Search

検索したいワードを入力してください

新潟県での仕事の探し方|新潟県の仕事探しに強い求人サイト

初回公開日:2017年05月01日

更新日:2017年05月19日

記載されている内容は2017年05月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

新潟県で仕事探しで困らないように今回は新潟県での仕事の探しかた、新潟県の仕事探しで正社員・バイトに強い求人サイト、新潟県に仕事で移住する場合、新潟県の仕事状況はどうなのか?など新潟県の仕事事情について見ていきたいと思います。

新潟県での仕事の探し方|新潟県の仕事探しに強い求人サイト

新潟県の就職状況

2017年(平成29年度)4月現在、新潟県の有効求人倍率は1.70倍です。これは新卒の学生を除きパートを含む全数(原数値)による有効求人倍率です。2016年(平成27年度)の3月と比べてみますと0.12倍高くなっています。ということは仕事を探している人よりも働いてくれる人を探している企業の方が多く、仕事を比較的に探しやすい状況と言えます。

全国の平均倍率と比較してみますと、全国の有効求人倍率は1.43倍なので新潟県の有効求人倍率は高いということが分かります。有効求人倍率のランキングを見ますと47都道府県のなかで23位にランキングしています。

新潟県の有効求人倍率は県内でも変わってくる

新潟県の有効求人倍率1.70倍というのは新潟で見た数字になります。場所によって異なるので仕事を探すときはこの場所はどのくらいの倍率なのかを把握することで就職しやすくなると思います。

場所別でみると(平成29年度4月現在)

新潟  1.70
新発田 1.36
新津  1.27
巻   1.29
佐渡  0.89
村上  1.29
長岡  1.39
三条  1.99
十日町 1.18
南魚沼 2.26
上越  1.13
柏崎  1.17
糸魚川 1.40

となっていまして、南魚沼の2.26が断トツで高く一番低いところで佐渡の0.89になります。なのでこのようなデータを参考にどこで働けば就職しやすいかが分かります。

職業別有効求人倍率は

職業別で求人有効倍率を比べると、保安は5.78倍、建設・採掘は2.98倍、専門技術は2.08倍と高い数字だということが分かります。しかし高い数字だとしても理由があります、それはあまり人気が無いということです。というのも保安というお仕事は屋外立って作業するケースがおおく(道路工事している時の車の誘導)さらにハードな時間帯や低い賃金などが原因でこのような数字になっています。

保安、建設・採掘、専門技術とは別に、事務は0.32倍、運盤・清掃・包装は0.26倍と1倍を大きく下回る数字です。下回るということは人気が高い仕事だということが分かります。

新潟県で正社員・バイトを探すには

それでは新潟県で仕事を探すにはどうすればいいのかということですが、求人情報を探す時はまず求人サイトを見て探すことをお勧めします。大手サイトですと全国の求人情報が乗っているので探すときは便利です。

求人サイトでも雇用形態が変わってくるので探すときは注意してください。

就職時に使える就職情報サイト

就職情報サイトとしましては

doda
マイナビ
リクナビ
キャリアインンデックス
ジョブセンスリンク

などがありますので、就職探しをする時は参考にして探すと自分にあった仕事を見つけやすいと思います。

なかなか仕事が見つからない・・・

先ほどご紹介した就職サイトで新潟県の仕事が見つからない時は、新潟県に特化している転職エージェントや県の就職情報、ハローワークなどで探してみてください。新潟県に住んでいる方は知り合いの方に紹介してもらうのもありです。

転職エージェントでは無料で転職の相談が受けられ、非公開求人として地元の中小企業を中心とした求人があります。転職エージェントも種類があるので自分にあった所で仕事を探してみましょう。

新潟県で就職に強い求人サイト

新潟県で就職に強いサイトを見ていきます。

新潟転職.com
リターナルキャリア新潟
新潟就職応援団キャリア

などがあります。

次に新潟県の転職支援サイトとハローワークを見ていきましょう。
新潟県による公的就職支援で、ハローワークだけではなく活用することをお勧めします。

にいがたjob Cafeがあります。こちらは新潟県が経済界とともに行っている若者向けの仕事探し情報サイトです。仕事情報の紹介以外にも、履歴書・経歴書の書き方などの書き方のアドバイスを受けることが出来たり、模擬面接も可能でさまざまなサービスを受けることが出来ます。

ハローワークは求人数が豊富で、ネットで仕事探し情報を探す事が可能です。注意しておきたいのが、仕事に応募する際は求職申し込みをすることが必要になります。退職していなくても可能です。

なので新潟県で仕事を探すときはこのような新潟県に特化した仕事探しサイトを見ることをお勧めします。

新潟県で高卒で就職し仕事をする場合

高校を卒業しいざ就職!ということですが、高卒で仕事を探す場合は高校でそのまま仕事探しをするということが多いと思います。ですが何らかの事情で就職できなかった・・・場合も可能性としてはあります。そんな時は高卒・新卒に強い就職サイトをおすすめします。

上記で紹介しましたサイトに加え様々な就職支援サイトがあるので、すぐ決めるのではなく色々なサイトを見ながら自分にあった仕事を探すことをお勧めします。

新潟県で大学卒で就職し仕事をする場合

大卒で就職する場合、高卒よりも平均月収は高くなります。高卒だと平均収入は約15万、大卒ですと約18万なので3万近く変わってきます。専門的なスキルや知識が多い分優遇される場面が多いです。

色々なサイトを参考にしてみると、大卒の方でも1年間やりたいことが見つからず浪人している方でもしっかり就職できるサイトがあったりするので、自分が何をやりたいのかを明確にすれば仕事を探すのがスムーズになると思います。

新潟県で仕事探しに困っているフリーターの場合

自分は就職できるのだろうかと心配になる方もいるかも知れませんが大丈夫です、新潟県の求人サイトでは未経験者募集などスキルが無い方でも安心して就職できる場所もあります。今では派遣社員の求人情報も出ていて比較的働きやすくなっていると思います。

フリーターの方でも頑張れば正社員に採用されるということもあるので、長く勤める事が出来れば正社員として働くことも出来ます。

新潟県で仕事を探すときに注意する点

新潟県で仕事をする場合特に注意しておきたいことが、「雪」です。新潟県は積雪地方なので冬になると多いところで1m近く積もるところもあります。一冬の平均値としましては「578cm」となっています。津南雪祭りで有名な津南町は一冬で「1,108cm」の積雪を記録しました。なので新潟県で仕事を探す時は、積雪などのことも考えながら仕事を探すと就職してから困ることも少なくなると思います。

場所によっては雪かきを1日3回しないと出れない場所もあります、雪とは言えど水分を含んでいるので雪かきをして次の日筋肉痛ということも珍しくありません。

また積雪地方なので冬は特に寒いです。暖房類はしっかりとし万全な対策にしましょう。

新潟県の仕事情報

新潟県ではどのような仕事があるのか、どのような仕事が人気なのかを見ていきます。

新潟県職員には様々な種類の職種があります。大学卒・短大卒・高校卒によって働ける職種も違うので調べることも大切です。

高校卒ですと
一般実務:一般行政・一般事務職は、特定の部門や分野に限らず、県行政の様々な業務にあたります。

警察実務:警察行政・警察事務職は、警察官とともに「県民の期待と信頼にこたえる力強い警察」を目指しています。

総合土木:土木関係、農地関係の業務に就きます。

などの仕事があります。

短大卒ですと

司書:図書館資料の収集、整理、保管、貸出しのほか、サービスの企画立案など、図書館の管理・運営に就きます。主に県立高校が多いです。

大学卒の場合

大学卒の場合かなり優遇されるようで就職できる仕事の種類も豊富です。

一般行政:一般行政・一般事務職は、特定の部門や分野に限らず、県行政の様々な業務に就きます。

警察行政:警察行政・警察事務職は、警察官とともに「県民の期待と信頼にこたえる力強い警察」を目指しています。

福祉行政:子どもから高齢者まで、障害や病気の有無にかかわらず、だれもが地域でいきいきと暮らせる社会づくりを目指しています。

農業:農業施策の企画立案・実施等の農業行政業務、農業者に対する生産技術指導や経営指導等の普及業務、先端技術の開発等の試験を担当しています。

林業:森林・林業施策の企画立案・実施、育成指導、治山や林道事業の設計・監督等を担当するほか、森林機能の開発、きのこ等の新品種の開発等の試験を担当しています。

水産:資源の管理や漁場の造成、漁業担い手の育成等の行政業務を行うほか、主要魚種の資源調査や増養殖技術開発、魚病対策等に関する試験を担当しています。

建築:建築物の確認審査や防災指導、学校や病院などの公共建物の整備など、建築物の安全や住まいづくりに関する業務行っています。

機械:学校、病院や庁舎など、県有施設の新築・修繕に伴う機械設備工事や下水道施設の機械プラント工事に係る計画・設計・工事監理等に関する業務をやっています。

環境:環境施策の企画立案業務や環境の監視、工場・事業場への指導、環境を守る取組みの普及啓発等を行う他、環境に関する検査・研究などを行っています。

電気:県民生活のライフラインである電気を電力会社へ供給する発電管理所や地域産業をサポートする重要なインフラである工業用水を企業に供給する工業用水道事務所の運転、維持管理及び工事の設計・積算・監督等の仕事を行います。

保健師:少子高齢化を迎え多様化した県民のニーズに応えるため、家庭訪問や健康相談等の直接サービス、地域住民の健康課題を解決するために施策の推進や調査・研究の実施及び地域保健福祉関係者に対する研修等を担当します。

管理栄養士(行政):給食施設の指導、食育、健康・栄養関係の調査など、食と健康をめぐる多くの仕事をします。

薬剤師(行政):、試験・研究業務、医薬品等製造・販売業者及び医療機関等に対する許認可・監視指導など専門性を発揮する仕事となっています。

司書:図書館資料の収集、整理、保管、貸出しのほか、調査相談や図書館サービスの企画立案など、図書館の管理・運営を行います。

少年警察補導員:非行等の少年問題に関する警察の専門職員として、少年相談、街頭補導、問題行動のある少年の立ち直り支援及び非行防止の啓発活動をしていきます。

科学捜査(生物):証拠資料の鑑定や犯罪現場での科学的な検査を行って、犯人の特定や事件を立証する仕事です。

科学捜査(化学):各種事件・事故に関する証拠資料の検査や鑑定を行い、犯人の特定や事件を立証するための仕事です。

化学捜査(電気):電気機器や燃焼機器類の故障等によって発生する火災原因の究明をはじめ、放火事件の立証のための再現燃焼実験や、感電事故原因の究明、犯罪に使用されたスタンガンの鑑定などを担当します。

交通工学:道路交通の安全と円滑化を図る交通管理業務に勤めます。

大学卒だとかなり多くの職種で活躍できることが分かります。大卒で仕事を探すときは参考にして仕事探しをするといい仕事にであったりすることもあるかもしれません。

新潟県へ仕事で移住する場合

新潟県へ思い切って転勤するに見ておきたい点、転勤する際は新潟県にすぐ行った方がいいのか、新潟県に移住した時に困らないようにするにはどうしたらいいのかを見ていきたいと思います。

U・Iターン転職

U・Iターン転職とは、そのまま都心で就職し、生まれ育った土地に以前とは別の仕事を求め、戻って転職することをいいます。 学校は地元で卒業し就職に際して都会に出て、その後、地元へ転職することも「Uターン転職」に含まれます。 「Iターン転職」は、都会に生まれ育ち都心で就職した後、地方に移住して働くことです。

新潟県ではU・Iターン転職を支援しているサイトがあり、新潟県に戻ってくる方や新潟県に働きに来る方に対して情報提供してくれるサイトがあるため、気軽に相談することも出来ます。

さらにU・Iターン転職をする場合、補助金などの支援も受けられるので魅力的です。

U・Iターンに強い就職サイト

U・Iターンをするのはかなり大きな決断になると思うのですが、その際情報は多いほうがいいと思います。新潟県では転勤や移住してくる方へ優遇しているサイトがあるので参考にしてみてはいかがでしょうか。

にいがたUターン情報センター
Uターンサポートデスク
新潟県U・Iターンコンシェルジュ
にいがた暮らし

など、都内から新潟へ転勤・移住する方へのサイトがあります。実際に移住者体験談なども乗っているので非常に参考になると思います。

転勤する際の注意点

やはり積雪地方なので「雪」に注意しなくてはいけません。なれない雪道を歩いたりするため出勤する時いつもより時間がかかってしまった、道が凍っていて車を運転するのがちょっと怖い、雪かきが面倒・・・など移住した方からこのような声も来ているので、転勤する時はしっかり情報を調べ「雪」に対応しなくてはいけないということを忘れないようにしましょう。

移住した際の仕事探し

移住する前に仕事を探すことが好ましいですが、なかなかそれも出来ない方もいると思います。その際は新潟県に強い求人サイトで探したり新潟県に知人がいれば紹介してもらったりなど、就職に役に立つ情報はたくさんあるので求人サイトで探すことをお勧めします。

新潟県の魅力

いかがでしたでしょうか。

新潟県の有効求人倍率を見ると比較的就職しやすい県だと思います。正社員を希望してる人には少し厳しいのかなという印象ですが、新潟県に強い求人サイトなどがあるのでかなり厳しいという訳ではないようです。さらに新潟県は仕事だけではなく食べ物、お酒なども美味しく魅力のある県なので転勤する前に新潟県を歩いて情報を集めることもありだと思います。

新潟県の魅力を楽しみながら仕事を探して実際に働いてみてはいかがでしょうか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related