Search

検索したいワードを入力してください

41歳男性/女性の転職状況・成功のコツ|41歳での転職は厳しい?

初回公開日:2017年04月03日

更新日:2017年06月07日

記載されている内容は2017年04月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

41歳からの転職は多くの人が厳しいと感じるでしょう。転職することはどの世代でも厳しいですが、年齢が上がるにつれてより難しい状況になっています。自分の希望通りの仕事に就くのは難しいと言えるでしょう。41歳から転職事情はどうなっているのでしょうか。

41歳男性/女性の転職状況・成功のコツ|41歳での転職は厳しい?

41歳での転職とは?

41歳で転職するとなると、多くの人は難しいと考えるでしょう。41歳からの転職が難しいと言われる理由は大きく2つあります。1つ目は年齢による体力の衰えです。若い世代が優遇されるのは、若くてこれから成長が期待できるからです。体力もあって適応力もあるので、どんな仕事でも早く慣れてこなしてしまうでしょう。一方41歳ともなると体力も衰えてきますし、仕事も若い時ほどガムシャラに頑張ることも難しくなってくるでしょう。

2つ目は物覚えの早さです。若い時には適応力があるので、何でもすぐに覚えることができますが、年齢と共に覚えるスピードも遅くなります。41歳ではスキルや経験は豊富でも、新しいことを覚えるとなると若い世代には負けてしまうでしょう。特に新しい技術やスキルを導入するとなると、慣れるのに時間が掛かるので仕事への影響も大きくなってしまいます。職業によっても違いますが、新しいことへの適応力が低下していることが、転職への大きな妨げとなってしまいます。41歳からの転職が難しいのは、現実的な問題として、体力や適応力が低下していることから若い時よりも転職が難しくなっているのです。

41歳男性の転職で考えること

41歳という年齢ではまだまだ働き盛りですし、人生も折り返し地点に到達したくらいの年齢です。これから先も元気に働かなければいけないので、仕事はできるだけ長く働けるものを選びたいものですが、簡単には希望通りの仕事に転職するのは難しいでしょう。それでも41歳という年齢でも転職先はあるので、しっかりと対策を立てればうまく転職できるはずです。41歳の男性が転職をする時に考えておきたいことについて紹介します。

職種について

41歳から転職を考えるには、職種についてもしっかりと考えておくことが必要です。若い頃からやってきた仕事をそのままやって行こうと思っても、年齢が上がると転職をすることが厳しい職種もあります。そのため今まで長年やってきた仕事だからといっても、簡単におなし職種に転職することが難しいこともあります。もちろん長年の経験やスキルがあることは転職に有利ですが、うまく活かせる仕事でないと転職することは難しいでしょう。41歳の年齢になると管理職や指導する立場となるため、転職してその仕事に就ければいいのですが、その会社で長年働いている人もいるので難しい現実もあります。

41歳からでも自分のスキルを活かした仕事ができれば、十分に転職することは可能です。職種によっても状況はかなり違うので、会社や業種の状況をしっかりと調べることも必要になります。できるだけ長く働くことができる仕事を選ぶことが大切なので、自分がやりたいと思う職種を選ぶことが大切です。

収入面について

41歳から転職をする時に注意するのが収入面の問題です。41歳で転職をする人の多くは収入が減ってしまうことが予想されるので、生活にも大きな影響を与えます。特に結婚をして子供がいる家庭では、子供にお金が掛かる時期と重なっていることが予想されるので、大幅な収入減は生活が大変になります。できるだけ収入が大幅に減らない転職をしたいものですが、ツテやつながりがなければ一般採用になるので、収入減はされなれないでしょう。しかも41歳からの転職ではこれからの大幅な収入増は見込めないので、少ない収入で生活していかなければなりません。転職をして収入が減ってしまうことが予想されるなら、生活レベルを下げることも検討しておきましょう。

自分のプライドについて

転職をする時に覚悟しておくことは、年下の社員が自分の上司となることです。41歳で転職をするとほとんどが年下の上司になることが多いです。また教育係として教えてもらう人は、さらに若い世代となるでしょう。41歳の男性は今までの社会人として働いてきたことで、会社での上下関係はきっちりと把握しているはずです。ただし男性の多くは立場による上下関係だけでなく、年齢の上下関係も気にする人が多いでしょう。もしも自分が一回り以上下の男性に先輩だからと言う理由で、タメ口で話をされても我慢できるかどうかです。自分のプライドを捨てて会社では立場が下なので、相手のいうことを素直に聞けるかどうかが問題です。

40代の男性は昔から上下関係が厳しい中で生活をしているので、若い世代と付き合う時に自分のプライドを捨てられるかが問題です。若い世代ほど上下関係が緩くなる傾向にあるので、若い世代が上司になると立場が上だからと言う理由で、年上を敬うことをし無い人もいるでしょう。上司の常識が有るか無いかは別として、年下上司の下で我慢して働くことができるか考える必要があります。特に41歳の人は前の会社では上の立場で働いていた人も多いので、自分のプライドを捨てて転職して仕事ができるか考えておきましょう。

どういった立場での仕事を希望するか

41歳で転職する時に大切なことは、転職先でどういった立場で仕事ができるかどうかです。転職先で前のスキルや経験を活かして仕事ができるのと、新入社員と同じ待遇で仕事をするのでは大きな差があります。多くの場合は新入社員と同じ立場で仕事をしますが、会社によっては即戦力を期待したり、スキルや経験を活かしたアドバイザー的な存在を求めていることもあります。41歳で転職する時はどういった立場で仕事ができるか、しっかりと把握してから転職しましょう。給料が上がらないことや体力面の衰えなどを考えると、できるだけ年齢に適した仕事をすることが望ましいです。若い世代と張り合って仕事をしても、体力的にはきつくなってしまうでしょう。

スキルを活かした仕事への転職

経験やスキルを活かした転職ができれば、41歳からの転職でも十分希望通りの仕事に就くことはできるでしょう。しかも経験が活かせる仕事ならば、若い世代と共に仕事をすることもできますし、指導をすることもできるので仕事の幅も広がります。41歳という年齢になると即戦力はもちろんですが、若い世代の育成にも関わって欲しいところです。20年近くの経験やスキルは後輩育成にも大きく役立つので、会社の発展にもつながります。スキルを活かせる仕事は限られていますが、経験はどの業種でも欲しい人材です。特に若い世代ばかりの会社や中堅クラスの社員がいない会社では、41歳という年齢でも十分期待することができます。本来の仕事以外にも後輩の育成指導など、幅広い仕事ができる可能性もあるので、スキルや経験が活かせる転職先を探しましょう。

未経験の分野への転職

41歳から転職することを考えると、できるだけ今までのスキルや経験を活かせる仕事を探そうとしますよね。しかし職業によっては若い世代が中心となって働く業界も多く、例えスキルや経験があったとしても、41歳の年齢から転職することが難しい業界もあります。また転職ができたとしても残り30年弱の期間の間、定年まで若い世代と張り合うことができるか不安になります。1つの会社で勤め上げれば管理職などへの昇進も期待できますが、41歳から転職しても難しいでしょう。

そのため41歳からでも活躍できる未経験の分野に転職することも考えておきましょう。高齢になってからも働き続けられる業種はあるので、自分が興味のある業種を探してみるのもいいでしょう。介護職は若いなり手がいないので、高齢になってからでも転職することができる業種のひとつです。自分が希望する収入は得られないかもしれませんが、転職すれば高齢になってからでも仕事を続けられる安心感はあります。41歳から転職しても若い世代となるので、やりたいを持って仕事に取り組むこともできるでしょう。今までのスキルや経験を活かした仕事への転職以外にも、未経験の業種への転職を考えておく必要があります。

41歳女性の転職で考えること

41歳の女性が転職する時にも、男性同様に簡単には転職することは難しいでしょう。基本的にはスキルや経験を活かした転職先を見つけることが大切ですが、希望通りの会社を見つけること自体が難しいのが現状です。そこで41歳の女性が転職する時に考えておくべきことについて紹介します。

家庭や子供のことについて

41歳の女性が転職する前に考えたいことは、家庭の状況や子供のことについてです。結婚をしている家庭ならば、子供の有無によって大きく現状が違ってきます。子供がいる場合の多くはお金が掛かる時期なので、しっかりと稼げる職種を選んでおくことが大切です。また住宅ローンなどの支払いがあれば、なおさら収入の良い仕事を中心とした会社を選ぶ必要があるでしょう。子供がいない家庭で今後子供を産む予定がなければ、自由に転職できるでしょう。高齢出産が可能だとしても、年齢的にも厳しい年齢です。子供を産む予定がなければ、仕事に専念をして働ける会社を選ぶことができるでしょう。

独り身の場合の今後について

41歳の女性で独り身の場合には、今度の自分の人生においてしっかりと考えておく必要があります。もしもこのまま独り身で生活していくようになれば、自分だけの収入で生活していかなければなりません。男性に比べて女性の方が収入が少ない傾向にあるので、しっかりと老後の心配をしておくことも必要です。転職は年齢が上がると共に難しくなっていくので、できるだけ41歳の時に定年まで働ける会社を選ぶことが大切です。長く働ける会社を見つけることができれば、安心して生活することができるでしょう。

41歳の女性の場合は子供を産むことを考えると、男性はパートナーとして敬遠したくなる年齢です。子供を産まないと決断できれば、今後いくらでもパートナーを見つけることもできますが、こればかりは運やタイミングに左右されてしまいます。もしもこのまま独り身だった時のことを考えて、できるだけ長く働ける職業に転職しておくことを考えておきましょう。

資格を活かした仕事への転職

41歳の女性が転職するなら、できるだけ資格やスキルを活かした仕事を選ぶことがおすすめです。女性の多くは育児などで仕事を離れる機会もあるので、資格を取得している人も多いですよね。41歳から転職する時もスキルや資格を活かして転職すれば、優位に転職活動を進めることができるでしょう。ただ年齢が上がると難しい職種もあれば、年齢が上がってから人気となる職業もあるので、しっかりと見極めることが大切です。

若い世代で人気の職業のひとつにネイリストがありますが、41歳でもスキルがあればやっていくことはできます。しかも自宅などを利用して個人でお店を出すこともできるので、転職する時にも考えておきたい仕事にひとつでしょう。ただし年齢が上がるほど若い世代を相手にするのが難しくなるので、仕事的にも厳しくなってしまうでしょう。年齢が上がってから人気となるのが介護や医療事務などの仕事ですが、資格を取得することでスキルアップも目指すことができます。資格を活かした仕事を転職することができればいいのですが、41歳から資格を取得して転職できる仕事もあるので視野に入れておきましょう。

働き方について

41歳の女性の働き方としてはとにかく生活のために働くのか、もしくはプライベートを充実させたいと思っているかによっても違ってきます。パートナーの存在がいるかいないかによっても違いますが、いれば家計の足しになるようにうまく働ける場所を選びたいです。パートナーがいなければ、将来も独り身かもしれないということから、貯金をするためにしっかりと働いた方がいいでしょう。パートナーを探したいという人でも、婚活サイトなどを埋まり利用すれば、出会いを求めることができるので、もしもの時のためにできるだけ働ける仕事を選んだ方がいいでしょう。働き方につては個人の考えがありますが、老後の心配も考えなければいけない年代なので、できるだけ働ける転職先を選ぶことがおすすめです。

41歳での転職は厳しい?

年齢が上がるほど転職することは難しいと言われますが、41歳からの転職は実際のところ厳しいのでしょうか。

転職するだけなら仕事はたくさんある

41歳での転職は厳しいと思っている人も多いですが、実際には特定の仕事に就くのは厳しいと言えます。逆に言えば仕事を選ばなければ仕事はたくさんあるので、自分が納得できる仕事を見つけることができるかが問題と言えるでしょう。例えば41歳までのキャリアを積んだ時に、給料もそれなりに上がっています。同じ給料を転職して見つけるのは、相当なスキルや実績があってうまく活用できなければ難しいでしょう。ほとんどのケースでは年収が下がってしまうので、同レベルの給料形態の仕事がないので転職が厳しいと思ってしまいます。年収が下がってもいいのであれば、実際は仕事はあると思っていいでしょう。

スキルや資格を活かした転職の場合

自分のスキルや資格を活かした転職をする場合には、運やタイミングによっては転職を成功させることができます。転職する先の会社の状況が、中堅クラスの人材が不足をしていたり、即戦力を求めている会社ならば期待できるでしょう。ただし中堅クラスの人材はどの会社も多くいるので、タイミングによっては期待に添えない場合が多いです。しかしスキルや資格があるからこそ同じような仕事を探すことができるので、スキルも資格も持っていない人よりは転職できる可能性が高くなります。前の会社と同じレベルの仕事を探すためのスタートに立つことができるので、運やタイミング次第では期待以上の転職先を見つけることも可能になります。

未経験への転職

41歳から未経験の仕事への転職をする時は、かなりのリスクを負うことになるでしょう。自分が若い世代と同じくらい働けると思っている人は要注意です。体力的にはこれからどんどん衰えていきますし、仕事の覚えも悪くなっていくでしょう。まだまだ若い世代には負けないという思いが強い年代でもありますが、今後の仕事のことを考えながら転職先を見つけなければなりません。未経験でも職種によっては仕事がありますが、条件はかなり不満に思う部分もあるかもしれません。特に給料に関しては仕方がないので、生活レベルを落とすなどの対策が必要です。

未経験への転職ならば長く働ける仕事を選びましょう。10年後に再度転職することになると、より厳しい状況に陥ってしまいます。できれば定年まで働き続けられるような仕事を探しておくことで、この先安心して働くことができます。

将来を考えた転職

41歳では将来を考えた転職をすることが大切です。今の時点で未経験だったとしても、資格を取得して定年まで働けるのであれば、今すぐにでも資格を取得することを目指した方がおすすめです。転職の幅も狭まっていくので、できるだけ長く働ける仕事を探すのは必須と言えるでしょう。例えば介護職ならば体が動くうちは働くことができますし、若手のなり手が少ないので求人もあります。資格を取得すれば少しは収入がアップする可能性もあるので、将来を考えた転職をすることも視野に入れておきましょう。

41歳転職の成功例と成功のコツ

41歳で転職を成功した例や成功させるコツとは、どのようなことなのでしょうか。普通に転職してもほとんどのケースが成功例とは思えないケースが多いので、できるだけ成功冴えるポイントを知っておくことは大切です。

41歳転職の成功例

41歳からの転職の成功例としては、今までのスキルや実績を駆使して転職することができることです。成功した例としては年収を考えて、ほとんど同じ年収かもしくは年収アップすれば成功例と言えるでしょう。41歳では現場でのリーダー、管理職、後輩指導などのスキルを有していれば、多くの企業で重宝されるはずです。転職する会社に中堅クラスの人材が不足していれば、約20年間のスキルと実績を活かして後輩指導をすることができます。そのため即戦力だけではなく、将来の会社の発展の大きく貢献することで、転職を成功させることができるのです。

41歳転職での成功のコツ

41歳での転職を成功させるコツは2つあります。1つ目はスキルや実績を駆使して、同じような仕事に就くことです。即戦力として期待することができますし、今までのスキルを活かすことができれば、会社からも重宝してもらいながら働くことができます。2つ目は未経験の仕事でも、長期間働けるような職種に就職することです。41歳から定年まで30年弱ありますが、第二の仕事人生として長く働ける職業を選ぶことです。年齢と共に転職が難しくなっていくので、できるだけ長く働ける仕事を選ぶことが、転職を成功させるためのコツのひとつです。

41歳転職でのリスク

41歳で転職することを決意することは悪いことではありませんが、確実にリスクを伴うことになるでしょう。自分ではまだまだ若いと思っているかもしれませんが、体力的も衰えてくる年代なので、今後のことを考えた転職活動が必要になります。41歳からの転職ではどのようなリスクが考えられるのでしょうか。

収入面

41歳で普通に転職をしてしまうと、ほとんどのケースで収入が減少してしまうでしょう。41歳は会社の中核で働いている年代なので、給料もアップしていた可能性が高いです。そのため転職をして新卒同様の給料に下がってしまえば、大幅な収入減となってしまうでしょう。転職を成功させるにはスキルや実績を活かした転職活動が必要ですが、なかなか厳しいでしょう。どの会社でも中心となる世代は30代から40代なので、新たに41歳の社員をわざわざあ入社させることも少ないと考えられます。そのため41歳で転職をする時には収入が減ってしまうリスクが伴うので、生活をする上では大きな問題となります。収入が減っても生活ができるのであれば問題ありませんが、思っているよりも厳しい生活になることを予想しておくことも大切です。

人間関係

転職した時のリスクとしては、人間関係は大いに影響するでしょう。41歳で転職するとほとんどが自分よりも年下のケースも多く、上司が一回り年下という場合もあるでしょう。今まで人間関係が良好だったのは、自分が年上で役職があったからこそ良好な関係が築けていたのかもしれません。41歳で転職してきた人に対して、若い世代が尊敬したり敬ってくれるとは限らないので、人間関係が悪くなってしまうことも考えられます。会社は選べても上司や仲間は選べないので、自分が若い世代と一緒になって働けるかが大きな問題と言えるでしょう。どの会社に転職しても人間関係のリスクは伴うので、自分が年下と良好な関係が築ける自信がなければ、転職活動も難しくなっていくでしょう。

仕事内容

仕事内容については転職前にしっかりと確認しておくことが大切で、特に41歳になってからは若い世代と張り合うのは難しいことを理解しておきましょう。なまじスキルや経験があると、どうしてもまだまだ若い世代には負けないという自信があるものです。そのため転職する時も若い世代と張り合うような仕事を選ぶこともありますが、数年後には確実に体力的にしんどくなっていくでしょう。若い頃から続けてきた仕事に限って、まだまだいけると自負しているものですが、実際には張り合うのが難しくなっています。仕事内容を事前に調べておくことで、41歳からでもそこそこ仕事ができる職種を選ぶようにしましょう。スキルや経験を活かすすことだけを考えると、かなりのリスクを伴うことになるので注意が必要です。

体力面

41歳はまだまだ元気な世代ですが、若い世代と比べると明かな体力の衰えを感じます。自分でも若い頃に比べて体力が落ちていることを実感できる年代なので、仕事においても昔のようにガムシャラに働くことは難しいでしょう。転職すれば新たな仕事を覚えることも必要なので、覚えるだけでもかなり大変になります。体力的なことを考えると今までのスキルや経験だけを考えた転職をすれば、リスクを伴うこともあるので注意が必要です。今後体力が落ちることを予想して、長く続けられる仕事に転職することも考えなければならないでしょう。例え未経験の仕事でも、体力面のリスクを考えれば転職する視野に入れておく必要があります。

年齢の応じた転職先を見つけよう

41歳からの転職では現状だけでなく、将来のことを考えた転職活動が必要になります。収入減や職種など、しっかりと考えてから転職することが大切です。そうすれば41歳からでも転職先は見つけられるので、今までのスキルや経験に捉われず、年齢に応じた仕事を見つけましょう。

Related