Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月15日

転職先が見つからない時の対処法11個|転職に時間がかかるデメリット

「転職先がなかなか見つからない」と困っている方も少なくないことでしょう。そんな方のために、この記事では転職先が見つからない時に実践したい対処法を11個ご紹介しています。正しい対処法を知り、転職活動を戦略的に進めることで内定をゲットしましょう。

転職先が見つからない時の対処法11個|転職に時間がかかるデメリット

転職先が見つからないのはなぜ?

キャリアアップのため、あるいは職場環境や労働環境の改善のために転職先を探しているけれど、なかなか見つからずに困り切っているという方も少なくないことでしょう。

転職先が見つからない理由は人によってさまざまですが、転職活動のやり方に問題があることがほとんどです。

この記事では転職先が見つからない時におすすめしたい対処法について特集しているので、転職活動でお困りの方はぜひ最後までご覧ください。

転職に時間がかかるデメリット

転職先が見つからず転職活動に時間がかかればかかるほど、精神的にも金銭的にもダメージが大きくなります。

今の仕事を続けながら転職活動を続けているのならばまだしも、退職をしてから転職活動をしている場合には、転職先が見つからないと生活が苦しくなってしまうことでしょう。

金銭的な焦りから転職先に求める条件を低く下げすぎてしまい、望まない形で転職先を決めざるを得ない状況に追い込まれることもあります。

求人が多ければ転職先は見つかるのか?

「もっと求人数が多ければ転職先がスムーズに見つかるのに」とお考えの方もおられることでしょう。

もちろん、求人数が多ければ転職先が見つかる可能性は高くはなりますが、それでもやはり転職活動の方法を間違えているのならば、転職先が見つからないという状況は変わりません。

逆に言えば、転職活動を戦略的かつ計画的に行うことができれば、求人数が低い中でも自分の望む形で転職先を見つけることができます。

転職先が見つからない時の対処法11個

転職先が見つからないと精神的に強いストレスを感じるのはもちろんのこと、金銭的に苦しくなり、生計が立てられなくなってしまう恐れすらあります。

また、退職後に転職活動をしている場合、転職先が見つからないと職歴にブランクが生じ、余計に内定をもらうのが難しくなってしまうことでしょう。

では、どうすればよいのでしょうか。ここからは転職先が見つからない時に実践すべき対処法をご紹介していきますので、ご参考にしてください。

転職先が見つからない時の対処法1:自己分析をじっくりする

転職先が見つからない時の対処法としてまずおすすめしたいのが、じっくりと自己分析を行うということです。

自分にはどのような職種が向いているのか、どのような強みやスキルがあるのかをきちんと分析し、転職市場での自分の価値を客観的かつ正確に把握することからスタートしましょう。

そうすることでミスマッチな職種・ポジションに応募してしまうのを防ぐことができますし、転職先が見つからないという事態を避けられます。

転職先が見つからない時の対処法2:条件に優先順位を付ける

転職先に求める条件に優先順位をつけるというのも、転職先が見つからない時におすすめしたい対処法として挙げられるでしょう。

自分が求める条件を全てパーフェクトに満たしてくれる職場から内定を得られるのは、転職市場においても超優秀なエリートに限られています。

転職先が見つからない時には現実的になり、自分の求める条件に適切な優先順位をつけ、それにもとづいて転職活動を行うことが必要です。

転職先が見つからない時の対処法3:完璧な会社を探さない

転職先が見つからない時の対処法のひとつとして、完璧な会社を探さないということも大切でしょう。

自分の理想とする条件を満たしてくれる会社はほとんど存在しないものですし、存在したとしても非常に優秀な社員しか採用しないので、そのような会社を追い求めて転職活動をしても勝算はありません。

完璧でなくとも、自分にとって優先すべき条件を大方満たしてくれる会社ならば、迷わず応募をしてみてください。

転職先が見つからない時の対処法4:職種を絞りすぎない

職種を絞りすぎないというのも、転職先が見つからない時にぜひおすすめしたい対処法のひとつです。

転職先が見つからないのは職種にこだわりすぎていることが原因であることも多いので、その場合には職種を周辺領域まで広げてみてください。

自分の適性の範囲内で応募する職種の幅を広げることで、内定を得られる確率を増やすと同時に、転職先が見つからないという最悪の事態を回避することが可能です。

転職先が見つからない時の対処法5:キャリアの棚卸しをする

転職先が見つからない時の対処法のひとつとして、キャリアの棚卸をするということも挙げられます。

自分はこれまでどのようなキャリアを歩んできたのか、その中でいかなる経験やスキルを獲得し、それを今後どのような職種・業務内容で活かすことができるのかをよく考えてみてください。

キャリアの棚卸をすることで転職市場における自己価値を正確に把握できるようになると同時に、自己PRが効果的にしやすくなります。

転職先が見つからない時の対処法6:計画を立て直す

転職活動の計画を立て直すというのも、転職先が見つからない時の対処法のひとつに数えられるでしょう。

転職活動を戦略的かつ効率的に行うことで内定をもらえる確率がアップするので、転職先が見つからない場合には今の転職活動の計画に問題があると反省し、計画を練り直してみてください。

特に在職中に転職活動を行っている方の場合は、仕事をしながらいかに効率的に転職活動をするかが大切になってきます。

転職先が見つからない時の対処法7:応募を増やす

転職先が見つからない時の対処法として、最もシンプルなのが応募数を増やすということです。

もちろん、応募先を絞り込むことで自分の望む転職先から内定を得る確率を上げることはできます。ただ、転職先が見つからないならばそのやり方を変えなければなりません。

応募数を増やせば増やすほど内定をもらえる確率はアップするので、転職先が見つからない時には選り好みせずに、応募する企業の幅を広げていきましょう。

転職先が見つからない時の対処法8:企業訪問してみる

企業訪問を積極的に行うというのも、転職先が見つからない時の対処法として挙げられるでしょう。

企業訪問を通じて採用担当者と知己を得ることで、非公開の求人情報を教えてもらったり内定を得られる確率を上げることができます。

いきなり企業訪問するのは先方に対して失礼に当たりますので、人脈を通じて採用担当者を紹介してもらったり、転職エージェントを通じて企業訪問の手はずを整えてもらうのがおすすめです。

転職先が見つからない時の対処法9:資格やスキルアップをする

転職先が見つからない時に実践すべき対処法のひとつとしてご紹介したいのが、資格を取得したりスキルアップに努めるということです。

転職先が見つからないのは転職市場における自分の価値が低いことが原因である可能性も高いので、その場合には希望する職種で重宝される資格を取得したり、業界で求められるスキルを磨くことが必要になります。

転職市場における自己価値を高められれば、内定をもらいやすくなるでしょう。

転職先が見つからない時の対処法10:人脈を増やす

人脈を増やすというのも、転職先が見つからない時に実践してもらいたい対処法のひとつとして含まれるでしょう。

ビジネスシーンにおいて人脈はお金やチャンスをもたらしてくれる非常に重要なものですので、異業種であっても積極的に日頃から交友関係の幅を広げ、人脈を増やすように努めてみてください。

そうすることで、思いもよらぬところから求人情報を得たり転職の話をもちかけられることもあるでしょう。

転職先が見つからない時の対処法11:転職エージェントを活用する

転職先が見つからない時には、転職エージェントを活用することも必要です。転職に成功したビジネスパーソンの多くは、複数の転職エージェントに登録し、それらを上手に活用することで内定を得ています。

裏を返せば、独力で転職活動を行うのは、よっぽど特別な人脈がない限り困難を極めると言ってもよいでしょう。

自分に合う転職エージェントや担当者を見つけ、積極的に活用することで転職先が見つかりやすくなるはずです。

転職先が見つからない時は活用しよう!おすすめの転職エージェント5つ

以上でもご紹介したように、転職先が見つからない時には転職エージェントをぜひ活用してみてください。

しかし、転職エージェントと一口にいっても、得意とする職種・業種や地域はエージェントによってさまざまです。

ここからは転職先が見つからない方にぜひ活用してもらいたいおすすめの転職エージェントをピックアップしてご紹介していきますので、ぜひ転職活動の際にチェックしてみてください。

転職先が見つからない時は活用しよう!転職エージェント1:キャリアカーバー

転職先が見つからない時におすすめの転職エージェントとしてまずご紹介したいのが、キャリアカーバーです。

キャリアカーバーは業界大手のリクルートが運営する転職エージェントであり、ハイクラス・ハイキャリア向けの求人情報を数多く取り扱っています。

会員制の転職エージェントなので、信頼のおけるヘッドハンターからさまざまなスカウトを受けることができるでしょう。

転職先が見つからない時は活用しよう!転職エージェント2:リクルートエージェント

リクルートエージェントも、転職先が見つからない時にぜひ活用してもらいたいおすすめの転職エージェントです。

取り扱っている求人案件の半数以上が非公開のものであり、営業職から製造業・IT系に至るまであらゆる業種の求人情報を豊富に取り扱っていることで定評があります。

無料で利用できるうえに、プロの転職アドバイザーから懇切丁寧なフォロー・サポートが受けられるのも嬉しいポイントです。

転職先が見つからない時は活用しよう!転職エージェント3:ハタラクティブ

転職先が見つからない時におすすめなエージェントのひとつが、ハタラクティブです。

ハタラクティブは第二新卒やフリーターを対象とした転職エージェントですので、キャリアに自信がなかったり、職歴にブランクが生じている人にこそおすすめしたいサービスだと言えるでしょう。

転職先が見つからない時は活用しよう!転職エージェント4:マイナビエージェント

マイナビエージェントも、評判のよい転職エージェントのひとつとして挙げられます。業界でも大手のマイナビエージェントは、知名度・実績・サポート体制の充実度においてとても頭抜けています。

キャリアアドバイザーが応募の仕方から企業の面接日の日程調整まで全てをサポートしてくれるので、転職活動に不安を感じている方にピッタリです。

転職先が見つからない時は活用しよう!転職エージェント5:パソナキャリア

転職先が見つからない時には、業界大手のパソナキャリアを利用してみてはどうでしょうか。

パソナキャリアは、非公開求人を含む豊富な求人情報を取り扱っていることで有名です。また、転職活動の基本的な方法から面接サポートまで懇切丁寧に指導してくれるので、安心して転職活動に臨めるでしょう。

転職先が見つからない時の対処法を知ろう

今回は転職先が見つからない時におすすめしたい対処法などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

転職先が見つからないということは今の自分の転職活動の方法に問題があるということですので、問題点・改善点を見つけるのと同時に、内定の確率をアップするための対処法を知ることが大切です。

転職先が見つからない時の対処法を知り、転職活動をスムーズに進めていきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related