラエンジニアの種類について詳しく知っておくことは、ITエンジニアになるために役立つはずです。

ITエンジニアになりたいと漠然に考えている人も、インフラエンジニアの細かい種類を理解することで就職に有利に働きます。後悔しない就職をするためにも、ITエンジニアの中のインフラエンジニアについて正しい知識を取得しておきましょう。

インフラエンジニアの種類と基礎知識1:サーバーエンジニア

ITエンジニアの中のインフラエンジニアを4種類に分けて徹底解説!
インフラエンジニアの種類の1つ目は、サーバーエンジニアです。インターネット時代に必要な職業と呼ばれていて、ITエンジニアの中のでも特に人気の高い仕事だと言えます。

自社にサーバーを置かない企業も増えてきている中で、インフラエンジニアの種類であるサーバーエンジニアの役割は大きくなっています。需要の高い仕事の種類なので、興味のある人は詳しく勉強してみることをおすすめします。

業務内容

インフラエンジニアの種類であるサーバーエンジニアの業務内容は、サーバー機器の構築作業やサーバの保守の仕事です。ラッキングや配線などの仕事も含まれるので、ITエンジニアの知識だけでなく物理的な知識も持っておくと良いでしょう。

さらにサーバーエンジニアは、OSやサーバーアプリケーションのインストールや設定の知識も必要になります。アプリケーションが最新になれば、誰よりも早くその知識が必要になるでしょう。

平均年収

インフラエンジニアの種類であるサーバーエンジニアは、平均年収が300万円台後半から600万円台であることが多いです。他のITエンジニアと共に年齢や経験によって年収が上がっていくケースが多いでしょう。

さらにサーバエンジニアの仕事は、次に紹介するネットワークエンジニアにも通じるところがあります。ネットワークエンジニアの仕事も兼務すれば、さらに年収アップを目指すことも夢ではないでしょう。

必要スキル

インフラエンジニアの種類であるサーバーエンジニアに必要なスキルは、担当するOSの知識やネットワークなどです。さらに情報の安全性が求められる中でセキュリティに対するスキルは、他のITエンジニアの仕事と同じく必要になるでしょう。

インフラエンジニアの中でも得にアプリケーション開発の知識や技術などが、必要になる仕事でもあります。常に最新情報にアンテナを張って、学んでいく必要があるでしょう。

インフラエンジニアの種類と基礎知識2:ネットワークエンジニア

ITエンジニアの中のインフラエンジニアを4種類に分けて徹底解説!
インフラエンジニアの種類と基礎知識の2つ目は、ネットワークエンジニアです。ネットワークエンジニアは、ITエンジニアの中のでも仕事の種類が数多くあることで知られています。

1人の人員で膨大な量の仕事を行うこともあり、やりがいと責任感のある仕事だと言えるでしょう。知識量も豊富な人が多いですが、経験も必要になってくる種類の仕事とも言えます。ITエンジニアになりたい人は、一度は検討する職種と言えます。

業務内容

インフラエンジニアの種類であるネットワークエンジニアの業務は、ネットワーク設計から作り上げること、正しく運営されているかチェックしたりフォローしたりすることです。

ITエンジニアの中の仕事の中でも、特に幅広い分野の知識が必要な仕事だと言えるでしょう。さらにヒアリング力やプロジェクト推進能力などの能力も求められます。さらに利用者がトラブルになった時は、解決する力も必要になります。

平均年収

ネットワークエンジニアの平均年収は、600万円前後から700万円前後です。大企業で働いているのか、中小企業で働いているのか会社の規模の種類によって平均年収が微妙に変わってきます。

この平均年収は、ITエンジニアのインフラエンジニアの中でもかなり高い金額であると言えるでしょう。儲かる職業と言われることも多いので、ITエンジニアでインフラエンジニアを目指す人は就職や転職先の候補とすると良いでしょう。

必要スキル

インフラエンジニアの種類のネットワークエンジニアに求められるスキルは、コミュニケーション能力や高い専門的知識が挙げられます。直接顧客とやり取りすることもあるので、専門的な話を素人にもわかりやすく伝える必要があります。

さらにネットワークエンジニアに必要なスキルは、他のITエンジニアの仕事にも使えるケースが大半です。必要スキルを磨いておけば、他の種類の仕事に丈夫チェンジすることも容易でしょう。

インフラエンジニアの種類と基礎知識3:データベースエンジニア

ITエンジニアの中のインフラエンジニアを4種類に分けて徹底解説!
インフラエンジニアの種類の中でも市場価値が高いと呼ばれることが多いのが、データベースエンジニアです。データベースエンジニアは、ITエンジニアの中でもまだまだこれから盛り上がっていくことが予想される職業です。

データベースエンジニアは、顧客のデータが営業などで使われることが増えてきた現代社会にとっては無くてはならない仕事の種類になりつつあります。ITエンジニアに就職を検討している人は、要チェックです。

業務内容

インフラエンジニアの種類であるデータベースエンジニアの業務は、データベース開発したり管理したり、運用したりすることが多いです。ITエンジニアの中でもデータベースの仕事のスペシャリストと言えるでしょう。

この仕事をしている人は、プログラマーやシステムエンジニアを以前していたという人が多いです。そのため、データベースの開発や設計をメインに担当している人も少なくありません。

平均年収

インフラエンジニアの種類のデータベースエンジニアの平均年収は、500万円前後です。年齢や経験によっても変わってくるので、ITエンジニアになりたいと考えている人はいち早く決めると良いでしょう。

さらに、会社によっては同年代の人よりも高い年収を貰うことも夢ではありません。30代で667万程度の年収を獲得している人も少なくありません。データベースエンジニアは、今後さらに給料アップも期待できる仕事です。

必要スキル

ITエンジニアの中のインフラエンジニアの種類であるデータベースエンジニアの必要スキルは、ビッグデータの解析や高速なデータ処理、コミュニケーション能力、論理的な思考です。

さらに、データを戦略できるように顧客にアドバイスするビジネスの感覚も必要になってきます。そのため、ITエンジニアの他の仕事や他の部門の仕事内容を理解することなどが大事でしょう。インフラエンジニアとしての知識も必要です。

インフラエンジニアの種類と基礎知識4:ヘルプデスク

ITエンジニアの中のインフラエンジニアを4種類に分けて徹底解説!
インフラエンジニアの種類であるヘルプデスクは、社内ヘルプデスクと、社外ヘルプデスクの2種類に分けられる大事な仕事です。未経験OKという募集もあるので、ITエンジニアになりたいと考える人から人気があります。

さらに、ヘルプデスクは文系でも就職しやすい仕事だと言われています。インフラエンジニアになりたいと考えている人は、まずはヘルプデスクを目指してみることもおすすめです。

業務内容

ヘルプデスクの業務内容は、実際に提供しているIT関連のサービスについて顧客の疑問や悩みを解決していきます。さらに、社内でIT関連サービスの使い方が分からずに悩んでいる人の問い合わせを受ける仕事もあります。

ヘルプデスクでは、サービスに関する苦情を受けることもあります。そのため、ヘルプデスクだけでは解決できない問題があった場合は、関連部署に問題解決を依頼する役割も担っています。

平均年収

ヘルプデスクの平均年収は、350万円から600万円と幅広いです。経験などが大きく影響する仕事なので、平均年収などの求人情報などをしっかりチェックしておきましょう。

さらに、ヘルプデスクは、リーダーやマネージャーとして活躍する道もあれば、幅広い知識を活かして年収の良い他のITエンジニアに転職するという方法もあります。いずれにせよ、幅広いキャリアパスを考えられる部署と言えます。

必要スキル

ヘルプデスクに必要なスキルは、幅広いIT知識に加え説明力、高いコミュニケーション能力です。さらに場合によっては、英語や中国語などの高い語学力も必要になる仕事です。

時にはIT知識の無い顧客からの苦情に対応しないといけないケースもあり、強い精神力も求められる部署とも言えます。相手の話を聞く力、自分の考えを的確に伝えるスキルなども重要視されるでしょう。メール対応の場合は、文章力も必要です。

インフラエンジニアが取得しておきたい資格

ITエンジニアの中のインフラエンジニアを4種類に分けて徹底解説!
ここからは、インフラエンジニアが取得しておきたい資格について紹介していきます。インフラエンジニアを目指す人やキャリアアップを目指す人は、参考にしてみると良いでしょう。

既にインフラエンジニアとして働いている人は、会社が指定した資格を取得すれば給料アップや昇給なども考えられます。仕事をしながら資格の勉強は大変ですが、自分のスキルを上げるためにも資格取得を目指しましょう。

インフラエンジニアが取得しておきたい資格1:CCNA

ITエンジニアの中のインフラエンジニアを4種類に分けて徹底解説!
インフラエンジニアが取得しておきたい資格として有名なのが、CCNAです。CCNAは、シスコシステムズ社が開催しているネットワークエンジニアの技能を測定する資格です。

シスコシステムズ社は、世界でもシェアが高く実際に同社の製品を使っているというインフラエンジニアも少なくありません。試験のグレードは5種類あり、分野は9種類に分かれています。

インフラエンジニアが取得しておきたい資格2:CCNP

ITエンジニアの中のインフラエンジニアを4種類に分けて徹底解説!
インフラエンジニアが取得しておきたい資格でシスコ技術者認定資格の上位に当たるのが、CCNPです。CCNPは、大規模ネットワークの取扱ができると証明することができる資格です。

受験の前提条件などが必要なので、ある程度インフラエンジニアの知識のある人がチャレンジすることが多いです。

インフラエンジニアが取得しておきたい資格3:CCIE

CCIEは、シスコシステムズによるベンダー資格のひとつです。世界的に認められた資格なので、インフラエンジニアとしてグローバルに活躍したいと考える人にもおすすめです。

さらに筆記試験とラボ試験があるので、インフラエンジニアとしての実力を試すには最適な資格と言えるでしょう。受験の前提条件は無く、18歳以上であればチャレンジできる点も魅力的です。

インフラエンジニアが取得しておきたい資格4:LPICレベル1~3またはLinuCレベル1~3

LPICレベル1~3またはLinuCレベル1~3は、Linux技術者としての実力を測る資格です。LinuCは、日本向けの新Linux認定技術者資格として今後さら日本企業の約7割でLinuxに普及していくことが予想されています。

日本企業の約7割でLinuxが導入されているデーターもあるので、LPICレベル1~3またはLinuCレベル1~3の資格の勉強をすることはとても大事です。

ITエンジニアを種類別に知りインフラエンジニアについて理解しておこう!

ITエンジニアの中のインフラエンジニアを4種類に分けて徹底解説!
ITエンジニアを種類別に知りインフラエンジニアについて理解しておくことは、就職や転職を考える際にとても大事なことです。さらに余裕がある人は、必要なスキルや資格取得に向けて今から努力することを目指してみましょう。

ITエンジニアの中のインフラエンジニアは、今後ますます重要視される仕事と言えます。憧れの仕事について、幸せな未来を手にしてみましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related