Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月12日

商社志望者なら取っておきたい資格4つ|商社に向いている人の特徴5つ

商社は特定の分野の川上から川下までを扱う仕事です。大手だと海外に拠点がある企業もあるため、海外進出に対応できるように英検やTOEICなどの資格を取っておくことで仕事をする上で有利になるでしょう。また語学力があったり、心身的にタフな人は活躍しやすい業界です。

商社志望者なら取っておきたい資格4つ|商社に向いている人の特徴5つ

商社とは?

商社志望者なら取っておきたい資格4つ|商社に向いている人の特徴5つ
商社は他の企業から要望を聞く仕事で、欲しがっている素材を調達したり製品を販売するなどで、メーカーの事業を手助けする仕事です。海外の製品もあるため資格があると有利で、顧客の要望に沿った商品や素材を扱っているメーカーを探したりします。

提供された商品を他の小売店やメーカーに販売したり、商品を買ってくれる場所を新しく探したりなど、業務内容は色々です。扱い商品の量が多いため、多くの知識を吸収できるでしょう。

専門商社と総合商社とは?

専門商社は特定の業界や分野の製品を扱っており、専門家のような商社を指します。依頼先は大手企業から中小企業までたくさんあるのが特徴的で、海外には専門商社が多数あります。

総合商社はカップラーメンからロケットまでのキャッチコピーが有名で、色々なメーカーの製品を扱うため、何でも屋というイメージが強いでしょう。国内では総合商社の方が多いのが特徴的ですが、これは日本にしかないスタイルです。

商社の仕事内容

商社志望者なら取っておきたい資格4つ|商社に向いている人の特徴5つ
商社は多くの商品を扱う卸売業で、色々なメーカーから商品を取り寄せて小売店などに販売します。そのため消費者は、商品をメーカーからではなく小売店から購入することが多いでしょう。

商社は小売店とメーカーの間に入り、流通のサポートを主に行います。メーカーから商品を大量に購入し、小売店から注文があっただけの数の商品を提供するという仕事です。資格があれば、商品を扱う際に便利になるでしょう。

商社の平均年収

商社志望者なら取っておきたい資格4つ|商社に向いている人の特徴5つ
総合商社に勤める人は、平均年収は700~1,300万円と言われています。しかし企業の規模や資格の有無で年収には差が出ますし、海外駐在しているかどうかでも年収に差が出るのが特徴的です。総合職であれば1,300万円で、一般職であれば250~300万程だと言われています。

専門商社であれば700~800万円で、上位の総合職であれば年収1,000万円以上するのは珍しくありません。

商社に就職したいなら取っておきたい資格4つ

商社志望者なら取っておきたい資格4つ|商社に向いている人の特徴5つ
商社に就職するために、絶対に必要とされる資格はありません。仕事において持っていると有利な資格は特にありませんが、英検やTOEICは持っておいて損はないでしょう。商社に入社すると英語を学ばされる場合もあるため、学生のうちに取っておくと効果的です。

資格以外の条件は、大卒以上の学歴があることです。ビジネスや経済の科目を履修しておくと、就職の際に便利でしょう。ここからは商社に便利な資格を紹介します。

商社に就職したいなら取っておきたい資格1:TOEIC

商社志望者なら取っておきたい資格4つ|商社に向いている人の特徴5つ
募集要項の資格の中に、TOEICのスコアを指定している業界が現在は多いです。最近では海外の拠点を増やしたり海外進出が多い企業が増えており、海外で活躍できる人材が現在は求められています。

商社の業界では、国内でしか活躍できない人より広い地域で活躍できる人が重宝される傾向にあります。また国内でも、海外の顧客に対応できる人は魅力的と言われているため、英語のスキルは必要になるでしょう。

商社に就職したいなら取っておきたい資格2:英検

商社志望者なら取っておきたい資格4つ|商社に向いている人の特徴5つ
商社は幅広い知識で活躍するため、英語力を必要としている企業は多いです。国内では商社以外にも色々な業界のグローバル化が進んでおり、英語力が必要な企業が多くなっています。

総合商社であれば海外に拠点を持っている企業が多いため、英検を持っていると仕事においてとても有利です。専門商社でも海外に拠点がある場所は多く、商社は英語力が場所が特に多いため英語系の資格を持っていると便利が点が多いでしょう。

商社に就職したいなら取っておきたい資格3:簿記

商社志望者なら取っておきたい資格4つ|商社に向いている人の特徴5つ
商社に限らず、借方と貸方は社会人が覚えるべき言語です。特に商社では、簿記の知識が身に付いていること前提で仕事を行います。言葉の意味を覚え、仕事でどんな影響を与えるかを考えられるようにしましょう。

簿記は商社に就職するにあたって必要な資格ですが、マニアックな知識まで押さえておく必要は特にありません。社会人レベルだと簿記2級は最低限必要だと言われており、学生だと半年間しっかり勉強すれば受かるレベルです。

商社に就職したいなら取っておきたい資格4:ビジネス法務検定

商社志望者なら取っておきたい資格4つ|商社に向いている人の特徴5つ
商社に就職する際に有利な資格は、ビジネス法務検定も上げられます。法務部以外でも、必要最低限の知識は身に付けていると便利です。どの部署に配属が決まっても、仕事においては法律を守った上で業務を行わなければいけません。そのため法律の知識は必ず必要です。

また営業部は法務部と比べて人員が少ないため、新人が不明点を気軽に聞けるような環境が整っていません。そのため自分で解決する力が必要になります。

商社マンに向いている人の特徴5つ

商社志望者なら取っておきたい資格4つ|商社に向いている人の特徴5つ
商社は大学生から最も人気が高い業界で、総合商社を目指している人は割と多いです。しかし総合商社について上手に説明できない人は、意外と多いでしょう。総合商社に明確な定義はなく、当初はトレーディング事業をメインに業務を行っていました。

現代ではラーメンからロケットまでと言われており、色々な物を扱っています。ここからは商社マンに向いている人の特徴を紹介するので、気になる人は参考にしましょう。

商社マンに向いている人の特徴1:語学力がある

商社志望者なら取っておきたい資格4つ|商社に向いている人の特徴5つ
商社マンに向いている人は、語学力が高い人です。語学力は語学系の資格で身に付けることができ、特に英語力は必須スキルなのでTOEICや英検を取っておくと苦労しないでしょう。商社は海外に拠点がある企業も多いため、ある程度の英語力は必要になります。

日常会話で英語を話せるくらいのレベルであれば苦労はしませんが、企業ごとで必要としている英語力はバラバラです。しかしより高い方が仕事においては便利です。

商社マンに向いている人の特徴2:対人コミュニケーション能力が高い

商社志望者なら取っておきたい資格4つ|商社に向いている人の特徴5つ
商社マンは資格を求められる場合がありますが、コミュニケーション力に関しては最も求められます。多くの人と関わりがあり、互いの都合を付ける機会が多いです。相手が必要としていることに耳を傾けたり、交渉力があるとより便利でしょう。

どんなに語学力に優れていても、外国語を活かしてコミュニケーションが取れなければ意味がありません。普段から人をまとめたり多くの人と関わりがある人は、商社マンに向いているでしょう。

商社マンに向いている人の特徴3:体力がある

商社志望者なら取っておきたい資格4つ|商社に向いている人の特徴5つ
商社マンに向いている人の特徴は、資格以外に体力があることが必要です。就活生には人気ですが、激務であることが多いと言われています。人によっては、激務に耐えられないことを理由に退職をする人は多いです。

世界規模で華やかな雰囲気のある商社ですが、海外でも仕事ができる分、業務量とプレッシャーが多いでしょう。給料は高い方ですが、仕事は朝6から夜12時まである企業もあります。

商社マンに向いている人の特徴4:精神的タフさがある

商社志望者なら取っておきたい資格4つ|商社に向いている人の特徴5つ
商社マンは資格以外にも、精神的タフさが求められることが多いです。商社マンは国内外で活躍し、時には残業が続くことが多い場合があります。そのため商社マンとして活躍するには、心身的にタフであることが条件となります。

ビジネスの交渉は上手くいかない場合もあり、精神的に疲れることが実際は多いです。しかしどんなに厳しい状況でも、決して諦めず交渉してもらえる方法を考え次へ次へと挑戦していきましょう。

商社マンに向いている人の特徴5:責任感が強い

商社志望者なら取っておきたい資格4つ|商社に向いている人の特徴5つ
商社マンは資格以外に、責任感が求められることが多いです。商社マンは仕事をするにあたって、多くの人と関わります。仕事を行う上で、多くの人から信頼を得ることは最も重要です。

仲介に関しては、小売店とメーカーの両方をまとめたりする機会が多いため、最後まで責任を持ち業務に取り組める人は商社マンに向いているでしょう。また一つの物事だけでなく、世間に幅広く興味がある人も商社マンの素質があります。

商社面接で頻出!志望動機に関する質問5つ

商社志望者なら取っておきたい資格4つ|商社に向いている人の特徴5つ
商社の面接では、志望動機や所得している資格を含め、就活生に色々な質問を投げかけます。面接に応える際には、まず「なぜ商社なのか」と「商社の業界の中でなぜそこの企業を志望するか」を、端的に、論理的に、さらに印象に残るように応えなければいけません。

面接試験に合格するためには、自分が納得するまで志望している業界や企業研究行うことが大切で、自分の意見を端的にまとめることが大切です。

商社面接で頻出!志望動機に関する質問1:志望動機は何か

商社の面接では、資格に関する質問以外に志望動機を聞かれることが多いです。効果的に伝えるには、なぜ商社が良いのかを端的に述べましょう。業界の特徴をよく調べ、なぜ商社が良いのかを明確にし、志望動機に近付けていくようにしましょう。

商社は総合と専門の2種類がありますが、どちらも商材を介して色々な業界と繋がりを持っていくのが特徴的です。「多くの分野で活躍したいから」を上手く伝えられるとより効果的でしょう。

商社面接で頻出!志望動機に関する質問2:特に興味のある事業はあるか

商社の面接では、資格に関する質問以外に、特に興味のある事業について問われます。特定の分野にこだわりがある人は強いでしょう。例えば農学系の大学出身の人は、食品の研究に限界を感じたため、食糧分野の川上から川下まで携わりたいと言えば伝わるでしょう。

他にも商社では、工学系や医療系などの理系出身の人が活躍していたり、ファッションに興味がある人でも強いこだわりがある人は向いている傾向にあります。

商社面接で頻出!志望動機に関する質問3:なぜ他業界ではダメなのか

商社の面接では、資格に関する質問以外にもなぜ商社以外の業界ではダメなのかが問われます。商社の仕事は、その地域や国にはまだ存在しなかったビジネスや製品を展開することです。例えばミャンマーでは、日本の技術力を伝授することで工場地帯の建設に成功しています。

ケーブルテレビやコンビニの国内進出などに成功しているのは、商社のお陰です。商社は自らリスクを背負い、新しい仕組みを生み出すことに成功しています。

商社面接で頻出!志望動機に関する質問4:やりたいことは本当に商社でなければできないのか

商社の面接では、資格に関すること以外にやりたいことは本当に商社でなければできないのかが問われます。その業界が特に良いと考えている理由も大切ですが、やる気や意欲の強さも同時に伝えましょう。

やる気は大切ですが、仕事で活躍するにはやる気以外にスキルや知識も大切な要素です。なので商社に就職して、自分がどんなスキルを活かせるのかを伝えましょう。自分のスキルで、業界にどう貢献するかを伝えられれば完璧です。

商社面接で頻出!志望動機に関する質問5:商社の中でもこの会社を志望した理由は何か

商社の面接では、資格に関する質問以外になぜ商社の中でもこの企業を望んでいたのかが問われます。なぜ商社にこだわるのかを伝えた後は、その中でもなぜそこの企業が最も良いと考えたのかまで応えられれば完璧です。

商社には色々な種類があり、企業ごとで扱っている製品は違います。専門商社は企業ごとで扱っている商品が特定されているため、企業が扱っている商品に着目して志望動機を完成させるのがオススメです。

商社に必要な資格を知ろう

商社志望者なら取っておきたい資格4つ|商社に向いている人の特徴5つ
商社は大企業が多いところや給料が良いところなどから、就活生には人気の企業です。商社を志望する就活生は多いため、業界全体の倍率はとても高いでしょう。他の学生と差を付けるために、志望動機はしっかりと作っておくことが大切です。

資格を取得して武器にし、業界研究を行っておけば準備は完璧です。また志望動機は、その業界をどれだけ知っているかで完成度が大きく違ってくるでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related