Search

検索したいワードを入力してください

資格なし転職が不利な理由|20代〜50代年齢別の資格なし転職事情

初回公開日:2017年05月27日

更新日:2017年05月27日

記載されている内容は2017年05月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

現在転職をお考えのみなさんの中にも資格なしということで不安に思っていたり、自信のない方などがいらっしゃるのではないでしょうか?今回は資格なしの方でも転職を前向きに検討できるように、いろいろとご紹介していきたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

資格なし転職が不利な理由|20代〜50代年齢別の資格なし転職事情

資格なしの転職が不利な理由

転職活動を経験された方の中には、資格あり、資格なしで待遇が違った、などの経験がある方、また、資格なしのために転職を諦めた方などいらっしゃるのではないでしょうか。

一般的にも資格なしの転職は不利だといわれています。そのため、まず最初に資格なしの転職が不利といわれる理由についてご紹介です。理由がわかることによって対策などもしっかりとることができます。資格がない人の転職がふりかどうかについて紹介していきます。

資格なしの場合求人が少なくなる

“○○の資格を所有している”などが募集条件にあった場合は、その資格を持っていないということだけで、募集条件を満たすことができません。そのため少なからず資格ありの方と、資格なしの方では求人案件の数に差が出てしまうことはあるといえます。

また現在では、“高卒以上”などの求人が数多く存在しているため、資格なしの方が転職する際には不利に思われる(求人の数が減ることによって)方も多いです。

転職への自信を持てない

これはご自身の問題になってくるのですが、資格なしということに対して、周りの方よりも自分自身で自分を追い込んでしまっている方も多いようです。

資格なしということで転職することに自信が持てないだけでなく、学歴コンプレックスというものを抱えている方も多いようです。そのため資格なしということから自分に自信がなくなってしまい、結果的に転職や就職活動においてマイナスに働いてしまうことがあります

資格なしでも転職は可能なのか

では実際に本当に資格なしだと転職は不利になってしまうのでしょうか。今度は実際にどうなのかについてご紹介させていただきたいと思います。

資格の数が多いほど企業に好かれるわけではない

“資格コレクター”という言葉があります。資格コレクターというのは、その名のとおりにさまざまな資格を所持している人のことをさしています。

資格なしが転職に不利というのであれば、反対の資格コレクターは転職に有利だと思われがちなのですが、資格をとるためだけに勉強してきたため応用が効かないことや、とるだけとって忘れてしまったなど、持っているというだけで実際に役に立っていないということや、いろいろ手をつけてはいるけど、飽きっぽく一つのことに追求することができないなどといった理由で資格コレクターを毛嫌いしている企業も多いです。

そのため持っている資格の数が多いほど就職活動で有利になるというわけではありません。実際に資格コレクターの多くが持っている資格を使っていないという人は多いです。

必要なのは熱意

いくら資格をたくさん持っていたとしても、仕事に対して1番大切なものは、仕事に対する熱意や、やる気などの精神的な部分だと考えている企業は多く存在します。

たしかに企業によっては(職業によっては専門の資格)必要になってくるかもしれません。その資格をとるまでは企業の即戦力として働く(企業に貢献する)ことはできないかもしれません。ですが資格があるからといって、業務を怠慢な態度で行うなどのことがあっては困るのです。資格=仕事ができる人とは限りません。資格が重要視されないことがあります。

そのため、資格を持っているということよりも本人の仕事に対する情熱などを重視している企業が多いです。

年齢別の資格なし転職事情

では実際に現在“資格なしの転職”についてどうなっているのか・・・年齢別にわけて資格なしの転職事情をご紹介です。

20歳~24歳

キャリア経験がなくて当たり前の歳です。そこで資格なしの方だけが転職できない。就職先がない。などといったことはないようです。TOEIC900点以上などいった条件などがある場合ですと、資格が必要にはなってくるのですが、そうでない場合企業側の本音として、若い活力を募集している場合も多いようです。

ですので資格なしの転職においても、不利と決めつけることなく転職活動を行うことが可能だといえます。

25歳~29歳

だんだんとキャリア経験というものをお持ちの方も増えてくる年代だと思います。ここで一般的に必要とされているのが、即戦力になる若い力なのです。そのため、資格なしということでも、キャリア経験などで補うことはできるといえます。

またキャリアを積んできたことによって、学歴コンプレックスを感じにくくなっている方も、20歳~24歳よりは多くなっているそうです。そのため自信を持って転職活動を行えている人が増えているようです。

30歳~34歳

社会に出て10年以上経った方たちが多くなってくる年代です。ここでの転職事情としまして、30代での転職というのは一般的にも多いです。

ですが資格なしで転職するにあたって、未経験の職種をどうしてもご希望される場合、“職業訓練学校”に通う方も多いようです。30代になりますと経験というものが武器になってくる年代でもあります。そのため未経験の職につくためには(どうしても就きたい職がある)職業訓練学校へ通い資格を得てから再就職を選ぶ方も多いです。

35歳~39歳

先ほど30歳~34歳のところでもご紹介しましたが、30代を過ぎたことによって社会に出てからの年数が10年以上の方が多くなった年代です。その分キャリア年数も積み重ねてきています。

ですのでここでの転職をお考えの方は同じ業種であることが多いようです。また家庭ができ給料の面などで転職をお考えになる方も多いようです。ですがやりたいことのために一から未経験の職種への転職をお考えの方は先ほどご紹介しましたように、職業訓練学校に通うという選択をされる方も多いです。

40歳~44歳

資格あり、資格なしにかかわらず、40代での転職は厳しい、と思う傾向があります。しかし、現在40代での転職というのは珍しいことではありません。若さなどは若い年齢の方に比べると劣るのは当たり前のことですが、その分キャリアという大きな武器があるため、40代での転職も増えています。

では資格なしの転職の場合どうなのか、ということなのですが、この年代になると資格なしの方でも転職というより今までの経験を活かして“独立する”という選択をする方も増えていく傾向にあるようです。

45歳~49歳

やはりこの年代の方も、資格なしで転職をお考えの方はいらっしゃいますし、独立をしようとされている方も多いです。

独立することによって、雇われる側から雇い主になるのです。なにかしらの資格を取得していなくても、今までのたくさんのキャリア経験から若者にたくさんの知識を教えることができるのです。

しかし、この年代になってからの未経験職種への転職は難しいものがあるようです。やはり資格なしということで経験が大きな武器になってきますので、経験を活かせる職業への転職をオススメします。

50代~

50代での転職をお考えの方は少なくなる傾向にあります。また先ほどもご紹介しましたが、年齢を重ねてからの資格なしでのキャリアも捨て、未経験職種への転職は厳しいようです。

新しい職種を選び学んだとしても、覚えるスピード、吸収する能力は若い頃に比べて衰えてきてしまうのは当たり前のことです。そのため、資格なし50代での転職をお考えの方は、今までの職種内で転職活動をするのか、独立することが望ましいようです。実際に50代でご自身の会社を立ち上げる方もいらっしゃいます。

高卒資格なしの方にもオススメな職業

一般的に高卒資格なしの方にもオススメな転職先とはいったいどんな職種があるのか?!ここではご紹介していきたいと思います。

手に職をつける

職人さんという言葉を聞いたことがある方は多いと思いますが、手に職をつける、職人さん。職人さんの中には高卒資格なしの方も多く、中学校卒業後、弟子入りし修行を重ねることで一人前の職人さんへと成長していくわけです。

中学校卒業と同時に弟子入りする人も多いため、住み込み式で働きながら勉強する人も多いです。高卒の資格がなくても手に職をつけることによって、ゆくゆくは独立することも可能になるものだといえます。

また中学校卒業してすぐの方や、高校中退した方など、同年代の方も多く、弟子同士の絆も深まりやすいようです。

職業の種類としまして、大工、調理師(板前)、漁師や船員、聞きなれない方も多いかもしれませんが、花火職人やクリーニング師という職人さんもいます。職人とひとくくりにしましても、さまざまな業種があるのです。

職業訓練学校とは

先ほど少しご紹介しましたが、そもそも職業訓練学校とはどんなところなのか?と思う方もいらっしゃると思います。職業訓練学校というところは、就きたい職業のための資格を取りながらもお給料がもらえる学校の制度です。

年齢層もさまざまで10代から40代ぐらいまでの方が通って勉強をしながらお給料も少し入り、授業料が安いというのが職業訓練学校の特徴といえます。(失業保険が使える方は今までもらっていたお給料の6割程度がもらえます)ですがもちろん学校というだけあって、入学はしたものの日数が少ないと退学になります。

通う年数においても、希望する科によってさまざまです。何年という年単位の科もあれば、何ヶ月で終わる科もあります。

自信と意欲をもって転職活動しよう

最初にご紹介したように、資格なしの転職では不利になることも0だとはいえません。実際に資格が必要な職種もあるからです。ですが、決して資格が全てではないということを忘れないでください。実際に資格の有無よりも本人の仕事に対する熱意、意欲などを重視している企業はたくさんあります。

また未経験、資格なしでも募集しているところはたくさんあるのです。現在さまざまな転職サイトでも資格なしの方のための求人なども扱っていますし、可能性は無限大にあるといえます。

まずは自分に自信を持つことで、ご自身のよさを最大限にアピールできるようにしていきましょう。そうすることで企業側(人事担当者の方など)からの見る目も変わってくると思います。

なんでもいいから転職するなどという考えではなく、やりたいこと、就きたい職業を考えてみて、その職業に就くためにどうすればいいのかを考えていき、自分の本当に就きたい職業を見つけていけるといいと思います。あくまでも自分のやりたいことをやりましょう。ぜひ参考にしてみてください。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related