Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月06日

マーケティング職求人が多い転職エージェント7選|転職市場

マーケティング職は未経験でも転職ができる場合もあるため、人気のある職業です。未経験からの転職者よりも、やはり経験者の方が有利となることはあります。しかし、資格を取得したり、転職エージェントを活用するなどすることで、転職を成功させることはできます。

マーケティング職求人が多い転職エージェント7選|転職市場

マーケティング職の転職市場

転職活動を行う場合には、まず転職先の職種や業界を決めなくてはいけません。その際に、商品やサービス、またその情報などを消費者に伝えたり、多くの業界で企画やマーケティングの重要度が高いことや、活躍の場が多いことからマーケティング職を希望する人も多いです。

しかし、人気職のため、採用を勝ち取るためにも、しっかりと転職活動の対策が必要となります。

マーケティングの業務内容

マーケティングの仕事は商品やサービスなどを消費者に広く伝えるための企画や戦略を考える華やかなポジションというイメージを持たれることが多いです。しかし、実際のマーケティング職では、経営や営業、商品の企画、商品開発、広告宣伝など、その仕事内容は幅広いです。

そのため、同じマーケティング職であっても会社によって、仕事内容が変わるため、ミスマッチを起こさないように事前に確認が必要となります。

マーケティング職求人が多い

マーケティング職の求人は意外と多いです。これは、上記で述べた通り、マーケティングの仕事の幅が広いため、人手もそれだけ必要になるためです。

また、マーケティングは未経験からの転職が可能であったり、営業職を経験している人が有利になることもあり、転職の職業として選択しやすいということもあります。

なので、マーケティングの求人数が多くても、応募者も非常に多いため、採用までの難易度は高いです。

マーケティング職求人が多い転職エージェント7選

転職活動では転職エージェントを利用する人も増えてきています。しかし、転職エージェントにはいくつも種類があり、それぞれ持っている特徴が異なります。

そのため、転職エージェントを利用して転職活動を行う際には、自分の求める転職条件に適した転職エージェントを利用する必要があります。

1:マーケティング転職.com

転職エージェントにはそれぞれ特徴があります。なので、転職の目的や条件に合わせて転職エージェントを選ぶ必要があります。もしマーケティング職への転職を希望する場合には、マーケティングへの転職に特化した転職エージェントを選ぶと良いでしょう。

マーケティング転職.comはその名前の通り、マーケティング職への転職に特化した転職エージェントとなっています。

2:ビズリーチ

ビズリーチの大きな特徴としては、ハイクラス転職に特化しているということです。マーケティング職への転職を希望する人の中には、経営知識を持った人もおり、すでに大きな実績を挙げている人もいます。

そのような高い能力を持った人は企業に対して高い条件を求めることがあります。このような場合にはハイクラス転職に特化した転職エージェントの利用がおすすめです。

3:JACリクルートメント

JACリクルートメントは大手3大エージェントの1つで、ビズリーチと同様にハイクラス転職に特化した転職エージェントです。JACリクルートメントの持つ大きな特徴として、求職者側と企業側の両方を同じアドバイザーが担当します。

そのため、段取りがスムーズになったり、求職者側と企業側のアドバイザー同士で意見が異なったりなどすることがありません。

4:リクルートエージェント

就職活動や転職活動を始める際には、求人情報の数の多さや、ブランド力、認知度などによって、ひとまずリクルートエージェントに登録をしておくという人は多いです。

また、同様の理由で転職エージェントも、リクルートエージェントを選ぶという人は多いです。

リクルートエージェントには非常に多くの求人情報が集まってくるため、条件に合ったマーケティング職の募集も見つけることができるでしょう。

5:マイナビエージェント

リクルートエージェントと同様に、ブランド力や認知度が高いことから、就職活動や転職活動ではマイナビエージェントに登録するという人は多いです。また同様の理由から、転職エージェントも、ひとまずマイナビエージェントを選ぶという人は多いです。

マイナビエージェントにも非常に多くの求人情報が集まってくるため、条件に合ったマーケティング職の募集を見つけることができるでしょう。

6:ISSコンサルティング

ISSコンサルティングは外資系企業への転職に特化した転職エージェントです。また、ビズリーチやJACリクルートメントと同様に、ハイクラス転職にも対応しています。

なので、マーケティング職への転職だけでなく、外資系企業への転職も条件に入る場合におすすめの転職エージェントです。

7:エリートネットワーク

転職活動を行う際に、正社員を企業に求める条件に含める人もいます。エリートネットワークは正社員専門の転職エージェントとなっています。なので、正社員での採用かどうかを気にすることなく、企業選びをすることができます。

転職エージェントを効果的に活用するためのポイント

転職エージェントではキャリアアドバイザーと面談を行うことができ、その際にマーケティング職への転職を希望していることを相談することもできます。

転職エージェントには転職活動に関する情報が非常に多く集まってくるので、キャリアアドバイザーと相談をしながら転職活動を進めることで、転職を成功に近づけることができます。

なので、転職エージェントをうまく活用することが転職を成功させるポイントとなることもあります。

エージェントが持つ業界の情報を積極的に聞く

上記で述べた通り、転職エージェントには非常に多くの転職活動に関する情報が集まってきます。その情報は求人情報だけでなく、転職活動の傾向や企業情報、業界の情報、転職活動の有利な進め方など、転職活動に役立つ情報が多いです。

そのため、転職の希望職をマーケティング職に絞っているのであれば、転職エージェントからはマーケティング職を募集している企業の情報や、狙い目の業界など、具体的な情報を得るようにしましょう。

志望理由書や自己アピールをしっかり指導してもらう

いくら条件に合う企業を見つけたとしても、採用されなければ転職をすることはできません。なので、面接や履歴書や職務経歴書などの対策はしっかりと行っておく必要があります。

転職エージェントでは応募する企業に合わせた面接対策や、履歴書や職務経歴書の添削などを行ってもらったりなどできます。

特に、履歴書の志望動機や自己アピールの欄は面接でも質問されるため、転職エージェントに内容を相談しておくと良いでしょう。

高圧的にならない

転職エージェントを利用すると、求職者は転職エージェントからするとお客さんとなります。また、キャリアアドバイザーなどの接し方が丁寧なので、求職者側も自分がお客さんという立場であることを強く実感することもあります。

ですが、お客さんであるからと、アドバイザーに対して高圧的な態度を取ってしまうと、良い企業を紹介してもらえなくなったり、丁寧なアドバイスをしてもらえなくなってしまう可能性があります。

こまめに連絡または利用する

転職活動は何ヶ月にも渡って行うことも多いです。その時間の間に、情報や状況はどんどん変わっていきます。なので、条件に合う企業が見つからなくても、翌週には状況が変わるということもあります。

そのため、転職エージェントとはこまめに連絡を取ったり、情報の確認のために利用したりなどをしないと、新しい情報を最新の状態で手に入れられなくなってしまったり、別の人に奪われてしまう可能性があります。

マーケティング職に有利な資格9選

先に述べた通り、マーケティング職は未経験者でも選択しやすい職業となっています。しかし、全くの未経験者よりも、マーケティング職に関する資格を持っている方が転職の際に当然有利となります。

また、マーケティングは幅の広い仕事なので、資格を持っておくだけでも、別の場面で役立つこともあります。そのマーケティング職に有利となる資格にはいくつか種類があります。

1:マーケティング・ビジネス検定

マーケティングに関する知識がなく、1から勉強したいという人におすすめなのはマーケティング・ビジネス検定です。マーケティング・ビジネス検定は業種に関係なく共通して使えるマーケティング知識を習得することを目的とした資格です。

なので、マーケティングに関する基礎知識を身につけることができます。また、マーケティング・ビジネス検定はC級、B級、A級に分かれていて、C級とB級が初心者向けとなっています。

2:ネットマーケティング検定

マーケティング検定もマーケティング・ビジネス検定と同様に、マーケティングの基礎知識に関する資格となります。マーケティング検定ではマーケティングの基本的な概念や価格や製品の戦略、サービス・マーケティングなど幅広い知識が問われます。

マーケティング検定を取得しておくと、マーケティングの基本知識を持っているということで、転職活動を有利に進めることができます。

3:ウェブ解析士

ウェブ解析士はマーケティングの解析ツールを扱えるということを示す資格です。マーケティングでは集めた情報から分析を行い、その分析結果からその後の動きを決めるという流れが多いため、分析は非常に重要となります。

ウェブ解析士に上級ウェブ解析士とウェブ解析士マスターの2つがあります。ウェブ解析士ではウェブ解析の基礎や、収集したデータの活用方法、レポートの作成方法などが問われることになります。

4:Webアナリスト検定

Webアナリスト検定ではGoogleが提供するweb解析ツールであるGoogleアナリティクスを扱うための資格となります。検定内容はGoogleアナリティクスのデータを正しく読み取り、活用するための知識が問われます。

Googleアナリティクスを実務で使う企業も多いため、業務改善を行うために必要な技術となることもあります

5:Google AdWords認定資格

Google AdWords認定資格はGoogle AdWordsに関する知識や能力について検定を行い、Googleが公式にその知識や能力について認定するものです。

Google AdWords認定資格を取得することで、Google partnerバッジやGoogle partnerプレミアバッジを取得するためのサポートができたり、専門知識があることをアピールできます。

6:校正技能検定

校正技能検定は雑誌や書籍などで、誤字や脱字などがないことを確認するために必要な知識や技能を認定するための資格です。

マーケティングでは広告宣伝などの仕事を行う場合もあります。そのため、原稿と校正紙を引き合わせたり、広告資料の誤字や脱字を確認したりすることもあります。なので、校正技能を持っていることを転職活動でアピールすることができるようになります。

7:Webライター技能検定

マーケティングでは広告宣伝の仕事を行うこともあります。その広告宣伝ではホームページやサイトへの掲載など、ネットでテキストを書くこともあります。

WEBライティング技能検定はWebライターとして初心者程度の技能を持っているということを認定するための資格です。初心者レベルなので、一般常識で解ける問いも多く、難易度はそれほど高くありません。

8:中小企業診断士

中小企業診断士の資格を取得しているということは、企業の経営に関する知識を取得しているということになります。経営の知識を持っているということは、商品やサービスの成長のさせ方も把握していることになります。

また、マーケティングに関わらず、経営知識はキャリアアップや独立などにも非常に有効な知識となります。

9:MBA(経営学修士)

マーケティングの仕事を行ううえで、非常に効果的で実践的な知識を身につけるのであれば、MBAがおすすめです。MBAでは商品やサービスが売れる仕組みについての知識や、マーケティング理論、分析手法などを身につけることができます。

そのため、基礎的な知識だけでなく、実践向きの応用力も身につけることができます。

マーケティング職に転職してみませんか

マーケティング職は未経験でも転職ができることもあるため、人気のある職業です。しかし、未経験からの転職者よりも、やはり経験者の方が有利となってしまうことはあります。

ですが、資格を取得しておいたり、転職エージェントをうまく活用したりなどすることで、マーケィング職への転職を成功させることができます。なので、転職活動をする際には、マーケティング職への転職も検討してみましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related