Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月14日

5つの年齢別会計士の平均年収と転職市場|独立開業をしたほうがいい?

会計士に転職を目指すならば、転職市場や会計士の平均年収を知りたいでしょう。会計士の平均年収はどのぐらいなのか、転職市場での会計士の動向はどうなのか、それを知れば今後、会計士に転職するか意志がまとまります。会計士について知っていきましょう。

5つの年齢別会計士の平均年収と転職市場|独立開業をしたほうがいい?

会計士

5つの年齢別会計士の平均年収と転職市場|独立開業をしたほうがいい?
会計士は、国家資格の一つです。国内では、医師・弁護士に並ぶ三大国家資格の一つです。つまり、社会経済において重要な役割を果たしている仕事です。

例えば、会計士がいなくなれば企業のお金に対する疑惑がついて周り、疑惑がつくと信頼性も落ちるので、経済社会が回らなくなります。それほどの重要性を持った会計士とは、どのような仕事をしているのかを知っていきましょう。

会計士の主な仕事内容

会計士の主な仕事内容は、監査業務になります。どんなことを監査するかというと、決算書などの企業の財務諸表を監査します。内容に嘘偽りなど、誤魔化しがないかをチェックし、会計士が目を通すことにより社会的信頼度のある財務諸表と認められます。

こうした会計士によるチェックが入らないと、企業に疑いがかけられてしまいます。なので、会計士の主な仕事は監査業務になります。

会計士になるには?

5つの年齢別会計士の平均年収と転職市場|独立開業をしたほうがいい?
会計士に転職するためには、試験に2回合格する必要があります。その試験内容とは、まず公認会計士試験です。この試験に受からないと会計士にはなれませんので、転職するならばこの試験に受かることが必須です。

そして、試験に合格したら2年間の実務経験と実務補習所での単位取得をします。その条件をクリアし、最終試験に合格すると公認会計士の資格が得られます。

会計士の将来性

5つの年齢別会計士の平均年収と転職市場|独立開業をしたほうがいい?
資格を取得し会計士に転職出来たら、将来性は明るいです。なぜなら、会計士は常に必要とされる職業の一つです。実務経験を積むためには、監査法人などに転職する必要もありますし、そうすれば就職先の確保は出来ている状態と言えるでしょう。

会計士も以前は、有資格者で就職先が溢れてしまい、就職するには厳しい職業となってしまった時期がありました。しかし、合格者を絞るなどの対策により、今は就職しやすい職業になりました。

会計士の転職先と転職市場の動向

5つの年齢別会計士の平均年収と転職市場|独立開業をしたほうがいい?
会計士の転職市場では、今現在売り手有利となっていますので、転職しやすい状況です。更に、非公開の会計士の求人も多数あるので、転職しやすい状況であることは間違いありません。

監査業務の複雑化などの影響で、そういった問題に対応できる人材を欲している会社が多数あります。なので、問題に対応するスキルが備わっていれば、更に転職しやすいでしょう。

会計士の主な転職先

会計士の主な転職先は、監査法人や会計事務所、一般企業から公共団体などがあります。特に、監査法人は会計士だからこその転職先なので、先ず会計士の転職先に監査法人が上げられます。

しかし、監査業務が激務であるので敬遠する方もいますし、将来的な給料を考え監査業務に就く方もいます。もし、会計士に転職を考えているならば、自分に合う働き方の出来る職場を調べると良いでしょう。

会計士の転職市場の動向

5つの年齢別会計士の平均年収と転職市場|独立開業をしたほうがいい?
現在、会計士の転職市場は、売り手市場になっている状況です。なぜなら、合会計士の格者は2007年をピークに2015年まで減少し続けていました。

合格者が増加していて、会計士の就職難が続き、その対策が取られたからです。そのこともあり、会計士の人手不足になっている企業も多数あります。なので、現在は会計士の転職には困らない状況にあるでしょう。

企業の規模別・会計士の平均年収

5つの年齢別会計士の平均年収と転職市場|独立開業をしたほうがいい?
会計士の平均年収は、800万円前後と言われています。年齢や男女での年収の差があり、勿論、経験年数や勤続年数でも年収に差は出てきます。一番、会計士として年収が多いのが50代と言われています。

つまり、転職先として会計士は、長く勤続すれば収入の上昇が見込める転職先といえるでしょう。収入を上げるために会計士へ転職を考えているならば、お勧めできる職業です。

大企業の会計士の平均年収

大企業での会計士の平均年収は、約1000万円です。大企業であれば、余程の変動がない限り、給料も安定しています。ただし、年功序列になりやすい職場でもあります。更に、管理職以上の役職に就くことを目指すならば、厳しい競争に勝つ必要があります。

しかし、福利厚生などしっかりしているので、そういった点の保証での安心感はあります。

中小企業の会計士の平均年収

中小企業での会計士の平均年収は、大企業に比べ低く、800万円前後です。しかし、企業が成長すれば大企業よりも年収が上がる可能性があります。

年功序列よりは、実力主義の傾向にあり、経営者との距離も近いことから、出世もしやすいといえるでしょう。ただし、部門数も少ないため、例えば複数の領域を担当することなどがあります。

5つの年齢別会計士の平均年収

5つの年齢別会計士の平均年収と転職市場|独立開業をしたほうがいい?
会計士に転職するための知識として、5つの年齢別に会計士の年収を見てみましょう。会計士は、年齢によって年収の差がある職業です。経験年数や勤続年数によっても、年収に差は出来ます。

ただし、一般会社員の収入よりも高いケースが多いです。転職したての新人ですと、年収は低いですが、勤続を続けるにつれて収入が高くなりやすい傾向にあります。会計士の年齢別平均年収を知りましょう。

年齢別会計士の平均年収1:20代

20代の会計士の平均年収は、約700万円です。20代ですと、新人が多いために会計士としての年収も、他の年齢に低めになっています。

しかし、継続して働き続ければ年収も上がりやすい年齢なので、20代で転職を考えている方で、会計士を目指している方は、会計士に転職することをお勧めします。20代のうちに会計士の資格を取得し、転職出来れば、将来的に年収の上昇もしやすいでしょう。

年齢別会計士の平均年収2:30代

30代の会計士の平均年収は、約760万円です。経験値もあり、様々な場面での対応も出来るようになってきた年齢なので、20代の年収よりも上がっています。更に、役職に就けば、年収アップも更に出来るでしょう。

30代の方で、会計士に転職を考えているならば、平均年収との差は出来てしまう可能性もありますが、ゆくゆくは年収の上昇も見込めるのでお勧めします。

年齢別会計士の平均年収3:40代

40代の会計士の平均年収は、約950万円です。役職にも就いている年代なので、年収も大幅に上がります。会計士は、ライフスタイルなどに合わせて働きやすい環境の職場もありますので、女性の方にもお勧めできる職業と言えます。

40代の女性に限らず、ライフスタイルに合わせた働き方を考えて転職を希望している方にお勧めできる職業です。

年齢別会計士の平均年収4:50代

最も、会計士として年収が高いと言われている50代会計士の平均年収は、約1120万円です。勿論、勤続年数や経験年数、役職によって年収の差はあります。

男女で年収に差はありますが、女性でも50代の平均年収は約1000万円です。受けれるボーナスも、50代がピークになっています。

年齢別会計士の平均年収5:60代

60代の会計士の平均年収は、約1050万円です。50代の年収よりは減少してしまいますが、定年退職などの影響で平均年収は下がっていますが、幹部クラスの役職であれば年収も大幅に上がっていることが見込めます。勿論、年収の差は役職などによって変わります。

男女別の会計士の平均年収

5つの年齢別会計士の平均年収と転職市場|独立開業をしたほうがいい?
男女によって平均年収には差があります。なぜなら、女性の場合ですと結婚や出産などで収入が減ってしまうことがあるからです。

しかし、会計士であれば復帰後に収入も安定しやすいので、女性だから低いというわけでもなく、実際には男女収入に差はあまりありません。女性にとっても働きやすいので、女性の方で会計士に転職を考えている場合は、お勧めできる職業であるといえます。

男性会計士の平均年収

5つの年齢別会計士の平均年収と転職市場|独立開業をしたほうがいい?
男性会計士の平均年収は、約720万円となっています。年齢を総合した結果なので、目安よりは低くなっていますが、勿論この収入よりも実際の収入が上昇することは大いにあります。

男性の場合ですと、正社員として継続して働くことができ、単身赴任や出張などもしやすいので、男女比で男性の方が年収が多い傾向にあります。

女性会計士の平均年収

5つの年齢別会計士の平均年収と転職市場|独立開業をしたほうがいい?
女性の平均年収は、男性よりも低く約600万円となっています。この収入の差は、女性の場合ですと出産や育児などにともない、契約社員になることや、非常勤務になることがあるので、差が出てしまいます。

勿論、女性だけではなく、男性も育児などで非常勤務であったり契約社員になる方もいます。実際には、男女での収入の差があるわけではなく、そういった都合により平均年収の差があります。

会計士として年収を上げるには開業や独立をしたほうがいい?

5つの年齢別会計士の平均年収と転職市場|独立開業をしたほうがいい?
もし、クライアントなど多数の繋がりがあるのであれば、独立し年収は上がる見込みはあります。しかし、開業や独立しすぐに年収が上がる可能性は低いでしょう。しかし、独立を目的とし会計士に転職したのであれば、独立することもお勧めします。

会計士は、独立し上手くいかなくても、企業に戻りやすい職業です。勤務会計士と独立開業会計士の平均年収を比べてみましょう。

勤務会計士の平均年収

勤務会計士の平均年収は、約800~1000万円といわれています。勤務会計士の場合、安定した月の収入にプラスしてボーナスなどの給与が入るので、平均するとこのような金額になっています。

勤務会計士の場合ですと、福利厚生もしっかりしている企業もあり、退職金も出ます。ただし、定年を迎えると仕事はその歳で終わるので、定年退職以降の収入は変わります。

独立開業会計士の平均年収

独立開業会計士の平均年収は、約1000万円です。勿論、仕事を頑張っている方ですと2000万円3000万円稼いでいる方もいらっしゃいます。勿論、安定して顧客がついた場合はこのぐらいの収入は見込めますが、絶対に平均収入ぐらいに稼げるわけではありません。

事業に失敗し、再就職する方もいらっしゃいますし、事業が軌道に乗り、大幅な収入アップする方もいます。勿論、生涯年収も人により変わってきます。

会計士が登録しておきたい転職サイト・転職エージェント

5つの年齢別会計士の平均年収と転職市場|独立開業をしたほうがいい?
会計士として転職を考えている方に、お勧めの転職サイトや転職エージェントがあります。転職する際に、お勧めするサイトを活用すれば、会計士として転職する際に大きく役立ちます。非公開の求人情報もありますし、自分に合った職場選びもしやすくなります。

もし、会計士に転職を考えていましたら、是非チェックすることをお勧めします。

転職エージェント:ビズリーチ

ビズリーチでは、企業などからスカウト受けれて、無料でも利用できます。有料会員の方が利用できる機能もありますが、無料で利用できます。スカウトを通じて直接やりとりも出来るため、スカウト先の情報も知りやすくなっています。

スカウトによって思いがけない出会いもあるので、転職を考えている方は登録をお勧めします。

転職エージェント:doda(インテリジェンス)

dodaでは、エージェントサービスを行なっているので、自分に合った仕事探しがしやすくなっています。非公開求人情報もあるので、紹介によって出会える仕事も多々あるでしょう。転職のノウハウやQ&Aなどもあるので、転職に不安がある方も安心して登録出来ます。

もし、会計士として転職したい際に疑問などがある場合は、こちらのサイトもお勧めします。

会計士の転職市場と将来性について理解を深めよう!

5つの年齢別会計士の平均年収と転職市場|独立開業をしたほうがいい?
会計士を目指している方は、転職市場と将来性について理解を深めれば、会計士として働くための計画をイメージしやすいです。転職市場と将来性を知ることによって、目指している会計士とはどのような仕事なのかのイメージも、掴みやすいでしょう。

会計士の転職市場と将来性について、理解を深めていきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related