Search

検索したいワードを入力してください

2017年07月14日

面接での転職目的の話し方とコツ|転職の理由と目的の定め方

転職すると決めたときの目的はなんでしょうか。スキルアップがしたい、給料の高いところに移りたい、全く別の仕事がしたいなど様々でしょう。しかし転職は簡単ではありません。明確な目的を持っていないと失敗します。今回は失敗しない転職の目的を解説します。

面接での転職目的の話し方とコツ|転職の理由と目的の定め方

よくある転職の目的一覧

転職を考えたり、実際に転職する人はたくさんいます。それではどのような目的で転職しているのでしょうか。一般的な転職の目的をいくつか紹介していきます。

他職種・他業種で活躍したい

現在働いている職種や業種に満足していない場合、全くの他業種に転職を考えます。仕事に不満があるというよりも好きな仕事をして自分の満足を満たしたいということが目的で転職するという人は多いようです。

より高給・高待遇を目指して

給料が低かったり、福利厚生の待遇が悪く、これから先よくなる見込みがないので転職するという人も多いです。伸びしろの少ない会社にしがみつくよりも、さらに条件のいい会社を探したほうが将来的にも有利と考え転職する人はたくさんいます。

キャリアアップを目指して

同じ職種内の転職の場合、今よりもさらに高いキャリアを目的に転職します。さらにスキルアップしたいという向上心の高い人の転職の目的だといえます。

女性に多い転職の目的

転職の目的は男女で共通の部分もありますが、女性に多い目的というものも存在します。男性には全く関係ないというわけではありませんが、主に女性に多いのでそれらを見ていきましょう。

結婚

寿退社という言葉があるように女性にとって結婚は仕事を続けるかどうかの転機になります。仕事を続ける場合もありますが、パートナーの転勤に伴い結婚を決めたなど現在勤めている会社に居続けることが難しくなる場合があります。なので結婚も女性にとっては転職の目的になるでしょう。

出産

出産を理由に転職を考える人は多いようです。結婚や出産をライフプランの中に組み込んでおり、現在勤めている会社が産休や育休の取得が難しく、産後復帰が望めないという場合に女性は転職を考えるようです。転職の目的に出産が挙げられることも多いので、近年では女性を手厚くサポートする体制を整えている会社も多いです。

育児

出産と同じく育児も女性の転職の目的になります。育児をしながら仕事に復帰するにあたり、時短勤務が可能なのか、子供の緊急時に仕事を抜けることができるのかなどは大きなポイントになります。

転職理由と目的の定め方

転職を決めるということは今の職を離れたい理由があるということです。転職は普通に就職するよりも難しいものがあります。今の職でなければなんでもいいという理由では転職は叶いません。転職の理由をきちんと目的化しておきましょう。

違う業界で活躍したい

明確なビジョンもなくとりあえず就職してみたが、今の職種・業種は自分に合わないと感じたり、その業種に希望して就職したものの、実際にやってみると想像していたものと違い、別の業種にチャレンジしたいという理由での転職は比較的若年層に多いです。

転職で企業が求める人材は同業種から応募してきた即戦力か、未経験でも続けていける人材です。他業種の経験が長い場合は、そこで培ったスキルがどのように活かせるのかを考えて目的を設定しましょう。経験が浅くスキルがないという場合は、その業種でどのようなキャリアを積んでいきたいのか明確なビジョンを持つ必要があります。

現在よりも高待遇を望む場合

給料や待遇が悪いことが理由で転職する場合、単純に今よりも給料が高いというだけで企業を選んではいけません。提示されている金額は今は高くてもそこで頭打ちという場合もあります。離職率が高く、人の流失も多い業界では、飛びつきやすいように初めだけ高い給料を提示している場合も少なくありません。長期的に見てその条件で本当にいいのかどうか吟味する必要があります。
自分がどれだけの給料を求めているのか、すぐにでも高い給料がほしいのか長期的に見て、伸びしろがほうがいいのかなど、自分のライフプランと一緒に考えましょう。

スキルを磨きたい場合

同職種・同業種でのキャリアアップを理由に転職を考えている場合は、転職先に何を望むのかを考えましょう。単純に今よりも忙しく、規模の大きい仕事がしたいという曖昧な目的ではなく、どのような仕事をし、どんなキャリアを積みたいのかと目的を細分化しましょう。身に着けたいスキルや伸ばしたいスキルがあれば、それが叶う環境にあるのか、どういう目的でそのスキルを習得したいのか、スキルを習得し、キャリアップした後、最終的な目的は何かなどまで考えておきましょう。

転職試験での転職目的の話し方

転職する意志を固め、目的を設定したら転職の試験に臨みましょう。転職試験では新卒の採用面接のように元気がよく、やる気があればいいというものではありません。今まで経験してきたこと培ったスキルなどをその企業でどのように活かせるのかしっかりと売り込まなくてはなりません。

簡潔に短くが基本

転職試験の場合、自己紹介として今までの経歴や自身のアピールポイント、志望動機などをまとめて聞かれる場合があります。転職回数が多かったり、アピールしたい点がたくさんあるという場合でも短く簡潔に話しましょう。転職のみならず採用試験全般に言えることですが、長すぎる自分語りは相手への配慮がない、自己中心的な人間という印象を与えてしまいますので気をつけましょう。

相手が理解しているかも考えながら話す

自分が今まで経験してきたことを話すときに、その分野の専門性が高かったり、高度なことをしていた場合、どんなことをしているのか想像がつかない場合があります。すごいことをしていたというアピールをしたい気持ちも分かりますが、正しく相手に伝わらなければ意味がありません。内容を分かりやすくかいつまんで話したり、専門用語は説明を加えるか、一般的な言葉に置き換えて話しましょう。

転職理由が愚痴にならないようにする

転職試験では必ず転職をする理由を尋ねられます。これを全くの本音で話してしまうのはNGです。待遇や職場の環境に不満があった場合、それをそのまま伝えるとただの愚痴にしかならず、その企業のイメージだけでなく、それを話す自分自身のイメージを下げることにもつながります。
何が不満だから転職すると伝えるのではなく、こうしたいから転職するというように出来るだけポジティブな印象を与えるような言い換えをしましょう。

最終面接は人柄重視

転職面接の場合でも少なくとも2回は面接があるでしょう。その場合最初の面接でその人のキャリアやスキル、今後活躍できるかどうかなどの能力面を見られ、最終面接ではその人がこの会社で上手くやっていけるかなど人柄を見られることがほとんどです。最終面接では特に話し方や所作にも気をつけましょう。
また転職試験はすでに社会人なのでビジネスマナーは出来ていて当然とされます。新卒の採用試験では許されていたビジネスマナーの失敗は転職試験では大幅な減点になりかねませんので注意しましょう。

転職は前向きであるべき

現在の慣れた環境を手放し、未知の環境に飛び込んでいくということは非常に勇気がいります。それが今の環境よりも良くなることが保証されていたとしても、実際にその環境で過ごしてみなければ本当のことは分かりません。転職は人生の大きな転機です。投げやりにならず慎重に進めましょう。

転職の理由として労働環境や人間関係の不満、やりたい仕事ではなかったなどのネガティブなことだけではなく、より高いレベルでの仕事がしたいやキャリアを積み、さらにスキルアップしたいというポジティブな理由まで様々です。女性の場合は結婚・出産・育児などの理由も多いでしょう。どんな理由で転職するにしても、きちんと転職する目的を持つことが大切です。

目的の作り方は理由から考えましょう。転職試験で転職理由を尋ねられたときにネガティブな理由を伝えると印象が悪くなりますので、ポジティブな目的に変換しておきましょう。目的なく転職してしまうとまた同じ不満を抱く可能性もあります。目的を持ち、それが叶えられるのかどうか自分の中で何度も考えましょう。

転職は人生その先の人生を豊かにするものでなければなりません。新しい環境に身を置くのはエネルギーのいることです。何度も繰り返し消耗することのないように、自分の目的をしっかりと理解して正しい転職をしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related