Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月12日

マーケティングディレクターの主な業務内容9つ|気になるポイント4つ

本記事は、マーケティングディレクターについて知りたいという方を対象にしたもので、マーケティングディレクターの業務内容や気になるポイントについて説明しています。また、平均年収や必要なスキルについても説明しているので、ぜひ参考にしてください。

マーケティングディレクターの主な業務内容9つ|気になるポイント4つ

マーケティングディレクターとは?

マーケティングディレクターの主な業務内容9つ|気になるポイント4つ
マーケティングディレクターとは、マーケティングの要素を含むすべてのマーケティングの機能の上位のことを言います。このマーケティング機能には企業組織内の広告や、セールスプロモーション、調査などがあります。

また、企業のマーケティングに関する課題を解決するという仕事であり、企画をしたり設計を担当するなどさまざまなことをやることができるため、やりがいのある仕事となっています。

マーケティングディレクターの主な業務内容9つ

マーケティングディレクターの主な業務内容9つ|気になるポイント4つ
マーケティングディレクターは、マーケティングに関する業務を全体的に行います。

その中でも、主な業務内容として市場調査、ターゲット分析、集客プロモーションの企画、広告の運用、WEB制作のディレクション、WEBのSEO施策、社内外での交渉、プロジェクトの進行管理、代理店の管理を行います。

本記事では、この9つの主な業務内容について詳しく説明していきます。ぜひ参考にしてください。

マーケティングディレクターの主な業務内容1:市場調査

マーケティングディレクターの主な業務内容9つ|気になるポイント4つ
マーケティングディレクターは、市場調査を主な業務内容として行います。

市場調査とは、自社の製品やサービスについてや企業のイメージについて市場で調査したりリサーチして、分析することです。

市場調査の調査方法には、定量調査という数値化したデータの分析やインタビューなどを行って、数値化することのできないことを分析するというものがあります。マーケティングディレクターは、このような業務を行っています。

マーケティングディレクターの主な業務内容2:ターゲット分析

マーケティングディレクターの主な業務内容9つ|気になるポイント4つ
マーケティングディレクターの主な業務内容には、自社の製品やサービスを誰に対して販売するのかというターゲット分析も行います。

ターゲット分析はマーケティングでは基本的なことで、適切にターゲットを分類・絞り込みを行い、そこから選定を行います。

また、ターゲットの分類・絞り込みの方法には、市場調査のデータを基に製品がどのような層の方にニーズがあるのかということを分析するという方法があります。

マーケティングディレクターの主な業務内容3:集客プロモーションの企画

マーケティングディレクターの主な業務内容9つ|気になるポイント4つ
マーケティングディレクターの主な業務内容には、どのようにしてお客さまに製品やサービスを知ってもらうかという集客プロモーションの企画も行います。

集客プロモーションはありきたりなものでは、お客さまに興味を持ってもらうことができないため、マーケティングディレクターは豊かな発想力や企画力、これまで培ってきた現場でのノウハウ、発送力に長けた集客のアイデアが必要になります。

マーケティングディレクターの主な業務内容4:広告の運用

マーケティングディレクターの主な業務内容には、広告の運用もあります。

広告の運用とは、検索したキーワードに対して、それと関連した広告を検索画面に表示し、自社のサイトに誘導するという広告のことを言います。

また、広告の運用にはいくつかのメリットがあります。それは、集客しただけ広告料が発生するためコストが管理しやすいということや情報が多く出回っているため取り組みやすいということです。

マーケティングディレクターの主な業務内容5:WEB制作のディレクション

マーケティングディレクターの主な業務内容には、WEBを制作する際のディレクションを行います。

ホームページを作成するときのチームのリーダー的な立場に立ってさまざまな業務の指示を出します。打ち合わせや調査した内容を反映させたホームページを作成することが大切となっています。

そこで、デザイナーやコーダーなどのホームページ作成のスタッフに仕事の段取りやスケジュール管理などを行います。

マーケティングディレクターの主な業務内容6:WEBのSEO施策

マーケティングディレクターの主な業務内容には、WEBのSEO施策というものがあります。

SEO施策とは、ユーザーが何かを検索したときに、自社のサイトが多く引っかかるように対策をすることです。また、SEO施策は検索エンジンの最適化とも呼ばれています。

検索結果に自社サイトがなるべく上に表示されるようにしなければなりません。そのための最適な文字数やキーワードを設定するということが必要となります。

SEOとは?

SEOとは、検索エンジン最適化のことを言います。

ユーザーが検索したときに自社のサイトがより多く出てくるために行う取り組みのことです。

また、検索エンジン最適化をすることで、サイトを持っている企業には検索を通じてビジネスを成長させるという目的があり、マーケティングを行う際には、とても重要なこととなっています。

マーケティングディレクターの主な業務内容7:社内外での交渉

マーケティングディレクターの主な業務内容9つ|気になるポイント4つ
マーケティングディレクターの主な業務内容には、社内外での交渉があります。

マーケティングディレクターは社内と社外で交渉をすることが求められています。

社内では、活動がスムーズに進むようにしっかりとスタッフに事前に業務内容を連携させます。一方で、社外では、他企業に自社と連携することを交渉したり、価格や売り場などさまざまなことを交渉します。

マーケティングディレクターの主な業務内容8:プロジェクトの進行管理

マーケティングディレクターの主な業務内容には、プロジェクトの進行管理もあります。

プロジェクトの進行管理は、プロジェクトを成功させるうえでは欠かせない業務となっています。そのため、マーケティングディレクターはこの業務を責任を持って行う必要があります。

また、現在はプロジェクト管理のさまざまなツールが出ているため、効率よく管理を行うことが可能となっています。

マーケティングディレクターの主な業務内容9:代理店の管理

マーケティングディレクターの主な業務内容には、代理店の管理があります。

代理店は、企業のさまざまな業務を代わりに行ってくれるもので、広告の製作やキャンペーンの設計など専門的なことを行ってくれます。

このような代理店を管理するのがマーケティングディレクターの仕事の一つで、どの代理店に依頼するのか、どの業務を行ってもらうのかということを管理します。

マーケティングディレクターの気になるポイント4つ

マーケティングディレクターの主な業務内容9つ|気になるポイント4つ
マーケティングディレクターを目指しているという人にはいくつかの気になるポイントがあるのではないでしょう。

そこで、本記事ではマーケティングディレクターになるために必要なスキルや平均年収、身につけておくべき学問、やりがいについて詳しく説明していきます。

また、必要なスキルや身につけておくべき学問にはさらに細かく知っておくべきことがあるので、しっかり把握しておく必要があります。

マーケティングディレクターの気になるポイント1:平均年収

マーケティングディレクターの主な業務内容9つ|気になるポイント4つ
マーケティングディレクターの平均年収は、全世代平均で664万円となっています。

年齢別でみると、20代前半が375万円、20代後半が505万円、30代が587万円、40代以上が920万円となっています。

マーケティングディレクターの平均年収は、高い水準となっています。しかし、年収の上昇の仕方を見ると、急に上がるということはなく、徐々に上昇していくという形の給与体系となっています。

マーケティングディレクターの気になるポイント2:必要なスキル

マーケティングディレクターの主な業務内容9つ|気になるポイント4つ
マーケティングディレクターとして働くにはいくつかの必要となるスキルがあります。

マーケティングディレクターとして働きたいという方はそれらの必要となるスキルを把握したうえで身につけていくことが大切です。

そのスキルの中で本記事では、分析スキルと情報収集スキルについて詳しく説明して行きます。これらもマーケティングディレクターを目指すうえで大切なスキルとなるのでぜひ参考にしてください。

分析スキル

マーケティングディレクターとして働くためには、分析するスキルが身についている必要があります。

マーケティング活動を進めていくにあたって、ただやみくもに行っても効率がよくありません。そのため、これまでのデータを基に新しい企画や施策を生み出すために、Excelや分析ツールを活用しながらこれまでのパターンを割り出したり、関係性を見つけ出したりします。

そうすることで、新しい考え方が生まれたりします。

情報収集スキル

マーケティングディレクターは、新しい企画や施策を考えるうえで最新の技術やトレンドとなっているニュースを常にチェックしておく必要があります。

このような最新の情報を収集するために、雑誌や新聞、テレビを毎日チェックする習慣を身につけることが大切です。

また、収集した情報をそのままにせず、さまざまな状況に応じて活用していくことが重要です。情報収集スキルはインプットする力とアウトプットする力は必要となります。

マーケティングディレクターの気になるポイント3:身につけておきたい学問

マーケティングディレクターの主な業務内容9つ|気になるポイント4つ
マーケティングディレクターとして働くためには、事前に身につけておきたい学問があります。

その学問とは、マーケティング理論と統計学の2つです。本記事では、それぞれの学問がマーケティングディレクターとして働くうえでどのような場合に必要となるのかということなどを説明していきます。

これからマーケティングディレクターを目指したいという方は、それぞれの学問の特徴を把握して、勉強をしていきましょう。

マーケティング理論

マーケティング理論とは、市場や消費者について、商品やサービスを提供する企業のからの目線で理論づけるという学問です。

マーケティングディレクターにとってマーケティング理論を身につけておく意味は、戦略を考える際に役に立つという可能性があると考えられているからです。

また、内容は市場のニーズの調査や商品の戦略の評価、新製品の動向の予測などがあります。

統計学

統計学とは、さまざまなデータにはパターンがあるのかということやパターンがない不規則なものであるのかということを見つけ出す学問となっています。

マーケティングディレクターを目指すうえで、統計学は必要なデータを見つけ出すときに役に立ちます。

近年は、インターネットの普及で大量のデータが行きかうようになりました。そのため、そこから必要なデータを見つけ出すことは困難です。このようなときに統計学が役に立ちます。

マーケティングディレクターの気になるポイント4:やりがい

マーケティングディレクターとして働くことでやりがいを感じることができるという時があります。

それは、自分が考えたアイデアでヒット商品が生まれたという時です。マーケティングに関するほとんどの業務を行うため、商品を作ることもあります。その商品が大ヒットしたときには大きなやりがいを感じることができます。

また、分析スキルや情報収集スキルを身につけたということを実感できた時もやりがいを感じることができます。

マーケティングディレクターについて深く知ろう

マーケティングディレクターの主な業務内容9つ|気になるポイント4つ
本記事では、マーケティングディレクターの業務内容やマーケティングディレクターを目指しているという人が気にしているポイントについて詳しく説明しました。

マーケティングディレクターとは、マーケティングに関することを全般的に行うとても責任感が必要な業務となっています。

責任感を感じることができる仕事に就きたい方や、マーケティングを極めたい方はぜひマーケティングディレクターを目指してみてはいかがでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related