Search

検索したいワードを入力してください

新聞記者の仕事を辞めたい理由|新聞記者の仕事を辞めたい人の転職先

初回公開日:2017年05月13日

更新日:2017年05月13日

記載されている内容は2017年05月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

このページでは、「新聞記者を辞めたい時」をテーマにして、新聞記者を辞めたいと感じる理由や、新聞記者から他の職業や企業へ転職する方法などを考察しています。また、新聞記者におすすめの転職サービスなどもまとめているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

新聞記者の仕事を辞めたい理由|新聞記者の仕事を辞めたい人の転職先

新聞記者を辞める理由と転職について

世の中には、さまざまなメディアが存在しますが、その中でも古くから私達の日常生活を支えてきたのが、新聞です。最近では、インターネットの普及により、新聞を読まない人も増えてきていると言いますが、それでも新聞というメディアは、まだまだ私達の日常生活になくてはならないものの内の1つと言えるでしょう。

そんな新聞を作り上げるには、新聞記者の存在が必要不可欠です。最新のニュースを、読みやすく、そして分かりやすく読者へ伝えられるよう、日々活躍している新聞記者の存在は、新聞というメディアの存続に欠かせない存在と言えます。

しかし、新聞記者として働いている方の中には、「もう、辞めたい」と考えている方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、「新聞記者を辞めたい時」をテーマにして、新聞記者を辞めたいと思う理由や、辞めた後の転職先などについて考えていきます。

新聞記者を辞めたい理由

最新のニュースや出来事を読者に正確且つ分かりやすく伝える為、日夜奮闘している新聞記者です。世の中の動きや出来事を真っ先に感じ取り、それを人々へと伝えていく、責任のある職業です。そんな新聞記者として働いてきた人が、新聞記者を辞めたいと思う際は、どのような理由や原因があるのか気になる所です。

そこでまず始めに、新聞記者として働いている方が、新聞記者を辞めたいと感じる理由や原因について考察していきます。

新聞記者を辞めたい理由【1】:時間に関係なく取材などへ行かなければならない

事件や事故、その他革新的な出来事などは、いつ起こるか分かりません。誰もが寝静まっている深夜に起こることもあれば、朝日がのぼり始める早朝に起こることもあります。新聞記者は、事件や事故、その他の出来事を、誰よりも早くキャッチし、取材へ出向かなければなりません。例え、深夜や早朝であっても、事件や事故、何らかの物事が起これば、取材へ向かう必要があるのです。

その為、生活習慣が崩れやすく、プライベートの時間も取りにくいと考えられます。その結果、取材や原稿の執筆中心の毎日に嫌気がさして、新聞記者を辞めたいと考える方もいることでしょう。

新聞記者を辞めたい理由【2】:取材を断られる

新聞記者が取材をするのは事件や事故、物事だけではありません。さまざまな出来事の中心人物に対して、インタビューなどを行うこともあります。時には、芸能人や政治家、著名人などを取材することもありますが、断られてしまうことも少なくありません。嫌がられたり、門前払いとなったりすることもあり、拒否されることに傷付いてしまう方もいるでしょう。取材を断られたり、嫌がられたりといったことから、精神的なストレスを負いやすい点も、新聞記者を辞めたいと思う理由に繋がることもあります。

新聞記者を辞めたい理由【3】:文章を書くことが苦痛

人には、向き・不向きというものがあります。新聞記者を目指したり、新聞記者として働いたりしている方の大半は、自分自身でも「文章を書くのが得意」と思っている方が多いと考えらえます。得意とまでは感じていなかったとしても、文章を書くのが好きであったり、少なくとも苦手ではないと感じていたりする方も少なくないでしょう。

しかし、新聞記者という職業は、締め切りまでに正確で分かりやすい原稿を完成させる職業です。日々、取材と原稿の執筆を繰り返しているうちに、「毎日文章を書くことに疲れた」「実際にやってみたら、思った程文章が書けなかった」と感じる方も、少なくないと考えられます。その結果、自信をなくしたり、文章を書くことが苦痛になったりして、「新聞記者を辞めたい」と思うようになるケースも存在します。

新聞記者を辞めたい理由【4】:締め切りに追われる生活が辛い

上記でも述べたように、新聞記者という仕事は常に締め切りに追われる仕事でもあります。どんなに良い記事や文章を作成しても、締め切りに間に合わなければ、何の意味もなくなってしまうこともあり、常に時間との勝負と言えるような慌ただしい毎日を送らなければなりません。上記のように、毎日時間や締め切りを気にしながら仕事をしなければならない状況にストレスを感じ、新聞記者を辞めたいと感じる方もいるでしょう。

新聞記者を辞めた場合の転職先

上記のような理由などから「新聞記者を辞めたい」と感じ、実際に退職したとしても、働かないでは生きていくことはできません。生活費となる収入を得る為には、転職をして新たな職業や職場で再び働く必要がありますが、新聞記者の転職先としては、どのような業界・職種が挙げられるのか、気になる所です。そこで続いては、新聞記者の転職先についてご紹介していきます。

・編集者
・出版業界
・広告業界
・ライター

いずれも文章に関する職種や業界となっており、新聞記者としてこれまで培ってきたスキルや経験をいかしやすいと考えられます。

しかし、文章を書くことに嫌気がさして、新聞記者を辞めたいと感じるようになった場合は、新聞記者の経験が活かせるような職業・業界の場合、再び辞めたいと感じるようになる危険性があります。ですので、文章を書くこと自体を苦痛と感じているようであれば、思い切って未経験の業界や新聞記者とは全く異なる職業へと転職してみるのも、1つの解決方法であると言えるでしょう。

新聞記者の転職方法

さまざまな理由で「新聞記者を辞めたい」と感じ、転職を決意した場合、どのように転職先を探せば良いのでしょうか。続いては、新聞記者として働いていた方が、転職先を探す方法についてご紹介していきます。

一般的に、最もメジャーと言える方法は、転職サイトや転職サービスを利用して、求人情報を探す方法でしょう。現在、さまざまな企業が転職に関するサービスを展開しています。中には、女性の転職に特化していたり、特定の業界に対してパイプを持っていたりする転職サービスも存在するので、自分のスキルや状況、志望する転職先などに合った特徴・強みを持った転職サービスを利用することをおすすめします。

また、フリーで活動してみるのも、新聞記者の転職方法の1つです。フリーのライターや記者、ジャーナリストとして、自分の文章やスキルのみで生きていく道です。新聞社などの企業に所属していないので、収入などは不安定になる可能性はあります。しかし、企業に縛られず、比較的自由に生きていける可能性もある選択肢でもあります。

新聞記者の転職におすすめの転職サービス

上記でも述べたように、転職サービスにはそれぞれに特徴や得意分野があります。各転職サービスの得意分野を理解して、自分に合った転職サービスを利用することで、より良い求人情報に巡り合えたり、より役立つサポートを受けられたりする可能性があります。そこで、最後に新聞記者の転職におすすめの転職サービスをご紹介していきます。

・パーソナルテクノロジースタッフ(※1)
・リクナビNEXT(※2)
・テンプスタッフ・メディア(※3)  など

新聞記者は、大変な仕事ではあるもののやりがいがある職業

いかがでしたでしょうか。今回は、「新聞記者を辞めたい時」というテーマで、新聞記者を辞めたいと感じる理由や、新聞記者が転職する際の方法、新聞記者の転職におすすめの転職サービスなどをご紹介しました。

新聞記者は、取材や原稿の執筆を繰り返し行い、日々締め切りに追われる、ハードな職業です。その為、「もう辞めたい」と感じるようなこともあるでしょう。その点は、これから新聞記者を目指すという方も、覚悟しておくことをおすすめします。

しかし、世の中の最新の出来事や情報を、自分の言葉で発信することができる、大変やりがいのある職業でもあります。ですので、新聞記者への転職、もしくは新聞記者からの転職を今現在検討している方は、新聞記者という職業の良い点・悪い点や、新聞記者としてやりたいこと、生活や収入などについて、総合的に考えることをおすすめします。社会人としてのキャリアや自分の夢、今後の生活について、慎重に考えた上で、新聞記者への転職・新聞記者からの転職を決断するようにしましょう。

出典: https://persol-tech-s.co.jp/lp/001.html?cid=lisg_wb_pc01 | ※1:パーソナルテクノロジースタッフ

出典: https://next.rikunabi.com/ | ※2:リクナビNEXT

出典: https://www.tempmedia.co.jp/lp/tm/ | ※3:テンプスタッフ・メディア

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related