Search

検索したいワードを入力してください

転職で年収1000万円は可能?年収1000万のチャンスを掴むには

初回公開日:2017年05月13日

更新日:2017年05月13日

記載されている内容は2017年05月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

サラリーマンの目標の一つが一本立てる所謂年収1000万の職業に就くことですよね。そのために転職をする方も多いです。果たして転職をして年収1000万円は達成することとができるのでしょうか。今回は、転職で年収1000万円を望める業界などについてご紹介します。

転職で年収1000万円は可能?年収1000万のチャンスを掴むには

年収1000万円以上の人は労働人口のわずか3.9%

年収階層分布図を見てみると年収1000万円以上の収入を得ている人は、労働人口の3,9%と言われています。この数値をみて意外と多いと思う方もいれば、やっぱり少ないんだなと思う方もいるでしょう。3.9%という数字は大体25人のクラスで1人くらいの割合になります。簡単に言えば、学校のクラスメートの中の一人くらいは、将来年収1000万円の収入を貰う人が出てくるという結果になります。そのため、多くはありませんが年収1000万と言うのはまだチャンスは望めることと言う見方もできます。

転職で年収1000万円以上を得るためには管理職クラスか専門職の転職をすれば可能

実際に転職サイトで年収1000万円以上の求人を探してみると、約2500件の求人がヒットしました。その中には、固定給プラス歩合給で歩合給でかなり稼いで1000万円以上の年収をモデル例として掲載している企業も多くありました。そのため、実質年収1000万円を入社時からもらえる求人と言うのは、250件あるかないかぐらいです。この250件の求人の多くは、部長や課長クラスの管理職としての転職やプロジェクトマネージャーなどとしての転職の求人も多くあります。所謂経営幹部としてそのまま登用する場合の転職です。また、アナリストや機械の設計やマーケティングなどの専門職として、1000万円の求人もありました。

この二つに共通することは、会社内でかなりの実績を作っていることとマネジメントスキルがあることが要求されています。そのため、若くして年収1000万円以上の転職と言うのは難しいというのが結論です。しかし、40代でマネジメントスキルなどを見につけ前職でかなり大きな実績を作っていれば、年収1000万円以上の就職先に転職することも可能です。

年収1000万円以上の転職求人は大手企業かコンサル、ITベンチャーが中心

年収1000万円以上の転職求人の多くは、保険会社、不動産会社、大手企業の部長クラスでの登用、コンサル、ITベンチャーが中心でした。保険会社と不動産会社については、歩合給の色が強いため、転職してもすぐに1000万円の年収を貰えるわけではなくその会社で実績を積んでから出ないともらえないことになるでしょう。しかし、他の業界については初めから1000万円以上の年収を約束してくれている企業も多いため、転職で1000万円以上の会社に行きたい方はそれらの企業を目指して転職をすることがお勧めです。また、若いうちに年収1000万円を超えたいと考える方は、コンサルやITベンチャーそして保険や不動産業界などに目を向けて転職をするすれば、実績を作れば1000万円も夢ではありません。

転職で1000万円を貰える業界

転職で1000万円以上の年収を貰える業界は意外と多いです。例えば、製薬会社や大手商社そして、大手メーカーなど大企業であれば転職をすることで、年収1000万円以上は夢ではありません。また、転職後の実力次第では年収1000万円を狙える業界としては、ITベンチャーや不動産や保険会社などが挙げられます。ここでは、年収1000万円以上を望める業界について詳しくご紹介していきます。

大手商社

高級取りと言えば、「商社」「銀行」「広告代理店」と言われる、その一角をなす大手商社は、大体30代ぐらいから年収1000万円を超える方ら増えてきます。そのため、転職をした際も年収1000万円を狙いやすい業界と言うこともできます。大手商社の転職の場合は、即戦力でかつその業界のスペシャリストを求める傾向が非常に強いです。例えば、外国の投資銀行でM&Aをばりばり行っていた元外銀マンや鉄鋼メーカーで海外営業を行っていた鉄鋼マンなど、それぞれの分野の専門家を中途採用では取ります。こう聞くと、大手商社はかなり敷居が高いように思えてきますね。実際大手商社の転職はかなり、難易度は高いです。

しかし、大手商社が行っている領域と言うのは鉄鋼から飲料までかなり幅広い領域を行っているため、あなたが現職で携わる分野を極めて著しい成果を上げて、大手商社にその分野に空席があれば滑り込める場合もあるため、悲観視をすることはありません。チャンスはあります。

製薬業界

製薬業界の転職はかなり、大学などで化学や生物系に携わっていなければ転職の際はかなり厳しい業界と言えます。また、製薬業界未経験で製薬会社に入社するというのもかなり難易度が高くなります。
しかし、MRやマーケティング部門では時々業界未経験でも応募できる求人があるため、チャンスはありますし、実績を上げることで年収1000万円以上を望める業界です。また、研究職採用であれば、確実に1000万円以上望むことのできる業界でもあります。

不動産・保険業界

不動産・保険業界は、固定給が少なく歩合給で稼ぐという意味では、年収1000万円までの道のりはあなた次第で十分開くことが可能な業界です。そのため、若いうちから年収1000万円以上欲しいという方などにはとてもお勧めの業界です。

コンサル業界

コンサル業界も高級取りとして有名の業界です。役職に就くことができれば確実に1000万円以上の年収を望むことができます。また、転職の求人でも役職付きの初年度想定年収は1000万円を超えている会社も非常に多いため、この業界も1000万円を狙える業界です。しかし、outorupの業界であるため、人の出入りも激しく転職後もさらに自分自身に磨きをかけていかなければ生き残ることのできない業界でもあるため、その分厳しさもあります。

ITベンチャー

ITベンチャーの場合は、取締役などの経営幹部候補やプロジェクトマネージャーなどが初年度の年収が1000万円程度とされています。これについても、過去の実績とマネジメントスキルなどをかなり要求される業界であるため、転職をするにも難易度はかなり高いですが、裁量権も広く自由に仕事ができるため、自由度を求めて大手企業から転職をされる方も多いです。

30代・40代で転職で年収1000万円の会社に入ることは可能

30代・40代で年収1000万円の会社に入ることは、結論から言えば可能と言えます。40代での転職は、転職市場においてはかなり厳しいといわれていますが、マネージャーや部長などの上級幹部社員としての採用やヘッドハンティングと言うの少ない話ではありません。40代までに現職で良い地位と良い実績とマネジメントスキルを身に着けておくことで、年収1000万円の転職にありつけるチャンスは多いです。また、30代においてもコンサルや大手メーカーや商社の中堅社員として登用された場合は、1000万円を目指すことも可能です。この場合は、現職の実績がかなり秀でていないと厳しいですが、20代のうちの頑張り次第で可能です。また、不動産などの歩合給が高いところで、頑張って1000万円を目指すということも一つの手でもあります。

年収1000万円の転職チャンスを掴むのはあなた次第

年収1000万円以上の求人は、数はそこまで多くはありませんが少ないというわけでもありません。そのため、年収1000万円の転職求人をつかみ取るチャンスは意外と多いといえます。しかし、多いからと言って簡単に年収1000万円の転職を成功するというわけでもないことは、過言ではありません。かなりの高収入を得るためにはかなりの努力が必要なことも自明です。そのため、年収1000万円以上の求人のチャンスをつかむためにも、今の会社での地位や立場に満足せずに、日々あなた自身を磨き実績を積んでいくことが、年収1000万円以上の転職にありつける近道でもあります。チャンスは多くあるため、年収1000万円を目指して日々努力をして、将来一本を取ってみてはいかがでしょうか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related