Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月13日

ハードウェア業界のITエンジニアの種類は?|職業の種類15選

ハードウェア業界にはITエンジニアが活躍する職業が多くあります。どのような種類の職業があるのでしょうか。人手不足に悩む職業もありますから、自分がどのような職で活躍できるのかを見極めることが重要です。ITエンジニアの職業について調べてみましょう。

ハードウェア業界のITエンジニアの種類は?|職業の種類15選

ITエンジニアとは?

ハードウェア業界のITエンジニアの種類は?|職業の種類15選
ITエンジニアとはInformation Technologyの略語です。情報技術を担当する技術者の総称として使われています。ITエンジニアに多くの職種があるのが特徴で、文系の人でも活躍できるフィールドが用意されています。

ITエンジニアの種類にはコンピュータースキルが重要視されているものが多いですが、文章力やコミュニケーション能力も必要な職業もあります。また、ハードウェア業界では多くの職業があります。

ITエンジニアの業界分類4つ

ハードウェア業界のITエンジニアの種類は?|職業の種類15選
ITエンジニアの職業は種類が多く複雑です。ここでは、ITエンジニア業界で使われる言葉について集めてみました。まずは良く耳にするハードウェアとソフトウェアについて調べてみましょう。

ITエンジニアの業界分類1:ハードウェア業界

ハードウェア業界のITエンジニアの種類は?|職業の種類15選
ハードウェアとはパソコン本体やキーボードやマウスなどの周辺機器の事を指します。それらを動かすには電子回路が必要で、それらも含めてハードウェアと呼びます。現在、ハードウェアと呼ばれるものは、パソコン、スマホ、家電、ゲーム機などです。

これらの種類を扱う業界をハードウェア業界と呼びます。ITエンジニアとして活躍できる職業が多くあるのが特徴です。

ITエンジニアの業界分類2:ソフトウェア業界

ITエンジニアも入るIT業界では、ソフトウェア業界があります。ソフトウェア業界はハードウェアの動作を制御するための手順や命令をまとめたプログラムの呼び名です。

ソフトウェアには2種類あり、システム全体を管理する種類とOS上で特定の作業を実行するタイプの種類に分けられます。最近ではスマホの普及によって新しいオペレーションシステムもできており種類が多くなっています。

ITエンジニアの業界分類3:インターネット業界・Web業界

ハードウェア業界のITエンジニアの種類は?|職業の種類15選
ITエンジニア業界にあるネットワークエンジニアはソフトウェア業界に入る職業の一つです。ネットエンジニアの種類は、パソコン同士を繋げてより便利にするシステムを作り上げる職業のことです。

主な仕事内容は、ネットワークの構築や運用、保守を行い効率よく業務ができるように繋ぎます。

ネットワークエンジニアとして活躍するにはハードウェアに関する知識も求められます。

ITエンジニアの業界分類4:情報処理サービス業界

情報処理サービス業界は、計算やデータセンター、世論調査業などのサービスの種類のことです。国内ではNTTデータなどがこの職業の種類になるでしょう。情報社会と言える現状を支えるビジネスとして急成長をしている種類です。

ITエンジニアなどが多く就業していますが、どんな業界でも顧客にできることから、面白さを追求したサービスが展開されています。今後も成長していく種類の業界だと考えられています。

ハードウェア業界のITエンジニアとは?

ハードウェア業界のITエンジニアの種類は?|職業の種類15選
身近に利用している家電製品やパソコンなどにはコンピューター制御が使われています。ハードウェア業界ではコンピューター制御を製造する企業も含まれています。製品に組み込まれるソフトウェアの開発はハードウェア業界にとって重要視されています。

製品を組み込むシステムを開発するのが「組み込みエンジニア」と呼ばれる人たちです。製品の安全性を左右する重要な職業になります。ハードウェア業界の組み込みエンジニアについて調べてみましょう。

制御・組み込みエンジニアの基礎知識4つ

ハードウェア業界のITエンジニアの種類は?|職業の種類15選
ITエンジニアの職業になる「組み込み系」エンジニアの種類があります。組み込み系と呼ばれる職業の種類は、家電製品やパソコンなどに組み込まれたコンピューターを制御するための呼び名です。

組み込み系システムと呼ばれることもある仕事で、ソフトウェアを中心にした開発業務になります。家電製品などで自動で行う手順を組み込んだプログラムを作成する業務です。この種類の職業について調べてみましょう。

制御・組み込みエンジニアの基礎知識1:業務内容

組み込みシステムと呼ばれる種類は複雑なプログラムを搭載していません。コスト面を重視して作成しますから、コンピューターは処理能力、記憶能力共に気化器の最小限度の性能しか搭載しません。

一見、簡単なプログラムで業務内容もラクに感じますが、業務は簡単ではありません。限られた能力のコンピューターを使って機械に必要な種類のプログラムを作成していきます。高い専門知識が必要になる業務内容です。

制御・組み込みエンジニアの基礎知識2:平均年収

ハードウェア業界のITエンジニアの種類は?|職業の種類15選
ハードウェア業界で活躍できる組み込みエンジニアの年収は、使える言語によって左右されます。アンセンブラの場合は550万円位、C言語を使えると660万円位稼げるでしょう。

やはりC言語は高評価になり、人工知能の開発などに役立てられます。年収をアップさせるには必須の知識と言えるでしょう。ちなみに、プログラマーの平均年収は420万円と言われています。高収入を目指すならC言語の組み込みエンジニアを目指しましょう。

制御・組み込みエンジニアの基礎知識3:必要スキル

ITエンジニアの組み込みエンジニアになるには、実務経験者が求められる事が多いでしょう。C言語(C、C++)による開発経験を条件にしている企業もあります。

大規模なシステム開発をしている企業は業務の種類が分散されますから、条件が緩やかになる傾向があります。また、企業によってはC言語やアンセンブラ言語を要求していないケースもあるので、未経験の人はそのような案件を狙うと良いでしょう。

制御・組み込みエンジニアの基礎知識4:関連資格

ITエンジニア業界に役立つ資格はとても多くの種類があります。組み込み系エンジニアの資格には、一般社団法人組込みシステム技術協会が主催する「ETEC(組込み技術者試験制度)」が有名です。

この資格は、クラスが2種類あり、クラス2は大学や専門学校を卒業していれば実務系経験なしで取得できます。ハードウェア業務とは違ったフィールドで活躍するには最適な資格です。

ハードウェア業界以外のITエンジニアの職業の種類15選

ハードウェア業界のITエンジニアの種類は?|職業の種類15選
ITエンジニアの職業はとても多くあります。自分に最適な職業を見つけることが大切です。strong>ハードウェア業界以外にどのような職業があるか調べてみましょう。<

ハードウェア業界以外のITエンジニアの職業の種類1:Webデザイナー

ハードウェア業界とは違った仕事になるWebデザイナーは、企業などのクライアントから依頼されたWebデザインをする仕事です。この仕事はITエンジニアとは違った広告業界で活躍する職業になります。

特別な資格はいりませんが、知識とスキルがあると有利に転職ができます。スクールに通って知識を見つけておくと良いでしょう。需要が高まっている職業ですから、転職先としておすすめです。

ハードウェア業界以外のITエンジニアの職業の種類2:ITコンサルタント

ITコンサルタント仕事内容は、企業の経営方針に沿った戦略を基にシステムを開発を提案する職業です。ハードウェア業界で経験してきた知識を活かせる職業です。

ITコンサルタントはシステムの設計から開発まで携わることになります。チームを組んで仕事を行うので、ITコンサルタント以外の知識も必要になるでしょう。ITエンジニアの年収も高いことで知られていますが、ITコンサルタントも平均年収が高額です。

ハードウェア業界以外のITエンジニアの職業の種類3:プログラマー

ハードウェア業界のITエンジニアの種類は?|職業の種類15選
ハードウェア業界以外のITエンジニアの職業の種類にプログラマーがあります。エンジニアの登竜門と言われるくらいメジャーな職業です。プログラマーはプログラム言語を使ってシステムやソフトウェアを開発する仕事です。

システムエンジニアが考えた仕様書を使ってプログラミングを行う仕事内容です。多くの業界で必要とされ活躍できる企業の種類が豊富にあります。年収はITエンジニアと比べると低くなるでしょう。

ハードウェア業界以外のITエンジニアの職業の種類4:システムエンジニア

ハードウェア業界以外のITエンジニアの職業の種類にシステムエンジニアがあります。システムエンジニアの仕事はクライアントに必用とされるシステムを開発することです。

システムの開発や設計、テストをまでを担当します。似たような仕事で、プログラマがありますが線引きはあいまいです。主に上流工程と呼ばれる部分をシステムエンジニアが担当します。

ハードウェア業界以外のITエンジニアの職業の種類5:プロジェクトマネージャ

ハードウェア業界以外のITエンジニアの職業にはプロジェクトマネージャがあります。プロジェクトマネージャの仕事は、プロジェクト全体を管理して意思決定や作業進行を行い完成へ導きます。

ITプロジェクトマネージャになるにはマネジメント能力や交渉力が必要になります。チームリーダーになってスタッフをまとめる役割もあります。プロジェクトマネージャ資格を持っていると有利に就職できるでしょう。

ハードウェア業界以外のITエンジニアの職業の種類6:ネットワークエンジニア

ハードウェア業界以外のITエンジニアの職業にはネットワークエンジニアがあります。ネットワークエンジニアはコンピューターネットワークシステムの構築や保守管理を行う仕事内容です。

ネットワークエンジニアの仕事は、トラブルに対応する内容が多いです。クライアントに対して現状を伝える説明能力や調整力が求められます。無線LANやDNS、メールなどの多くの種類に関する知識も必要でしょう。

ハードウェア業界以外のITエンジニアの職業の種類7:データベースエンジニア

ハードウェア業界のITエンジニアの種類は?|職業の種類15選
ハードウェア業界以外のITエンジニアの職業にデータベースエンジニアがあります。データベースエンジニアの仕事は、企業などで使うデータベースの開発や設計、開発をします。

データベースは世界に多くの種類があります。各種のデータベースシステムに精通する知識が求められます。データベーススペシャリスト試験や基本情報技術者試験などの資格を持っていると有利に働けるでしょう。

ハードウェア業界以外のITエンジニアの職業の種類8:サーバエンジニア

ハードウェア業界のITエンジニアの種類は?|職業の種類15選
ハードウェア業界以外のITエンジニアの職業はサーバエンジニアがあります。コンピューター社会に欠かせないサーバーをいちから構築して設計、管理する仕事です。

サーバエンジニアはOSに関する知識が必用になり、サーバー用のアプリケーションやネットワーク全体の知識も必要になります。できればセキュリティに関する知識もあると仕事がスムーズになるでしょう。多くの種類の知識を求められる職業です。

ハードウェア業界以外のITエンジニアの職業の種類9:Webエンジニア

ハードウェア業界以外のITエンジニアの職業にWebエンジニアがあります。Webエンジニアの仕事内容は、Webサイトなどで使うアプリケーションを開発する職業です。

SNSの人気やネットワーク拡大によって新たなシステム開発が求められています。業界は人手不足に悩んでおり、これから需要が高まると言われています。プログラミングスキルをしっかり身に付けてWebエンジニアとして活躍しましょう。

ハードウェア業界以外のITエンジニアの職業の種類10:マークアップ/フロントエンドエンジニア

ハードウェア業界以外のITエンジニアの職業にマークアップとフロントエンドエンジニアがあります。マークアップとフロントエンドエンジニアどちらの種類もWebサイトをつくる職業です。

どちらの職業も高い技術が求められており、専門性の高い内容です。新しい情報が絶えず入れ替わりますから、対応できる知識をインプットしておくことになります。時代の最先端を行くことができる職業です。

ハードウェア業界以外のITエンジニアの職業の種類11:テストエンジニア

ハードウェア業界のITエンジニアの種類は?|職業の種類15選
ハードウェア業界以外のITエンジニアの職業にテストエンジニアがあります。テストエンジニアはソフトウェアやIT製品が正常に動作するかを確認する職業です。複数のテストを行う事でプログラムのミスを発見します。エラーを見つけたら対応し、製品を完成させます。

最近ではテストの効率化やコスト削減によってテスト自動化が進んでいます。テストエンジニアの仕事が少なくなる傾向にある種類の職業です。

ハードウェア業界以外のITエンジニアの職業の種類12:セールスエンジニア

ハードウェア業界以外のITエンジニアの職業にセールスエンジニアがあります。セールスエンジニアはクライアントに提案や解決策を案内する営業的な仕事内容と技術的な作業を行う役割があります。

エンジニアとして技術的な知識も求められますが、コミュニケーション能力や説明能力など営業の知識も必要になる職業です。技術的な仕事だけは無く顧客と直接関わりたい人に向いています。

ハードウェア業界以外のITエンジニアの職業の種類13:サポートエンジニア

ハードウェア業界以外のITエンジニアの職業にサポートエンジニアがあります。サポートエンジニアは企業などに導入した情報システムのサポートを行う仕事です。トラブルを解決したり、使い方をアドバイスするハードウェア以外の仕事です。

ハードウェア業界以外のITエンジニアの職業の種類14:ブリッジSE

ハードウェア業界以外のITエンジニアの職業にはブリッジSEがあります。ブリッジSEは日本と海外を繋ぐ仕事内容です。ITスキルと語学力が求められます。グローバル化が進む背景で重要視される種類の職業です。

ハードウェア業界以外のITエンジニアの職業の種類15:社内SE

ハードウェア業界以外のITエンジニアの職業に社内SEがあります。社内SEは、社内でおこった問題や課題をシステムを導入する事で解決していく職業です。

クライアントの話を良く理解し、最適なシステムを見つけ出します。プロジェクトの指揮を取りシステムの開発をしていくハードウェア以外の職業です。

ITエンジニアの仕事で気になるポイント3つ

ハードウェア業界のITエンジニアの種類は?|職業の種類15選
ITエンジニアの仕事を希望する人にとって年収や今後の市場傾向が気になります。ハードウェア業界ではITエンジニアとして活躍できる場が多く用意されていますから、詳しく調べてみましょう。

ITエンジニアの気になるポイント1:平均年収

ハードウェア業界のITエンジニアの種類は?|職業の種類15選
ITエンジニアの職業にはいくつかの種類があります。システムエンジニアの年収は平均656万円、プログラマーは平均433万円、サーバーエンジニアは平均468万円と言われています。職業の種類によって差があることがわかります。

ITエンジニアの気になるポイント2:やりがい

ITエンジニアは職業の種類によって仕事内容が異なりますが、チームを組んで取り組むケースでは、完成した時にチーム全体で達成感を感じることができます。また、技術力を付ける事で年収を上げられる魅力がある職業です。

ITエンジニアの気になるポイント3:転職状況

ハードウェア業界のITエンジニアの種類は?|職業の種類15選
ここ数年ITエンジニアの人材は不足傾向にあり、売り手市場だと言われています。今後もこのような状況が続くでしょう。ITエンジニアを採用したい企業が増加傾向にあり、中途採用で良い人材を探しています。キャリアアップを考える人にとってはチャンスでしょう。

ITエンジニアを種類別に知りハードウェア業界の知識をつけよう!

ハードウェア業界のITエンジニアの種類は?|職業の種類15選
ITエンジニアはいくつかの種類がありました。とても複雑な業界ですから、未経験の人は混乱するでしょう。ソフトウェア業界で働きたい人は知識を付けてからエントリーすると有利です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related