Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月12日

大手子会社に優良が多い8つの理由|大手子会社のメリット・デメリット

ホワイト企業に勤めたいけれど、大手企業はちょっとハードルが高いと感じている方におすすめなのが、大手子会社です。親会社との関係によっては、親会社並みの福利厚生や親会社に準じた給料などの待遇を得られることが珍しくなく、競争率が大手よりも低いのがおすすめの理由です。

大手子会社に優良が多い8つの理由|大手子会社のメリット・デメリット

大手子会社とは

大手子会社に優良が多い8つの理由|大手子会社のメリット・デメリット
就職先としても優良と見なされ、人気の高い「大手子会社」とは親会社が子会社の株の50%以上を所有している、あるいは株の所有率が40%でも決裁権が親会社にあるという子会社のことを言います。

親会社が子会社の株を100%保有しているような場合には、完全子会社と呼ばれます。大手子会社と呼ばれる会社というのは、親会社の影響を大きく受けている子会社のこととなっています。

大手子会社の年収

大手子会社の年収はどうなっているかというと、たいていの場合で平均年収よりも上になることがほとんどです。

例えば20代の平均年収は約263万円といったところなのですが、大手子会社はこの平均を超えることが多いので優良と言われるのでしょう。

これは完全子会社や親会社と関係の深い大手子会社の場合、その給与は親会社に準じたものとなっているためです。親会社との関係が遠い場合、当てはまらないこともあります。

大手子会社は優良企業が多い?

大手子会社に優良が多い8つの理由|大手子会社のメリット・デメリット
大手子会社に優良企業が多いかどうかですが、大手子会社は親会社の看板を背負っているため、ホワイトな優良企業が多いと言われています。

こちらも大手子会社がどの程度親会社と近いかどうかで、待遇が違うことがあります。しかし子会社にブラック企業の評判が立てば、親会社の評判にも影響するでしょう。基本的には、大手子会社の福利厚生は親会社と同じものかそれに準じたものになることがほとんどです。

大手子会社に優良が多い理由8つ

大手子会社に優良が多い8つの理由|大手子会社のメリット・デメリット
それでは、ここからは大手子会社がどうして優良と言われるのかその理由について8つほど解説していきます。

そもそも大手子会社の親会社は、大企業が多いです。親会社である大企業と関係の深い(完全子会社や株式所有率の高い)子会社の場合は、親会社である大企業とあまり変わらない待遇となることがほとんどだと理解すると、優良が多いと言われる理由にも納得がいくのではないでしょうか。

大手子会社に優良が多い理由1:儲かるようにビジネスモデルが組まれている

親会社と関係の深い大手子会社の場合は、親会社である大手企業が子会社として独立させた方が都合がよいと考え、最初から黒字を出せるようにビジネスモデルを組んで設立されています。

最初から黒字が出せるよう、儲かるようにビジネスモデルが組まれているのですから、大手子会社が倒産するリスクはほぼないでしょう。就職先が倒産するかどうかは一生に関わることなので、その心配が少ない大手子会社は優良企業と言えます。

大手子会社に優良が多い理由2:スキルではなく人間性が尊重される

大手子会社に優良が多い8つの理由|大手子会社のメリット・デメリット
大手子会社に優良が多いと言われる理由ですが、従業員を採用する際にその人が持つスキルよりも、その人自身の人間性の方を重視し尊重しているという理由があります。

ブラック企業では即戦力を求める傾向が強いです。しかし、大手子会社の場合は少し違います。スキルは入社してからいくらでも磨けるものですが、人間性はすでに身に着いたものでありなかなか変えられません。会社に馴染める人間性か、人柄を見て判断されています。

大手子会社に優良が多い理由3:定時に帰ることが推奨される

日本で働き方改革が叫ばれている昨今、大手企業はサービス残業はもちろん無駄な残業を排除する傾向にあり、大手子会社もこれに準じているため優良が多いと言われるのでしょう。

大手子会社の場合、看板は親会社である大手企業です。そこの子会社がブラック企業並みの残業をしているとなれば、親会社にも悪影響となりかねません。定時で帰るというのはホワイト、優良企業の証みたいなものですが、大手子会社にもその傾向があります。

大手子会社に優良が多い理由4:部署同士が仲がいい

大手子会社に優良が多い8つの理由|大手子会社のメリット・デメリット
大手子会社に優良が多い理由として4つ目にあげるのは、会社内の部署同士が仲がよいという理由です。

大手企業では研修やメンター制度などを導入している企業が多く、会社内のコミュニケーションが活発な企業が多いです。大手子会社もそれに準じている企業が多い、というのが優良が多いとされる理由です。

別々の業務を行っている部署同士でありながらも、お互いの部署のことをよく知っている、というのも特徴でしょう。

大手子会社に優良が多い理由5:福利厚生・昇給制度が明確

大手子会社はその福利厚生などを親会社に準じていることがほとんどであると解説してきましたが、こちらも優良企業が多いとされる理由になります。

とくに親企業と関係の深い子会社は、親会社の福利厚生をそのまま使える場合があります。昇給制度なども大手企業に準じて明確で分かりやすくなっているというポイントも、大手子会社に優良が多いとされる理由の1つとなっています。

大手子会社に優良が多い理由6:就業時間がきちんと守られる

大手子会社に優良が多い8つの理由|大手子会社のメリット・デメリット
ホワイトと呼ばれる企業の条件の1つが、就業時間がきちんと守られることですが、大手子会社の場合も親会社に準じて就業時間を守っている会社が多いことが優良と言われる理由の1つです。

就業時間前に来て作業をするとか、就業時間後もサービス残業をするといった習慣は、ホワイト企業にはありません。大手子会社もまた、親会社並みに就業時間を守っていることが多いでしょう。

大手子会社に優良が多い理由7:有給を気兼ねなく使うことが出来る

大手子会社に優良が多いと言われる理由7つ目は、有給を気兼ねなく使うことができる、という理由です。

ホワイト企業は基本的に有給が取りやすい、あるいはとらないといけなくなっていますが、ブラック企業は有給などあってないものというように、企業によっても差があります。

大手子会社の場合は親会社である大手企業と同じように、有給を気兼ねなく使ってよい環境が整っている場合がほとんどである、というのが優良の理由です。

大手子会社に優良が多い理由8:会社の為に身銭を切ることはない

大手子会社に優良が多い8つの理由|大手子会社のメリット・デメリット
ホワイトというか一般企業では当たり前のことですが、会社で業務に必要なものを会社の経費で用意するのは当たり前で、大手子会社でもそうなっていることが優良の理由です。

優良でない企業、ブラック企業などでは業務に必要なものであっても社員に用意させることがあります。大手子会社は親会社の看板を背負っていますので、基本的にそのようなことはないと考えてよいでしょう。

大手子会社のメリット3つ

大手子会社に優良が多い8つの理由|大手子会社のメリット・デメリット
ここまでは大手子会社が優良といわれる理由について見てきました。ここからは、大手子会社に就職することのメリットについて、給料面や転職難易度、福利厚生などから紹介いたします。

大手子会社のメリット1:給料が良い

親会社の影響の強い完全子会社などの大手子会社では、給料の面でも親会社に準じたものとなるため平均年収よりも高い場合が多くなっています。

注意しなくてはいけないのは、親会社の方がさらに給料が良い場合がほとんどである、というポイントです。大手子会社社員は、親会社の社員よりも給料が高くなるといったことはほぼありません。それでも、平均年収よりは高めの給料をもらえることが多いでしょう。

大手子会社のメリット2:転職難易度が大手ほど高くはない

大手子会社に優良が多い8つの理由|大手子会社のメリット・デメリット
大手子会社は親会社に準じていることがほとんどなので、就職や転職しようとする人は親会社の方を目指す人の方が多く、大手子会社の競争率がそれほど高くないというメリットです。

日本どころか世界にも名前が知られているような大企業は、言わずもがなですが就職や転職しようといている人が非常に多いです。そのため、就職・転職難易度も高いものとなっています。その点大手子会社はねらい目で、そこまで難易度が高くありません。

大手子会社のメリット3:大手の充実した福利厚生の恩恵を受けれる

大手子会社の場合、大手企業と同じかほぼそれに準じた福利厚生の恩恵を受けられるようになっているところが多い、というのがメリットの3つ目です。

社員食堂や社内の託児所、各種手当や補助といった福利厚生面において、普通の企業よりも大手子会社の方が大手企業並みの充実した恩恵を受けられる、というのは大きなメリットでしょう。

大手子会社のデメリット2つ

大手子会社に優良が多い8つの理由|大手子会社のメリット・デメリット
大手子会社が優良と言われる理由やメリットなど、大手子会社の良い面について解説してきましたが、大手子会社に就職する場合にはデメリットもあります。ここからは、大手子会社の主なデメリットを2つ解説します。

大手子会社のデメリット1:給料は親会社にかなわない

大手子会社のメリットのところでも解説しているように、大手子会社の給料は親会社に準じたものであることがほとんどなので、親会社以上にもらえるということはまずないというのがデメリットです。

より高い給料が欲しいという方にとっては、大手子会社では物足りない可能性があります。大手子会社よりも、親会社の方が給料面や待遇面で優っている場合がほとんどです。

大手子会社のデメリット2:出世のハードルが高い

親会社の影響の強い子会社の場合、一定以上の役職は親会社からの異動である場合が多いため、大手子会社で出世しようとするのはなかなか大変だというデメリットです。

大手子会社で一から頑張ってもなかなか上の役職になれない、知らない親会社の社員が上司として異動してくるなど、普通の企業に勤めるよりも出世のハードルは高くなりがちです。

大手優良子会社に転職する際におすすめの転職サイト3つ

大手子会社に優良が多い8つの理由|大手子会社のメリット・デメリット
優良な大手子会社に転職する際に利用したい、おすすめの転職サイトを3つ紹介いたします。多くの職業を取り扱っている総合転職サイトばかりなので、ご自分の希望の職種に合う優良大手子会社を探してみましょう。

転職サイトには、そのサイトでしか取り扱いのない独占求人がある場合があります。転職サイトを上手く使って転職するポイントは、1つの転職サイトだけで探すのではなく複数のサイトに登録して探すことです。

大手優良子会社に転職する際におすすめの転職サイト1:リクルートエージェント

おすすめ転職サイト「リクルートエージェント」は、総合転職サイトの中でも取り扱い求人が多いことが人気の転職サイトとなっています。

転職希望先が求人の少ない業界であっても、リクルートエージェントでなら見つかる可能性が上がります。ただ幅広い求人の取り扱いがある分、求人内容には良いものもあればあまり良くない内容のものもあります。自分である程度判断できる人が向いています。

大手優良子会社に転職する際におすすめの転職サイト2:doda

転職サイト「doda(デューダ)」はリクルートエージェントに次いで、紹介されている求人数が多い転職サイトです。

dodaのサイト上では適正年収を知ることができる「年収査定」、「キャリアタイプ診断」ができます。転職人気ランキングの高い企業300社との「合格診断」は、大手企業を目指しているなら一度は試してみることをおすすめします。現在のあなたの状況が客観的に判断できるでしょう。

大手優良子会社に転職する際におすすめの転職サイト3:randstad

「randstad(ランスタッド)」は外資系企業が展開している転職サイトなので、外資系の求人を探したい、という方におすすめです。

外資系が運営しているだけあって日本の転職サイトよりもサポート面は薄いので、転職活動が初めてだという方にはおすすめしにくい面があります。外資系に転職したい方で、職務経歴書や面接対策などを自分でしっかりできる方におすすめです。

大手子会社に応募してみよう!

大手子会社に優良が多い8つの理由|大手子会社のメリット・デメリット
大手子会社は親会社の看板を背負っているため、給料面や福利厚生面が優良企業として整っているというのがおすすめポイントです。

とくに親会社である大手企業の完全子会社や、影響の強い子会社であれば親会社とあまり変わらない待遇を受けられる場合が多いので、どのような大手子会社なのか調べて応募してみましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related