Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月09日

外資系アパレル人気ブランド12選|外資系アパレルと国内アパレルの違い

外資系アパレルに就職をしたかったり、外資系アパレルに転職したい方は外資系アパレルと国内アパレルの違いについて正しく捉えられているでしょうか。外資系アパレルの人気ブランドを12選を用いてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

外資系アパレル人気ブランド12選|外資系アパレルと国内アパレルの違い

外資系アパレルの特徴

外資系アパレルの特徴についてご紹介していきます。外資系アパレルはいったい国内系アパレルとどのような違いがあるのでしょうか。今回は外資系アパレルの人気ブランドのご紹介や、国内系アパレルとの違いについて知っていきましょう。

外資系アパレルの特徴を知ってから働きたい方や、外資系アパレルの人気ブランドについて知識を取り入れたい方はぜひとも最後までご覧ください。

外資系アパレルはブランド戦略が重視される

外資系アパレルと国内系アパレルの大きな違いは「ブランド戦略」が重視されるかどうかです。外資系アパレルはブランド全体のイメージや価値を尊重したり、よりいっそう引き立たせるようなブランド戦略を選ぶことが多いです。

この点に気付くと、お客さまからの要望を反映させたり、トレンドを敏感に取り入れるタイプの国内系アパレルとはかなり違うことがわかるでしょう。

外資系アパレルに向いている人とは

実は外資系アパレルに向いている人には、特徴があります。外資系アパレルに向いている人の特徴とはいったいどのようなことなのでしょうか。

今回は外資系アパレルに向いている人の特徴を、具体的にご紹介していきます。代表的な特徴をご紹介しますので、ぜひ外資系アパレルを目指している方はこれからご紹介します特徴に近づけるように意識してみてはいかがでしょうか。

外資系アパレルは服が好きだけではつとまらない

外資系アパレルはみなさんが生まれ育った日本の文化が通用しないので、ファッションが好きと言うだけではつとまりません。他の国の言語を学んだり、常識を知ったり、ルールを取り入れたりとチャレンジしなくてはいけないことがたくさんあります。

ファッションに興味や関心があるというだけでなく、知識欲や向上心がなくては外資系アパレルで働いていくことは難しいと感じることでしょう。

外資系アパレル人気ブランド12選

それでは、続きましては外資系アパレルのブランドを具体的にご紹介することによって、外資系アパレルの特徴を顧客的な視点で理解していきましょう。ブランドの傾向や、外資系アパレル自体の特徴を知りましょう。

今回は日本で人気のある外資系アパレルブランドを12個もご紹介していきます。みなさんが知っている外資系アパレルブランドが多いので、よりいっそう身近に感じるでしょう。

外資系アパレル人気ブランド1:ZARA

ZARAは外資系アパレルブランドの中でも、日本で馴染みがあって百貨店など気軽に立ち寄ることができます。モノトーンをベースにシックでモードな定番アイテムが多いZARAですが、大胆なデザインや色使いも取り入れていて外資系アパレルを感じさせます。

トレンドのアイテムを気軽に手に入れられるので、ファッションに敏感な大人のショッピングにぴったりです。

外資系アパレル人気ブランド2:Bershka

Bershkaは外資系アパレルの特徴が色濃く出ているデザインが多いブランドです。非常に手に入れやすい価格帯なので、若い世代にファンが多く、トレンドを取り入れつつも個性を大切にしたい人に好かれる外資系アパレルブランドだと言えるでしょう。

オンラインショップがシンプルなのも外資系アパレルブランドの特徴です。

外資系アパレル人気ブランド3:GAP

GAPは外資系アパレルブランドの中でもとても馴染みがあって、ファミリー向けに愛用されています。カジュアルなラインで一貫されており、「GAP」のロゴは愛されています。

ビビットでビタミンなカラーや優しい素材にファンが多く、ポップな着こなしを楽しめます。価格帯は一般的ですがセールをよく行なう点は外資系アパレルブランドの特徴だと言えるでしょう。路面店やテナントなど店舗はさまざまです。

外資系アパレル人気ブランド4:FOREVER21

FOREVER21はLAが世界に放つファストファッションブランドです。10代や20代のトレンドに敏感で、トレンドの移り変わりが激しい世代に人気があり、ワンシーズンで良いからホットなアイテムを取り入れたいという感覚で愛用されています。

国内系アパレルブランドとちがって外資系アパレルブランドに多い、カジュアルでラフな店内や接客が若い世代に指示されています。

外資系アパレル人気ブランド5:H&M

シンプルでお買い得な外資系アパレルブランドと言えばH&Mでしょう。外資系アパレルブランドに多く見られるカジュアルでラフなアイテムだけではなくて、ラグジュアリーでファッショナブルなアイテムも見受けられるのが特徴です。

全体的なシルエットも外資系アパレルブランドらしさが残っています。

外資系アパレル人気ブランド6:OLDNAVY

OLDNAVYはシンプルなデザインやシルエットなのに、外資系アパレルブランドらしいビビットなカラーが特徴的です。外資系アパレルブランドは日本の国内系アパレルブランドのように1つの人種を狙い撃ちしていません。

つまりさまざまな人種にフィットするアイテムが多いです。着飾らないけれどオシャレに見える、自分自身を引き立たせてくれるような元気なアイテムがそろっています。

外資系アパレル人気ブランド7:kate spade new york

kate spade new yorkは日本の女性たちの支持を集めている外資系アパレルブランドです。ポップなプリントやモチーフだけれど、女性らしさを感じさせるシルエットやパターンで女性の心を惹き付けています。

バッグやドレス、子供向けのアイテムも豊富でファミリー層にも愛される外資系アパレルブランドです。バッグを愛用している女性も多く、アパレルもあることはなかなか知られていません。

外資系アパレル人気ブランド8:DIESEL

DIESELはデニムをカジュアルなだけではなく、ラグジュアリーなイメージも与えてくれる外資系アパレルブランドです。ロックとも感じられるデザインは日本国内のアパレルブランドにはない攻めの姿勢を感じさせます。

マテリアルにもこだわっていて、肌馴染みの良いデニムやスウェットは男性からも女性からも支持を集めています。ホームラインもあるので、生活を彩ってもらえます。

外資系アパレル人気ブランド9:RALPH LAUREN

RALPH LAURENは伝統的なモチーフやデザインをベースに、ビビットカラーやスポーツミックスなど時代に合わせたファッションを提供してくれる外資系アパレルブランドです。

日本では主に百貨店で利用する事ができるので、幅広い世代の方から人気があります。お子さまから年配の方までアイテムは揃っているので、ファミリー層にも受けています。プレゼントにも喜ばれるでしょう。

外資系アパレル人気ブランド10:Coach

Coachはバッグや財布などのアイテムが思い浮かぶ方が多いでしょうが、アパレルアイテムも豊富な外資系アパレルブランドです。シックなカラーに定番のシンボルマークが愛されてきましたが、若い年齢層にむけてポップなカラーを取り入れたりしています。

外資系アパレルブランドらしいがっちりとしたメンズデザインや、シルエットの美しいレディースが特徴的です。百貨店などで主に取扱いがあります。

外資系アパレル人気ブランド11:Chanel

働く女性に寄り添ってつくられた究極のキャリアブランドCHANELは、日本でもとても愛されている外資系アパレルブランドだと言えるでしょう。コスメティックやバッグにとどまらず、モードでシック、エレガントなのにキャリアという独自のスタイルを提唱するCHANELは世界中で人気があります。

外資系アパレルブランドのなかでもハイブランドに位置づけられていて、女性たちの憧れのブランドです。

外資系アパレル人気ブランド12:TOM FORD

TOM FORDは美しいシルエットで肉体を引き立たせてくれます。外資系アパレルブランドらしい、装飾を押さえたデザインが特徴的で、シンプルなスタイルが好きな方にはおすすめできます。

また、装飾品が派手になりがちな方にはTOM FORDが打ち出すスタイリッシュで攻めの姿勢がうかがえるファッションが似合うでしょう。強さとしなやかさを兼ね備えた外資系アパレルブランドだといえます。

外資系と国内の違い

外資系アパレルブランドと国内系アパレルブランドとの違いについて、今度は直接的な視点から考えてみましょう。外資系アパレルブランドは務めるにしても身に付けるにしても憧れている方が多いのが実情です。

しかし国内系アパレルブランドとの明確な違いを知らないままの方もたくさんいます。しっかりと外資系アパレルブランドと国内系アパレルブランドとの違いを知りましょう。

ものづくりが基本の国内アパレル

国内系アパレルブランドは「ものづくり」を基本としている企業が多いです。やはり職人気質な国である日本なので、国内系アパレルブランドはどのブランドも流れ作業ではなく「ものづくり」を丁寧に行なっています。

外資系アパレルブランドに比べて、コストも時間もかかってしまいますが、安心と安全に重点を置いて行なわれている仕事ぶりは絶大な人気と信頼を、海外からも得ています。

商品の企画・生産・販売を行う

国内系アパレルブランドは商品の企画から生産、販売を同じ企業で執り行います。全ての業務に責任を持って、手仕事として分担していると言うことです。

バイトやパートを上手に使う企業も多くあるので、働いてみたいと感じたら問い合わせてみたりテナントビルを調べてみると良いでしょう。意外と多くの国内系アパレルブランドが募集をかけていることがあります。

買い付けが基本の外資系アパレル

外資系アパレルブランドは買い付けが基本的な仕入れであり、生産から流通まで手仕事で担っている国内系アパレルブランドとは大きく異なります。バイヤーが活躍する場が多いと言うことです。海外に出向いてさまざまなトレンドを学び、自社ブランドにふさわしい商品を買い付けます。

一点ものが多いのもこういった経路が影響しています。多くの民族が暮らしている海外では、1つのトレンドに捕われないことが大切です。

商品のほとんどを輸入・買い付けをする

バイヤーたちは商品のほとんどを輸入したり買い付けをして揃えています。自社で企画をして生産すると言うプロセスはあまり主流ではありません。

ブランドの本社がある国内で生産すると言うよりは、賃金の安い海外に工場を構えて人を雇い生産経路を確保します。責任感や愛情が薄いので日本が主流としている生産経路より、品質が劣ることもあります。

しかし近年、徹底した品質管理が進められているので、一概には言えません。

外資系アパレルの魅力を知ろう!

いかがでしょうか。外資系アパレルブランドと国内系アパレルブランドとの違いについてご紹介してきましたが、違いは分かったでしょうか。

外資系アパレルにも国内系アパレルにも特徴があり、使い分けることによって生活を豊かにしていきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related