Search

検索したいワードを入力してください

キャラクターデザイナーの就職彩と活躍の場5選|資格と将来性

初回公開日:2019年04月19日

更新日:2019年04月19日

記載されている内容は2019年04月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

近年、キャラクターデザインの仕事は活躍の場が多岐にわたります。こちらの記事では、キャラクターデザイナーの仕事を検討されている方、この分野について詳しい知識を集めたい方などへ向けた情報を掲載しています。クリエイティブの世界での活躍を目指してみませんか。

キャラクターデザイナーの就職彩と活躍の場5選|資格と将来性

キャラクターデザイナー

現代の日本には、キャラクターデザインを行う仕事の需要がたくさんあります。ポップなキャラクターや、ユーモラスなキャラクターを始め、漫画風のキャラクターやマスコットキャラクターなど、キャラクターデザインの在り方はさまざまです。

キャラクターデザイナーは昨今人気の職業です。可愛いキャラクターが描ける、魅力的なキャラクターを生み出せる、そうした人材にはキャラクターデザイン職に就くチャンスがあります。

キャラクターデザイン(キャラデザ・キャラ設定)

キャラクターデザインには、デザインそのものに加え、キャラクターの詳細設定が含まれます。どのような性格のキャラクターなのか、特徴があるか、特性があるかなどを考えることは、デザインしたキャラクターに魅力を付与します。

基調となる色彩や、服装、見た人に与える印象など、細かなところを練り込まれたキャラクターを制作できることは強みとなります。工夫を凝らしたキャラクターデザインには、命が吹き込まれます。

キャラクターデザイナーの将来性

日本ならではの「カワイイ」キャラクターや、ユーモラスなキャラクターなどは国際的にも高い評価を得ており、実力のあるキャラクターデザイナーの将来性は広い世界へ繋がっています。

ゲームやアニメのキャラクターは、海外でも驚くほどの人気があります。また、国内での良質なキャラクターデザインの需要は高く、サブカルチャーだけではなく、広告、デザイン事務所などからも求められていますので、活躍の道は開けています。

キャラクターデザイナーの就職先と活躍の場5選

キャラクターデザイナーの就職先、活躍の場は、昨今広く開かれています。もちろん、一定水準以上の制作力が必要となりますので、しっかりと能力を鍛え、仕事への応募に臨みましょう。

キャラクターデザインの仕事に就きたいと望む方々は多く、その中でもキラリと輝いて職に就くためにも、求められる仕事の場について確認しておきましょう。

キャラクターデザイナーの活躍の場1:ゲーム会社

キャラクターデザインの能力を活かせる職場の一つに、ゲーム会社が挙げられます。コンシューマーゲーム機やモバイルゲームなど、近年ゲーム業界は大変賑わっており、キャラクターデザインの重要性も高まっています。

ゲーム会社で求められるキャラクターデザインには、漫画風のキャラクターやマスコット風のキャラクター、デフォルメキャラクターなど、ユーザーの心を掴む魅力が必要となります。希望する方の多い職種です。

キャラクターデザイナーの活躍の場2:アニメプロダクション

キャラクターデザインの能力が求められる現場の一つに、アニメプロダクションが挙げられます。企画の段階から制作を始めるアニメの場合、キャラクターデザインを行う人材が必要となります。

既存の漫画などの原作ベースで進行するアニメとは異なり、アニメプロダクション主体で制作されるアニメでは、脚本家や監督の意向を反映されたキャラクターを考案しなくてはなりません。実績のあるアニメーターの方がよく務められます。

キャラクターデザイナーの活躍の場3:デザイン事務所

キャラクターデザインの能力が活かすには、デザイン事務所に籍を置く道があります。日本特有のポップなマスコットキャラクターなどは、制作できる人材に多くの仕事の機会をもたらします。

企業や団体を象徴するマスコットキャラクターなど、依頼を受けての制作は、依頼者の要望を満たすものを編み出す必要があります。クリエイティブな能力に加え、リテイクに耐え得る気力と要望の解釈力が試される現場です。

キャラクターデザイナーの活躍の場4:広告代理店

キャラクターデザインのスキルを活かせる職場の一つに、広告代理店があります。ポップなキャラクターを始め、最近ではアニメ風のキャラクターを広告に使用するケースも現れてきています。魅力的なキャラクターを制作できるようになって、可能性の扉を叩いてみましょう。

キャラクターデザイナーの活躍の場5:玩具メーカー

魅力あるキャラクターのデザインスキルが求められる職場の一つに、玩具メーカーがあります。玩具メーカーで需要のあるキャラクターのデザインバリエーションは幅広く、新規発表のおもちゃに込められた企画の内容をデザインに反映させる力が必要となります。

日夜大量のおもちゃが店頭に並ぶ昨今においても、ひときわ輝く、子どもさんの心を掴むキャラクターをデザインできたなら、職場では大変重宝されることでしょう。

キャラクターデザイナーになるには?

キャラクターデザイナーになるためには、まずはクリエイティブな実力を確実に身につける必要があります。イラスト制作系の専門学校へ通うことも一計ですが、独学でデザイン力を磨き、実力が備わっていたなら、十分採用の可能性があります。

キャラクターデザインの仕事には、クリエイティブ系の学歴は必須項目ではありません。ただ、社会人としてのビジネスマナー、リテイクに耐え得る忍耐力は備えておきましょう。

キャラクターデザイナーの給料と年収

キャラクターデザイナーの給料と年収は、実力勝負の側面がある職業ですので、能力次第で反映される値が異なります。平均的な収入額は、給与は月25万円前後から40万円前後、年収300万円から500万、600万円前後の職場が多くあります。

また、キャラクターデザイナーとして知名度が上がった、人気キャラクターデザイナーになったといった展開した場合、当然報酬額は増えます。フリーランスで仕事を請け負う道もあります。

キャラクターデザイナーの適性

キャラクターデザイナーには、魅力的なキャラクターの制作力に加え、企画者の意図を聴き取り、的確にデザインへ反映する能力が求められます。また、リテイクの指示が重なることも多く、その際にも忍耐力を発揮し、よりデザインの質を高める底力が必要です。

さらにはキャラクターデザインの納期を確実に守らなくてはなりません。その上で社会人としてのビジネスマナーを身につけた、そうした方は最高の適性となります。

キャラクターデザイナー志望動機

キャラクターデザイナー職を目指す方の志望動機は、自身の才能を生かしたい、クリエイティブな世界で仕事をしたいなど、さまざまです。キャラクターデザイナーは、ほのかに夢がある職種の一つです。志望される方の中には、ほんの少し夢をみすぎの状態も見受けられます。

キャラクターデザイナーは、場合によっては厳しい要求を突きつけられる仕事です。けれど夢を抱いた志望動機が、きっと乗り越える力を奮い立たせてくれます。

キャラクターデザイナーの勤務時間と休日の生活

キャラクターデザイナーの勤務時間は、通常のお勤めの方とそれほど変わらず、8、9時間前後の勤務で土日は休みといったところが多くあります。ただその他に、アニメプロダクションなど過密スケジュールで動く職場もあり、ハードな勤務を余儀なくされる場合もあります。

また、キャラクターデザイナーとして実力を磨き続ける必要があり、休日にも制作力のアップを目指して画力向上などの勉強に時間をあてる方もいらっしゃいます。

キャラクターデザイナーの求人や需要

キャラクターデザイナーとして実績のある方の需要は高く、多くの求人があります。もちろんそれだけではなく、魅力的な画力、創造性を持つ方には活躍の場が開かれています。

人気のゲーム業界などでも、あまり多くはありませんが、未経験でも応募可能な募集がかけられます。どのような世界でも、実力のある方は求められます。イラストレーターや漫画家としての経歴を積まれた方が、現場に抜擢されることも多くあります。

キャラクターデザイナーの転職状況と未経験採用

キャラクターデザイナーへの転職は、実績を積まれた方が多く採用されており、未経験採用の機会も十分開かれています。たくさんの求人の中から、採用される可能性のあるところを見つけましょう。

どんなプロの方でも、最初にはアマチュアの時代があります。制作スキルが高い方には、現場に飛び込んで行ける可能性があります。

キャラクターデザイナーの学校と学費

キャラクターデザインの仕事に繋がる学校には、クリエイティブ系の専門学校などがあり、学費は総額130万円から300万円前後を見ておく必要があります。

学費の安さは、必ずしも授業の質に比例するものではありません。プロの世界で活躍する方が講師を務められたりと、身になる経験を積むことができるでしょう。キャラクターデザインに必要な、イラスト制作の基礎的な能力を、通学によって高めてみてはいかがでしょうか。

キャラクターデザイナーとして活かせるおすすめの資格3つ

キャラクターデザインの仕事を請け負うに際し、取得しておくことが有効な資格をご紹介します。資格の内容が仕事に反映される他、スキルの証明にもなりますので、おすすめです。

こちらでお伝えする画像編集ソフトの認定資格と色彩の検定は、キャラクターデザインの業務遂行に役立つ、優良な資格です。キャラクターデザインの職を求めるにあたり、信頼性のあるこれらの資格を取得してみてはいかがでしょうか。

資格1:Illustrator®クリエイター能力認定試験

キャラクターデザインの仕事を請け負うに際し、Illustratorクリエーター能力認定試験の資格を取得しておくことは、技能の一つの証明となります。Adobe社の製品、画像編集ソフト「Illustrator」を扱うスキルを試す資格です。

「Illustrator」は多くのクリエイティブ系分野で使用されるソフトウェアであり、使いこなせるように勉強しておくことで、デジタル画像についての知識も身につきます。

資格2:Photoshop®クリエイター能力認定試験

近年、キャラクターデザインの仕事には、デジタル画像の扱いを必要とされることが多く、Photoshopクリエーター能力認定試験の取得は、そのスキルを証明します。

「Photoshop」は前述の「Illustrator」と同じく、Adobe社製の画像編集ソフトウェアで、クリエイティブ系の現場で広く用いられます。クリエーターとして、使いこなせるようになっておきたいソフトの一つです。

資格3:色彩検定

キャラクターデザインに活かせる資格に、色に関するセンスを高めることのできる色彩検定があります。カラーコーディネーターの方などが必要とする知識を深められ、色彩についてのあらゆる要素を学ぶことができます。

キャラクターをデザインするに際し、そのカラーバランスは重要です。色彩検定の学びを活かせる職種は幅広く、色彩講師、ウェブデザイナー、美容師など、多くの方が受験されています。

キャラクターデザイナーについて理解を深めて挑戦してみよう!

キャラクターデザインの才能は、たくさんの現場でフルに活かせる可能性があります。可愛いキャラクター、クールなキャラクター、魅力あふれるキャラクターなどを、世に送りだせる能力は貴重です。

せっかくの豊かな能力をお持ちでしたら、キャラクターデザインに関する知識を深め、需要のある職場へ赴き、挑戦してみてはいかがでしょうか。努力をもってデザイン能力を高め、愛されるキャラクターを世界に向けて発信しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related