Search

検索したいワードを入力してください

アパレルで働くのに年齢は関係あるのか|有名なブランド3選

初回公開日:2019年03月14日

更新日:2019年03月14日

記載されている内容は2019年03月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アパレルで働くのであれば多少の年齢制限は仕方のないことなのでしょうか。それでは何歳ならば可能なのか、何歳くらいからは難しいのかについて書いています。また年齢層ごとに有名なブランドやアパレルで働くために持っておくといい資格なども合わせて説明しています。

アパレルで働くのに年齢は関係あるのか|有名なブランド3選

アパレルで働くのに年齢は関係あるのか

大手のアパレルで働くのであれば 多少なりとも年齢制限は仕方のないことでしょう。それでも小さなアパレルショップなどでは、そのお店のコンセプトに合った人であれば、年齢の幅は広がっていきます。

しかしショップの店員となると、どうしても若い人のイメージがあります。それでは何歳ならば可能なのか、何歳くらいからは難しいのかについてお答えしていきます。

ターゲット層やコンセプトによる

ショップのターゲット層によって、募集する店員の年齢も関係していきます。例えば、ショップで取り扱うファッションが20代向け30代向けのお店なら、ショップの店員は若い方が多くなるでしょう。年齢が近ければ、お客さまが店員に話したり相談しやすくなるからです。

大手のデパートの30代40代向けの落ち着いたお店であれば、ショップ店員も落ち着いた人が良いでしょう。

募集要項によって異なる

募集要領の内容をよく読むことも必要です。自分に合ったコンセプトのお店なのかが、ショップ店員には必要になるでしょう。また正社員なのかアルバイトなのか、自分の働きたい時間帯なのかなども募集要領より読み取ります。

募集項目の内容により年齢層も変わります。

・店長(アパレル)
・ショップスタッフ
・バイヤー
・デザイナー

最初はアルバイトのショップスタップからでも始め、自分の目的を持った仕事を目指しましょう。

年齢層ごとで有名なブランド3選

ファションは年齢層によりさまざまに変わっていきます。下記では、年齢層別に人気のあるファッションブランドの3選をご紹介します。

どんなブランドを選ぶことが大切なのか、どんなファッションがどの年齢で流行っているのかを知っておくのは大切なことです。アパレル業界の流行りは、毎年目まぐるしく変化しています。

20代:The Virgnia

The Virgnia(ザ・ヴァージニア)の コンセプトとして掲げるのはラグジュアリー感です。20代でもどこか大人の雰囲気をもち、ラグジュアリーな日常のイメージを漂わせる女性をコンセプトにしています。

新しい出会いを求めている、大人になりたい女性の毎日をよりドラマティックに表現してくれるブランドになります。20代の女性でも、芯の強いこれからの女性のコンセプトを強く持つブランドです。

30代:TOMORROWLAND

30代になるとまた上のランクを目指してみたくなります。TOMORROWLAND(トゥモローランド)は、個性あるスタイルを持つファッションナブルなデザインをメインにしています。ファッションに自信を持っている人におすすめです。

あなたのファッション性を重視した装いを試すには、もってこいのアパレルショップになります。どちらかといえば30代の優雅な女性をファッション的にイメージしたブランドです。

40代:NIMES

NIMES(ニーム)は、フレンチカジュアルをベースに、爽やかで柔らかいイメージを持つブランドです。この年齢になると家族を持つ方が増えてきます。自由が丘や代官山などでもオシャレな奥様方に人気のアパレルショップです。

家庭の中にいても、オシャレを忘れない女性、ちょっとしたモノにもこだわり感のある女性が憧れるブランドです。コンセプトは自然の中にもある爽やかなイメージの女性とでも言うものでしょう。

アパレルで働くために持っておくといい資格

アパレル業界とは、新しいファッションの知識や自分自身のセンスが問われるお仕事といっても過言ではありません。

年齢層によっては、資格をとる勉強をしておくことも必要になるでしょう。自分にとって、これからどんな資格が必要になるのかを知っておくことが大事です。

年齢を重ねてもアパレルの仕事を続けていくために、持っておきたい資格をご紹介しいたします。

ファッションビジネス能力検定

アパレルを一生の仕事して考えているのであれば、自分のスキルために必要な能力検定です。ファッションビジネス能力検定は、人材育成やファッションまたはマーケティング戦略、働く会社の会計などの全体的な技能や知識を問う検定試験です。

年齢に合った責任のある仕事につくことで、自分のステイタスになるための能力検定といえるでしょう。

・試験時期 2、3級は年2回(夏と秋)、1級は年1回(冬)
・受験資格 どれからも受験可能

リテールマーケティング

リテールマーケティングは少し難しいです。それでも商品などの販売をブロデュースをすることができるようになるには、リテールマーケティングはとても重要な資格試験になります。

販売技術や接客技術など、またお店の在庫管理やマーケティングに始まり経営管理など幅広く実践的な専門知識を身につけことができる資格です。流通・小売分野などでの公的資格にもなります。

ファッション販売能力検定

ファッション販売能力検定は、アパレルにおける接客技術や販売力、そしてショップ運営などに必要になる知識や能力向上を目的としています。やはり販売スタッフを管理する立場になった時に持っていると役に立つ資格でしょう。

スタッフや店舗管理・運営に関する勉強をしておくことにより、これからの責任者の育成を目指すことができる検定試験になります。

・試験時期 2、3級は夏冬2回、1級は冬のみ
・受験資格 どれからも受験可能

アパレルで働いていく中での不安

最初はこの店のファションが好きだったからと、アパレル販売の仕事を選ぶことが多いことでしょう。アルバイトで終わるのならば良いのですが、正社員になってアパレルの仕事を長く続けていくには、販売だけでは将来の不安などの問題なども出てくることもあります。

大切なのは、自分のファションセンスについて、またどんなアパレルの職種に就きたいのかの目標を立てておくことも必要になります。

年齢を重ねるとブランドが合わなくなる

年齢を重ねると、大好きだったファッションブランドが どうしても自分の年齢と合わなくなってきてしまうということがあります。

ショップスタッフして無理が出てきてしまった時、それを契機に自分をワンランク上のお仕事へステップアップするチャンスと考えましょう。

ファッションビジネス能力検定など、資格検定を受けてみることも大切なことでしょう。

出産後も働けるのか不安

アパレル業界では、やはり結婚や出産をきっかけに転職を考えることが多いです。長年アパレルの仕事を続けていきたいと考えるのではあれば、正社員から契約社員という選択や、時短勤務をするといった方法もあります。

できれば産休や育休制度がしっかりとしている大手の企業の選択を考えておくことも必要でしょう。

キャリアアップが難しい

アパレル業界への入り始めはさほど難しくはありません。アパレル販売員からステップアップするためには、自身のキャリアが大切です。また仕事における人間関係もとても大切になることでしょう。

年齢が合わなくなってきた、また産後などでどうしても休職をする場合などは、転職を視野に入れておくことも考えましょう。

新しい職場では、本格的に勉強し習得してきたスキルを上手に利用することも一つの手になります。

お洒落の勉強をしておけば何歳でも働ける

アパレルの仕事は、ショップの店員だけではありません。アパレル界に関わる仕事はプロの手によって作り上げられいます。

一見すると華やかな仕事ですが、接客業だけでなく、そのお店のデザイナーからアシスタントデザイナー、また営業や店舗管理など、ファッション業界ならではの各職種があります。

お洒落の勉強しておけば何歳でも働けますので、自分自身がどのようにアパレルと関わっていきたいかを考えることです。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

今回はアパレルについて、年齢制限があるのかということを説明しました。

大好きなショップの年齢が合わなくなってくることがあります。アパレル関係の職種に関する資格などの勉強をすることをお勧めします。アパレルのことなら下記の記事で詳しいことが説明されていますのでご参照ください。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related