Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月10日

弁護士の求人市場|登録しておきたい転職エージェント6つ

皆さんこんにちは、今回は「弁護士の求人市場|登録しておきたい転職エージェント6つ」と題して、「弁護士の求人市場・その仕事の内容・ニーズ」についての詳細情報のご紹介をはじめ、弁護士へ転職する際に実用的な転職エージェントについてご紹介します。

弁護士の求人市場|登録しておきたい転職エージェント6つ

弁護士

一般に弁護士というのは、「案件の当事者・関係人の依頼や官公署の委嘱によって、訴訟に関する行為や法律事務を行う職業の人」を意味し、基本的には依頼された案件に関する情報を弁護や、課題とされた情報を証明する職種となります。

弁護士になるためにはそれなりのステータスを確保する必要があり、国家資格に属することから、信頼や実績などをストックしていくことが必須となるでしょう。

弁護士の主な仕事内容

弁護士の基本的な仕事内容ですが、一般的には「依頼人に関するトラブルを回避・解決する仕事」となる上で、そのための証明を法律上の駆け引きによって速やかに行なうこと・支援役に徹することになります。

「弁護士に依頼するだけで当面の問題を代理して解決してくれる・処理してくれる」という信頼が大事な仕事になるため、その内容ではキャリア・実績が必必要になります。

弁護士になるには?

弁護士になるためには一般的に司法試験に合格することが必要で、そのためには法科大学院などを修了しておくことが必要です。

・弁護士資格の取得
・法科大学院の修了
・司法試験予備試験に合格すること
・司法試験合格後に司法修習を履修


企業内弁護士の場合でもこれと同じ履修行程が課され、「弁護士になるための原則的な課程の修了」が課題となります。人間性の評価では、誠実さ・信頼・実績の向上も大切になるでしょう。

弁護士の将来性

「弁護士の将来性」についてですが、これは一般の職種と比べてその将来性が明るく見られ、弁護士に転職する人もかなり多くなっている傾向が見られます。

基本的に弁護士というのは「顧客(企業を含む)から依頼されること」を主に、その依頼を請け負うための信頼が大切になります。

依頼案件の確保が不安定な場合、その信頼を挽回するための活動が必要となり、弁護士ニーズを高めることで「将来性の明るさ」が得られてきます。

弁護士の求人ニーズ

最近では弁護士の求人ニーズが比較的安定しており、1995年から2000年辺りに見られたやや下降していた市場から見れば、また従来の弁護士ニーズが高まる傾向が見られます。

弁護士の求人ニーズは主に「事件・案件があれば安定する」という一定の物差しがあるため、過去から現代、また未来までの世情を俯瞰する限りでも、そのニーズは変わらず安定する傾向が普通に見られます。求人情報ではその職種の歴史も確認しましょう。

企業の規模別・弁護士の平均年収

次は「企業の規模別・弁護士の平均年収」について紹介します。

現代でも騒がれる少子高齢化を辿る日本の総人口から見た場合、今後も弁護士ニーズが高まる事実は変わらず期待され、弁護士に与えられる職場環境も好転にあると言えるでしょう。

大企業の弁護士の平均年収

大企業で勤める弁護士の平均年収では、これは基本的に「500万円~1000万円」前後とされています。この年収の傾向は徐々に上がり始めており、現代ではさらに基本年収に加えて賞与の増額など、全体的な給与額が引き上げられていく傾向にあります。

求人情報でも確認できますが、大企業の場合は顧客案件がかなり豊富に寄せられることもあり、主に過去実績や著名度によって弁護士の年収総額も変わります。

中小企業の弁護士の平均年収

中小企業といってもその中には大企業とほぼ変わらない程度の平均年収が得られる場合がよく見られます。

この場合の平均年収では、求人でもよく見られますがその弁護士の仕事内容によって変わり、「400万円~800万円」程度とされ、キャリアアップによる昇給によればさらに高額となるでしょう。

弁護士は実績によって大きく報酬が変わりますが、その時点での信頼度・将来の展望によってもその将来性は明るく見られます。

弁護士として年収を上げるには開業や独立をしたほうがいい?

一般的には、弁護士として平均年収を向上させるためには「独立したほうが良い・実績を生かして開業したほうがいい」などと言われまずが、そのためにはそれなりのステータス・資金の確保が優先されます。

独立開業した場合は、弁護士として取得する報酬をそのまま受け取ることができ確かに稼げますが、自己責任の分野が増えるため、着実な実績・信頼を確保することが優先されます。求人でもこの点にまず留意しておきましょう。

勤務弁護士の平均年収

通常よく見られる勤務弁護士ですが、この場合は「800万円から1000万円」前後がその平均・相場とされるでしょう。勤務弁護士の場合は雇用関係の下でリスク補償もあるていどなされるため、その点で将来も安定します。

勤務弁護士の場合、雇用主の企業によって優遇される条件が変わるため、その条件によって「500万円」、「1000万円」などとなることもあり、安定するためにも弁護士としてのステータス向上が必要です。

独立開業弁護士の平均年収

独立開業弁護士の平均年収は基本的に「1200万円~1400万円」程度とされています。独立開業の場合はリスクを自分で背負うことになるため、求人でもその点には留意しましょう。

大手企業からの顧客案件を依頼されるための自己能力の高さが必須となるため、弁護士としての独自ステータスの向上に着目しておくことが賢明です。

独立開業弁護士になるためにはそれなりの資金も必要なため、信頼を募るための努力をしましょう。

弁護士が登録しておきたい転職サイト・転職エージェント6つ

弁護士として手早く成功するためにも、自分にとって相性の良い転職サイト・転職エージェントを利用しましょう。そこで実用的な求人情報もしっかり確認できます。

転職サイト・転職エージェントでは主に「求職者にとって有益な情報を見付けるために、その個別ニーズに添った転職活動を充実させること」を優先し、その実現に向けた活動方法を斡旋してくれるでしょう。

求人検索・転職エージェント1:ビズリーチ

ビズリーチでは個別能力・状況に適したPR方法を教えてくれ、そのPRを活実に活躍させてくれる点が魅力になるでしょう。

弁護士になる場合、弁護士関連の多彩な求人情報をストックしておき、その時点で即戦力になれる職種分野を示唆してくれます。

未経験・中途採用からの求人も非常に豊富で、就活を始める場合に手ごろであるため、はまずこのビズリーチを利用してみましょう。求人情報の活用が充実しています。

求人検索・転職エージェント2:doda(インテリジェンス)

非公開求人情報も多数ストックしており、「求職者にとって安定した支援」で定評のあるdoda(インテリジェンス)です。求職者の個別能力に見合わせた転職支援をしてくれ、さらに「即戦力になるための活動方法・PRの工夫」を率先して教えてくれます。

弁護士になるために必要な求人、スケジューリング・スキル・能力に見合わせた活動方法を勧め、その上で正確なアフターフォローが充実している点が魅力です。

求人検索・転職エージェント3:リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、求職者の状況に配慮した求人情報を提示してくれ、企業研究を十分行なえる環境を確保し、理想の企業に転職する場合の有益なプランを提示してくれるでしょう。

弁護士へ転職する場合には、法曹関連の職種情報をはじめ、非公開求人情報なども参考にして、その時点で必要に応じた努力・スキルの取得法を実践的に提示してくれるでしょう。

求人検索・転職エージェント4:マイナビエージェント

現代でも人気不動のマイナビエージェントでは、「求職者が着実に勤続できる仕事環境」を提示してくれ、転職活動に有力な求人情報を提示する上で、さらにアフターフォローにも徹して配慮してくれる理想的なサイトになるでしょう。

弁護士・法曹関連の職種へ転職する場合でも、企業情報・求人を調査する上で「求職者にとっての得意分野」の識別をし、その上で適職への転職斡旋を約束してくれます。

求人検索・転職エージェント5:パソナキャリア

パソナキャリアの魅力は、求職者個別の能力・スキルによるPR法を工夫してくれる点であり、その個別能力を基準にした適職への斡旋に柔軟な転職エージェントとして活用できるでしょう。

弁護士関連の職種に転職する場合でも、転職後の生活安定を具体的にサポートし、特に法曹業における専門職求人のストックが豊富に用意されている点が安心です。求人を確認しながら、個別PRをさらに魅力的に仕上げてみましょう。

求人検索・転職エージェント6:JACリクルートメント

求職者の能力・状況に合わせた求人情報のストック・支援に定評があり、転職エージェントを利用する上では個別PRを魅力的に作成する上で、求職者の条件に最適な転職先への斡旋が約束されるでしょう。

弁護士関連の職種へ転職する場合でも、かなり求人ニーズが豊富に集まり充実しているため、法曹関連の職種へ転職する場合はまず利用する価値があるサイトとなるでしょう。

5つの年齢別弁護士の平均年収

次は「5つの年齢別弁護士の平均年収」についてですが、弁護士に就く場合でもその年齢によって年収が変わることがあります。

これはその人に対する信頼性・活動実績の有無などにはじまり、特に案件を依頼できるかどうかを直接決めるための土台・背景を持っているかどうかによって大きく変わるでしょう。

弁護士に就く場合に平均年収を上げる場合には、まず自己スキル・弁護士としての能力・実績を蓄積しておきましょう。

年齢別弁護士の平均年収:20代

まず20代で弁護士になる場合の平均年収ですが、この場合は「20~24歳で586.0万円」、「25~29歳で729.9万円」となり、その平均月額給与では「40万円」前後が約束され、またボーナスは「146.5万円~182.5万円」程度とされています。

20代では主に初任給から相当額の給与が与えられるため、生活もかなり安定することでしょう。求人情報でもこの点は確認しましょう。

年齢別弁護士の平均年収:30代

次に30代で弁護士になる場合の平均年収ですが、この場合は「30~34歳で801.8万円」、「35~39歳で914.9万円」となり、その平均月額給与では「55万円」前後が約束され、またボーナスは「200.5万円~228.7万円」程度とされています。

30代でも一定の給与として高額が約束され、案件によっては多額の給与が与えられるため、生活はかなり安定します。

年齢別弁護士の平均年収:40代

次に40代で弁護士になる場合の平均年収ですが、この場合は「40~44歳で1,028.0万円」、「45~49歳で1,151.4万円」となり、その平均月額給与では「68万円」前後が約束され、またボーナスは「257.0万円~287.8万円」程度とされています。

40代ではほぼピークの給与がもらえる形となり、この場合も案件によっては多額の給与が与えられるでしょう。将来設計においてもかなり安定します。

年齢別弁護士の平均年収:50代

次に50代で弁護士になる場合の平均年収ですが、この場合は「50~54歳で1,233.6万円」、「55~59歳で1,223.3万円」となり、その平均月額給与では「70万円」前後が約束され、またボーナスは「308.4万円~305.8万円」程度とされます。

50代では全盛と見られる程の給与がもらえ、難しい案件によってはさらに多額の給与がもらえます。求人情報ではその職種の最高の給与額も確認しておきましょう。

年齢別弁護士の平均年収:60代

次に60代で弁護士になる場合の平均年収ですが、この場合は「60~65歳で832.7万円」となり、その平均月額給与では「50万円」前後が見込まれ、またボーナスは「208.2万円」程度とされています。

60代では一般の職種でも見られる定年に差し掛かるため、全盛の頃の給与・ボーナス額からは少し下がる形となりますが、それでも一般の職種でもらえる給与に比べると破格の額となるでしょう。

男女別の弁護士の平均年収

次は「男女別の弁護士の平均年収」ですが、弁護士の場合でもやや男性のほうが給与額(平均年収)が高額になる傾向があります。

依頼される案件の質や将来性への展望、また勤続できる状況などから見て、一般の職種で見られる男女別の労働状況にそのまま見られる給与額の変動がこの場合も見て取れます。

男性弁護士の平均年収

男性弁護士の場合、20代の頃は「800万円」程度の年収をはじめ、そのピークではだいたい40代から50代に差し掛かった辺りで「1200万円」前後の年収がもらえる形になります。月額給与でも「70万円から80万円」前後が約束され、かなり高額の給与が見られます。

ボーナスでも最高額では「350万円」近くなる場合も見られ、生活安定をはじめ、将来設計する上でも十分安定する土台が得られるでしょう。

女性弁護士の平均年収

次に女性弁護士の場合ですが、この場合は20代で「500万円から1000万円」前後の年収がもらえ、その月額給与では「30万円から70万円」前後の報酬となり、ボーナスは「150万円から250万円」前後の高額が約束されるでしょう。

男性の場合と比べて少しずつ劣る給与額となりますが、それでも一般の職種と比べてみればかなり高額の給与・ボーナスとなるため、その生活は十分安定するでしょう。

弁護士の求人ニーズと将来性について理解を深めよう!

いかがでしたか。今回は「弁護士の求人市場|登録しておきたい転職エージェント6つ」と題して、「弁護士の求人市場・その仕事の内容・ニーズ」についての詳細情報、また弁護士へ転職する際に実用的な転職エージェントをご紹介しました。

弁護士に転職する場合では、弁護士としてのスキル・実績・信頼度を蓄積することが大事で、転職エージェントなどで求人情報を確認し、生活が安定する職種のピックアップが重要です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related