Search

検索したいワードを入力してください

管理職での転職のコツ・管理職転職が難しい理由|おすすめ転職サイト

初回公開日:2017年05月07日

更新日:2017年05月07日

記載されている内容は2017年05月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

管理職に就かれている方は40代以降の中高年の方がほとんどなので転職のやり方は第二新卒のような若い世代の人達とは勝手が違ってきます。そんな管理職の方が転職を志す理由、転職のコツ、おすすめの転職サイト・エージェントなどをご紹介します。

管理職での転職のコツ・管理職転職が難しい理由|おすすめ転職サイト

管理職の方が転職する理由

前向きな理由が多いが

管理職の方が転職を志す理由として多いのは「キャリアアップ」「もっと違う可能性を見つける為」「もっと自分の能力を活かせる職場を探す」などの前向きな理由があります。しかしそんな前向きな転職の動機の裏には会社に対する不満などの本音が隠されています。管理職の方というのは一般的に40代以降の中高年者であり、その人達は管理職に就くまでにその会社で社会人として酸いも甘いも経験したベテランと言えます。

普通に考えれば管理職の地位まで辿り着いた人はそのまま定年まで働き続けるものですが、そんな人達が転職を志すとなったら「人間関係」や「立場上の問題」などの人には言えないような込み入った事情が隠されていることもあります。

自分以外の都合

それ以外に管理職の方が転職する理由は「会社の倒産」「業績悪化」「経営者の交代」などの自分が原因ではなく会社を取り巻く環境の変化が転職する理由となることもあります。たとえ本人に転職する意思がなかったとしても倒産や業績の悪化などはどうしようもない事態なので、本人がやりたいわけではなく「仕方なく転職する」と言ったケースもあります。またこのように仕方なく転職する方は中高年にして初めて転職する方もいるので何かと不慣れで離職期間が長引いてしまう方もいます。

管理職の方の転職が難しい理由

管理職の方は中高年の方が多く、転職する際も第二新卒のような若手の社会人の転職とは勝手が違ってきます。基本的には若手より管理職の方が転職は難しいと言われています。では何故管理職は転職が難しいのでしょうか?

給与

転職活動する際は誰しも転職先の給与額を気にするかと思われます。若手の場合前職での実績やこれからの可能性を見込まれて前職よりも高額な給与の転職先を見つけることも可能ですが、管理職の場合ほとんどのケースにおいて転職すると前職よりも給与額が下がってしまいます。
確かに前職で管理職を務めていた方ならば、高い実績を持っていることもあり転職先も高額な給与を提示するべきですが、前職での実績があまり伝わっていなかったり実績そのものが転職先の仕事内容と関係無いものである場合、転職先の企業としても高額な給与を出すことは少ないでしょう。そのため管理職の方が転職する際は、間違いなく給与額は前職よりも下がってしまうということを覚悟する必要があります。

人間関係

管理職の方が転職する際は、転職先において有効な人間関係を構築することが難しいと言われています。たとえ前職で管理職の地位を築き上げたとしても転職先では新入社員同然です。自分の上司が自分より若い人である可能性もあります。このような状況の場合たとえ本人が問題無かったとしても企業側が扱いにくいと判断して応募の時点で断ってしまう事もあります。
面接での人物評価においても、いくら前職で実績のあった方でも管理職の方は組織に溶け込みにくい存在であると見なされることが多々あります。人は年齢が増すごとに意固地になって周囲の空気が読めなかったり、新しい雰囲気に馴染めなくなってしまいます。特に20代の若手社員が中心となっている企業では中高年の管理職は尚更受け入れがたい存在と言えるでしょう。これは応募者本人がOKと言っていても企業側がNOと言ってしまうケースがほとんどです。
前職での経験を活かして、転職先でも実力を発揮出来れば一目置かれてすぐに職場にも馴染めるかもしれませんが、仕事についていけずに若手の社員と同レベルの指導や教育が必要ならば転職者にとっても企業側にとってもやりづらくなってしまいます。また管理職の様な中高年の方は新たな知識や技術を習得するのに若い世代の人達よりも時間と労力がかかってしまうと言われています。

転職先が保守的

上記でも触れましたが、管理職の様な中高年の方はたとえ本人にどれだけやる気があっても企業側が応募の時点で断ってしまいます。管理職の転職者は新しいものに積極的に取り組むというチャレンジ精神があまりない人達だと思われているからです。実際に中高年の方は考えが保守的になり、柔軟な発想を持つことが出来ない人達がほとんどです。
確かに過去の経験や高い実績を持っている人は転職の際に評価されますが、それ以上に企業側は自社でどのように貢献できるかを採決のポイントとしてます。しかし管理職の転職者の中には過去の自慢話ばかりして転職先の会社で何が出来るかを具体的に提示できない人がいます。酷いケースでは前職と転職先を比較して「この会社は○○が悪い」「前の方が良かった」などの批判をする人までいます。

健康面

中高年の方ならば誰しもが健康面を危惧されます。転職先が早朝・夜勤などの不規則な勤務時間があったり、体を動かす作業の多い職場だと中高年の方は企業側から「ついていけない」と見なされてしまいます。前職でも似た様な作業をしていたなどの実績があれば問題ありませんが、ただ単に「健康なので大丈夫です」と語っても採用には至りません。

管理職の方が転職する上でのコツ

ある程度は妥協する

管理職の方が転職するということは世間体や条件なども考慮するとかなり難しいと言えます。仮に転職先が見つかったとしても給与額や待遇面は下がってしまうケースがほとんどなので現状維持・キャリアアップは余程の事が無い限り無理だと言えます。それでも転職したい、あるいは転職しなければならない事情があるならばある程度の妥協は必要になります。
特に給与に関しては大幅に下がってしまう事もあります。たとえ前職で管理職だったとしても、転職先では新入社員同然なので仕方のない事です。しかし中高年の方ならば自分だけでなく家族の生活も考慮しなければならないので、下がるにしても限界はあると思います。給与の下げられる限度額の判断が難しい場合は転職コンサルタントなどに相談して自分の市場価値を把握してみましょう。

譲れない部分を探す

転職活動をする際にはほとんどの人が「キャリアアップの為」「前職での経験を活かす為」などの前向きな志望動機を探しますが、それと同時に自分がどうしても譲れない部分も探しておく必要があります。転職をする際には倒産、業績悪化などの不可避な事情でもない限り、何らかの現状への不満があることがほとんどです。転職者はこの前職での不満を打ち消すために、不満の要素とは逆の因子を選択基準に選ぶことが多々ありますが、それだと上手くいかないことが多いようです。
転職を考える際には前向きな志望動機と現状への不満を見つけると同時に「自分が絶対に譲れないもの」を探し出しましょう。そしてそれを基準に転職活動をすることが納得のいく転職先を探し出す秘訣となります。

管理職の転職活動の準備

管理職の方が転職するためには事前にしっかりとした準備をする必要があります。ほとんどの方が1か月から3か月ほどで転職先を探し、面接の事前準備に1か月程費やすと言われています。面接の準備に関してはまず書類を準備する必要があります。
管理職の方が転職する際に必要な書類は履歴書と職務履歴書があります。場合によっては添え状も必要になります。履歴書と職務履歴書を作成する際に志望動機と自己PRをしっかりと考えることになるでしょう。これは実際の面接の際にも聞かれる可能性が高いので、書類を仕上げながらどの様に説明するかもしっかり考えておきましょう。
書類の作成が終わったら面接で聞かれる質問を想定する必要があります。これは前職あるいは企業側に関連する質問がほとんどです。コツは自分の考えをしっかりと整理しておくことです。そうすることで自然と上手に受け答えが出来るようになります。そのため前職での仕事内容や自分の実績、企業側の情報や自分との関連性などの情報をしっかりと整理しておきましょう。

管理職の転職のおすすめ転職サイト・エージェント紹介

リクナビNEXT

リクナビNEXTは転職者の8割が利用していると言われており、豊富な案件数・転職者からの高評価において転職サイト内でも断トツの強さがあると言われています。最近ではこのリクナビNEXTの「スカウト登録」というサービスが好評となっています。これにより自分自身では探しきれなかった好条件の案件と出会う事も出来るので管理職の方にもおすすめの機能と言えます。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは業界別の専任制なので自分の希望する職種に詳しいエージェントが専属でサポートしてくれます。エージェントは管理職の方が気になる就労環境や企業風土やデメリットなどの貴重な情報も提供してくれます。また利用者への親切な対応も好評を得ています。無料で会員登録出来ますので転職を考えている方はまず登録してみてはいかがでしょうか。

BIZREACH

BIZREACHは管理職や海外赴任などの実績があるハイクラスな方向けの求人サイトです。登録してサイト内で職務履歴書を記入すると、即戦力を求めている企業から直接メールが届くので、面接までの距離がかなり近くなります。また企業と直接交渉することも出来ますので管理職の方でも給与額のアップが期待できるでしょう。

doda

dodaは20代~30代前半の方に人気のある転職サイトです。dodaはそれぞれの年代に合わせて紹介できる独自の優良企業が多いので、優良企業に転職したい方におすすめです。また「エージェントサービス」というコンサルタントが前面サポートしてくれるサービスもあります。

JACリクルートメント

JACリクルートメントは人材紹介サービス企業として東証一部上場、国内第3位の売り上げを誇っている転職エージェントです。JACリクルートメントには約500名のコンサルタントが在籍しており、それぞれのコンサルタントが各業界に精通したアドバイスを提供してくれます。またJACリクルートメントはハイクラス層(年収800万円以上)の求人情報の保持数が国内有数クラスであると言われています。そのためキャリアアップを図る管理職の方にもおすすめの転職エージェントと言えます。

キャリアカーバー

キャリアカーバーは年収650万円以上の求人をメインに掲載しているので、キャリア志向のビジネスマンや管理職の方におすすめの転職サイトです。ハイクラス向けの求人は限られていると言われていますが、キャリアカーバーは業界最大手のリクルートグループなので質の良いハイクラス向けの求人が多く集まっています。キャリアカーバーでは年齢に関係無くスキルや実績で大幅な年収アップが見込めるので、年収650万円以上を目指したい方にとってはおすすめの転職サイトです。

ランスタッド

ランスタッドは近年コンサルタントの質が急上昇している転職サイトであると言われています。ランスタッドは「リクナビNEXT転職エージェントランキング2016年秋」において、コンサルタント個人部門で全国400社以上の転職エージェントの中で、1位を含む4名のコンサルタントが10位に入賞しています。ランスタッドにはそれだけ優秀なコンサルタントが集まっていると言えます。ランスタッドはミドル層の転職支援が得意と言われています。営業・事務・技術などの様々なジャンルにおいて、将来のキャリアアップを想定した転職サポートを受けることが出来ます。そのため中小企業の管理職の方にはピッタリな転職サイトと言えるでしょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは求人数が圧倒的に多い求人サイトと言われています。13万件以上ある非公開求人の中から利用者に合った案件を転職エージェントが紹介してくれます。またリクルートエージェントはリクルートグループの中でも優秀な社員が集まっていると言われており、尚且つ業界きっての情報量と実績があるため転職を考えている管理職の方にもおすすめの転職サイトです。(リクナビNEXTとは別のサービスです)

管理職の方の転職はやはり難しい

管理職の方が転職を試みる際にはしっかりと前職での実績やスキルを活かす必要があります。自己分析や転職先の企業リサーチも大事ですが、全ての事を自分一人でやるのはとても大変です。そのため、転職する際には上記のおすすめ転職サイトを利用してエージェントと相談しながら転職活動をすることをお勧めします。管理職の方が転職する際は、前職の倒産や業績悪化などの込み入った事情が含まれていることもありますので、それらの点もエージェントに相談しながら話を進めてみましょう。
今回は管理職の方が転職する際の内部事情や転職サイトについてご紹介しました。管理職の様な40代以降の中高年の方は若手のサラリーマンと違い、企業側も扱い辛いということもあり募集の時点で採用を躊躇されてしまう事があるようです。仮に転職先が決まったとしても前職と全く違う業種や職場環境であったり、あるいは自分自身は前職で培った概念を捨てることが出来ずに後悔してしまう事もある様です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related