Search

検索したいワードを入力してください

2017年06月14日

鳥取県での仕事の探し方・求人サイト|メリットとデメリット

鳥取県で仕事を探したり、移住したり、地方で暮らすことに慣れていない人にとっては難しいことです。特に鳥取県は仕事が都市部よりかは多くないイメージがあり、交通手段などがあまりないことから、抵抗がある人が多いかもしれません。実際の鳥取県のお仕事事情を探りましょう。

鳥取県での仕事の探し方・求人サイト|メリットとデメリット

鳥取県で仕事探しをしましょう

どの地域で仕事探しをしていても、自分に合った職を見つけるということは非常に困難です。さて、どのように探すのが一番良い方法なのでしょうか。鳥取県で仕事を探すことになったらあなたはどうやって探すでしょうか。そもそも「鳥取には仕事あるの?」という疑問や、どうやって探すべきか、などを見ていきます。

鳥取には仕事はない?

鳥取県は仕事がないと思われがちですが、実際どうなのでしょうか。日本で一番人口が少ない県だと考えれば当たり前のように思えますが、例えばお隣の島根県と比較してみるとどうなのでしょうか。近くの県と、そして多くの人たちが集まる東京と比較してみましょう。現在、一体どれだけの求人があるのでしょうか。

鳥取県の求人はどれくらい?

まずは鳥取県の求人が一体どれくらいあるのか確認してみましょう。張り紙や、全ての求人までは調べたり、全ての求人サイトを集計するのは困難なので、日本最大の求人検索エンジンと言われるindeedの検索ヒット数のみを見て比較してみようと思います。(indeed内での検索結果なので実際の数とは異なります)

鳥取県のホームページを確認すると、平成28年9月1日時点での鳥取県の人口は推計約57万人です。それに対しindeedでの29年4月現在でのヒット数は約5600件でした。
次にお隣、島根県の人口と、求人ヒット数を確認します。島根県の人口は、「しまね統計情報データベース」によると鳥取県よりも10万人ほど多く、平成29年3月1日現在、推計約68万人です。それに対して、求人ヒット数は約6044件でした。

これは驚きの結果です。同じ調べ方をして、人口が10万人近く異なるにも関わらず、島根県と、鳥取県との求人ヒット数の差はごくわずかです。これを考えると、決して鳥取県がどこよりも求人が少ないと言いにくそうです。
一方、人口の密集する東京都の人口は約1362万人(2016年7月31日時点)に対し、検索ヒット数は304,240件でした。一人当たりの件数を比較してみると鳥取県の求人の少なさは顕著です。東京ほどは仕事を見つけにくいのは確かかもしれません。

しかしこれだけでは、まだ鳥取県どのくらいの求人を即座に知られべられるのか、それは多いのか少ないのかいまいちわかりません。
最後に鳥取県の有効求人倍率を確認してみましょう。鳥取県のホームページを参照しました。鳥取県の有効求人倍率は平成27年時点で平均の有効求人倍率は1.14と全国と比較してもそこまで悪い数字ではありません。

(注)年平均値。有効求人倍率とは有効求人数÷有効求職者数で表されます。
   学卒を除き、パートタイムを含みます。

ここまで、鳥取県には仕事が少ないと言われていますが、職に就けない人が多いなどというわけではないことがわかりました。なのであまり鳥取は仕事がないからと拒絶する必要性もなくなりそうです。

どんな仕事がある?

有名な求人サイトで業種ごとで検索してみると、正確な答えはありませんが、基本的にない仕事というものを存在しないことがわかります。金融、商社、映像制作会社などは存在しているので、現在求人がないところはあるでしょうが、しかし直接アポをとってみることが確実でしょう。

もしかすると、新しい社員を求めている企業はたくさんあるかもしれません。しかし企業数が少ないことは明らかなので、これから仕事を探すという人たちは注意深く、確認しておく必要があります。アルバイトも塾や、コンビニなど基本的なお店はもちろんあります。スターバックスが進出し、続々とカフェもオープンしているので、アルバイトにも、数は少ないですが仕事がないわけではありません。

鳥取県民はどんな仕事をしてる?

鳥取県で就職している人たちは、どんな仕事をしている人が多いのでしょうか。2010年総務省統計局、国勢調査では以下のような結果がでました。グラフでご覧になりたい方はこちらの鳥取県の「Ⅲ進学・就職・労働の状況」を参照くだいさい。

出典: http://www.pref.tottori.lg.jp/secure/962316/3 sinngakusyu... | ・男性は製造業、卸売・小売業、建設業の順に就業者数が多く、女性は医療・福祉、卸売・小売業、製造業 が多くなってい...
医療・福祉の就業者の割合は、全国で13番目と多く、女性の非常に多くが医療・福祉に従事していることがわかります。農林漁業に関しては、鳥取県には海、山があるためか全国で10番目におおくなっています。(平成22年国勢調査)そして、少子高齢化が続き、鳥取から出ていく若者が多いため、年配の方などが農林漁業を続けているためということを考えられます。明らかに若者が不足している鳥取で農林漁業に関わっているのも需要が多くいいかもしれません。

反対に、少ない仕事を確認すると、男女ともに電気・ガス・熱供給・水道業が少なく、続いて情報通信業、複合サービス事業、不動産業・物品賃貸業、金融業・保険業が低い割合となっています。これらの職種を考えている場合は、あまり仕事自体見つかりにくい可能性が高いでしょう。

どこで探すのが一番いいのか?

お店がいたるところにあるような都市部であったりするならば、歩いているだけで求人広告を見つけることは容易いかもしれません。それを探して仕事を見つけるのも一つの手ではあるでしょう。しかし、鳥取県などの地方ではなかなかそれによって仕事を見つけることは困難です。では、鳥取県で仕事を見つけるにはどうしたら良いでしょう。

今のご時世、一番早い仕事を見つける方法はやはり求人サイトではないでしょうか。求人サイトだけではなく、それ以外の仕事探しの手段をご紹介いたします。

求人サイト活用してみましょう

indeedを活用

仕事探しをしたことがある人であれば、一度は使ったことがあるでしょう。indeedは日本最大の求人サイトです。先ほど紹介したように、多くの求人を確認できますが、キーワードによって変化するので、出てこない場合は検索方法を変えてみてください。

そのまま別の求人サイトに飛ぶことができるので、そこから広げていくことも可能です。できるだけ多くの仕事を即座に見たいという方をindeedを活用してみることをおすすめします。

一度は聞いたことがある求人サイト

仕事の数も膨大ですが、求人サイトも様々です。自分にあった求人サイトが見つかるのではないでしょうか。どれを使えばいいのか悩んだら、まずリクナビ、マイナビ、an、バイトルなどTVCMでも流れているものを活用してみましょう。サイトごとに仕様が違う、掲載してある仕事も異なるのでいくつか活用してみるといいかもしれません。

それ以外にも、新卒向け、転職向け、アルバイト向けなど分けてあることも多いので、そこから自分に合うサイトを見つけましょう。

その他の求人サイト

鳥取県では、移住、定住、IJUターンなどの支援を行っており、専用の就職支援サイトが存在します。県外在住向け、県内在住向けの職業情報を掲載している他に、鳥取県移住定住向けのポータルサイトがあるなど、初めて鳥取県に移り住む人でも安心できるような取り組みがなされています。

求人サイト以外のお仕事探し

ハローワーク

求人サイトを使用するのには多額の費用がかかるため、あえて仕事をネットで見つけることのできない企業も多いでしょう。ハローワークに行ってみるのもいいかもしれません。鳥取県にはハローワークが4か所あります。ハローワーク鳥取、ハローワーク倉吉、ハローワーク米子、ハローワーク根雨出張所です。

ハローワーク鳥取の管轄は鳥取県、岩美郡、八頭郡。
ハローワーク倉吉の管轄は倉吉市、東伯郡。
ハローワーク米子の管轄は米子市、境港市、西伯群、日野郡。
ハローワーク根雨出張所の管轄は日野郡。

となっているので、確認の上行ってみるのもいいでしょう。

直接企業にアポ取り

求人広告、サイトなどで見つけらなくても、小さい会社などは随時求人を募集してることがあります。どの県でもこれは同じ条件でしょう。直接企業のホームページなどを確認し、募集を探してみることをできます。もし、募集がなくとも直接連絡を取り、求人がないか確認してみると案外見つかることも多いかもしれません。電話やメールなどのマナーを確認して臨みましょう。

鳥取県ならではの仕事探し

「とりぶ」という鳥取県で働くための情報誌が存在します。鳥取県で活躍する企業の情報が記載されているので、その中から自分がいきいきと鳥取で生きるためには必要な企業をさがしてみてください。WEBマガジンなので、いつでもどこでも気軽に確認することができるので便利です。あまり魅力を感じていない仕事でも、仕事内容や実際に働く方のインタビュー記事が載っているため、実は魅力的な企業を見つけることができるかもしれません。
鳥取県で仕事を探すからといっても、他の県にいるときとさほど探し方が変わることがないでしょう。しかし、鳥取ならではの県からの手厚い支援を受けることで、より良い就職先が見つかるかもしれません。いろんな方向から仕事を探してみましょう。

鳥取県での生活

仕事が見つかっても生活はどう変化するのか気になりますよ。人口が少ない、お店が少ない、電車が少ないなど、不便を感じるであろう要素をたくさん考えるでしょう。しかし、それを一度受け入れてみることで、不便が不便と感じることがなくなるかもしれません。鳥取県で働くとなった時、どこがデメリットでどこがメリットであるかをまずは確認しておきましょう。

ここが不便

不便なことがないとは言いきれない鳥取県ですが、どのようなところが不便なのでしょうか。住んでいなくても、噂で聞いたことのある鳥取県の不便なところもあるかもしれません。いくつか挙げてみましょう。

・電車が1時間に1本のペース
・バスも1時間、早くて30分ペース
・住宅街なの電柱が少ない
・コンビニやカフェが少ない
・お店のお店が離れている
・飲み屋が駅周辺に固まって居たり、それ以外の飲み屋は離れていることがある。

少しだけ上げてみましたが、これだけでも都市部に住んでいて、電車で生活していた人から考えると信じられないです。鳥取県に住むなら自動車免許を取り、車を持つことは必須だと思うべきです。車がなければ移動は困難です。タクシーに頼ってみるのも土地が広く移動には距離があることが多いので、乗り続けるのは難しいでしょう。

仕事終わりの一杯は都会と比較すれば気軽なものではありません。車で移動していたらそもそも飲むことができません。しかし、仕事終わりに飲むのは帰宅してから、一軒家の方が多いので同僚の方の家、庭で気軽にバーベキューなどを楽しむことができます。お酒の楽しみ方を少し変えてみるといいかもしれません。
コンビニやカフェが少ないことに関しても不便ではあります。しかし、少しずつ増えてきているので、場所には寄りますが苦労することも少なくなるでしょう。女性の場合、暗い夜道は危険ですね。日ごろから近所の住民の方たちと良好な関係を築いていくことが、対策の一つになるでしょう。できるだけ大通りの近い道、人通りの多い道付近に住むことをおすすめします。

ここが嬉しい

不便なことは確かに多いです。働いていく上でも感じることがあるでしょう。しかし、鳥取県で住むと嬉しいこともあります。

・近所の人とコミュニケーションがとりやすい。
・助け合って生活できる。
・海や、山があるので、県内でいろんなアウトドアが楽しめる。
・海の幸、山の幸が美味しい。
・駐車場が多いので車でどこへでも行くことができる。

一番は近隣住民とのコミュニケーションのとりやすさが田舎のいいところでしょう。最初は大変でしょうが、毎日のあいさつなどを心がけることで、良好な関係を築けるようになるのではないでしょうか。海と山があることがアウトドアが好きな人には嬉しいメリットの一つです。休日に仕事の疲れを癒しに自然に触れることが気軽にできるのは、田舎ならではです。この場合も車があると嬉しいですね。美味しいものを毎日食べて、仕事の息抜きに静かに自然に包まれるのは、都会では味わえません。

田舎の生活も悪くない

鳥取県で仕事をするということは、他県、都会と比較すれば難しいところもたくさんあります。求人を探すのも多少苦労するでしょうし、普段の生活でも苦労することがあります。

しかし、職に就くために手厚い支援を行ってくれていることも確認できました。そして鳥取県には仕事以外に素敵な部分がたくさんあります。不便なところばかりをみるのではなく、田舎ならではの不便を楽しみつつ、良い部分を満喫してみてはいかがでしょうか。働いていくうちに、鳥取で生活することに都会以上の楽しさを感じる人もきっと多く出てくるでしょう。

あなたにあった鳥取県での新しい生活を始めてみませんか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related