Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月13日

年代別に知るスーパーバイザーの年収5つ|気になる将来性や安定性

飲食や小売などの企業では、非常に多くの店舗があったり、管理するべき従業員が多かったりなどするため、本部の方針や意思を店舗や従業員へ正しく伝えてるために仲介役が必要となります。その仲介役としてスーパーバイザーという職業があります。

年代別に知るスーパーバイザーの年収5つ|気になる将来性や安定性

スーパーバイザーの基本情報

年代別に知るスーパーバイザーの年収5つ|気になる将来性や安定性
飲食や小売などの企業では、非常に多くの店舗があったり、管理するべき従業員が多かったりなどする場合、本部の方針や意思を店舗や従業員へ正しく伝えてるための仲介役が必要となります。その仲介役となる職業がスーパーバイザーです。

スーパーバイザーは経営や運営のアドバイスをするため、店舗業務のすべてを把握して、高いレベルのスキルを身につけておかないといけません。

スーパーバイザーの仕事内容

上記で述べた通り、スーパーバイザーの仕事は本部の方針や意思を店舗や従業員へ正しく伝えてるための仲介役です。また、利益が思うように上がらない店舗などに対して、指導や提案なども行うこともあります。

これらの仕事をするためには、業務内容をすべて把握しておくだけでなく、状況を把握する能力や、問題を解決するための能力など、非常に高いスキルが必要となります。

スーパーバイザーの平均年齢

年代別に知るスーパーバイザーの年収5つ|気になる将来性や安定性
スーパーバイザーは業務内容をすべて把握し、なおかつ高い能力を持っている必要があります。そのため、入社後すぐにスーパーバイザーになれるわけではなく、まずは業務内容を把握したり、スキルを身につける必要があります。

なので、20代は業務内容を把握したり、スキルを身につけるための期間となり、スーパーバイザーになれる頃には30代になっていることが多いため、平均年齢も30代半ばと若い世代も多いです。

スーパーバイザーの男女比率

どの業界のスーパーバイザーになるかによって男女比は変わります。そのため、性別によってスーパーバイザー自体の向き、不向きは判断できません。

ただし、スーパーバイザーは基本的に多くの店舗や人を管理するため、あちこちと動き回り、考えることも多いです。そのため、体力に自信があったり、若い世代の方が向いているということはあります。

スーパーバイザーの労働時間

年代別に知るスーパーバイザーの年収5つ|気になる将来性や安定性
スーパーバイザーは多くの店舗や人を管理する必要があります。しかし、1日の労働時間の上限は8時間と労基法で定められています。そのため、基本的に勤務時間内に仕事を終わらせなければなりません。

ただし、スーパーバイザーは管理をする側なので、効率良く仕事をこなせるのであれば、どこにどれだけの時間を使うかは自由であることが多いです。なので、自分のペースで仕事ができる人にとっては働きやすく感じる職業となります。

スーパーバイザーに関連する資格2つ

スーパーバイザーとなるために必要なのは経験と知識です。に必要スーパーバイザーになるために必ず必要となる資格はありません。しかし、業務に必要であったり、持っていることで信用性や評価が上がるような資格は取得しておくと良いでしょう。

また、スーパーバイザーに関する資格としてはスーパーバイザー資格やスーパーバイザー士などがあります。スーパーバイザー資格を受験するためには3年以上の実務経験が必要となります。

スーパーバイザーに関連する資格1:販売士

スーパーバイザーとして持っていると信用や評価が上がる資格はあります。スーパーバイザーに関する資格にはスーパーバイザー資格やスーパーバイザー士などがあります。

他にも、スーパーバイザーは店舗の管理や販売の指導などを行うこともあるため、顧客のニーズを捉えたり、高い接客技術、商品の開発や仕入、販売などを効率的に行えるかを検定する販売士の資格も持っておくと有効です。

スーパーバイザーに関連する資格2:PowerPoint(R)プレゼンテーション技能認定試験

スーパーバイザーは従業員などに指導をしたり、従業員に新しい商品を紹介したりなど、多くの人に説明をする場面が多いです。

多くの人に同時に説明をする際にはパワーポイントを使うこともあります。パワーポイントを使うことで、画像やデータを見せながら説明を行うことができます。そのため、PowerPoint(R)プレゼンテーション技能認定試験もスーパーバイザーであれば受験しておいても良いでしょう。

スーパーバイザーの平均年収5つ

年代別に知るスーパーバイザーの年収5つ|気になる将来性や安定性
スーパーバイザーの平均年収は470万円ほどと言われています。しかし、スーパーバイザーの平均年収は、企業によってはスーパーバイザーの年収に能力給を大きく含めるところもあったり、働く業界などによっても大きく変わります。

また、スーパーバイザーは知識や経験が重要となるため、年代や実務年数などによっても年収が変わります。

スーパーバイザーの平均年収1:20代前半/342万円

先に述べた通り、スーパーバイザーは知識や経験が非常に重要となります。そのため、20代前半では、その知識や経験が不十分であることが多いです。なので、20代前半は基本的に、スーパーバイザーとして一人前となるための下積み期間となります。

ですが、年収は低いということもなく、20代前半でもスーパーバイザーの平均年収は342万円はあると言われています。

スーパーバイザーの平均年収2:20代後半/451万円

年代別に知るスーパーバイザーの年収5つ|気になる将来性や安定性
スーパーバイザーは知識や経験が非常に重要視されます。そのため、20代前半はスーパーバイザーとしての知識や経験を積むための期間となることが多いです。

ですが、20代後半になってくると、スーパーバイザーとしての知識や経験が積めてきている時期となります。なので、年収が20代前半から比べると大きく上がります。その平均年収は451万円ほどとなっています。

スーパーバイザーの平均年収3:30代/505万円

順調にスーパーバイザーとしての知識や経験が積めていれば、30代で一人前となっているはずです。そのため、20代後半から比べると、さらに年収が上がります。

ただし、20代前半から20代後半のように大きく年収が上がるわけではなく、その平均年収は505万円ほどとなります。ただし、企業によっては能力給があるため、30代でも実績を積んでいる人は、さらに高い年収を得ていることもあります。

スーパーバイザーの平均年収4:40代/491万円

年代別に知るスーパーバイザーの年収5つ|気になる将来性や安定性
スーパーバイザーは仕事では広い範囲を移動して回ったり、対応するべきことが非常に多いため、体力仕事でもあります。

なので、体力が落ちてくる40代になると、対応できない部分も出てたり、新しい発想が出なくなることもあります。そのため、40代の平均年収は491万円と下がっています。

ただし、知識や経験によって、カバーできる部分も多く、平均年収以上の年収を得ている40代のスーパーバイザーも多くいます。

スーパーバイザーの平均年収5:最高で4000万円以上

スーパーバイザーに非常に大きな能力給を出す企業もあります。スーパーバイザーとしての能力が高い人の中には、担当エリアの店舗の売り上げを短期間で何倍にもしてしまうような人もいます。

このような人は企業にとって、非常に重要な存在であり、実績も大きいため、年収が非常に高くなることもあります。場合によっては1000万円以上の年収を得ることができたり、中には4000万円もの年収を得ている人もいます。

スーバーバイザーの働きやすいポイント5つ

年代別に知るスーパーバイザーの年収5つ|気になる将来性や安定性
スーパーバイザーは知識や経験が必要とされる職業です。また、実績を重視する企業も多いです。そのため、知識と経験をうまく活用できる人は実績を積み重ねることができるため、年収も高くなります。

なので、スーパーバイザーは努力が年収に直結しやすいため、一部の層から人気のある職業にもなっています。また、スーパーバイザーが人気なのは、年収の面だけでなく、働きやすさにもポイントがあります。

スーバーバイザーの働きやすいポイント1:自分でスケジュール管理できる

スーパーバイザーは会社に出勤して、机に向かって仕事をすることもありますが、担当する店舗や従業員の様子を見たり、状況を把握するための情報収集などで、外を動き回っている時間も多いです。

その仕事での時間の使い方は会社から決められるわけではありません。そのため、自分でスケジュール管理をする必要があります。自分でスケジュール管理ができるので、自分のペースで仕事を行うことができます。

スーバーバイザーの働きやすいポイント2:売上の増加で達成感を得られる

年代別に知るスーパーバイザーの年収5つ|気になる将来性や安定性
スーパーバイザーの仕事では担当する店舗に対して、指導などを行うことがあります。担当している店舗の売り上げが順調に上がることで、自分の仕事が役に立っていると実感することができます。

また、売り上げというわかりやすい数字で実績が確認できるため、どれだけの実績を積み重ねることができているかを把握もしやすいです。さらに実績は年収に反映されるため、年収の額からも達成感が得ることができます。

スーバーバイザーの働きやすいポイント3:職業の安定性が高い

スーパーバイザーは店舗自体で働くわけではないため、店舗の売り上げが悪く、閉店をすることになっても、スーパーバイザーとしての評価が下がりますが、そこで働く従業員たちのように他店に職場を移したりする必要がありません。

また、店舗での販売や人材の教育に関する知識や経験は、他の仕事でも活かせる場面も多かったり、スーパーバイザーは会社にとって必要不可欠な存在という企業も多いため、職業としての安定性も高いです。

スーバーバイザーの働きやすいポイント4:ビジネスチャンスがたくさんある

年代別に知るスーパーバイザーの年収5つ|気になる将来性や安定性
スーパーバイザーは実績が重視されやすい職業でもあります。特に、店舗の売り上げを上げるということは、スーパーバイザーの仕事として非常に重要で、数字で結果もわかります。売り上げを上げる方法も会社から指定されるわけではありません。

なので、いろいろな方法や手段が活用でき、その実績は年収に直結するため、ビジネスチャンスがたくさんあるという考え方もできます。

スーバーバイザーの働きやすいポイント5:出世できる

スーパーバイザーは実績が重視され、その実績は年収に直結することが多いです。また、実績を積み重ねることで、社内での評価が高まることもあります。社内評価が高まれば出世ができる可能性も高まります。

このようにスーパーバイザーは自分でスケジュールの管理ができたり、仕事の実績が重視されることなどから、出世が狙いやすい職業でもあります。

スーパーバイザーにおすすめの転職エージェント3選

年代別に知るスーパーバイザーの年収5つ|気になる将来性や安定性
転職を決断する人は増えてきています。また、転職をする人の中には、スーパーバイザーへの転職を希望する人もいます。

転職活動では転職エージェントを利用する人が増えています。しかし、転職エージェントにはいくつも種類があり、それぞれ持っている特徴が異なります。

そのため、スーパーバイザーへの転職を希望する場合は、自分の求める転職条件に適した転職エージェントを利用する必要があります。

スーパーバイザーにおすすめの転職エージェント1:doda

DODAはテレビなどでよくCMが流れているため、その認知度は非常に高いです。転職エージェントとしても、大手3大エージェントのうちの1つとなっていて、DODAは求人数が非常に多く、非公開求人の取り扱いも多いです。

そのため、スーパーバイザーの求人情報もきっと見つけることができるでしょう。また、DODAでは転職活動をする女性のサポートに力を入れているという特徴もあります。

スーパーバイザーにおすすめの転職エージェント2:マイナビ転職エージェント

年代別に知るスーパーバイザーの年収5つ|気になる将来性や安定性
就職活動や転職活動ではマイナビやマイナビ転職にひとまず登録するという人は多いです。そのため、ブランド力や認知度が非常に高いです。同様の理由から、転職エージェントも、ひとまずマイナビエージェントを選ぶという人は多いです。

マイナビには非常に多くの求人情報が集まっているため、スーパーバイザーの求人情報も見つけることができるでしょう。

スーパーバイザーにおすすめの転職エージェント3:ビズリーチ

ビズリーチもDODAと同様に、テレビなどでよくCMが流れているため、その認知度は高いです。ビズリーチの大きな特徴としては、ハイクラス転職に特化しているということがあります。

なので、すでにスーパーバイザーとしての高い実績があるという場合のハイクラス転職を希望する人におすすめの転職エージェントとなります。

スーパーバイザーの年収は結果が全て

年代別に知るスーパーバイザーの年収5つ|気になる将来性や安定性
スーパーバイザーは自分でスケジュールの管理をしながら働けるので、人によっては非常に働きやすく感じる職業となっています。しかし、スーパーバイザーの年収は実績によって決まることもあります。そのため、仕事は結果がすべてという人に向いている職業でもあります。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related