Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月02日

5つの年齢別産業看護師の平均年収|登録しておきたい転職サイト・エージェント

産業看護師の仕事は企業の社員の健康を管理したり、怪我を処置する仕事です。そのほかにも薬剤会社の治験や商品開発をすることもあり、将来性のある仕事と言えます。産業看護師の仕事に就くこと自体難しいことなので、転職エージェントなどを活用して探す必要があります。

5つの年齢別産業看護師の平均年収|登録しておきたい転職サイト・エージェント

産業看護師

産業看護師とは産業医に従いながら、社員の健康管理をする仕事です。社会全体がストレスを感じやすくなっており、産業看護師を常駐させることで健康の管理を徹底させています。

また、薬剤を取り扱う会社で治験や臨床開発を進める際にも産業看護師の知識が必要になっています。

産業看護師の仕事をする人は、産業看護の実務経験を2年以上積み、産業看護講座基礎コースの全過程を終了させ、日本産業衛星学会の登録を目指しましょう。

産業看護師の主な仕事内容

産業看護師の仕事をしていくには主な仕事内容を把握しておく必要があります。産業看護師の仕事は社員のメンタルのカウンセリングをしながら、突発の怪我の処置、健康診断のサポートなどを行います。

産業看護師として仕事をする人は、従業員が身体について相談しやすい雰囲気を作りながら、自身の健康管理を徹底させて産業看護師の仕事に従事しましょう。

産業看護師になるには?

産業看護師になるための条件があります。産業看護師として仕事をしていくには、産業看護師か看護師の資格が必要になり、保健師や産業保健師の資格があれば企業の産業看護師として採用されやすくなります。また、勤務年数も多い方が採用される確率が高くなります。

産業看護師として仕事をする人は、資格を取得しておくことはもちろん、コミュニケーション能力や社会人として知識を高めて、産業看護師の仕事を目指しましょう。

産業看護師の将来性

産業看護師の仕事は将来性のある仕事です。会社に産業看護師を常駐させておくことで、社員の健康管理ができるので会社の利益を上げるためにも産業看護師の仕事は重要になってきます。

また、昨今、人々の健康への関心が高まっていることもあり、産業看護師の仕事に注目が集まっています。

産業看護師として仕事をする人は、日進月歩で進んでいる医療の技術を理解することに努め、多くの経験を積み信頼される看護師を目指しましょう。

企業の規模別・産業看護師の平均年収

産業看護師の平均年収は勤める企業の規模で変化します。産業看護師は企業の看護師として仕事をしていくので、勤め先の企業の経営がおもわしくなかったり、企業の規模が小さければ産業看護師としての平均年収は下がることになります。

産業看護師として仕事をする人は、看護師として高いスキルや豊富な経験を積みながら、規模の大きい会社に入社することを目指しましょう。また、企業の業績を上げるのも産業看護師の仕事次第です。

大企業の産業看護師の平均年収

大企業での産業看護師の平均年収は520万円ほどになります。大企業は大きな利益を上げているので、産業看護師として働く人に支払われる給与も比較的高い額になります。

また、ライフワークバランスがとりやすい仕事ですが、多くの社員の健康を管理していくので仕事自体に難しさを感じることがあります。

大企業で産業看護師として仕事をする人は、会社の業績には社員の健康管理が必要なことを理解して業務にあたりましょう。

中小企業の産業看護師の平均年収

中小企業の産業看護師の平均年収は400万円ほどになります。中小企業は大企業よりも利益が少なく、産業看護師として仕事をする人に支払われる給与も低くなります。しかし、従業員の健康管理をしていくことで会社の利益を上げることも可能です。

中小企業の産業看護師として仕事をする人は、アットホームな職場の利点を活かして社員の健康を把握したり、フットワークの軽さを利用した看護をしましょう。

5つの年齢別産業看護師の平均年収

産業看護師の仕事は年齢別でも年収が変わってきます。年齢を重ねれば婦長などの人を束ねる役目を担うことで収入が変わってくるからです。また、年齢だけでなく勤めている会社の規模でも年収が変わってきます。

産業看護師として仕事をする人は、若年層の看護師の仕事をサポートしながら、勤める企業全体の利益を考えて社員の健康管理をしていきましょう。

年齢別産業看護師の平均年収:20代

20代の産業看護師の平均年収は280万円から300万円ほどになります。産業看護師として働くことになっても勤務年数を重ねていないと給与自体を上げることができません。また、普段どのような業務を任せてもらっているかでも収入が変わってきます。

20代で産業看護師の仕事をする人は、先輩看護師から知識を得る機会を作り、看護師として必要な経験を積むようにしましょう。

年齢別産業看護師の平均年収:30代

30代の産業看護師の平均年収は300万円から330万円になります。30代で産業看護師として働くことができれば、20代の看護師の指導役や重要な仕事を任せてもらえる機会が増えるので、本人の努力次第で収入を上げていくことができます。

30代で産業看護師として仕事をする人は、一人一人の社員の気持ちを汲んだ介護をすることで、20代や後輩の看護師の模範になる仕事をしていきましょう。

年齢別産業看護師の平均年収:40代

40代の産業看護師の平均年収は370万円から400万円となります。40代の産業看護師は看護師をまとめ上げる役目を担うことが多くなるので、その分収入も増えることになります。しかし、40代で産業看護師の仕事をしていくにはより高度な看護への意識が必要になります。

40代で産業看護師として仕事をする人は、今までの人生経験を活かした介護をしたり、勤める企業の産業看護全体を考えて仕事をしていきましょう。

年齢別産業看護師の平均年収:50代

50代の産業看護師の平均年収は370万円から420万円となります。50代で産業看護師の仕事をしている場合、すべての人が他の看護師をまとめ上げている訳ではなく、たとえ会社に年功序列の制度が残っていても40代の産業看護師とそれほど年収自体は変わりません。

50代で産業看護師として働く人は、出産や結婚の経験を介護の仕事に活かしたり、自分の親の介護をする上でも最新の医療を学び、看護師の仕事に役立てましょう。

年齢別産業看護師の平均年収:60代

60代で産業看護師として仕事をする場合、嘱託や非常勤として仕事をした場合は100万円に満たないことがあります。また、企業で雇用延長できた場合、200万円から280万円ほどの年収になります。

60代で産業看護師の仕事をした場合、企業で勤めることになるので生涯現役で仕事をすることは難しくなり、収入が少なくなります。

60代で仕事をしている人は、自分の家族と生活を大切にして、仕事との両立を考えましょう。

男女別の産業看護師の平均年収

産業看護師も男女別で平均年収が変わってきます。看護師という仕事は男女共、仕事内容はほとんど変わらないので年収自体に大きな差はないです。

正規の看護師ならば男性の方が20万円から30万円ほど年収が高くなり、また、非正規で産業看護師の仕事をする場合は男性の方が50万円ほど年収が高くなります。

女性で看護師の仕事をする人は、柔軟な感性や持久力を活かした仕事をして、また男性は患者の支えになる仕事をしましょう。

男性産業看護師の平均年収

男性の産業看護師の平均年収は400万円ほどになります。男性の産業看護師は企業の社員として扱われることになるので、女性の産業看護師より若干年収が高くなっています。また、勤めてる企業の規模や従事している業務でも給与が変わってきます。

男性で産業看護師として仕事をする人は、勤める会社の企業理念や風土を理解しながら、社員の健康を維持し、管理することで会社の収益に変えていくことを念頭に仕事をしましょう。

女性産業看護師の平均年収

女性の産業看護師の平均年収は380万円ほどになります。女性も男性も看護師自体の仕事内容は変わりませんが、企業で勤める看護師となるので男性の方が若干給与が高くなっています。

女性で産業看護師として仕事をする人は、勤務する年数を増やし、産業保健師の資格の取得をすることで年収アップを狙いましょう。

産業看護師として年収を上げるには?

産業看護師として年収を上げるために必要なことがあります。規模の大きい会社に産業看護師として勤めたり、勤務する年数を増やすことで年収をアップさせることができます。また、産業保健師の資格を取得することで年収を上げられます。

年収を上げたい人は、病院で看護師しての経験やスキルを積み、大手企業の産業看護師として働いたり、勤続年数を増やすことで年収アップを目指しましょう。

産業看護師はワークライフバランスがとりやすい

産業看護師はワークライフバランスがとりやすい仕事です。産業看護師として企業で仕事をする場合、普通の看護師のように夜勤や日勤が交互に続くことはなく、朝出勤して夕方に帰宅することができるのでワークライフバランスが取りやすくなっています。

産業看護師として仕事をする人は、仕事で得られるワークライフバランスを活かしてプライベートを充実させたり、自身の健康管理をすることで看護の仕事に役立てましょう。

登録しておきたい転職サイト・転職エージェント

産業看護師の仕事を探す場合、登録しておきたい転職サイトや転職エージェントがあります。産業看護師の仕事は狭き門となっており、看護師同士のコミュニティや転職エージェントを活用しなければ仕事先を見つけることが難しくなっています。

産業看護師の仕事を探す人は、自分が使いやすい転職エージェントに登録をしておき、看護師同士の情報を集めることで産業看護師の勤め先を探しましょう。

転職エージェント:ビズリーチ

産業看護師の仕事を探すための転職エージェントにビズリーチがあります。ビズリーチは見つけにくい仕事を見つけることができるサイトで、高いキャリアを積んでいたり、専門職の経験や資格を持っていれば年収の高い仕事を探すことができます。

ビズリーチを利用して産業看護師の仕事を探す人は、有料プレミアム会員への登録を済ませて条件の良い企業へスカウト応募をしたり、プラチナスカウトメールを受け取る確率を高めましょう。

転職エージェント:doda(インテリジェンス)

産業看護師の仕事を見つけるための転職エージェントにdoda(インテリジェンス)があります。dodaに登録すれば企業から多くのスカウトメールを受け取れるだけなく、アドバイザーのサポートを受けながら仕事を探していくことができます。

dodaに登録して仕事を探す人は、自分の今までの職務経歴を踏まえながら、専任のキャリアアドバイザーのサポートを受けて職探しを有利に進めましょう。

産業看護師の平均年収と将来的について理解を深めよう!

産業看護師の仕事を考えている人は、企業産業看護師の平均年収と将来性について理解を深めましょう。平均年収や将来性を把握しておくことで、身につけるべきスキルや資格を知ることができます。また、おおよその平均年収を知ることで職探しの参考になるでしょう。

産業看護師の仕事を考えている人は、これまでの看護の経験やスキルを活かしつつ、より多くの将来性を感じられるように必要な資格の取得をしておきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related