Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月15日

【転職活動者向け】面接で将来の夢を聞かれたら?的確な回答例3つ

面接で将来の夢を聞かれることがよくあります。そこで今回は、面接で将来の夢を聞かれた場合に備えて、的確な回答例・間違った回答例・回答ポイントを、それぞれ3つずつご紹介していきます。面接で将来の夢を聞かれるのはなぜかなど、その理由にも迫ります。

【転職活動者向け】面接で将来の夢を聞かれたら?的確な回答例3つ

面接で「将来の夢」を聞かれる3つの理由

面接で「将来の夢」を聞かれる理由は3つあります。

企業が将来の夢を聞く理由は、あなたがその会社で、どのような姿勢で仕事に取り組むつもりかを、企業側が見極めるためです。

そのために、あなたの仕事の目標は適正か・その目的のためにあなたがするであろう取り組みの内容は最適か・あなたのその夢が自社にマッチしているかどうかの3つのポイントを、面接で将来の夢を聞くことで、見極めようとしています。

相手が見ている本質を理解しよう

面接で将来の夢を聞かれたときは、相手企業が見ている本質を理解して返事をしましょう。

特に、将来の夢がないという答えは絶対にNGです。夢がない人は目的もなく暮らしているため計画が立てられず、将来のビジョンが描けない働く意欲がない人間だと判断されるからです。

将来の見込みがない人間を企業は採用しません。面接で将来の夢を聞かれたときは、その点を中心によく考えて返答しましょう。

面接で「将来の夢」を聞かれる理由1:目標設計ができているか

面接で「将来の夢」を聞かれる理由として、目標設計ができているかどうかを見極めるためだという項目があります。

将来の夢とは、自分が目標としている、あるべき姿です。それについて、面接では具体的に数値を利用して答えられるようにしておきましょう。数字を使って、何年後までにどれぐらいの目的を達成するつもりかを説明してください。

面接で将来の夢を聞かれたときは、プライベートではなく仕事を中心に答えてください。

面接で「将来の夢」を聞かれる理由2:目標設計に沿った転職活動を行っているか

企業側が面接で将来の夢を聞くのは、あなたが具体的な夢のために、どれだけ綿密な転職活動を行っているかを確かめたいという理由からです。

面接で聞かれた将来の夢を叶えるために、的確な目標設計がされているのかどうかを、企業側は知りたいと考えています。

あなたが夢をもったきっかけをわかりやすく説明しながら、その仕事を達成するための努力について語りましょう。資格を取ったり講習を受けたりというエピソードも有効です。

面接で「将来の夢」を聞かれる理由3:自社の理念や事業形態とマッチしているかどうか

面接で「将来の夢」を聞かれる理由に、自社の理念や事業形態とマッチしているかどうかというポイントが挙げられます。

転職希望先の企業だからこそ、叶えられる夢を語りましょう。その企業でないと、自分の目標が達成できないことを、数値や具体例をもとに説明していきます。

その企業がおこなっている取り組みや事業内容を、あなたがどれだけ知っているかを、面接で将来の夢を聞くという形を取りながら、企業側が確認しています。

面接で「将来の夢」を聞かれたときの回答ポイント3つ

面接で「将来の夢」を聞かれたときの回答ポイント3つをご紹介していきます。

面接で将来の夢を聞かれたときに、答えを導き出すポイントが3つあります。それに沿って、自分自身のエピソードや努力・調査した結果を、具体的な数値を交えながら説明すると、面接管への好感度がアップします。

最大のポイントは、なんでも具体的に述べることです。あいまいな答えや将来の夢が語れない状態に陥らないように、綿密な下準備が必要です。

面接で「将来の夢」を聞かれたときの回答ポイント1:転職の理由を明確にしキャリアプランとマッチさせる

面接で「将来の夢」を聞かれたときの回答ポイントは、キャリアアップのための転職であることをアピールすることです。

間違っても転職理由に、前職に対する不満は入れないようにしてください。転職理由は必ず、キャリアプランとマッチさせましょう。

前の職場がいやで辞めたという理由にすると、現在、面接を受けている企業でも同じ問題を起こすのではないかと敬遠される恐れがあるからです。

面接で「将来の夢」を聞かれたときの回答ポイント2:企業の方針を理解する

面接で「将来の夢」を聞かれたときの回答ポイントとして、企業の方針を理解した上で、夢とビジョンを語ってください。

面接で将来の夢を聞かれたからといって、企業側があなたのプライベートプランを知りたいわけではありません。会社はあくまで、あなたがこの企業で何をしたいのか、何ができるかを見極めようとしています。

だから、事前に転職したい企業先の経営方針や事業内容を綿密に調査してから、面接に臨みましょう。

面接で「将来の夢」を聞かれたときの回答ポイント3:具体的な目標値やなりたい人物像を述べる

面接で「将来の夢」を聞かれたときの回答ポイントとしては、具体的な目標値やなりたい人物像を述べることがよいとされています。

面接官は初対面の人なので、そのような人物と話をするときは、具体的な数値を用いるのがいちばん説得力があります。具体的な目標値をかかげて夢を語れる人は、現実的で実行力がある人として評価してもらうことができるからです。

面接で将来の夢を聞かれたら、具体的に返答することがポイントです。

面接で「将来の夢」を聞かれた時の的確な回答例3選

面接で「将来の夢」を聞かれた時の的確な回答例3選をご紹介していきます。

面接で将来の夢を聞かれた時に備えて、的確な答えを用意しておきましょう。以下に、そのときのお手本となる回答例を挙げていきます。参考にしてください。

面接で「将来の夢」を聞かれた時の的確な回答例1

面接で「将来の夢」を聞かれた時の的確な回答例として、例えば営業マンになりたい人は、スキルを磨き、常に情報収集を重ねていることを具体的に説明するとよいでしょう。

営業業務に役立てるために簿記検定やMBAの資格を取りたいなどの具体的な夢と、それらを収得するために学校へ通っているなど、将来の夢のために実際に取り組んでいることについて、面接で語りましょう。

面接で「将来の夢」を聞かれた時の的確な回答例2

面接で「将来の夢」を聞かれた時の的確な回答として、世界的な規模のマーケティングを展開したいなど、企業に合わせて大きな夢を語ることも得策です。

グローバル展開している会社の面接では、可能な範囲で壮大な夢を語ることも必要です。やる気がある人だとみなされるからです。

その際に、大学で世界的なマーケティング事業を学んだ、それに関する資格の勉強もしているなど、スキルも一緒にアピールしていきましょう。

面接で「将来の夢」を聞かれた時の的確な回答例3

面接で「将来の夢」を聞かれた時の的確な回答は、たとえば技術職希望の人は、お客様のニーズに100パーセント応えられるシステムを開発したいなど、具体的な夢を語ることが必須です。

そのための技術を学んでいること、いままでの経験が生かせることなども、会わせてアピールしていきましょう。

面接で「将来の夢」を聞かれたときの間違った回答例3つ

面接で「将来の夢」を聞かれたときの間違った回答例3つをご紹介していきます。

面接で将来の夢を聞かれたときは、プラベートな内容を語ることは避けましょう。必ず、面接先の会社の事業内容や企業理念に沿うような夢を答えられるようにしておきます。

企業側は、あなたの夢の中に、自社の仕事に沿うような躍進的な部分があるかどうかを見極めようとしています。それに反する答えは、NGです。

面接で「将来の夢」を聞かれたときの間違った回答例1:仕事ではなくプライベートな内容

面接で「将来の夢」を聞かれたときに、仕事ではなくプライベートな内容を答えるのはやめてください。

たとえば、マイホームを建てたいなどの夢でも良いのですが、そのための家庭生活や家族・結婚の話を展開させていく行為はNGです。

面接で将来の夢を聞かれたときは、プライベートに関することではなく、必ず仕事に関する内容を答えるべきです。企業が望んでいるのは、自社を発展させてくれる人材だからです。

面接で「将来の夢」を聞かれたときの間違った回答例2:企業方針や事業内容にマッチしていない内容

面接で「将来の夢」を聞かれたときに、企業方針や事業内容がその会社にマッチしていない内容を答えることはNGです。

面接で将来の夢を、仕事を絡めて語ることは良いのですが、その内容が面接先の会社と関係ない場合は、マイナス効果になる恐れがあります。

別に、この会社でなくても実現できるような夢や、他の企業の方が実践できそうな内容の夢を語ることは避けていかないと、面接官にいやな印象を残す結果になります。

面接で「将来の夢」を聞かれたときの間違った回答例3:当たり障りのない抽象的な内容

面接で「将来の夢」を聞かれたときに、当たり障りのない抽象的な内容は避けて、具体的な目標値などの、わかりやすい夢を語ってください。

みんなを笑顔にしたいなどの、抽象的な内容の夢を答えると、この人は仕事や将来について真剣に考えて生きていないと判断されてしまいます。

具体的な夢がない人は、仕事に対しても真剣に取り組まないだろうと思われがちです。説得力を増すために、将来の夢は具体的に語りましょう。

面接官が「将来の夢」を聞く狙いを理解してその企業に合った回答を考えよう

【転職活動者向け】面接で将来の夢を聞かれたら?的確な回答例3つ
転職活動で面接官が「将来の夢」を聞くときの狙いを正しく理解して、その企業に合った回答を考えていきましょう。

面接で将来の夢を聞かれたら、その裏にある意図を正しく推理して、的確な答えを返していきましょう。

答えは具体的に、目標とする人物や数値を明示していきましょう。その際、自分が入りたい企業に関係のある夢を提示してください。

その企業でしかできない夢や目標を具体的に語ることが、面接成功の秘訣です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related