Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月27日

旭化成は激務?旭化成の特徴|待遇と労働環境の口コミ

激務ではない企業に転職したい人が多くいるのではないでしょうか。旭化成は企業規模が大きいにも関わらず、激務になりにくい環境になっています。ここでは。旭化成がどのような会社なのかを詳しく紹介しているため、旭化成に転職したい人は参考にしてください。

旭化成は激務?旭化成の特徴|待遇と労働環境の口コミ

旭化成は激務?どんな会社なのか?

旭化成は化学メーカーであるため、普段、私達はさまざまな商品を知らない間に使用していることが多いです。旭化成は有名なメーカーでもありますが、どのような会社なのか、激務な仕事内容なのか、知らない人も多くいるのではないでしょうか。

次に、旭化成がどのような会社なのかを詳しく紹介します。旭化成が激務かどうかを判断する要素を把握することができますので、旭化成に転職しようと考えている人は参考にしてください。

国内大手の化学メーカー

旭化成は国内御手の化学メーカーであるため、知名度が非常に高い会社でもあります。そのため、安心して転職先に選ぶこともできます。しかし、部門や仕事内容によっては激務になることもあるため、慎重に応募するようにしましょう。

また、化学メーカーとしてではなく、さまざまな業界にも事業を展開している会社でもあるため、将来性も高いです。サランラップやジップロックなどキッチン周りで使用する商品も販売しています。

海外進出も積極

旭化成は日本に本社を構えている会社ですが、海外進出も行っている会社でもあります。そのため、事業規模が世界中に広がっており、日本国内だけではなく、海外でも有名な化学メーカーに進歩しつつあります。

日本国内の旭化成と海外進出している支店では仕事内容も異なる場合があり、激務になってしまうこともあります。海外進出していることで海外に転職しようと考えている人にもおすすめの会社でもあります。

平均給与は700万円台と業界内では高水準

旭化成は国内最大の化学メーカーでもあるため、高年収になっており、平均でも700万円台です。同じ業界でも高い水準になっており、化学企業で働きたい人からすれば、憧れの働き口でもあります。

700万円台の年収になるとそれだけ激務になってしまう印象がありますが、部署や仕事内容の違いによって必ずしも激務になるわけではありません。そのため、激務ではないにも関わらず高年収になることもあります。

平均残業時間は20~30時間と少ない

旭化成は残業時間が少ないことでも有名な会社でもあります。一か月の平均残業時間が20~30時間と少ないです。残業の時間が45時間以下で少ないという水準がありますが、45時間よりも大幅に少なくなっているため、残業が少ない企業といえます。

残業が少ないことで激務になりにくく、旭化成は激務になりにくい会社とも言えます。

社員の満足度が高い

旭化成は社員の満足度が高い会社です。社員が満足しているのは、不満が少なく仕事環境や仕事内容などのさまざまな条件に満足している証拠でもあります。その結果、離職する人も少なく、長く快適に働くことができます。

やりがいがある仕事が多いため、たとえ激務が続いても充実した毎日に感じる人が多く、激務が苦痛に感じにくい会社でもあります。そのため、充実した環境で働きたい人におすすめの職場です。

旭化成は激務?待遇の口コミ

旭化成は大手化学メーカーであるため、激務のイメージが強いです。しかし、実際に働いた経験がある人でないとわかりにくいことでもあるため、口コミを参考にすることで激務かどうかの判断をすることができます。

次に、旭化成の待遇に対する口コミをいくつか紹介します。旭化成が激務なのかどうかを知りたい人は参考にしてください。また、口コミを参考にすることで転職する判断材料にすることも可能です。

待遇の口コミ1:福利厚生が充実している

旭化成は福利厚生が充実しており、多くの従業員を満足させることができています。福利厚生は企業独自が行っている賃金以外の報酬であり、さまざまな種類が用意されています。女性におすすめの育児休暇も福利厚生に含まれています。

最近では、福利厚生の充実は、転職先の決定打となるほど重要視されている要素でもあります。快適な環境で仕事をすることができ、ストレスなく働くことも可能です。

本社は日比谷へ移転してすごく綺麗になった。共用部は清掃業者が入るが事務所内はそれぞれの部場で清掃を行っている。備品等もケチらず必要なものは買ってもらえる。

出典: https://en-hyouban.com/company/00005016594/3/ |

待遇の口コミ2:給与水準はメーカー業界では高水準

上記でも紹介したように旭化成の給与はメーカー業界では高水準であるため、給与に対する不満を感じる従業員は少ないです。給与のために仕事をしている人がほとんどであるため、理想的な職場でもあります。

高年収の代わりに激務になりやすい職種もありますが、旭化成は比較的激務になりにくいにも関わらず高年収であるため、身体的ストレスをためることなく十分な給与をもらうことができ、私生活を充実させることも可能です。

他の企業にいる同級生と比べると少し上。ボーナスもそれなりにもらえるが昇給制度はよくわからないが毎年昇給する。

出典: https://en-hyouban.com/company/00005016594/1/ |

旭化成は激務?労働環境の口コミ

旭化成は激務かどうなのか詳しく知りたい人も多くいるのではないでしょうか。激務が続くことでストレスがたまるだけではなく、体にも負担がかかってしまうため、できるだけ避けるべき労働環境でもあります。

次に、旭化成が激務かどうなのかを判断する労働環境の口コミを紹介します。口コミは現在働いている人や過去に働いていた人の意見であるため、信ぴょう性が高く信頼できる情報であり、参考にすることができます。

労働環境の口コミ1:研修が豊富

旭化成は従業員の育成に力を入れている企業でもあるため、研修が豊富に用意されています。特に新入社員に用意されている研修が多く、速く仕事に慣れることができます。また、自身のスキルアップをすることもできるため、より上を目指している人にはおすすめの制度です。

しかし、仕事の日に研修を行うこともあり、職場に職員が少なくなりやすく、残された従業員は激務になりやすいデメリットがあります。

最近は教育制度も充実している。若手には資格取得応援制度もある。実業務の方はOJTが多い。人によって育て方が違う。

出典: https://en-hyouban.com/company/00005016594/4/ |

労働環境の口コミ2:若手に裁量を与えようという風土がある

旭化成は、若手でも実績を残せるように裁量を与える雰囲気があります。その結果、若手がベテラン以上の活躍をすることもあり、若手ながら高年収を獲得することもできます。

そのかわりに、若手でもさまざまな仕事を任される機会が増えてしまい、激務になりやすい傾向があります。

さまざまな仕事を任されることに充実さを感じる人材なら長く勤務することができますが、熱心さに欠ける人材では激務に感じるだけになりやすいです。

基本的に面倒見がいい職場である。教育もしっかり時間をとってもらえる。教育の成果を確認する仕組みもあり、やる気がない人でもやらざるおえない。

出典: https://en-hyouban.com/company/00005016594/4/ |

労働環境の口コミ3:企業規模の割には風通しが良く

大手企業になれば下の立場の人の意見が上に伝わりにくく、意見することすらタブーな雰囲気になりがちですが、旭化成は企業規模が大きい割に風通しがよく、下の意見も取り入れてくれやすいです。

そのため、下の立場の人からすればストレスなく働くことができ、上司との関係も良好になりやすいです。従業員同士の関係が良好になることで業績にも影響が出るため、現在の企業規模まで拡大できた要因の一つでもあります。

上司は部下を育成することで評価されるので、育成は手厚い。会社からは自己研鑽制度があり、年間でかなりの額を出してもらえること。

出典: https://en-hyouban.com/company/00005016594/4/ |

労働環境の口コミ4:安定している

旭化成はさまざまな条件に対して安定しているという口コミが多いです。仕事に対して安定していることは従業員にとって安心する要素でもあるため、安心して転職先に選ぶことができたり、長く働き続けることができます。

業績が安定していることで極端に給与が減ってしまったり、リストラにあってしまう不安がありません。企業規模が大きくなればなるほど業績が安定しにくくなりやすいですが、旭化成は近年安定しています。

悪いことをしない限り、クビになることはない。事業は多岐にわたり、どこかが不調でもどこかが取り返すといった構造になっている。不調が続くと縮小対象となる為、グループ全体の業績が大幅に落ちることは可能性が低い。

出典: https://en-hyouban.com/company/00005016594/5/ |

旭化成の面接について

旭化成が行っている面接について把握しておくことで転職活動を行っている時に有効活用することができます。

面接は求人者選びをする際に重要度が高い工程であるため、面接で好印象を与えることができなければ他の条件をクリアしていても落とされる危険性があります。

次に、旭化成が行っている面接について詳しく紹介します。そのため、面接に不安がある人や面接対策を行いたい人は参考にしてください。

旭化成の採用難易度の高さ

旭化成は中途採用の倍率が高いため、採用される確率も低くなってしまいがちです。そのため、簡単に転職を決めれる企業ではなく、さまざまなスキルや実績がないと転職できない可能性が高いです。

化学に関係している職業で働いていた経歴があったり、化学の専門学校を卒業しているとそれだけ採用される可能性を高めることができます。中途採用の倍率が上がっている理由は、旭化成が優良企業である証拠です。

旭化成の面接で聞かれること

旭化成に転職する際に面接内容が気になる人も多くいるのではないでしょうか。旭化成の面接は他の企業と同じように一般企業の面接で聞かれることも質問されます。そのため、一般的な面接対策を行っていれば無難に乗り越えることができます。

しかし、一般的な質問に対してテンプレートの答えで答えてしまうと旭化成には好まれないタイプと認識されやすいです。形式の対応だけではなく、個性が出せるように返答するようにしましょう。

旭化成の求人情報

旭化成がどのような求人情報を掲載しているか把握しておくことで、自身に適している職務かどうかを把握することができます。

旭化成はさまざまな部署が用意されているため、求人情報もそれぞれの部署ごとに掲載されており、条件も異なります。

次に、旭化成の求人情報について詳しく紹介しています。本格的に旭化成に転職しようと考えている人は参考にしてください。

事務系職種の求人

旭化成では事務職と技術職に大まかに分けられており、事務職の場合は営業職や企画職などに分けられています。それぞれの求人情報も掲載されており、過去に経歴や実績があるほど採用されやすい傾向があります。

どちらも経験が活かされる職業であるため、転職後も自身のスキルを活用することができます。営業職ではコミュニケーション能力が求められ、企画職ではさまざまな方向で物事をとらえることができる人におすすめです。

技術系職種の求人

旭化成の技術職では、開発職と設計職などの求人が出されており、中途採用の求人が多くある傾向があります。そのため、さまざまな人材を採用している部署もあり、仕事環境も幅広い年齢層になっています。

中途採用でも努力や実績を残すことでキャリアアップをすることも可能です。また、中途採用だけではなく、ミドル層の求人も用意されているため、ミドル層で転職しようと考えている人にもおすすめです。

旭化成は激務でない可能性が高い

旭化成は激務ではない可能性が高く、職場環境も良好である割合が高いため、優良企業といっても問題ない会社でもあります。そのため、多くの求職者が応募するため、倍率がかなり高くなっており、狭き門を通過して転職する必要があります。

そのため、旭化成に転職しようと考えている場合は、転職活動を本気で行わないと採用される割合が低いです。転職に成功することで激務なしで働くことができ、快適に仕事ができます。

待遇と環境と風土はトップクラス

旭化成の待遇や環境、風土はトップクラスであるため、化学系や事務職で転職しようと考えいる人は旭化成に応募することをおすすめします。

さまざまな条件に対して問題なくクリアしているため、労働者のことを第一に考えている企業でもあります。

転職する際に転職先がブラック企業かどうかを不安に感じやすいですが、旭化成は優良企業であるため、安心して転職先に選ぶことができます。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related