Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月13日

コンサルトップのMBBとは|MBBの3社別特徴比較

本記事は、コンサルトップであるMBBについて知りたいという方を対象にしたもので、それぞれがどのような会社であるのかという説明や、いくつかの項目を比較しています。また、それぞれの平均年収もご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

コンサルトップのMBBとは|MBBの3社別特徴比較

コンサルトップのMBBとは

コンサルトップのMBBとは|MBBの3社別特徴比較
MBBとは、コンサルティング会社のトップであるマッキンゼー・アンド・カンパニーとボストン・コンサルティング・グループとベイン・アンド・カンパニーの3つの会社の総称です。

この3つのコンサルティング会社の選考は難度が非常に高く、入社することがとても厳しい会社です。そのため、MBBに入社したいという方は、3社の特徴や選考時期を詳しく把握しておく必要があります。

マッキンゼー・アンド・カンパニー

コンサルトップのMBBとは|MBBの3社別特徴比較
MBBの1つであるマッキンゼー・アンド・カンパニーはアメリカ合衆国に本社がある大手コンサルティング会社です。

アメリカ、ヨーロッパ、アジア、南アメリカなどの世界60か国に105以上の支社を持つ世界規模の会社です。グローバルな働き方をしている世界最高の戦略系コンサルティング会社となっています。

年間で、1,600件以上のコンサルティングを行っています。

ボストン・コンサルティング・グループ

MBBの1つであるボストン・コンサルティング・グループはアメリカ合衆国に本社があるコンサルティング会社となっています。また、BCGという略称もあります。

世界50か国に90以上の拠点を置き、全体で16,000名以上のスタッフを持つ戦略系コンサルティング会社です。

クライアントには世界での活躍している企業500社のほとんどがあり、マッキンゼー・アンド・カンパニーとライバル関係のある会社でもあります。

ベイン・アンド・カンパニー

コンサルトップのMBBとは|MBBの3社別特徴比較
MBBの1つであるベイン・アンド・カンパニーはアメリカ合衆国のボストンに本社を置くコンサルティング会社です。

1973年に設立され、世界31か国に48の拠点を持ち、全体で5,400名のスタッフを持っています。

働き方は結果主義となっていて、結果にこだわるコンサルティングファームという考えを持っています。そのため、企業の一緒になって問題解決にに取り組み、具体的な結果を求める姿勢があります。

MBBの3社別特徴比較

コンサルトップのMBBとは|MBBの3社別特徴比較
これからはMBBの3社について特徴を比較していきます。れぞれの会社には、どのような強みや魅力、または社内での人間関係があるのでしょうか。詳しく説明していきます。

これからMBB3社のいずれかの選考を受けることを考えている方は、それぞれの違いを把握して、自分の性格、やりたいことに合った会社はどれかということを考えながら読み進めていってください。

マッキンゼー・アンド・カンパニー

コンサルトップのMBBとは|MBBの3社別特徴比較
マッキンゼー・アンド・カンパニーはMBBの中でも世界最高のコンサルティングファームと呼ばれています。

所属しているコンサルタントが優秀というだけでなく、現在さまざまな業界で活躍されている有名なビジネスパーソンを輩出しているという特徴があります。

また、外資就活の中で、志望企業ランキングで1位を取るなどしています。

強み

コンサルトップのMBBとは|MBBの3社別特徴比較
マッキンゼー・アンド・カンパニーの強みは、さまざまな業界の案件に強く、国内でも上位にある50社の7割近くの企業についての知識や特徴を把握していることです。

さらに、近年では、実行するための支援にも力を入れているということで、戦略の案件に強いだけではないということがわかります。ただ、実行支援は経営に関することに限られています。

魅力

マッキンゼー・アンド・カンパニーの魅力はその働き方にあります。世界60か国の120以上の支社を1つの組織として考えているため、日本で働いているとしても、グローバルな働き方をすることができます。

また、社内でやり取りするメールは全て英語で行われ、書類も同じように英語で作成します。さらに、日本国内で行うプロジェクトでも、海外にそのプロジェクトと似たことを行っているオフィスに視察に行くなどします。

ワークライフバランス

マッキンゼー・アンド・カンパニーで働いて、仕事と私生活のバランスを取ることは正直難しく、公式ホームページでも労働時間が長いということは記載されています。

コンサルタントとしての業務年数が長く、優秀なコンサルタントでも定時で帰宅するということは難しくなっています。

しかし、成果主義であるため、効率よく業務をこなすことができるようになると、自分で自由に使うことのできる時間が増えるということもあります。

人間関係

マッキンゼー・アンド・カンパニーはグローバルな会社であるため、世界各国からさまざまな個性を持った人が集まります。そのため、オフィス外ではとても友好的な人間関係を築くことができます。

しかし、オフィス内では、実力主義ということと意識の高い人材が集まってくるため、一切妥協することがなく、厳しい環境となります。

仕事とプライベートで人間関係の考え方が異なった、切り替えのできる環境となっています。

選考時期

マッキンゼー・アンド・カンパニーの選考時期は、夏選考の7月と冬選考の10月と春選考の12月があります。

また、マッキンゼー・アンド・カンパニーの選考の特徴として、1回選考に参加すると、2年間は面接に進むことができなくなるというものがあります。

マッキンゼー・アンド・カンパニーで働くことを志望しているという方は、慎重に自分の実力を見極めて、今なら合格できるという時期を考えて選考を受ける必要があります。

ボストン・コンサルティング・グループ

ボストン・コンサルティング・グループは同じMBB出会うマッキンゼー・アンド・カンパニーと比較されるという機会が多く、世界最高峰のコンサルティングファームとして有名です。

また、主な事業は戦略系コンサルティングであり、ボストン・コンサルティング・グループはその先駆者です。

これからは、その強みや人間関係などの環境も含めた説明をしていきます。

強み

ボストン・コンサルティング・グループの強みには、戦略策定というものがあります。近年ではMBBのマッキンゼー・アンド・カンパニーと同じように、実行することの支援にも力を入れています。

具体的には新しい支援チームを編成、そのチームとボストン・コンサルティング・グループが連携することによって、クライアントと一緒になって現代のビジネスについてさまざまな戦略を練っていきます。そして戦略を実行していきます。

魅力

ボストン・コンサルティング・グループは世界に48か国も拠点があるため、日本にいながらでもグローバルな働き方をすることができるという魅力があります。

また、海外のみならず、日本国内でも多くの企業から仕事を受けているため、コンサルティングファームとして、MBBの中でも地位がトップクラスであるということも魅力の1つとなっています。

ワークライフバランス

ボストン・コンサルティング・グループのワークライフバランスについて、同じMBBのマッキンゼー・アンド・カンパニーのように労働時間が長くなるという傾向があり、仕事とプライベートの区別をすることが難しくなっています。

働き方の特徴には、業務に効率性を求めているため、努力して成果を出し、自分の時間を作るということも可能です。

また、出産や子育ての休暇を取ることができるといった女性にありがたい制度もあります。

人間関係

コンサルトップのMBBとは|MBBの3社別特徴比較
ボストン・コンサルティング・グループでの人間関係は、日本の企業のような側面を持ちつつも窮屈でない、アットホームな雰囲気で働くことができます。

また、プロジェクトを進めるだけの人間関係というものは作らず、1人の社員として大切に育てるという風潮があります。

入社したばかりでわからないことがあっても、回答してくれる環境があります。

選考時期

コンサルトップのMBBとは|MBBの3社別特徴比較
ボストン・コンサルティング・グループの選考時期は、6月の夏選考と11月の冬選考と2月の春選考があります。

ただ、ボストン・コンサルティング・グループでは1回、2次面接に進むと再受験することができないなどの仕組みがあります。

そのため、同じMBBのマッキンゼー・アンド・カンパニーと同様、確実に入社したいという方は、自分の実力を見極めて選考を受ける必要があります。

ベイン・アンド・カンパニー

コンサルトップのMBBとは|MBBの3社別特徴比較
ベイン・アンド・カンパニーは他の2社と同じように、世界最高峰のコンサルティングファームとなっています。

しかし知名度では、MBBの他の2社に比べると少しだけ低いというのが現状です。ただ、平均年収ではMBBの中でもトップクラスであるという特徴があります。

これからは、そのようなベイン・アンド・カンパニーの強みや人間関係などの環境を含めた特徴の説明をしていきます。

強み

ベイン・アンド・カンパニーの強みには、さまざまな業界の案件をバランスよく受けることができるというものがあります。特定の業界のみに強いという偏りはありません。

また、MBBの中でも戦略系の案件を取り扱うことが多く、M&Aの支援をファンドに対して行うということも多いです。

魅力

ベイン・アンド・カンパニーの魅力には、結果主義を貫徹していることにあります。具体的に結果を出すことや、クライアントを変化させるという目標が社内であり、その点を社員が共有しています。

結果主義というと厳しいノルマをイメージしますが、社員に厳しい要求をしたりすることはありません。そのため、仕事をやらされるという意識で働いている人は少なく、社員が意欲的にクライアントに真摯に向き合える魅力もあります。

ワークライフバランス

コンサルトップのMBBとは|MBBの3社別特徴比較
ベイン・アンド・カンパニーはMBBの中でも比較的ワークライフバランスを取りやすい会社となっています。例外を除いて、通常は20時から21時には帰宅できます。

また、ベイン・アンド・カンパニーでは、チームごとに労働時間を取り決めて、その時間内で業務を終わらせて、時間をしっかり守るという風潮があります。

このような取り組みから、仕事とプライベートのけじめをしっかりつけられる会社となってます。

人間関係

ベイン・アンド・カンパニーの人間関係は良好で、気さくな雰囲気のある会社であるという定評があります。

また、上司に対しても質問がしやすいということ、社員同士がお互いに仕事について教えあっっていること、互いに手伝いあうことなどの企業文化もあります。アットホームな環境ということです。

さらに、社員の教育には力を入れているため、新入社員などは、入社後にも安心して仕事に取り組むことができます。

選考時期

ベイン・アンド・カンパニーの選考時期は、7月の夏選考と10月の冬選考の2つがあります。

また、ベイン・アンド・カンパニーではMBBの他の2社にはない選考の特徴があります。それは夏の選考に落ちても、その年の冬の選考を受けることができる点です。

一方で他のMBBと異なり、1回の選考での募集人数は10人程度と少めです。ベイン・アンド・カンパニーに入社したいという方は、なるべく早く選考を受ける必要があります。

MBBの平均年収

コンサルトップのMBBとは|MBBの3社別特徴比較
MBBのような戦略系コンサルティング会社の年収は各企業によって異なります。

そのため、MBBの全体的な平均年収はどれくらいかということは言うことができないので、それぞれの会社の平均年収を把握しておく必要があります。

MBBで働きたいという方は、それぞれの平均年収をしっかり把握して、自分はどれくらいの年収をもらいたいのかという考えと照らし合わせながら理解していくことが大切です。

マッキンゼー・アンド・カンパニー

コンサルトップのMBBとは|MBBの3社別特徴比較
マッキンゼー・アンド・カンパニーの平均年収は初年度は700万円、5年次では1,500万円から、10年次には3,000万円~5,000万円となっています。

マッキンゼー・アンド・カンパニーの平均年収は他のMBBと比べると、少し低いと言われています。

しかし職位が上がるともらえるボーナスも多くなります。この数字は正確なものではなく、あくまでも参考の金額となっています。

ボストン・コンサルティング・グループ

ボストン・コンサルティング・グループの平均年収は、初年度が約700万円となっていて、5年次では1,500万円以上、10年次では3,000万円~5,000万円以上となっています。

ボストン・コンサルティング・グループの平均年収は、他のMBBと比べると高額となっています。

また、マッキンゼー・アンド・カンパニーと同じように、職位が上がるにつれて、ボーナスも上がります。

ベイン・アンド・カンパニー

コンサルトップのMBBとは|MBBの3社別特徴比較
ベイン・アンド・カンパニーの平均年収は、初年度が約650万円となっていて、5年次では1,500万円以上、10年次では3,000万円~5,000万円となっています。

ベイン・アンド・カンパニーの平均年収は、他のMBBと比べると高額となっていて、ランキングでは1位となっています。

また、ボーナスも年収に大きく影響を与えており、年収の30~50%を占めています。

コンサルトップのMBBで活躍してみませんか

コンサルトップのMBBとは|MBBの3社別特徴比較
本記事では、コンサルティング会社のトップであるMBBと呼ばれている3社についてそれぞれの特徴や違い、平均年収などを詳しく説明しました。

それぞれの会社にはメリットやデメリットがあります。ただ、それは自分のやりたいことや考え方によって、とらえ方が変わります。

これからコンサルティング会社であるMBBのどれかに就職したいという方は、ぜひ本記事を参考にして、活躍できるようにしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related