Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月12日

面接が怖いと思う6個の原因|面接の苦手意識を克服するための対処法3つ

面談時に緊張が恐怖感となり、本当の自分を知ってもらうチャンスを失う人はたくさんいるでしょう。ここでは、だれでもその恐怖感が芽生える可能性があること、そしてその恐怖感とどう向き合い、失くしていくかのヒントをお伝えいたします。

面接が怖いと思う6個の原因|面接の苦手意識を克服するための対処法3つ

面接が怖いと感じる人は多い?

面接が怖いと感じる人は多く、逆に怖がらない人のほうが少ないのではないでしょうか。

見知らぬ相手(それはふたり、もしかしたらそれ以上)が、自分の一挙一動を見つめ、発言をとおして、雇用するかどうか決めるのですから、緊張だけでなく「怖い」と感じることもあるでしょう。

そういった場合に、いつまでも怖いと思い続けずに「克服」することで、恐怖心を失くしていくことが可能です。

自分にあった克服方法を探すポイント

克服法をみつければ、「怖さ」が「良い緊張感」へ変わります。

誰でも克服できます。赤ちゃんも最初はオムツで過ごしますが、みんなパンツを履いて過ごすようになります。オムツからの卒業は、人それぞれ違います。克服も同じです。

「オムツ→パンツ」という形で赤ちゃんも成長していくように、「怖い→良い緊張感」へと変えていくことも可能です。これを「克服」と言います。

面接が怖いと思う原因6個

面接が怖いと思う原因は、人それぞれ違います。

ここでは原因を6つ、ご紹介します。その中にあなたの「怖い」と思う原因はあるでしょうか。「原因」を知ることができれば「対処法の手がかり」になりますので、ぜひご覧ください。

面接が怖いと思う原因1:面接に落ち続けている

多くの人が面接に落ち続けていたら、気持ちもダウンしますし、面接自体に怖いという気持ちが湧いてきますが、それは普通のことです。

面接は緊張の連続です。まず部屋に入るところ、そして椅子に座るところ、それからの一挙一動を見られていると思えば、緊張するのは当たり前のことで、「怖い」という感情が湧くのも普通でしょう。

精一杯頑張った結果が、毎回報われないという事ならば、緊張感が恐怖に変わっていくのは当たり前と言える可能性もあります。

面接が怖いと思う原因2:自分に自信がないため自分のことを話すのが怖い

面接が怖いと思う6個の原因|面接の苦手意識を克服するための対処法3つ
自分に自信がないと思っていると、恐怖感が芽生えます。

「自信がない」という事は、「何をしたら良いのかわからない」という状況を生み出します。その反対に「自信がある」場合は、「何をしたら良いのか、何を発言したら良いのか判る」という状況です。ですの、「自信がない」状態は「怖い」という感情を生みます。

特に人前で話すのが苦手な人や、初対面の人の前で緊張する人は、自信のなさが拍車をかけて、恐い感覚が募りやすいです。

面接が怖いと思う原因3:相手にどう思われてるのか怖い

「面接官の気持ちがわからないから」と相手のことばかり考えてしまうと変な妄想が生まれて、それが「怖い」という感覚へと生まれ変わります。

その変な妄想はネガティブで悲観的で、あなたを委縮させてしまいます。まるで閻魔大王の前に立たされて、地獄のお沙汰を待つ気分に近い感情になる可能性もあります。

面接官と、閻魔大王が重なって見えるのでしょう。ある意味、面接官と閻魔大王は共通部分があります。それは、あなたの「これから」を決める事です。

面接が怖いと思う原因4:面接官次第で「あなたのこれから」が決められると思うから怖いと感じる

あなたのこれからの人生が、その面接官によって左右されると思うと、自然と緊張感が増し、怖い気持ちに襲われるのは当たり前です。

自分の魅力を限られた時間内でどうアピールするか、面接官に理解してもらい雇用されるまでの方法は教科書には載っていません。そんな方法を教えてくれる魔法の教科書があれば、だれも緊張しないし、怖い気持ちも生まれないでしょう。

面接が怖いと思う原因5:面談場所がはじめての場所だからこそ怖い

はじめての場所は、だれでも緊張して怖く感じてしまいます。

「今まで行ったことがある」「見たことがある」場所ならおおよその予想ができるので、良い緊張感とともに怖い気持ちも持たず時間を過ごせるでしょう。でも、はじめての場所や空間に加えて、はじめて会う人がいます。

そしてその人(面接官)は、自分のことを評価します。はじめてばかりの出来事ですので、極度の緊張と「怖いな」という気持ちを作りあげることもあるでしょう。

面接が怖いと思う原因6:返答に困る質問をされたら…と思うと怖い

知っている事、体験したこと、そういう事は、誰でもスラスラ発言できるものですが、「返答に困る質問をされたら…と思うと怖い」ということもあるのではないでしょうか。

教育の中で、方法を模索して知恵を絞って問題解決するというアクティブラーニングをやっていなかったために引き起こされています。

でも「〇〇の問題がある場合、あなたならどうしますか?」という質問をされたら、「どう思いますか?」という質問に対する答えは数学のようにひとつではありません。人それぞれやり方が違うからこそ、答えはたくさんあるとも言えます。

面接の苦手意識を克服するための対処法3つ

ずっと「怖い気持ち」と一緒である必要はありません。怖さを、心地よい緊張感へ変化させることもできます。

ビジネス界でもスポーツ界でも成功している人たちが、「緊張感があるほうが成功します。緊張感がないと失敗します。」と発言していること聞いたことあるでしょうか。成功するためには、「緊張すること」が必要です。

ここでは、怖いという気持ちを適度な緊張感に変化させて、怖さからの克服方法をご紹介します。

面接の苦手意識を克服するための対処法1:失敗を気にしない

失敗を気にする必要は、まったくありません。失敗はどこにでもある、誰でも出会うことなんです。失敗はたくさんしてください。

失敗したとき、何がその失敗に結び付いたのか省みる、そして同じ失敗をしない、その繰り返しが大切なんです。それがあなたの成長につながり、その成長が成功を生み出します。「七転び八起き」の精神を忘れないでください。失敗に慣れれば、「怖い気持ち」も出てきません。

「失敗は成功の基」怖がらずポジティブに考える

どんなことでもポジティブに受け止めることが大切です。ポジティブの反対、ネガティブに物事を考える人は、悪い事・失敗する事を想像してしまいます。それは、怖いという感覚を作る種であるため、不要です。

必要なのは、どんなことでもポジティブに考える事です。例えば、面談のとき「面接官が自分の資料だけ見つからない」というありえない状況のときも、「あ!これは、大勢受けに来た中で、名前を憶えてもらえるチャンス!」だと考えましょう。

面接の苦手意識を克服するための対処法2:経験を積む

経験を積むことは、ある意味「継続は力なり」を実践している証拠となります。お寺にある大きな釣り鐘を、ひ弱な女性が素手で揺らし動かすことができると思いますか。答えは、「できる」です。

継続をしておこなうということは、実際には難しそうに思えることもやり遂げられるということです。そのため、経験を積んでください。必ず、成功の扉が開きます。

少しでも興味がある企業は応募してみる

ほんのちょっとでも良いので、何かしら自分の中でピピっと感じるすべての会社に応募してください。

「あ、この会社の制服かわいい」「あ、この社長さん、おもしろうそう」「このお店、すてきでかわいい」など、応募したい種はたくさん転がってます。応募をして、面談して慣れて、失敗をして「成功の基」を作って、そして経験を積んでください。そのすべてが、成功への階段です。

場の雰囲気に慣れることで怖くなくなる

「場数をふむ」ことが、「慣れ」をつくり、恐怖感を薄くさせ、やがては失くしていきます。

漢字を習い始めたときのことを覚えていますか。最初は一点一画おろそかにせず、確認しながら、字を習っていたことでしょう。それがいつの間にか、確認せずともすらすらと書けるようになっているというのが「慣れる」という意味になります。

面談も同じように、何度か挑戦するうちに慣れてきます。慣れれば、「怖い感覚」が生まれなくなり、「大丈夫」になります。

面接の苦手意識を克服するための対処法3:面接官も同じ人間

面接官は特別な人間だと思っていませんか。面接官も、この地球上に住む 哺乳類の仲間である同じ人間です。

あなたと同じように寝ることも、食べることもします。寝るところがお布団かベッドか、はたまたハンモックかという違いはあるかもしれません。しかし、基本的なことは一緒なんです。

面接官もあなたも同じ人間ですから、怖く思う必要はありません。

社会の先輩であっても人は人

面接官も同じ人間で、会社に勤めるまでは同じ様に心臓をドキドキさせながら、当時の面接官と面談したことでしょう。

面接官は、その会社においては、確かにあなたより経験も知識も豊富で、足元にも及ばない存在でしょう。でも、その面接官もその地位になるまで、最初は面談から始まりました。

ですので、面接官はあなたの先輩になるかもしれない「人」というだけで、怖く思う必要はありません。

「面接が怖い」気持ちを克服して内定をもらおう!

ここまでご紹介した内容は嘘ではありませんが「自分が変わらなければ、何も変わらない」ということは事実です。

「今までの失敗してきた自分にこだわるのか?」「それとも、未来の成功した自分にこだわるのか?」こだわりをどこに持っていくかという事も大切です。

「未来の成功した自分にこだわる」ほうた得策で、ポジティブな方向性にこだわるためのツールを今まで紹介しました。ぜひ参考にして、内定を手に入れましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related