Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月11日

知っておくべき転職のデメリット11個|転職エージェントの活用方法

本記事は、転職することのデメリットを知りたいという方を対象にしたもので、知っておくべき転職のデメリットを11個と転職エージェントを活用することのメリットとデメリットについて説明しています。ぜひ参考にして、転職に役立ててください。

知っておくべき転職のデメリット11個|転職エージェントの活用方法

デメリットがあっても転職するべきか?

現在の職を離れ、転職をすれば今悩んでいることをすべて解決することができると考えている方がいますが、実際には、転職をすることにはさまざまなデメリットやリスクが伴います。

転職をすることよって何かを得ることができたら、代わりに何かを失うという考えを持つことが大切です。

このように転職にはメリットだけではなく、デメリットもあるため、転職を考えている方は、そのデメリットも頭に入れて行動する必要があります。

メリットよりも多い?知っておくべき転職のデメリット11個

転職をすることにはメリットだけでなく、さまざまなデメリットも伴います。そこで本記事では、知っておくべき転職のデメリットを11個説明していきます。

そのデメリットには、給与が下がる可能性があることや、退職金が減る、社会的信用が下がる可能性があること、家族からの納得が必要であること、転職をしたからと言って前の仕事より良いとは限らないなどがあります。

それぞれについて詳しく説明していきます。

知っておくべき転職のデメリット1:給与が下がる可能性がある

1つ目の知っておくべき転職のデメリットは、給与が下がる可能性があるということです。

転職をする際に求人情報をしっかり確認していれば、年収を把握することができます。しかし、今の会社をどうしてもすぐにやめたくて求人情報をしっかり確認せずに転職をしたという場合に、このようなデメリットが発生します。

また、給与ではなく、職の内容で転職先を選ぶという場合も給与が下がる可能性があります。

知っておくべき転職のデメリット2:ボーナスが減る場合が多い

2つ目の知っておくべき転職のデメリットは、ボーナスが減る場合が多いということです。

基本的には、転職をしてから1回目のボーナスは満額をもらうことができないので、このようなことをしっかり把握しておくことが必要です。また、ボーナスを支給しない場合もある会社もあります。

このボーナスについてはそれぞれの会社によって、支給するのかまたは支給しないのか異なるため、事前に確認することが大切です。

知っておくべき転職のデメリット3:退職金が減る

3つ目の知っておくべき転職のデメリットは、退職金が減るということです。

退職金とは、一つの会社で長く働けば働くほど上昇していきます。しかし、途中で会社を辞めたり、短期間しか働かない場合は、その分減額されます。また、会社ではこのような制度を利用して、会社を辞めることを防ごうとも考えています。

このような退職金の制度から、転職をした際は、働く期間が短くなるため、退職金は減ります。

知っておくべき転職のデメリット4:仕事や環境に慣れるまで時間がかかる

4つ目の知っておくべき転職のデメリットは、仕事や環境に慣れるまでに時間がかかるということです。

転職をするということは、仕事の内容も会社に勤めている従業員もすべて変わるため、すべてが新しいものになります。人それぞれですが、仕事や環境に慣れるまでに時間がかかるということを把握しておくことが必要です。

また、転職先の仕事や環境に慣れるまでの時間は3か月~6か月といわれています。

知っておくべき転職のデメリット5:人間関係に慣れるまで時間がかかる

5つ目の知っておくべき転職のデメリットは、人間関係に慣れるまで時間がかかるということです。

転職をすることで、これまでの人間関係を断ち切り、新しい人間関係を築くことになります。そのため、慣れるまでには時間がかかります。

また、人間関係に慣れるまでに長い時間がかかってしまう人の特徴には、プライドが高い、人見知り、自分勝手な行動をしてしまう、自慢話が多いなどがあるので、注意する必要があります。

知っておくべき転職のデメリット6:社会的信用が下がる可能性がある

6つ目の知っておくべき転職のデメリットは、社会的信用が下がる可能性があるということです。

社会的信用が下がる可能性がある行動とは、転職活動の際に、お金を借りるということがあります。転職活動には費用がかかったり、転職後に給与が下がり、満足に生活できなくなりお金を借りることがあります。

このように転職活動の際にお金を借りる場合は、社会的信用が下がる可能性があるということを把握しておく必要があります。

知っておくべき転職のデメリット7:上司が年下になる可能性がある

7つ目の知っておくべき転職のデメリットは、上司が年下になる可能性があるというです。

特に30代を過ぎてから転職をした場合にこのようなことが多くなります。ある程度の知識や能力があっても、転職をした場合は入社1年目となり、年下の上司を持つことになります。

このように年下の上司を持った場合、摩擦が起きたり人間関係に悩んだりする人が多くなるため、誰に対しても丁寧に対応することを心掛ける必要があります。

知っておくべき転職のデメリット8:通勤ルートの変化

8つ目の知っておくべき転職のデメリットは、通勤ルートが変化するということです。

転職をするということは、以前の職場と場所が異なるため、必然的に通勤ルートも変わってきます。

通勤ルートが変わることで生じるデメリットには、コンビニなどがない可能性があるということです。通勤途中で朝食や飲み物を買うことができなくなります。このように通勤ルートが変わることで、不便が生じる可能性があります。

知っておくべき転職のデメリット9:家族への説明

9つ目の知っておくべき転職のデメリットは、家族への説明が必要であるということです。

独身の方であれば必要のないことですが、配偶者や子供がいるという方は、家族を養わなければならないため、納得のいく説明をする必要があります。

このような転職について説明をする場合は、家族に不安に思わせるような言葉は避けることが大切です。年収が下がること、転居が必要などは、不安に思われることが多いので注意する必要があります。

知っておくべき転職のデメリット10:転職前の仕事よりも良いとは限らない

10個目の知っておくべき転職のデメリットは、転職前の仕事よりも良いとは限らないことです。

多くの人は依然の職よりも高い給与や、よりよい労働環境であることを求めて転職を行います。しかし、必ずしも良くなるとは限らず、これまでより過酷であることがあります。

さらに、転職先の労働環境が過酷であったため、前職に戻りたいと後悔する人もいるため、事前に入念に調べる必要があります。

知っておくべき転職のデメリット11:転職前より忙しくなる可能性がある

11個目の知っておくべき転職のデメリットは、転職前より忙しくなる可能性があるということです。

実際に転職先に入社をすると、思ったより残業が多かったり、労働時間外に会議を入れられたりするなどがあり、これまでより忙しくなる可能性があります。

このように、面接や転職活動中には把握することのできない労働もあるということを意識しておくことが必要となります。

転職エージェントを活用するメリット3つ

転職活動をする際に、役に立つのが転職エージェントです。

転職エージェントを活用することで得られるメリットには、転職について相談ができるということや、会社との交渉を任せられる、転職に関する情報が集まっているなどがあります。

これからは、これらのメリットについて詳しく説明していくので、ぜひ参考にしてください。

転職エージェントを活用するメリット1:転職に関する相談ができる

1つ目の転職エージェントを活用することのメリットは、転職に関する相談ができるということです。

転職活動は基本的には1人で行うものであるため、孤独を感じるという方もいます。そこで、転職エージェントを活用することで、第三者からの意見をもらったり、相談したりすることができるというメリットがあります。

また、転職エージェントは採用をもらうためのノウハウも把握しているので、有利に転職活動を進めることができます。

転職エージェントを活用するメリット2:会社との交渉を任せられる

2つ目の転職エージェントを活用することのメリットは、会社との交渉を任せることができるということです。

転職をする際には、会社と面接の日程や給与、入社の時期などさまざまなことを交渉する必要があり、これを一人で行おうとすると、スムーズに進まない場合があります。

そこで、転職エージェントにこのような交渉を任せることによって、スムーズに転職活動を進めることが可能になります。

転職エージェントを活用するメリット3:転職に関する情報が集まっている

3つ目の転職エージェントを活用することのメリットは、転職に関する情報が集まっているということです。

1人で転職活動を行う場合は、自分でさまざまな企業の情報を集めることが必要になります。しかし、転職エージェントを活用することで、多くの転職に関する情報が集まっており、その中から、自分が必要な情報を選ぶことができます。

また、転職エージェントを活用することで、会社の雰囲気なども知ることが可能です。

転職エージェントを活用するデメリット4つ

転職エージェントを活用することには、メリットがある一方で、デメリットもいくつかあります。

本記事で説明するデメリットとは、担当者との相性が合わない場合があるということ、やり取りが煩雑になるということ、希望する転職先を紹介してもらえない可能性があること、必ず転職できるとは限らないというものがあります。

これから、これらのデメリットについて詳しく説明していくので、把握しておきましょう。

転職エージェントを活用するデメリット1:担当者との相性が合わない場合

1つ目の転職エージェントを活用することのデメリットは、担当者との相性が合わない場合があるということです。

相性の合わない担当者から転職に関するサポートを受けても、満足のする転職ができないということが多いです。しかし、担当者を変更するのは申し訳ない、変更できることを知らなかったという人が多くいます。

理想の転職活動を進めるためには、相性の合う担当者と相談することもとても大切なことです。

転職エージェントを活用するデメリット2:やり取りが煩雑

2つ目の転職エージェントを活用することのデメリットは、やり取りが煩雑になる場合があるということです。

転職エージェントに登録した後は、求人を紹介してもらったり、面接の日程を調整したりするなど、たくさんのやり取りをすることになります。

しかし、複数の転職エージェントに登録した場合は、どの転職エージェントとどのような話を進めているのか把握できなくなり、やり取りが煩雑になる可能性があるので注意が必要です。

転職エージェントを活用するデメリット3:希望する転職先を紹介してもらえない

3つ目の転職エージェントを活用することのデメリットは、希望する転職先を紹介してもらえない可能性があるということです。

このようなケースは、質の悪い転職エージェントを活用した場合に起こります。希望の転職先を紹介してもらえない理由には、職歴や学歴で判断されてしまうこと、転職エージェントが希望する求人を保有していないなどがあります。

これを避けるために、事前に希望の求人があるかどうか調べる必要があります。

転職エージェントを活用するデメリット4:必ず転職できるとは限らない

4つ目の転職エージェントを活用することのデメリットは、必ず転職できるとは限らないということです。

転職エージェントを活用したからといって、必ずしも内定をもらうことができるとは限りません。あくまでも、転職エージェントは転職のサポートをしてくれるサービスとなっています。

そのため、転職に関することを転職エージェントにすべて任せるのではなく、自分でも対策をする必要があります。

転職のデメリットを理解しよう

本記事では、転職について知っておくべきデメリットを11個説明しました。また、転職エージェントを活用することのメリットを3つ、デメリットを4つ説明しました。

転職をすることは、良いことだけではなく、たくさんのデメリットやリスクが伴うことも頭に入れておく必要があります。

そして、さまざまなデメリットを理解したうえで、転職活動を進めていきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related