Search

検索したいワードを入力してください

転職の入社時期が「3ヶ月後」はOK?それまでの過ごし方と対処法

初回公開日:2017年04月14日

更新日:2017年06月07日

記載されている内容は2017年04月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職して3ヶ月は、慣れない環境、慣れない仕事、色々な初めてが重なり大変な時期であることは間違いありません。この大きな環境の変化に対して柔軟に取り組む姿勢こそ、転職して3ヶ月の大事な過ごし方と言えるでしょう。転職3ヶ月後の様々なケースについてご紹介します。

転職の入社時期が「3ヶ月後」はOK?それまでの過ごし方と対処法

転職3ヶ月の過ごし方

転職して3ヶ月は、慣れない環境、慣れない仕事、初めて接する人間と、色々な初めてのことが重なり、心身的に大変な時期であることは間違いありません。この大きな環境の変化に対して柔軟に取り組む姿勢こそ、転職してから3ヶ月の大事な過ごし方と言えます。

中途採用で転職先からp採って良かった」と感じてもらえているのか、「中途採用で採った割には存在感が薄い」と感じられてしまっているのか、転職して3ヶ月はある意味、会社から自分の存在感を試される大事な期間です。

ほとんどの会社は、転職して入社してから3ヶ月を試用期間としてあてています。もちろんよほどのことがない限り解雇になりませんが、試用期間=しっかり3ヶ月の間に存在感をアピール出来ているかを試す期間でもあります。存在感のアピールとは何なのか、転職3ヶ月の過ごし方をご紹介します。

コミュニケーション能力は問題ないか

仕事において技術的なスキルはもちろん大事ですが、人間関係を築き上げるスキルを会社は常に求めています。そのため、自主的に名前を覚え、仕事以外のことでも話が出来るコミュニケーションスキルは必須といえるでしょう。すでに関係のある人たちの中に入っていく場合、そういったコミュニケーションスキルが大切です。

3ヶ月はまだ重要な仕事も与えれていない時期です。また仕事を覚える時期でもあるため、人に聞かないとわからない仕事内容も多いはずです。その際にわからない仕事内容であっても、その部分の仕事をためこまずに人に聞けるということは非常に重要なことです。そういったコミュニケーション能力を築ける人間であるかどうかを会社は見ています。

会社独自の仕事の進め方に対して柔軟に対応できるか

仕事の進め方というのは会社の数だけ方法があり、同じ会社の中でも人によって変わってきます。そのような中でその会社独自の仕事の進め方に対して、柔軟に対応し覚えられるかが大切です。

もし、自分の考えと全く違う進め方でストレスを感じてしまうのであれば、素直に周りの人に聞いてみましょう。頭ごなしに仕事の進め方を否定するのではなく、「こういうやり方でやってきたが、どう思うか」と、あくまで相手のやり方を尊重した上で提案しましょう。ただ単純に仕事の違うやり方に対してストレスをためこむのではなく、思っていることがあるのであればしっかりと発言することが重要です。このような柔軟性と積極性を会社は見ています。

転職3ヶ月後は実績をあげる時期

転職して3ヶ月が長く感じるか短く感じるかは本人次第です。この3ヶ月という期間でどんなに小さなことであろうと実績が必要になってきます。

一番はどれだけ会社の人間に顔を覚えてもらったかが大事です。中途採用で入社してきたにも関わらず、存在感がゼロでは会社としても中途で採用したかいがありません。ある意味、中途採用というのは、会社はそれだけ期待しているのです。その期待感をモチベーションに変えて頑張ることこそ、転職して3ヶ月を苦にしない方法です。

転職3ヶ月で辞めたいと思った時の対処法

どのような職場であっても3ヶ月たてば次第に慣れてくるものです。転職して3ヶ月が経ち、仕事環境に慣れたからこそ「辞めたい」と思ってしまうような仕事の嫌な一面も見えてくるかもしれません。例えば、「どうしても性格が合わない人が同じ部署にいる」、「前の職場よりも忙しい割に給料が少ない」、「思った以上に通勤時間が長くて辛い」等々です。

そのような仕事に対しての嫌な面が浮き彫りになったときの対処法をいくつかまとめましたのでご紹介します。

今よりもっと辛い時期を振り返ってみる

せっかく転職しても会社が嫌になってしまった場合、「なぜ嫌になってしまったのか」を考えると共に、今よりももっと辛い時期を振り返ってみましょう。

一番分かりやすいのが、前職での職場体験を思い返してみてください。前職の方が辛かった場合、今のこの状況はもう少し続けられると思えるはずです。仕事以外の経験でも構いません。その辛い経験よりも今ははるかにましだと感じられることを振り返ってみましょう。

目標を立ててみる

転職3ヶ月で辞めたいと思っているときは、モチベーションが下がっているケースが多いです。上司に怒られたり、仕事への情熱がなくなったりと、何かしらモチベーションが下がる原因があったはずです。今すぐそれらを解決しようとしても逆に心身共に辛くなってしまうかもしれません。

そこで、簡単な目標を立ててみてはいかがでしょうか。毎日続けられるような目標を立て、それを毎日クリアすることで、1ヶ月、3ヶ月と続けられるようになり、次第に仕事の辛さが解消されて仕事や会社が好きになっていくかもしれません。その時には、上司に怒られたり、仕事への情熱がなくなっていた時期の事がまるで嘘のように解決していたりします。

自分を追い込まず楽観的に考えてみる

転職して3ヶ月経つころには、会社の雰囲気、社風がわかるようになり次第に慣れてくる時期です。そこで思った以上に「仕事が出来ない」、「人とコミュニケーションがうまくいかない」、「未だになじめない」等々ストレスがたまると、どんどん自分自身で自分を追い込んでいき、会社を辞めたいと感じるようになってしまいます。

そうなったときの対象法の一つとして、自分自身を追い込まず、楽観的に転職した後の楽しい時期の事を思い出してみましょう。3ヶ月の期間があれば、些細な事でも何かしらあったはずです。

そういった楽しいことを思い出すことで、今の辛いことを忘れられるきっかけになればと思います。「辛い」というのは一時期に過ぎません。あまり頑張りすぎず、自分を追い込まない事が長く続けるコツです。

もう少し間だけ続けてみる

辛い時期というのは、一時にすぎません。今辛いと感じていても、もう少しだけ続けてみて判断しましょう。決して転職が100パーセントダメというわけではありません。しかし、「辛い=転職」では余計なパワーだけを使い果たし自分自身を苦しめる結果になりかねません。そのためにも、もう少しだけ続けてみましょう。

転職3ヶ月での退職

転職して3ヶ月が経過し、職場の環境に慣れたところで再度転職をするということは、どういうことに繋がるのでしょうか。辞めたいと思った時の対処法を実践しても、やはり辞めたいと考えるのは本人次第ですから止めることはありません。しかしながら、転職をして3ヶ月で再度転職するということに対してのリスクについてご紹介します。

転職を繰り返す際のあらゆるリスクを考えよう

転職をしてから3ヶ月で再度転職をするということは、どういったことを指すのか改めて考えてみましょう。前職で転職したいきっかけがあって、今の職場に転職して3ヶ月が経過して辞めたいと感じるということは、次の会社でも同様の事が起こり得るということです。いわゆる、「二度あることは三度ある」です。転職を繰り返すことはどういったリスクがあるのか、以下に例をまとめました。


●転職が短期間で続くと、会社のランクアップは望めない

短期間での転職が続くということは、次の転職の際の面接においても、会社側としてはその人を信用できなくなります。理由は一つです。「せっかく雇ったとしても会社をすぐに辞めるのではないか」という点です。まず短期間で転職を繰り返す人間に対しての信用はありませんから、コネでもない限り今の会社よりも年収を高くしたい等の高望みをすることは難しいでしょう。

そして、信用が無い上で雇ってくれる会社は、その人のスキルを評価するというよりは、単純に人を確保するのみで雇うケースが多く、今よりも仕事内容が良くなるという考えは甘いです。専門的な仕事を望んでいる人にとっては、転職を繰り返すほど汎用的な誰にでも出来る仕事を任されるため、より仕事に対してのやりがいは無くなるでしょう。

つまり、短期間での転職を繰り返すということは、負のスパイラルに陥る可能性が高くなります。


●前職の同期のキャリアに嫉妬し後悔する可能性大

同じ時期に入社した同期と久しぶりにあったら、色々な仕事を任されて楽しそうに仕事をしているという話を聞くと、なぜ3ヶ月で辞めてしまったのか後悔するケースが多々あります。

楽しそうに仕事をしている同期に対して、今の自分は会社に馴染めず転職を繰り返す日々で、今のほうが辛いというパターンです。会社での「辛い」というケースは一時にすぎません。辛くても続けるという選択肢が後々ハッピーとなることを信じて、短期間での転職は極力避けたほうが賢明です。

なぜ退職したいのか?冷静になって考えよう

せっかく意を決して転職をしたのにも関わらず3ヶ月で辞めたいと思ってしまうのは冷静になって なぜなのか考えてみましょう。自分の感情に身を任せて退職することはあまりお勧めしません。

例えば、友人や恋人、親に相談する等して客観的な意見を聞いてみましょう。その際には、出来るだけ自分が辞めたいと考えている原因を自己分析した上で相談すると、より良い回答が得られるでしょう。

早期退職を勧めない理由

転職を繰り返す際のリスクの話でも記載しましたが、短期での転職は後で後悔する可能性が大きいです。それを知ったうえで、さらに冷静になって友人や恋人、親に相談して冷静になって考えても、それでも転職したいという大きな理由がある限りは、早期退職はお勧めしません。

今一度、冷静になって判断しましょう。他にも短期間での転職を繰り返すデメリットはあります。ボーナスや住宅ローンです。これらも転職をするとリセットするため、注意が必要です。

転職の入社時期が3ヶ月後はOK?

転職で入社時期を聞かれた際に「3ヶ月後」と答えた場合、どのように受け取られるでしょうか。3ヶ月と聞くと長いように感じられてしまいますので、なぜ3ヶ月なのかを聞かれた際にはどう答えられるようにしましょう。転職の入社時期3ヶ月後について、まとめましたのでご紹介します。

中途採用は早い入社を求めているケースが多い

転職といえば、中途採用になるかと思いますが、中途採用ということは、今すぐにでも入社して欲しい人材を募集しているケースが圧倒的に多いです。入社時期を聞かれるケースは、内定後ではなく、面接の最中に人事から聞かれるケースが多いため、これも踏まえて採用の可否を決定する要素となります。つまり、3ヶ月と指定するリスクとしては、内定がもらい辛くなると考えましょう。

しかし、特殊なケースもあります。ヘッドハンティング等で「どうしても来てほしい」と会社側からの打診に対して、入社時期を3ヶ月後とした場合に関しては問題ないはずです。これについては、ヘッドハンティングという性質上、内定を確約した状態での話ですから、通常の面接においての入社時期を聞かれた際の返答としては、やはり慎重に答えたほうが賢明です。

自分のモチベーションを保てないリスクがある

入社時期を3ヶ月後とした場合、自分のモチベーションが保てないリスクがあります。3ヶ月というのは、短いようで長いですから、本当にその会社で良いのかと考えたり、在職中の場合は今の会社から引き留めにあう場合があります。何にしろ、3ヶ月後に設定する理由が明確でない限りは、そのような長い期間を設定する必要はないでしょう。

3ヶ月後でなければならない理由は?

転職の入社時期を3ヶ月後と長く設定するということは、「内定をもらい辛い」「在籍中の会社から引き留めにあう可能性がある」「モチベーションが保てないリスクがある」等のメリットがあまりないように考えられます。3ヶ月後でなければならない理由を考えましょう。しっかりとした理由がない場合、相手からも悪い評価を受けかねません。

「3ヶ月後」と設定するパターンを確認しましょう。

●現在携わっているプロジェクトの完了時期

考えられる理由の一つとして、在職中の仕事の終了時期が3ヶ月以内といった理由です。しっかりとプロジェクトを終え、前職での役目を終えてから心機一転、次の会社で頑張るという方は3ヶ月後に設定しても問題ないでしょう。転職先は早めに決めておきたいというリスクヘッジの観点から、早めの転職活動での入社時期3ヶ月後という回答であれば、転職先の人事も納得させられます。


●休職期間中にどうしてもやりたい夢がある

転職をするということは、入社時期の合間に完全なオフ状態が出来るということです。せっかくの機会なので、休職期間で世界で有数周といった在職中であれば出来ないことをやるために入社時期を3ヶ月後に設定するケースです。


●入社時期の設定は何ヶ月後がベター?

入社時期3ヶ月後はリスクがあると記述しましたが、一般的は、1ヶ月以内がベターです。遠方での転職の場合は、引っ越し期間を踏まえて1ヶ月は期間があると良いでしょう。いずれにせよ、あまり長い期間を入社時期に指定しても明確な理由がない限りは、人事の心証は良くないと考えた上で慎重に答えることが賢明です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related