Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月13日

公認会計士とは|公認会計士を目指すために知っておくべき5つのポイント

本記事は、公認会計士になりたいという方を対象にしたもので、公認会計士について詳しく説明しています。また、公認会計士を目指すうえで必要な知識も加えて説明していたり、おすすめの参考書もご紹介しています。公認会計士として活躍したいという方はぜひ参考にしてください。

公認会計士とは|公認会計士を目指すために知っておくべき5つのポイント

公認会計士とは

公認会計士とは|公認会計士を目指すために知っておくべき5つのポイント
公認会計士とは、国家資格を得た職業であり、経理や会計に関することを業務として行う人のことを言います。

公認会計士になるには、国家資格は三大国家資格の1つである公認会計士試験を受けることとなっています。また、三大国家資格には他に医師と弁護士といったものがあります。

本記事では、これから公認会計士の具体的な仕事内容や年収、求人状況、将来性と公認会計士になるには欠かせない情報を説明していきます。

公認会計士の具体的な仕事内容

公認会計士とは|公認会計士を目指すために知っておくべき5つのポイント
公認会計士の主な仕事内容は監査となっています。監査とは、経済的な安定を図るために企業の株価の情報を偽ることや決算を偽るといった不正を防ぐことを目的とした業務です。

また、他にも税金に関する書類を作成したり企業に税務に関する相談を受けるという税務という業務や経営に関することも相談をするコンサルティングという業務があります。

その中でも、監査が公認会計士のみが行うことのできる業務となっています。

公認会計士の年収

公認会計士の年収は、働き方や所属する事務所によって人それぞれとなっていますが、平均的には600万円以上という場合が多くなっています。

日本人の平均年収と比べると公認会計士の年収は水準よりも高いということが言えます。

また、独立しているという方や、4大監査法人に所属しているという方の年収はもっと高く1,000万円以上という方が多くなっています。

公認会計士の求人状況

公認会計士の求人状況は、監査業務とコンサルティング業務とで状況が異なっています。

監査業務の求人は、未経験者や試験に合格した人など募集範囲が広くなっているのに対して、コンサルティング業務の求人は、これまでに公認会計士としてどれだけ経験を積んでいるかという実務経験が応募するにあたって必要となります。

コンサルティング業務に応募するには公認会計士としての経験を積み、ある程度の業務年数が必要となります。

公認会計士の将来性

公認会計士の将来性は明るいと言われています。

近年では、多くの企業がグローバル化やM&Aといった海外進出をすることを試みているため、監査などの公認会計士が行わなければならない業務が増えています。さらに公認会計士の試験の合格者数が絞られて、公認会計士になることが難しくなったため需要が増えています。

また、これからはさまざまな働き方をすることができるようになるため、公認会計士はより必要とされます。

公認会計士を目指すために知っておくべき5つのポイント

公認会計士とは|公認会計士を目指すために知っておくべき5つのポイント
公認会計士になるにはなるには、知っておくべきポイントが5つあります。

公認会計士を目指すことができる年齢や勉強期間、専門学校の学費、受験資格、合格率といった、どれも公認会計士になるには欠かせない情報となっています。

本記事では公認会計士になるには欠かすことのできない5つのポイントを詳しく説明していきます。これから公認会計士を目指すという方はぜひ参考にしてください。

公認会計士を目指すために知っておくべきこと1:会計士を目指す年齢

公認会計士になるには、若ければ若いほどいいと言われています。

若いほどいい理由には、公認会計士の資格を取得するには長い期間が必要とされています。そのため、勉強期間や経験を多く積むためには、若いうちに動き始めることが好ましいです。

また、試験に合格したらすぐに公認会計士のではありません。監査法人などでの経験が必要となります。このような理由から公認会計士になるには若い時期から目指す必要があります。

公認会計士を目指すために知っておくべきこと2:勉強期間

公認会計士とは|公認会計士を目指すために知っておくべき5つのポイント
公認会計士になるには、最低でも1年間の勉強期間が必要とされていて、実際には多くの人が2年間かけて勉強しています。

1年間で合格するという方は非常に少なく、全体の10%未満となっています。そのため、公認会計士になるには2年間勉強することが必要と認識しておくことが無難です。

また、勉強時間を見てみると、公認会計士になるには最短で3,000時間の勉強時間が必要とされています。

公認会計士を目指すために知っておくべきこと3:専門学校の学費

公認会計士になるための専門学校の学費は、受講するコースや学校によって設定が大きく異なっていますが、入学金や授業料、テキスト代などを合わせると全部で60万円~200万円ほどかかります。

この値段は、通学する専門学校でも通信の専門学校でも大きな違いはなく、平均的な費用ということができます。

大学の授業料と比べると、大学は4年間で400万円近くかかるため、少し安くなっているということがわかります。

公認会計士を目指すために知っておくべきこと4:受験資格

公認会計士になるには、受験資格は必要ありません。受験資格がないため、年齢や性別、国籍などは関係なく、誰でも受験することができます。そのためチャレンジすることは容易な試験となっています。

また、高卒の方や大学在学中という方でも受験することが可能となっているため、幅広い年齢層の合格者が生まれています。

さらに、近年では、新しい制度に試験の免除制度も充実してきているため、受験しやすくなっています。

公認会計士を目指すために知っておくべきこと5:合格率

公認会計士になるには、短答式試験と論文式試験の2種類を受験する必要があります。それぞれの試験の合格率は異なります。

短答式試験の合格率は17%前後となっているのに対して、論文式試験の合格率は35%前後です。この2種類の合格率を掛け合わせると7%程度というとても低い合格率となっています。

何年もかけて勉強しても合格するのは受験者のわずか1割となっています。それほど難しい試験であるということがわかります。

公認会計士になるには

公認会計士とは|公認会計士を目指すために知っておくべき5つのポイント
公認会計士になるには、単純に試験に合格すればいいというものではありません。

公認会計士になるには、公認会計士試験を受けるということから始まり、実務経験を積み、実務補習と修了考査に合格するというステップを踏んでいかなければなりません。

本記事では、それぞれのステップが具体的にどのようなものであるのかということを詳しく説明していきます。

公認会計士になるには公認会計士試験を受ける

公認会計士になるには、まず公認会計士試験を受験し、それに合格しなければなりません。そして国家資格を取得する必要があります。

この公認会計士試験には、短答式試験と論文式試験の2種類があり、どちらにも合格しなければなりません。

これらの試験で必要となる知識は、会計に関することです。受験科目は会計学、監査論、企業法、租税法の4科目と経営学、経済学、民放、統計学の4つから1科目を選択して受験します。

公認会計士になるには実務(業務補助)を経験する

公認会計士になるには、試験に合格した後、実務経験を積む必要があります。この実務経験は2年以上する必要があると言われています。

専門的な業務を行っている監査法人などに就職し、公認会計士としての知識やスキルを身につけるために、実際の仕事を体験します。

また、この段階では、実際に公認会計士がする業務を行うことよりも、業務を補助するということが多くなっています。

公認会計士になるには実務補習と修了考査に合格する

公認会計士になるには、実務経験を積んだ後に実務補習と終了考査に合格する必要があります。これは日本公認会計士協会が行う筆記試験となっています。

この考査に合格することで、初めて公認会計士として登録されます。公認会計士試験に合格するまでに2,3年かかり、その後に2年の実務経験を積み修了考査に合格して公認会計士になるためには、トータルで5年ほどかかるということがわかります。

公認会計士を目指す方におすすめの参考書

公認会計士になるには、専門学校に通うことや大学で講義を受講することのほかにも、自主的な勉強をすることが大切です。

そこで、本記事では公認会計士になるための自主勉強に活用することができる参考書を5冊ご紹介します。

これから公認会計士を目指すという方で、どのような参考書を購入すればいいかわからないという方はぜひ参考にして、勉強の役に立ててください。

24週間で独学合格!公認会計士試験マル秘学習法

この参考書は、公認会計士の試験対策を独学で24週間で行うことができるものとなっています。

著者の中尾宏規さんが大手の監査法人に勤務している方であるため、実際に公認会計士試験に合格することができた自らの学習方法や学習するにあたっての過程を説明しています。

また、著者はブログでも試験に関する情報を提供しており、受験生の相談に乗ることも積極的に行っています。

公認会計士試験をパスするために何をすれば良いかわからない人というには勧められます。

この人の方法を単純には真似できませんが、極端なアプローチを知っておくと、自分に合うやり方が見つかり易いと思います。
極端なアプローチだからこそ全体の地図をイメージしやすかったです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3LCTFP8EDFD... |

公認会計士試験 短答式試験 過去問題集 2019年度

公認会計士試験には、本記事でも説明したように短答式試験と論文式試験の2種類はあります。この参考書では、2種類の内の短答式試験の過去問を扱っている問題集となっています。

公認会計士試験を合格するためには、まず短答式試験に合格することが第一条件となっています。そのため、短答式試験については説明ができるようになるくらいまで理解をする必要があります。

本書は理解を深めることを可能にした問題集となっています。

平成31年 公認会計士試験用参考法令基準集 監査論

本書は2種類の試験の内の論文式試験の受験者に向けた参考書となっています。

説明している内容は、法令などに関することを説明している参考書となっているのですが、この内容が論文式試験で配布される法令基準と同じような内容になっているため、実際に出題される問題を想定しながら学習を行うことができます。

公認会計士の「お仕事」と「正体」がよ~くわかる本[第2版]

本書は、公認会計士になるにはどのような方法をとらなければならないのかということから、公認会計士はどのような仕事をしているのかということまで、幅広く説明しているものとなっています。

また、著者は実際に公認会計士の資格取得支援スクールの教壇に立って教えている方で、説得力のある内容となっています。

さらに、あまり知ることのできな年収や魅力なども説明しているので、わかりやすい一冊となっています。

ほとんど知らなかった経済の、入門書とも言えると思います。読むなら高校、大学までに!

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2OXRYSHDAXU... |

公認会計士試験 社会人が独学合格する方法

本書は、高校生や大学生向けのものではなく、社会人として現在も働いているという方で、将来公認会計士を目指したいという方向けの参考書となっています。

説明している内容は、独学で働きながら勉強する方法やスキマ時間の使い方など公認会計士を目指していない人でも参考にすることができる内容から、短答式試験と論文式試験の対策といった専門的なことまで扱っています。

また、公認会計士の仕事内容もご紹介しています。

公認会計士を目指しましょう!

公認会計士とは|公認会計士を目指すために知っておくべき5つのポイント
公認会計士になるには、さまざまな試練を乗り越えなければなりません。短答式試験と論文式試験といった2種類の試験があり、とても低い合格率となっています。さらに試験に合格した後も実務経験を積んで修了考査に合格しなければなりません。

このように、長い道のりではありますが、とてもやりがいのある仕事となっています。公認会計士になるには忍耐が必要となりますが、地道な努力を重ねて公認会計士を目指しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related