Search

検索したいワードを入力してください

長崎県での仕事の探し方・おすすめ求人サイト|長崎県に移住する場合

初回公開日:2017年04月19日

更新日:2017年04月19日

記載されている内容は2017年04月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

長崎県といえば異国情緒漂う土地で観光地としても有名な場所です。長崎県は自然にも恵まれていますが、田舎過ぎず住みやすい土地だとも言われています。長崎県に移住を考えている人も多いでしょう。ここでは長崎県での仕事の探し方や仕事求人サイトをご紹介致します。

長崎県での仕事の探し方・おすすめ求人サイト|長崎県に移住する場合

長崎県での仕事の探し方

長崎県と言えば、雨のイメージや坂道が多いイメージがあります。隠れキリシタンの文化や中華街や米軍基地などがあることから、異国情緒溢れる雰囲気が特徴で、観光地としても有名な場所です。海や山に囲まれている割には、栄えていて、都会過ぎず田舎過ぎずという点で移住を希望する人も多いです。

長崎県に移住することを考えているなら、仕事を探しておかないといけません。実際に長崎県に移ってからハローワークなどに通って仕事を探すことも出来ますが、出来れば移住する前に仕事を探しておいた方が安心です。他の県でも同じですが、ハローワークの求人サイトのエリアを絞って検索したり、大手求人サイトを利用して検索することが出来ます。

長崎県の仕事探しに強い正社員・バイトの求人サイト

長崎県の仕事探しで、ハローワークの求人サイトや大手求人サイトのエリアを絞って検索する手段もありますが、都会の地域に比べると件数が少ないです。
長崎県に実際に行かなければ見つけることのできない求人もあります。しかし、出来ることなら、移住する前に仕事は見つけておきたいものです。

長崎県の求人だけを扱っている「Nなび ながさき県内就職応援サイト」という求人サイトがあります。長崎県の仕事だけを取り扱っているので、他の大手求人サイトなどには掲載されていない仕事も見つけることができます。ハローワークのサイトや大手求人サイトを見つつ、Nなびの求人サイトも合わせてみることで、より多くの求人情報を得ることができるでしょう。

長崎県に仕事で移住する場合

東京で働いていて、支社が長崎県にあって派遣されて移住することもあるでしょう。長崎県の職場と東京の職場ではやり方も違ってきます。職場の人間関係で戸惑うことが多いでしょう。長崎県の地元の人達は、開放的でフレンドリーな性格の人が多く、上司に対して馴れ馴れしい部下がいて驚くことがあります。しかし、上司もおおらかな人が多く、そんな部下とも仲良く付き合っています。

また好奇心が旺盛で新しいもの好きが多いのが長崎県民の特徴です。新しい仕事もどんどん取り入れようとします。しかし、大雑把な性格の人も多いのもまた長崎県民です。新しい仕事を取り入れたは良いが、細かい作業になると人に押し付けがちなのも特徴として上げられます。

長崎県は仕事がない?

長崎県は仕事の求人が少ないです。長崎県出身で都会へ就職して、何らかの理由でまた長崎県に戻ってきても就職先がなくて困るケースが増えています。
仕事を見つけても給料が少なく、実家で暮らしている人も多いでしょう。実は長崎県は家賃が高いことでも有名です。給料が少ない割りに家賃が高いことから、一人暮らしをしようにもできない人が多いのです。

公共交通機関は、長崎市内や佐世保市内であれば充実していますが、他の地域になると車を持っていないと移動が難しくなります。通勤にバスや電車を利用する人も多いですが、長崎県民の多くは、車を一家に一台ずつではなくて、一人一台ずつ所有していることが殆どでしょう。

失業率は全国的には中間ぐらい

長崎県の失業率は全国的に見ると、それほど悪いという訳ではありません。ちょうど中間くらいで、良くも悪くもないといったところです。しかし、それでも仕事の求人は少ないのは変わらず、最低賃金ランキングでは最下位の677円という現状です。

しかし、若者が減って年配者が増えていることから、介護関係の仕事は多いです。福祉関係の資格を持っていれば有利なので、長崎県で仕事を探そうと思うなら、資格取得から頑張った方が良いでしょう。求人倍率で見れば、介護関係の他に建設業も人手不足が見られます。建設関係の資格取得も視野に入れておきましょう。

景気回復の兆しもある

長崎県の仕事の求人は相変わらず少ないですが、少しずつ回復の兆しが見えてきています。新規求人数は、前年と比べるとわずか2%ではありますが、増加の傾向が見られました。パートの求人は減ったのですが、フルタイムの求人は増加の傾向にあります。

これは背景に、長崎県の景気の回復があるということが言えるでしょう。長崎県は観光地としても有名ですが、近年は観光客の減少で観光業が苦しい状況にありました。しかし、今年に入ってからは緩やかに持ち直していることが分かりました。

景気が回復するれば雇用も増えます。緩やかではありますが、景気回復によって長崎県の仕事の求人が今後増えていくと予想できます。

長崎県の仕事の状況

長崎県の景気はまだ回復途中といったところで、完全に好景気になった訳ではありません。仕事も上記で説明した通り、仕事を探すのは困難な状況には変わりありません。
しかし、職業によっては求人が多いものあり、福祉関係や建設業など仕事によっては人手が足りていない場合もあります。どんな仕事が求人が多いのか調べた上で、その仕事に就職できるための勉強をして、準備をしておくと安心です。
長崎県が観光地が多いことから、観光業にも注目したいところですが、観光客の減少もあったことから、あまりお勧めはできません。回復してきてはいますが、まだ様子を見た方が良い段階です。

長崎市でも佐世保市でも造船業が盛んです。長崎県の求人を見てみると造船業の募集が多く見られます。また佐世保市には米軍基地があり、米軍基地内での求人もあります。どちらも給与に関しては高い方で、専門性が高いので簡単には就職は難しいと思いますが、視野に入れて、それぞれ専門の勉強をしてから挑戦してみても良いと思います。

造船業

長崎市にも市内近郊にも造船業が盛んで、求人もたくさん出ています。しかし、その殆どが経験者を求めているので、全くの素人が就職するのは難しい状況です。大手の造船所であれば未経験から育ててくれる所もあるので、根気強く求人を探し続けるようにしましょう。
正社員ばかりではなくアルバイトやパートの募集もあります。未経験からの募集はアルバイトやパートの方が多いので、まずは非正規雇用で経験を積んでから、正社員になれるように努力していく方法もあります。
ただ、アルバイトやパートでも給料は良い方なので、そのまま落ち着いてしまう人もいます。自分に合った雇用形態で勤めれば働きやすいでしょう。

米軍基地

佐世保市内だと米軍基地があるので、米軍基地内での求人もあります。米軍基地で働くのは狭き門だと言っても過言はないでしょう。それだけ給料も待遇も良い仕事で、倍率も高いです。
米軍基地では当然ですが、アメリカ人が多くいます。その為、英会話力は高くないと勤めることが難しいでしょう。英語で会話できることが、米軍基地内で働くことの条件に入ってきます。実際に英語が話せても証明できるものがないと面接に落ちてしまいます。求人にはTOEICが何点以上という条件もあるので、TOEICテストは積極的に受けるようにしていきましょう。

長崎県に住むメリット・デメリット

長崎県に移住を考えている人は少なくないでしょう。しかし、どの地域に住んでいてもメリットとデメリットは必ず存在ます。
メリットとして、魚介類が美味しいということが上げられるでしょう。長崎県は海に面している地域です。漁業も盛んで、スーパーには新鮮な魚が並んでいます。
観光地としても有名な長崎県なので、観光スポットが多いこともメリットです。県外に出なくでも、休日に出かける場所があるのはメリットと言えるでしょう。またイベントも多いのも特徴です。長崎おくんちやランタンフェスティバル、よさこい祭りも毎年賑わいを見せています。

デメリットは、やはり仕事が少ないという点が上げられます。そして、給料が少ない割りに家賃が高いということもデメリットです。生活してはいける程度に稼げますが、あまりゆとりがない経済状況に陥るでしょう。

長崎県民の性格

長崎県民の性格は、ひとことで言えば開放的でフレンドリーだと言えます。鎖国時代に唯一外国と外交が許されていた土地なので、外から入ってくる目新しいものを好意的に受け入れる性質が今日まで引き継がれています。佐世保市では米軍基地がある為、外国人ともフレンドりーに付き合っている人も多いです。
また、穏やかで大雑把な人が多く、細かいことを考えるのが苦手な傾向にあります。後先のことはあまり考えていない為、目先の楽しいことに没頭している人が多く見られるでしょう。好奇心旺盛なので、新しいことはどんどん取り入れていきます。

長崎県は観光地としても有名

上記で説明した通り、長崎県は観光地としても有名な場所です。海と山に囲まれた豊かな自然にも恵まれていて、自然を楽しむのにも良い地域です。
また、長崎県は歴史的にも有名な場所が複数あります。歴史ファンの人達に十分楽しめるスポットがたくさん存在します。
全国有数の国際都市です。国際的な観光スポットもあり、独特な雰囲気があるのも特徴です。中華街があったり、西洋チックな建物があったり、国際色豊かな街並みが楽しめます。

異国情緒漂う土地

長崎県にいくと異国情緒あふれる独特の雰囲気に魅了される人が多いでしょう。中華街やグラバー園など、アジアっぽいものもあれば西洋の文化も感じられる場所が混在しているのが長崎県です。
隠れキリシタンでも長崎県は有名な地域で、キリスト教信者も他の地域に比べると多く、歴史的にも古い教会が多く建っています。
米軍基地のある佐世保市では、外国人バーが沢山あり、アメリカンな雰囲気が味わえる地域です。アメリカ人も多く住んでいて、夜の街で出くわして友達になると気前よく奢ってくれる人もいます。

山や海など自然も多いが田舎過ぎない

長崎県はさまざまな国の文化が入り混じっている不思議な雰囲気な土地ですが、海や山に囲まれているにも関わらず、田舎過ぎないという不思議な雰囲気もあります。
自然を楽しむこともできれば、買い物するのにも困らないので、長崎県は住みやすいと人気の高い場所なのです。漁業が盛んなことから、近くのスーパーでも鮮度の高い魚が食べられるのも魅力的です。
都会過ぎないので、東京のように人混みでごった返すこともありません。通勤時や帰宅時の渋滞もありますが、都会暮らしが長い人にとっては、気になる程ではないでしょう。

起業する、フリーランスとして働く

長崎県で移住して働くには、地元の仕事に就職するという方法以外にもフリーランスとして働いたり、起業するという方法もあります。
長崎県で正社員で就職出来ても、不景気の煽りを受けて賞与がなく、アルバイトや派遣で働いた方が稼げるということもあります。派遣が時給が高いことから人気は高いですが、長く働こうと思うと正社員として働いた方が良いでしょう。
しかし、昇給する見込みも少なく、将来的にも稼げるようになるという希望が持ちにくいのが現状です。

それなら、フリーランスとして働いたり、自分で起業する方が将来的に希望が持てます。リスクは高いですが、自分の頑張り次第で稼げるようになるかもしれません。就職できなかったからといって自暴自棄になる必要はないのです。

生活していく為に

どの地域でも言えることですが、生活していくために稼ぐには、就職するという方法だけではありません。会社をリストラされて自殺に追い込まれてしまう人がいました。仕事を失って生きていくことが出来なくると思って自暴自棄になってしまうのです。
仕事は雇われてするものばかりではないということを覚えておきましょう。発想を変えて、視点を変えて、自分が会社を作れば良いのです。
もちろん簡単なことではないし、思いつきで初めても失敗に終わるでしょう。死ぬつもりでやれば、何か結果を残せます。
仕事がないというだけで、自分の人生を終わらせるのは勿体ないことです。何かに挑戦してみることで、絶望しかなかった人生を有意義な人生に変えることが出来るのです。
生きていくために、広い視野を持つようにしていきましょう。

長崎県を堪能しよう

長崎県の仕事の状況は決して良いものだとは言えませんが、それでも長崎県民は楽しく暮らしています。収入は他の県と比べても低いでしょう。ハローワークには行列ができるほど、求職者は多いのです。

しかし、長崎県民の性格が大雑把で後先のことをあまり考えてない人が多いということもあってか、いつも前向きに暮らしています。
生活していくためには最低限の生活費は稼がないといけませんが、お金がなくても楽しんでいける方法もあるのです。収入と人生の豊かさは必ずしもイコールではないということを覚えておきましょう。
長崎県の国際豊かな地域で広い視野を養って、後先を考えずに挑戦してみるという県民性を真似してみましょう。今までの固定概念を崩していけば、新たなアイディアが浮かび、人生がより豊かなものになることでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related