Search

検索したいワードを入力してください

2017年08月10日

未経験からのグラフィックデザイナーの求人の探し方・志望動機例

このページでは、未経験者がグラフィックデザイナーを目指す場合に注目して、未経験者がグラフィックデザイナーを目指す方法をご紹介しています。また、未経験からグラフィックデザイナーを目指す場合の年齢についても考察しているので、ぜひ転職などにお役立て下さい。

未経験からのグラフィックデザイナーの求人の探し方・志望動機例

未経験でもなれる?未経験からグラフィックデザイナーになるには

街を歩くと、さまざまなポスターや広告、商品を見掛けます。それぞれのサービスや事業のテーマに合ったデザインのポスターや広告の中には、前衛的なものやスタイリッシュなもの、おしゃれなものなどがあり、そのデザインやセンスに惚れ惚れすることも多いでしょう。

多くの人を惹き付けるデザインを生み出す職業にはさまざまなものがありますが、グラフィックデザイナーもその1つと言えます。さまざまなもののデザインを考え、作品とも呼べるものを生み出していくグラフィックデザイナーに憧れを持っている方も、少なくないでしょう。

今回は、そんなグラフィックデザイナーという職業をピックアップして、未経験からグラフィックデザイナーを目指す方法やその際の注意点などをご紹介していきます。

就活を有利に進めるなら

インターンシップの選考や、就活の選考で必ずある面接。「面接官が何を見ているか」が分かれば、想定質問への回答も用意でき、落ち着いて面接にのぞんで、ライバルに差をつけられます。

・面接官の評価基準
・どのような質問が来るか

「就活ノート」では、上記2つがわかる資料を無料ダウンロードできます。他の学生が手に入れていない、面接官が実際に使っている評価シートを手に入れて、選考を通過しましょう。

就業未経験・既卒・大学中退の就活なら

「大学4年の夏でまだ内定ゼロ…」
「大学中退したけど就職できるかな…」
「フリーターから正社員になれる…?」

そんな方はJAICと一緒に就活を始めてみませんか?

・就業未経験・既卒・中退の就職率80.3%!
・就職した企業への満足率94.3%!
・企業選びから就職後までずっと安心の個別サポート!

実績豊富なJAICがあなたの就職活動をサポートしてくれます。まずは簡単無料登録をしてみましょう。

未経験からグラフィックデザイナーは可能?不可能?

今回は、未経験からグラフィックデザイナーを目指す場合にスポットを当てて、関連情報を紹介していきますが、早速今回の本題である、「未経験からグラフィックデザイナーを目指すことは可能かどうか?」という点について、考えていきましょう。

結論から言うと、未経験からグラフィックデザイナーを目指すことは、不可能ではないと言えるでしょう。実際に、転職サイトなどでは、「未経験歓迎」などと表示されている求人情報も、多数掲載されています。ですから、未経験からグラフィックデザイナーを目指すことは、事実上は可能と言えます。

しかし、求人情報へ応募した後に、採用されるかどうかはまた別の問題。転職の場合、グラフィックデザイナーとして実務経験がある方も応募する可能性がある為、時には経験者と肩を並べて採用選考などに臨まなければならなくなるケースもあります。

つまり、未経験からグラフィックデザイナーを目指す場合、求人情報への応募などのチャンスはありますが、採用されることはなかなか難しいことだと言えます。ですから、不可能ではないものの、かなり厳しい道であることは、覚悟した方が良いでしょう。

未経験からグラフィックデザイナーになる方法

容易なことではないものの、未経験からグラフィックデザイナーを目指すこと自体は、可能であることを上記でご紹介しました。では、どのようにすれば、未経験であってもグラフィックデザイナーを目指せるのか、気になる所です。

そこで続いては、未経験からグラフィックデザイナーを目指す具体的な方法についてご紹介していきます。

未経験からグラフィックデザイナーを目指す方法【1】:転職サイトを利用する

未経験者が、転職をしてグラフィックデザイナーを目指すのであれば、やはり業界やグラフィックデザイナーという職業に精通している人から、アドバイスをもらった方が効率的であると予想できます。やみくもに転職活動を行うよりも、採用への近道となる情報や知識を知った上で転職活動に臨んだ方が、はるかに効率的ですし確実です。

そこでおすすめしたいのが、転職サイトの利用です。転職サイトは、今現在たくさんの企業から展開されていますが、サービスによって得意分野や特徴が大きく異なります。中には、特定の条件の求人情報を豊富に掲載していたり、特定の業界に対して強かったりする転職サイトも存在するので、自分の目的や条件に合わせて使い分けるのも、おすすめの利用方法です。

グラフィックデザイナーに特化した転職サイトも存在し、求人情報の掲載以外にも、履歴書・職務経歴書の添削といった転職活動のサポートを行っている所もあるので、まずは自分に合った転職サイトを探してみることをおすすめします。

未経験からグラフィックデザイナーを目指す方法【2】:ポートフォリオの作成

グラフィックデザイナーやwebデザイナーといった、センスや技術が必須となる職業では、転職活動の際にポートフォリオの提出を求められます。ですから、転職活動のステップの1つとして、事前にポートフォリオを作成しておくことは、重要な過程と言えるでしょう。

グラフィックデザイナーのポートフォリオで求められるのは、センスや作品のクオリティ、オリジナリティや熱意です。どんなにセンスが良くても、雑に作成されているポートフォリオでは熱意が疑われる可能性がありますし、丁寧に作り込んであっても、センスや技術がなければセンスの面で選考をクリアできない可能性もあります。

ですから、ポートフォリオを作成する際は、熱意や自分が今できる技術などをつぎ込んで、真剣に作成するようにしましょう。

未経験からグラフィックデザイナーを目指す方法【3】:独学する

求人情報では、「未経験者募集」と記載している企業も、手取り足取り教育をしなければならない、全くの新人を募集しているわけではありません。グラフィックデザイナーとしての実務経験に関しては未経験であっても、グラフィックデザインについてはある程度の知識や技術、センスがある人材を求めている場合も少なくないのです。

ですから、転職活動と並行して、グラフィックデザインについて独学しておくことも大切です。知識や技術について学ぶのは、労力が必要なことですが、最近では通信講座やテキストなどもたくさんある為、独学で学ぶことも不可能ではありません。

また、セミナーや講座なども開催されているので、独学では不安という方は、セミナーなどでグラフィックデザインについて基本的な知識や技術を学んでおくのも良いでしょう。

未経験からグラフィックデザイナーを目指す場合の志望動機例

未経験からグラフィックデザイナーを目指して転職活動を行っていると、必ずと言って良いほど面接などで尋ねられるのが、志望動機です。採用担当者も、なぜこれまでのキャリアではなく、敢えて未経験であるグラフィックデザイナーという職業を選んだのか、気になっているのです。また、グラフィックデザイナーという職業がどのような職業かきちんと理解しているのか、なぜ数ある企業の中から自社を選んだのかといった点をチェックしている場合もあります。

ですから、志望動機を述べる際は、グラフィックデザイナーという職業で働きたい理由と、志望企業を選んだ理由、2つの理由を述べると、明確で具体性のある志望動機になり、採用担当者を納得させられるでしょう。

例えば、「グラフィックデザイナーとしては、実務経験はありませんが、日常的にさまざまなポスターや商品のデザインを見ることが好きで、気になるデザインを見つけては、その技法やデザイナーについて調べています。また、趣味の範囲ではありますが、フォトショップなどのソフトを使って、自分でも絵を描いたりデザインをしてみたりしております。これまで培ってきたデザインに対する熱意を、作品やデザインのクオリティにこだわる御社でやはり趣味だけではなく仕事として発揮していきたいと思い、この度転職を決意致しました」といったように、グラフィックデザイナーという仕事に興味を持ったきっかけや志望企業で働きたい理由を結びつけて語ると、説得力のある志望動機になると考えられます。

未経験からグラフィックデザイナーを目指す場合の年齢

グラフィックデザイナーという職業は、センスなどは求められるものの、デスクワーク中心になることが多いので、転職にも年齢は関係ないとお考えの方もいらっしゃるでしょう。しかし実際には、年齢が関係する場合が多く、特に未経験からグラフィックデザイナーを目指す場合は、年齢によって難易度が大きくことなる可能性があります。

そこで続いては、グラフィックデザイナーを未経験から目指す場合の年齢別に、難易度などを見ていきます。

未経験からグラフィックデザイナーを目指す場合【20代】

未経験からグラフィックデザイナーを目指す場合、20代であればそこまで難易度は高くないと考えられます。クリエイティブな職業は、未経験者に対してもチャンスを与えることが多く、未経験者のやる気や熱意、ポテンシャルを評価して採用することも、少なくないのです。

特に、20代はまだまだ社会人としても若手なので、企業によっては将来性に期待して、未経験者であっても積極的に採用している所もあります。

未経験からグラフィックデザイナーを目指す場合【30代~50代】

20代の頃は、未経験者であっても熱意や将来性で採用してもらえる可能性もあるグラフィックデザイナーですが、30代以降になると、未経験から目指すのが難しくなると言われています。

やる気や将来性を重視されがちなクリエイティブ系の職業ですが、やはり若手であるからこそ、将来性などに大きな価値を感じる企業や採用担当者が多いと言われています。グラフィックデザイナー以外の職業にも言えることですが、30代以降はベテランや即戦力として見做されることが多く、企業側も30代以降の人材であれば、即戦力としての価値を判断します。

その為、30代以降で未経験からグラフィックデザイナーを目指す場合、20代と比較してかなり難易度が上がると考えられます。年齢を重ねると共に、その難易度は更に上がっていくと言われています。ですから、40代・50代から未経験でグラフィックデザイナーを目指すことは、かなり難しいと言えるでしょう。

未経験のグラフィックデザイナーへの転職は年齢と努力次第

いかがでしたでしょうか?今回は、未経験者がグラフィックデザイナーを目指す場合に注目して、未経験からグラフィックデザイナーを目指す場合の方法や、未経験者がグラフィックデザイナーを目指す場合の年齢などについて、考察・ご紹介しました。

グラフィックデザイナーという職業は、未経験であってもやる気や熱意、将来性などを買われて採用してもらえる可能性の高い職業です。しかし、それを可能にするには、独学での勉強やポートフォリオの作成など、自分でも努力をしていく必要があります。

また、年齢を重ねていくと、未経験からグラフィックデザイナーを目指すことは、難しくなるとも言われています。年齢を重ねたら、絶対にグラフィックデザイナーになることができないというわけではありませんが、容易なことではないので、覚悟が必要です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related