Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月06日

エグゼクティブ層とは|転職を成功させる5つのポイント

エグゼクティブ層という言葉を聞いたことがありますか。最近では転職市場でよく聞くエグゼクティブ層とはどういった人材を指すのでしょうか。ここではエグゼクティブ層とは何か、ハイクラス層との違い、エグゼクティブ層の転職を成功させるポイントなどをみていきます。

エグゼクティブ層とは|転職を成功させる5つのポイント

エグゼクティブ層とは

エグゼクティブ層という言葉を聞いたことがありますか。エグゼクティブ層とは、人材業界で使用されている言葉ですがどういった人材を指しているのでしょうか。

ここでは、エグゼクティブ層とはどういった人材なのか、エグゼクティブ層とハイクラス層との違いとは何かについてみていきます。

エグゼクティブ層とハイクラス層の違い

エグゼクティブ層とハイクラス層の違いははっきりしていません。ハイクラス層は求人サイトで年収800~1000万円以上を指すことが多いですが、特別定義はないです。また年収が高い場合役職も高くなる傾向があり、実際はエグゼクティブ層とハイクラス層はかぶっている場合も多いです。

あえて違いをいえばハイクラス層は年収で仕分けするのに対しエグゼクティブ層は経営者や取締役など役職が高い層をいうと指す違いがあります。

エグゼクティブ層の定義

人材業界においてエグゼクティブ層とは、明確な定義はありませんが、エグゼクティブ(executive)とは「実行する、実行力のある」という意味で、それから派生して役員や経営者といった人材を指しています。

一般的にエグゼクティブ層といえば、CEOやCOOなどの経営幹部層といった高い地位の役職者を指します。エグゼクティブ層はたいてい高年収ですが、年収が高いだけではエグゼクティブ層ではないということです。

ハイクラス層の定義

ハイクラス層の定義は、前述のように年収800~1000万円以上の高給の方を指します。この年収については、求人サイトによって年収いくら以上という点は解釈が違っています。

役職が高い方もハイクラス層としているケースもあるでしょうが、転職エージェントの多くは年収の違いによってハイクラス層と区別していることが多いです。

エグゼクティブ層の転職が増えている5つの理由

最近では、エグゼクティブ層の転職市場が拡大しています。ではなぜエグゼクティブ層の転職が活発化しているのでしょうか。ここでは、エグゼクティブ層の転職が増えている理由についていくつかご紹介します。

理由1:新規企業の増加

エグゼクティブ層の転職市場拡大の原因に新規企業の増加があります。ここ数年、株式会社設立件数は増加傾向にあります。リーマンショックの平成21~22年のとき株式会社設立件数は落ち込むものの平成22年以降は増加の一途をたどっています。

企業数が増えていくことによって役職の高いエグゼクティブ層は増えていきます。そして、ベンチャー企業の場合には経験値が高いエグゼクティブ層を引き入れる傾向があります。

理由2:既存企業の拡大

エグゼクティブ層の転職市場拡大の原因に既存企業の拡大が挙げられます。既存企業がグローバル化によって海外進出する、企業が新たな分野に事業を拡大するなどの場合にリーダー的存在が必要になります。

その場合には、エグゼクティブ層の採用が必要になってきます。これまでの事業だけでは生き残ることが厳しい現代ならではの需要だといえます。

理由3:海外進出

エグゼクティブ層の転職市場拡大の原因に、海外進出が挙げられます。会社が海外進出する場合には、海外進出に向けてのグローバル人材を獲得したい、社運をかけた海外進出にふさわしいリーダーが欲しいとなることでしょう。

そのため、企業が海外進出する場合には即戦力となるエグゼクティブ層が求められます。企業のグローバル化により、海外進出が必要で、その矛先はエグゼクティブ層の獲得に向かうということです。

理由4:後継者不足

エグゼクティブ層の転職市場拡大の原因に、後継者不足ということが挙げられます。国内企業では約3分の2にあたる企業が後継者不在となっている現状があります。

現在では後継者として身内や社内選出が難しい現状があり、そのため外部から経営者を選出したいという需要が高まっています。後継者不足の企業では後継者となるに値する経営者を、エグゼクティブ層の転職市場に求めているということがいえます。

理由5:M&A

エグゼクティブ層の転職が増えている理由にM&Aの件数が増加していることが挙げられます。最近ではよく聞くようになったM&Aですが、その件数は年々増加傾向にあります。

M&Aで買収や合併した場合には、外部から経営者を採用することもあり、代表取締役など役員をエグゼクティブ層から採用するケースが増えています。よって、M&Aの増加がエグゼクティブ層の転職市場を活発化させる原因となっています。

エグゼクティブ層が転職を成功させる5つのポイント

エグゼクティブ層が転職する場合には、通常の求人を探していてもうまくいきません。では、エグゼクティブ層が転職を成功させるためにはどういったことをしなければならないのでしょうか。

エグゼクティブ層が転職を成功させるためにはポイントがいくつかあります。ここでは、エグゼクティブ層が転職を成功させるための5つのポイントについてご紹介します。

ポイント1:現職での成果

エグゼクティブ層が転職を成功させるためには現職の企業で実績が必要です。実績とは目標としている数値を達成し続けるということであり、特に社内外へ名声が届くようなことをするということではありません。大切なのは現職での目標値達成という成果です。

営業職であれば売り上げのノルマ達成ですし、開発ならプロジェクト成功と一つ一つの結果を残すことを目指します。するとヘッドハンターの目にとまり転職への道が開けてきます。

ポイント2:スキル形成

エグゼクティブ層が転職を成功させるためには、目に見えるようなスキルを形成することです。それまでの実績はもちろん大切ですが、その業種に関する専門的スキルを習得しておくことはエグゼクティブ層の転職では重要になってきます。

ただ単に難易度の高い資格取得だけでなく、実務でもそのパフォーマンスを発揮できるようにしなければなりません。特に実際の仕事に役立つスキルをきちんと形成しておきましょう。

ポイント3:資格取得

エグゼクティブ層が転職を成功させるためには資格取得も有効です。前述のように、ただ難易度の高い資格を持っていても内容が伴っていなければ役には立ちません。しかし、自分が専門とする分野における資格取得をしておくことはあなたの価値を高めます。

それまでの経験によりスキルは形成されていきますが、それに加えてその分野の資格取得をしておくことはエグゼクティブ層の転職を成功させる手助けとなります。

ポイント4:社内での人脈形成

エグゼクティブ層が転職を成功させるためには社内における人脈形成も重要になってきます。社内における良好な人間関係を構築でき、人脈形成できるということはエグゼクティブ層として必要な資質を備えていることになります。

また、身近な先輩や上司との関係構築は自分が独立をした際にとても大きな武器になりますし、好条件でヘッドハンティングされる可能性が高まります。

ポイント5:社外での人脈形成

エグゼクティブ層が転職を成功させるために社外での人脈形成も重要です。社内以外に取引先などの社外との関係構築がきちんとできるということは、社外でも優秀な人材であるということのアピールになります。

ヘッドハンティングではそれら社外の情報を得ている場合もあり、好条件な転職につながる可能性があります。エグゼクティブ層の転職は、その業界全体における評判がとても大事になってくることをよくおぼえておきましょう。

エグゼクティブ向け転職エージェント5選

ここまでエグゼクティブ層とは何か、エグゼクティブ層の転職を成功させるためのポイントをみてきました。エグゼクティブ層の転職は一般的な転職と違った資質や準備が必要であることがわかっていただけたでしょう。

そこで、エグゼクティブ層の転職に利用したいのがヘッドハンティング型の転職エージェントです。ここではエグゼクティブ層向けの転職エージェントを5つご紹介します。

リクルートエージェント

エグゼクティブ層の転職におすすめの転職エージェントにリクルートエージェントがあります。リクルートエージェントは転職業界の最大手であり、利用者の99%が満足しているという転職エージェントです。

非公開求人含め求人数が多く、日曜でも面接可能なところも多いです。

JAC Recruitment

エグゼクティブ層の転職におすすめの転職エージェントにJAC Recruitmentがあります。JAC Recruitmentは外資系企業などへのグローバル転職に特化した転職エージェントです。

また、コンサルタントの質が高く、特にエグゼクティブ層には適しています。ただし、人材としての市場価値が低い場合には案件を紹介してもらえない可能性がありますので要注意です。

ビズリーチ

エグゼクティブ層の転職におすすめの転職エージェントにビズリーチがあります。ビズリーチは、テレビCMにも力を入れており国内有数のエグゼクティブ層向け転職サービスです。

ビズリーチは管理職をはじめグローバルな人材をターゲットにしており、エグゼクティブ層の転職にも最適な転職エージェントです。また、ヘッドハンティングのほかに企業からの直接スカウトも受けることができます。

キャリアカーバー

エグゼクティブ層の転職におすすめの転職エージェントにキャリアカーバーがあります。キャリアカーバーは業界最大手リクルートキャリアが運営するヘッドハンティング型転職エージェントです。

レジュメ(履歴書や職務経歴書)を登録することで、それを閲覧したヘッドハンターからスカウトを受けるシステムとなっています。このレジュメは匿名で採用企業には見られることなく採用担当者に気遣うことなく要求を書くことができます。

DODA

エグゼクティブ層の転職におすすめの転職エージェントにDODAエグゼクティブがあります。同社運営のDODAエージェントサービスの中でも特に年収1000万円以上の非公開求人を中心に紹介しているのがDODAエグゼクティブです。

DODAエグゼクティブはヘッドハンティングとは違って、専属の転職エージェントが担当し案件を紹介してくれますので、キャリアプラン形成などの相談にも対応してくれるという特徴があります。

エグゼクティブ層の定義を理解しましょう

いかがでしたか。エグゼクティブ層とは経営者などの高い役職の方を指すことがわかりました。エグゼクティブ層という言葉は最近ではよく聞く言葉ですので、その定義を理解しましょう。

また、エグゼクティブ層の転職にはエグゼクティブ層向けの転職エージェントが有益ですのでエグゼクティブ層の転職を目指す方は転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related