Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月01日

スポーツ業界の転職先11選|スポーツ業界の現状と転職方法とは

スポーツ業界に転職をしようとおもっている方は、まずはスポーツ業界の現状について知っておきましょう。またスポーツ業界の転職方法を詳しく知って、実際の転職活動に備えてみてください。スポーツ業界以外から経験を活かして転職したい方もぜひご覧ください。

スポーツ業界の転職先11選|スポーツ業界の現状と転職方法とは

スポーツ業界の現状

スポーツ業界へ転職を考えている方は、増えています。精神的な豊かさなども仕事に求めている昨今では、得意だったり好きだったスポーツ業界に転職をする人が多くなっています。

スポーツ業界の現状は、障害者スポーツなどもメジャーになっていてたくさんの応募者が集まっている人気のある転職先となっています。やはりスポーツは精神的にも健康な業界なので、一般的な事務や営業に疲れた方が選びます。

スポーツ業界に転職する人の特徴3選

まずはスポーツ業界に転職する人がいったいどのような特徴を持っているかをご紹介していきます。スポーツ業界に転職する人は、ある程度同じ特徴がありますので当てはまった方はスポーツ業界に転職するのが向いていると言えるでしょう。

今回はすぐにチェックする事ができる3つの特徴をご紹介しますので、ぜひ転職前に当てはまっているかを確認してみてください。それではさっそくご紹介していきます。

スポーツ業界に転職する人の特徴1:スポーツが好き

まず最大の特徴がスポーツが好きだと言う特徴です。スポーツ業界はスポーツという1つのジャンルに特化しているので、スポーツそのものが好きだという方が多くいます。

もちろん仕事で初めてスポーツ業界に携わって、とっても好きになったという方も少なくはありませんのでぜひ転職のきっかけにしてみてください。見るのが好きな人もプレイが好きな人もぜひ転職してみてはいかがでしょうか。

スポーツ業界に転職する人の特徴2:体の仕組みに興味がある

続いては体の仕組みに興味があるというパターンです。スポーツ業界の中でもプレイヤーではなくて医学的な職種やインストラクターなどに興味を持つ方が多いのが特徴です。

元選手で、体の仕組みについて知識があってそれらを活かしたいという方もたいへん多いです。やはりケガなどで選手生命を絶たれてしまい、スポーツ業界に携わりたいという方が一定数いることがわかります。

スポーツ業界に転職する人の特徴3:スポーツ用品が好き

スポーツ用品が好きという方は、趣味などでもずっとプレイを続けてきたというパターンです。自分も愛着のあるスポーツ用品を扱うショップなどで働き、好きなので知識も活かす事ができ長く勤める人が多いです。

自分は見る専門だったとしても、好きな選手が使っているメーカーで働きたいという希望を持っている方もいます。このように触れた事は無くても楽しく働く事もできます。

スポーツ業界の転職先11選

それではさっそく今回のメインをご紹介していきましょう。スポーツ業界の転職先を11選ご紹介していきますので、スポーツ業界のどの仕事に転職しようか悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

かなり直接的に、深くスポーツに関わる仕事から影の立役者まで、スポーツ業界の仕事を幅広く徹底的にご紹介しますので「これは思いつかなかったけど、自分に向いているかも」という仕事と出会えるでしょう。

スポーツ業界の転職先1:プロスポーツ選手

まずはプロスポーツ選手です。多くのプロ選手がいますが、中には元々スポーツを始めたのとは別の種目でプロになる方もいます。なので、経験値で自分の可能性を狭めずにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

また、大人になってから始めたスポーツでも成果を残す人も、選手活動後半に結果を出す人もいますのでぜひ生涯現役を目指してプロに転職してみてください。

スポーツ業界の転職先2:運動部の指導者

運動部の指導者も、経験者から転職する場合があります。しかも、中には指導種目の経験者でないけれど指導者になる人もいるので、真剣に学べば道は開かれます。

企業系のスポーツ俱楽部や学校の部活など、幅広い現場が待っているので自分のスタイルにフィットする場所で指導者としてのキャリアをスタートさせてみてはいかがでしょうか。現場ではさまざまな指導者への要望が出ていますが、自分らしさを忘れないようにしましょう。

スポーツ業界の転職先3:ジムのインストラクター

ジムのインストラクターに転職する方も多いです。ある特定のスポーツから体の作りに興味を持って、スポーツに必要な体の基盤を作るジムのインストラクターはアスリートたちのサポートに必要です。

スポーツ業界で転職するときには、自分の種目に直接関わるパターンとジムのインストラクターのように間接的に関わるパターンがあるのでぜひ参考にして、視野を広げて行ってください。

スポーツ業界の転職先4:スポーツ用品やイベントの企画

スポーツ用品やイベントの企画も、スポーツ業界には欠かせない仕事です。スポーツ業界のなかでもエンターテインメント性が高いため、イマジネーションが強い方におすすめの転職先です。

かなり大きい企業向けのスポーツ業界のイベントはもちろん、趣味で楽しんでいる人々に向けたアットホームなイベントなどたくさんのスポーツイベントが全国で楽しまれています。用品やイベントをつうじてスポーツを広めましょう。

スポーツ業界の転職先5:スポーツ用品の販売員

続いては販売員です。体の大きさや、ニーズ、活躍する場面に合わせて正しい知識のもと最適なアイテムをプレゼンする販売員は、いわば職人です。職人としてしっかりと「知識」を磨いて、多くのお客さまに喜んでもらいましょう。

もしもアイデアや資金があるのなら、それをきっかけに自分で最高のスポーツ用品を作ってみるというクリエイティブな発想にチャレンジしてみるのも良いです。

スポーツ業界の転職先6:スポーツ新聞の記者

スポーツ新聞の記者に転職する人も中にはいます。スポーツ業界の新聞記者とアスリートには信頼関係がひじょうに重要です。さまざまなスポーツを取り上げることもありますし、中堅以上で人気の貴社ともなれば1人の選手に密着したり、種目を取り上げる事もあります。

たくさんのスポーツと触れ合って、新聞を読む人たちにそれらのスポーツの魅力を文字を使って伝えて行きましょう。

スポーツ業界の転職先7:解説者

解説者はやはり選手から転職する人が多いです。世界のトップで選手として活躍していた人が、現役引退後に経験と知識を活かして解説者に転職します。試合の躍動感や興奮をリアルに表現する事ができるのでファンたちの気持ちも盛り上がります。

時には冷静な判断で辛辣なコメントを出す事もありますが、勝負の世界の厳しさを知る元選手だからこそのするどい視点だと言えるでしょう。

スポーツ業界の転職先8:審判員

審判員への転職は少し難しいことです。なぜなら審判員になるにはさまざまな条件がある事も少なくありません。知識や意欲だけではなく、身体的な特徴や専門学校での受講などが義務づけられていたりします。

そのためには学校の受講料を工面したり、年齢や身体的な特徴をクリアする必要があります。選手とは違った意味で、プロの審判員への転職は狭き門だということです。

スポーツ業界の転職先9:スポーツアナウンサー

スポーツアナウンサーという転職の道もあります。全国にあるテレビ局のスポーツ担当アナウンサーたちは現場にも行く機会が多いため、選手と直接話す事もあります。

やはり信頼関係を築けるような誠実で明るい性格の人が、受け入れられやすいでしょう。もちろん人前に出る事が苦手であっても業界にいるうちに技を磨く事もできますので、ぜひスポーツアナウンサーも転職先の1つで検討してみてください。

スポーツ業界の転職先10:専門学校の職員

専門学校の職員も、スポーツの知識や経験が活かせる職場なのでいかがでしょうか。若手の育成に、自分の知識が行かせるのであれば楽しく仕事ができます。

専門学校の職員と言われると、先生を思い浮かべる人も多いでしょうが、その他にも事務員などのスタッフもありますので、ぜひ気軽に検討してみてください。

専門学校なのでスポーツ業界の未来を担う人材と出会えるのもやりがいとなるでしょう。

スポーツ業界の転職先11:スポーツトレーナー

スポーツトレーナーは、アスリートたちの体のケアはもちろんのこと、日々のトレーニングメニューなども担当します。実践的な知識と、学術的な知識が求められますので、最適なメニューを組むのは容易い仕事ではありません。

根気づよく、熱意を持って研究を重ねて行けるようなタイプに向いている転職先だと言えるでしょう。

有名なトレーナーにナルト、自分のメソッドを文献にしているケースもあります。

スポーツ業界に転職する方法4選

転職先が知れたところで、実際にスポーツ業界に転職するにはどうしたら良いのかをご紹介していきましょう。転職活動は業界によって異なります。スポーツ業界のパターンをいくつかご紹介しますので、自分にフィットする方法を選んでください。

今回の4つの転職方法は、メジャーなものもあれば難しく思われがちなものもあります。あくまでも一例だと捉えて、あまり固執するのはおすすめできません。柔軟に考えましょう。

スポーツ業界に転職する方法1:求人雑誌

まずは求人雑誌です。スポーツ業界への転職求人情報が特集されることもありますので、マメにチェックしておく事をおすすめします。

求人情報は旬の新しい情報がたくさん集められますので、最新号を買うと企業情報も新しくなっていて倍率がまだ少ない事もあります。

募集初期に応募する事で、採用担当者が余裕を持ってエントリーシートなどを見てくれるパターンを狙いましょう。

スポーツ業界に転職する方法2:ハローワーク

ハローワークは各地域にあって、管轄の求人が見られます。経験や資格を重視して採用する企業が多いため、キャリアに自信が合って働きたい管轄が決まっている人にはおすすめです。

また、ハローワークというかなりメジャーなコンテンツを使って採用をしているので、いわゆるホワイト企業であることが多いです。

無料で使用できるのでお出かけのついでにいかがでしょうか。おためしください。

スポーツ業界に転職する方法3:コネの活用

続いては「コネ」です。このように聞くとやましい気がするでしょうが、「コネ」とは「コネクション」のことなので「ご縁」だと言えるでしょう。知り合いにスポーツ業界の人がいたら、ぜひ転職について相談したいと声をかけてみてください

中には厳しい実情を話されるでしょうが、諦める必要はありません。「それでもスポーツ業界に従事したい」という気持ちを伝えてみましょう。

スポーツ業界に転職する方法4:ジムの生徒からインストラクターになる

最後はとても簡単なキャリアの積み方です。ジムの生徒として様子を見たりメニューを調べてから、インストラクターになるという方法です。

今はさまざまなメニューが出ているので、ヨガでもホットヨガや妊婦ヨガなど興味があるジャンルを選んで体験してみてください。

職場の候補地に生徒として見学に行けるのもメリットです。生徒同士の雰囲気やインストラクターの質などをシビアに見ましょう。

スポーツ業界への転職は可能性がある

いかがでしたでしょうか。スポーツ業界への転職は思っている以上にしやすいと、お分かりいただけたのではありませんか。

スポーツ業界は、体罰などの問題もありますが質のいい若手を育成して、業界全体を成長させる事によってさらに良い業界となって行くでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related