Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月24日

Webリテラシー試験の概要を知る|Webリテラシー試験の基礎知識10選

Webリテラシーは未経験の人でもしっかり勉強すれば合格し、Web業界ではとても役立てられる資格です。しかし約4割の受験者が不合格という結果が出ているため、合格のためには対策は必須と言えるでしょう。試験対策は教科書と問題集で行うことができます。

Webリテラシー試験の概要を知る|Webリテラシー試験の基礎知識10選

Webリテラシー試験の主な対象者4選

Webリテラシー試験の概要を知る|Webリテラシー試験の基礎知識10選
webリテラシーの資格を取得することで、Webの開発をチームで行う際に、知識や認識に違いがないようにリーダーとして活躍することができます。Web関連の企業に就職や転職を考えている人、デザイナーやディレクターなどの専門職に就く人は取得すべきでしょう。

他にも仕事の幅を広げたい人や、Webに関する知識を身に付けたい人も取得すべきです。またWebリテラシーが必要である人は約立てられます。

Webリテラシー試験の対象者1:Web業界で働きたい人

Webリテラシーを受けるべき人は、Web業界で働きたい人です。Web業界で最も人気の仕事はWebデザイナーで、WebデザイナーはWeb制作会社で仕事をする機会が多いでしょう。

企業の規模は大企業から中小企業まで幅広いですが、企業ごとで色々な案件に取り組めます。仕事に慣れてくると、自分からWebサービスを運営したり、社内のWebサービスを開発するデザイナーにもなることができます。

Webリテラシー試験の対象者2:Webの仕事の幅を広げたい人

Webリテラシーを受けるべき人は、Web関連の仕事の幅を広げたい人です。Webに関する仕事であればWebデザイナーがオススメで、Webサイトをデザインすることを業務としています。

Webサイトの見栄えを良くするだけでなく、サイトごとのコンセプトや目的に合わせ、使いやすいと感じてもらえるようなデザインを手掛けることが必要です。

専門学校や独学で知識を付け、Web制作会社に就職するという方法もあります。

Webリテラシー試験の対象者3:ビジネスでWebを活用している人

Webリテラシーを受けるべき人は、ビジネスでWebを活用している人です。Webをビジネスで活用している人は、Webエンジニアが最も有名でしょう。Webエンジニアは、Webで動作するアプリケーションやソフトウェアの開発を手掛ける仕事です。

日常生活に身近なSNSサイトやオークションやショッピングに関するサイト、スマートフォンアプリなどは全てWebエンジニアが開発を手掛けています。

Webリテラシー試験の対象者4:Web業界で管理者になりたい人

Webリテラシーを受けるべき人は、Web業界で管理者になりたい人です。Webサイトの管理を担う業種は、Webディレクターが上げられるでしょう。Webサイトを制作する際に全ての業務を担い、全体のまとめ役となります。

Webサイト制作には、WebプログラマーやWebデザイナーなどの色々な職種の人が集まって役割分担を行います。各職種の人に指示を出すには、依頼先の要望を聞く事が大切です。

Webリテラシー試験を知る10の項目

Webリテラシー試験の概要を知る|Webリテラシー試験の基礎知識10選
Webリテラシーは、業務を行う上で知識が付いているかを証明する資格です。Webリテラシーを取得することで、チームを組んだ際に先頭に立って全体をまとめることができるでしょう。

Webリテラシー以外にはデザイナー、ディレクション、プロデュースの3つがあり、Webリテラシーはその中で最も易しいので取得に苦労しません。ここからはWebリテラシーの試験について解説するので、気になる人は参考にしましょう。

Webリテラシー試験について1:問題形式

Webリテラシー試験の概要を知る|Webリテラシー試験の基礎知識10選
Webリテラシー試験の問題形式は、パソコンの画面に表示される問題に解答する形式です。試験内容は「Webの基礎知識」「インターネットビジネス」「プロジェクトマネジメント」「Webサイトの企画・設計」「Webデザイン・制作実務」についてです。

他には「Webマーケティング」について問われ、Webマーケティングの全体像やSEOについて問われます。これらは問題集で勉強することができるでしょう。

Webリテラシー試験について2:試験時間

Webリテラシー試験の概要を知る|Webリテラシー試験の基礎知識10選
Webリテラシーの試験時間は90分で、最後のアンケートの時間も含まれています。これからのWebサイトやサービスに必要なことや、自分がWebについてどこまで知識があるかを知ることができるでしょう。

WebリテラシーをはじめとしたWeb検定は、仕事でWebを利用する人に向けて、標準的な知識を整理し、職種ごとの知識の違いやズレをなくし、産業の発展に繋げることを目指しています。

Webリテラシー試験について3:出題数

Webリテラシー試験の概要を知る|Webリテラシー試験の基礎知識10選
Webリテラシー試験の出題数は、4択問題で全部で85問あります。Webリテラシーを取得するメリットは、まず知識の幅を広げられるところです。資格の勉強をすると自分にある知識を再確認できるだけでなく、忘れていた知識を効率的に定着できます。

またWebリテラシーは職種ごとで必要な知識が異なるため、新しい知識を得るキッカケになるでしょう。幅広い知識を持つと、自分のキャリアアップにも繋がります。

Webリテラシー試験について4:合格基準

Webリテラシー試験の合格基準は、全体の70%以上を正解していることです。Webリテラシーの勉強時間は、平均して15~20時間ほどで足りると言われています。

しかし効率的に勉強しなければ定着しないため、まずは教科書を一度読みましょう。基本的は教科書の内容が出題されるので、教科書の内容を勉強すれば点数が採れますが、読むだけでは定着しないため問題集も一緒に購入しましょう。

Webリテラシー試験について5:受験資格

Webリテラシー試験の受験資格は、特に制限がないため誰でも受験することができます。上述までの項目をおさらいすると、webリテラシーは全部で85問あり、全て4択問題です。試験時間は90分で、合格基準は70%以上の正解率です。

合格率は年ごとで異なりますが、平均しても60%ほどなので半数以上の受験者は合格しています。また勉強しておかなければ合格しにくいため、しっかりと対策を立てておきましょう。

Webリテラシー試験について6:受験料

Webリテラシー試験の概要を知る|Webリテラシー試験の基礎知識10選
Webリテラシー試験の受験料は、10,000円(税抜)です。受験料を支払う場合は、クレジットカード払いかコンビニ払いのどちらかしか選べません。クレジットカード払いにした際は、申し込んだ段階で決済が完了します。

一方でコンビニ払いの場合は、1週間以内に支払わなければいけません。期限までに支払いがない場合は、キャンセルされてしまうので注意しましょう。またコンビニ払いの場合は、入金確認に数日間かかります。

Webリテラシー試験について7:試験範囲

Webリテラシー試験の試験範囲は、上述で紹介している教科書の中から出題されるので教科書の内容を予習しておきましょう。この一冊でWebの基礎知識が身に付き、現場での仕事に実際に役立ちます。

Web業界で主に先頭で活躍している著者達が出版しており、仕事に必要なWebの知識や技術を具体的に理解しやすいように説明しています。そのためこの冊子を読むことで、仕事の効率が格段に上がることは間違いありません。

Webリテラシー試験について8:資格正式名称

Webリテラシーの正式名称は、「公益社団法人 全日本能率連盟登録資格 Web検定 Webアソシエイト」といいます。他の資格にも正式名称があり、Webデザイナーの場合は「公益社団法人 全日本能率連盟登録資格 Web検定 Webデザイナー」です。

WebディレクターとWebプロデューサーにも正式名称があり、それぞれ「公益社団法人 全日本能率連盟登録資格 Web検定 」の部分は共通しています。

Webリテラシー試験について9:資格有効期限

Webリテラシーの資格有効期限は2年間なので、期限が近付いたら資格更新を行いましょう。資格の所持を希望する場合は継続試験を受ける必要があり、Webブラウザ上のオンライン試験で行います。

継続試験に合格した人には、次の有効期限までの資格登録証が交付されます。しかし継続試験で不合格だった場合や継続試験に申し込まなかった場合、申し込んだ後に受験しなかった人は資格が失効してしまうので注意しましょう。

Webリテラシー試験について10:試験会場

Webリテラシー試験の試験会場は、J-Testingが指定した試験会場です。J-Testing試験会場テストセンターと呼ばれており、全国で約200ヶ所が設けられています。またプロメトリック試験会場で受験する場合もあり、そこも約200ヶ所です。

試験当日は空席状況を確認して、都合に合った日程で試験を受けられます。試験の予約はJ-Testingとプロメトリックのサイトから申し込みましょう。

Webリテラシーの資格が役立つ業界5選

Webリテラシー試験の概要を知る|Webリテラシー試験の基礎知識10選
Webリテラシーは仕事で必ず役に立てることができます。Webリテラシーを取得することで、インターネットのあらゆるトラブルやシステムの構築にも役立てられるでしょう。

Web関連の仕事だけでなく、ITやゲーム、映像、音楽に関する業種や職種にも幅広く対応することができます。ここからはWebリテラシーの資格が役立つ職種について紹介するので、気になる方は参考にしましょう。

Webリテラシーの資格が役立つ業界1:Web広告業界

Webリテラシーは、Web広告業界で役立てることができます。Web広告はWebサイトで見られる広告を作る仕事で、Web広告はただ見栄えが良い物を作るだけでなく、サイトごとのコンセプトや目的に合った物を作る必要があるでしょう。

読者にとって読みやすく、読者の意図に合っている広告を提供しなければいけません。主に広告会社で活躍し、Webディレクターなどと一緒に仕事をする機会が多いでしょう。

Webリテラシーの資格が役立つ業界2:Webサービス業界

Webリテラシーは、Webサービスで役立てることができます。WebサービスではWeb上のメンテナンスや保守管理を行う職業です。明確にWebサービスという区分はなく、企業ごとでサービススタッフという名前でも呼ばれます。

業務内容は、プログラミングや開発したアプリのテストを任される場合もあります。他にはWebエンジニアという職種もあり、Web業界の裏で活躍する業種も多くあるでしょう。

Webリテラシーの資格が役立つ業界3:ゲーム業界

Webリテラシー試験の概要を知る|Webリテラシー試験の基礎知識10選
Webリテラシーは、ゲーム業界で役立てることができます。主にゲームプログラマーとして活躍する機会が多いため、色々なプログラミング言語をコーディングする作業を任されるでしょう。

ゲーム業界ではプログラマーだけでなく、シナリオや企画、デザインなどの色々な部署が分担して作業するのが特徴的です。またプログラムに不具合があれば修正を繰り返すことで、多くの人が楽しめるゲーム作品が完成するでしょう。

Webリテラシーの資格が役立つ業界4:映像業界

Webリテラシー試験の概要を知る|Webリテラシー試験の基礎知識10選
Webリテラシーは、映像業界で役立てることができます。主に映像クリエイターとして活躍する機会が多くなるでしょう。映像クリエイターは映画やテレビCM、ゲーム業界などの色々な場面で使われる映像を映像を作る仕事です。

狙っている年齢層の人にメッセージを伝える機会も多く、予算次第で具体的な絵コンテやシナリオを作成します。CGを利用してアニメやゲームを創造できるので、若い人は憧れる職業と言えるでしょう。

Webリテラシーの資格が役立つ業界5:音楽業界

Webリテラシー試験の概要を知る|Webリテラシー試験の基礎知識10選
Webリテラシーは、音楽業界で役立てることができます。主にサウンドクリエイターとして活躍する機会が多くなるでしょう。サウンドクリエイターは映画やアニメ、ゲームに流れる音楽や効果音を創る仕事です。

作曲にはCubaseやPro toolsなどのDTMソフトを主に使用し、最後にサウンドプログラマーがMIDIデータに仕上げることで楽曲が完成します。

Webリテラシーの資格を転職に活かそう

Webリテラシー試験の概要を知る|Webリテラシー試験の基礎知識10選
WebリテラシーはWeb業界ではとても役立つ資格で、また難易度が低いため未経験の人でも合格しやすいでしょう。

初心者でも勉強すれば合格できる難易度なので、将来的にWeb業界での活躍を検討している人やWeb業界に興味がある人は、資格の取得を検討してみましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related