Search

検索したいワードを入力してください

2017年05月22日

プレイングマネージャーに関する本の紹介|転職方法・研修の内容

プレイングマネージャーという職種をご存知でしょうか。プレイングマネージャーは企業を支える中間管理職の一種です。プレイングマネージャーに関するおすすめの本やプレイングマネージャーになるためのポイントや転職情報などをご紹介しています。

プレイングマネージャーに関する本の紹介|転職方法・研修の内容

プレイングマネージャーとは

プレイングマネージャーという職種をご存知でしょうか。プレイングマネージャーとは、中間管理職の一種で、自分で率先して売上や利益得を上げるプレーヤーとして活躍する人のことです。また、自分と同じように活躍できるように人材の育成や指導を行うための管理職としても役割を果たします。

プレイングマネージャーに求められるスキル

プレイングマネージャーになるにはどうしたらいいのでしょうか。気になる方もいらっしゃるでしょう。プレイングマネージャーになるには、主に3つのスキルが求められます。早速チェックしてみましょう。

その1:チームで仕事ができること

プレイングマネージャーに必要なこと、それは”協調性”です。協調性がない人はチームで仕事をすることができない人が多いです。そのため、プレイングマネージャーに求められるスキルとして、一番大きいのがチームでの仕事です。プレイングマネージャーは中間管理職の一種ですが、普通の一般的なマネージャーと違う点は、チームのサポートもしますが、率先してチームに参加し、仕事をすることができることが求められます。

その2:決められた目標が達成できること

決められた目標をどんな形でもいいので、達成することができることをプレイングマネージャーには求められます。やはり自ら率先して行動をし、企業の売上や利益に繋がるような目標を掲げられるような人がふさわしいといえるでしょう。しっかりと目標を定め、それに向かって前進していく力が必要になります。

その3:問題を分析・解決できること

プレイングマネージャーには仕事ができることも大切なのですが、一番重要なのが問題にぶつかった時にその問題がどんなことが原因で前に進まないのか、分析をしてその問題を解決へ導くことができることも求められるスキルの一つです。問題にぶつかった時こそ、指導者のちからが試されるといってもいいでしょう。

プレイングマネージャーの役割とは

プレイングマネージャーの役割とはどんなことでしょうか。仕事内容としては、自分から率先して仕事をし、さらに利益を上げるために人材の育成を行う場合もあります。では、会社にとってのプレイングマネージャーの役割をチェックしてみましょう。

その1:会社の業績をあげるため

会社の利益や売上をあげるために率先して様々な戦略を計画して売上を伸ばすために人材の育成をしています。プレイングマネージャーの基本の仕事といってもいいでしょう。

その2:部下たちからの信頼を得る

プレイングマネージャーは気弱ではやってはいけません。なぜなら、大半の人はわざわざ気弱なリーダーに付いていこうとは考えないでしょう。プレイングマネージャーは、自分の発言に自信を持っている人には向いているといえる職種でしょう。

その3:一人一人を大切にすること

部下たちはプレイングマネージャーに嫌われたり、いじめられると信頼を失います。そのため、一人一人を大切にできるプレイングマネージャーは好かれます。人は、自分を理解してくれる人、好意を持ってくれる人に対しては、信頼をしてくれます。プレイングマネージャーは人を大切にする役割もあるのです。

プレイングマネージャーの悩み

プレイングマネージャーは人とコミュニケーションを取り、チームをまとめ上げることをするのですが、実はこの『人をまとめる』ということが意外にも難しいのです。さらには、月の売り上げや利益を気にするあまり、仕事がうまく手に付かないという悩みを持つプレイングマネージャーもいます。

確かに人は一人一人が同じ人というわけではありません。考え方も違えばコミュニケーション力も皆違います。そのため、チームが時としてバラバラになったりうまくまとまらないこともあります。どうしたらチームをまとめられるのかを考えるのもプレイングマネージャーの仕事の一つなのですが、この悩みでプレイングマネージャーを辞めたいと考えている人も少なくはありません。これは非常に難しい問題ともいえますし、人の扱い方を学ぶいい機会でもあります。

そんなプレイングマネージャーの悩みを解決して、さらにはコミュニケーション術などプレイングマネージャーの仕事で役立つような、評価の高いノウハウ本を読んでみましょう。次の項目でご紹介しております。ぜひ役に立てていただければ嬉しいです。

プレイングマネージャーに関する本の紹介

プレイングマネージャーに関してはたくさんの本が出ています。その中でも特に評価が高くおすすめの本をご紹介いたしましょう。

プレイングマネージャーへの転職

現在は中間管理職に就職するという人はあまりいないといわれています。もし、プレイングマネージャーに転職してみたいと思うのなら、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。まず、プレイングマネージャーの適正としてはチームでの仕事をしていて、プロジェクトマネージャーやチームリーダーなどチームをまとめられる人、教える立場にいた人が向いているでしょう。

また、教えるのが好きな人や率先して自分で仕事をすることが好きな人にもプレイングマネージャーは向いている傾向にあります。さらに、プレイングマネージャーを経験することによって、人材の育成スキルや人の動かし方というものを学ぶ良い機会にもなります。プレイングマネージャーは一見難しい職種ではありますが、人と関わることが好きな人や仕事の戦略を考えるのが好きな人にとっては、楽しい仕事になることでしょう。みんなで達成した目標というのは何にも代えがたい喜びが待っているはずです。

プレイングマネージャー研修の内容

プレイングマネージャーについて学びたい。プレイングマネージャーになるために勉強がしたい。そんな人におすすめなのが、プレイングマネージャーの研修です。プレイングマネージャー向けの研修が様々な企業で行われているので、興味がある方はぜひ出かけてみてはいかがでしょうか。

プレイングマネージャーの研修の主な内容は、『プレイングマネージャーとして必要なスキルについて』や『人材育成のメンバーをよく知ること』などの内容を勉強することができます。また、マネジメントの実践プランや演習などもあるので、プレイングマネージャーを目指したい人にはおすすめの研修といえるでしょう。

プレイングマネージャーは企業を支える人

いかがでしたでしょうか。プレイングマネージャーがどんな職種なのか分かりましたでしょうか。プレイングマネージャーは中間管理職の為、現在はあまりプレイングマネージャーになりたがらない人もいます。しかし、責任感のある仕事やチームでの仕事がしたいと考えている人にはぴったりの仕事と言えるのではないでしょうか。もちろん、人と関わることやコミュニケーションを取ることが好きな人にとっても、楽しい職場となるでしょう。

また、人をまとめることによって、どう人と関わっていけば良いのか。という人間関係に役立つようなこともプレイングマネージャーでは学べる機会が多いです。結果的にプレイングマネージャーを経験した人は、人の動かし方を知っているので、例え他の職種に転職したとしても、店長候補や同業職でもやっていけるような人になれるのです。

様々な戦略や人材の育成によって支えているプレイングマネージャーは、まさに企業の柱といっても過言ではない職種だといえるでしょう。プレイングマネージャーに興味がある方は、この機会に目指してみてはいかがでしょうか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related