Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月12日

契約社員と正社員の違いとは?契約社員・正社員のメリット・デメリット4つ

みなさん、契約社員と正社員の違いについて理解してますか。違いを理解しておくと、あなたのライフスタイルや、働きたい仕事などを検討したうえで、働き方を選択することができます。あなたのライフスタイルにあった選択をするためにも、違いについて確認してみてください。

契約社員と正社員の違いとは?契約社員・正社員のメリット・デメリット4つ

契約社員と正社員の3つの違いとは?

契約社員と正社員のどちらにも魅力があります。みなさん、契約社員と正社員の違いは分かりますか。就職や転職の際、よく耳にする言葉ですが、実際にこの2つの違いを答えられる人は少ないのではないでしょうか。

一見正社員と聞くと、契約社員より魅力があるように感じるかたが多いでしょうが、契約社員にも魅力がある部分は多くあります。契約社員と正社員の違いを正しく理解し、あなたとってより良い選択をするようにしましょう。

契約社員と正社員の違い1:期限

正社員は雇用期間の定めがありませんが、契約社員は期限があるという違いがあります。

契約社員でも、同じ会社に長く勤めてる人はいます。しかし、雇用期間が定められているため、期限がきたら雇用期間を更新する、といったかたちで長期間勤めています。

一方で、正社員は雇用期間に定めはなく、原則定年まで働くといった前提のもと雇用されているという違いがあります。

契約社員と正社員の違い2:転勤や異動

契約社員は原則転勤や異動がありませんが、正社員として会社で働いていると、転勤や異動がある可能性があります。会社の拠点が全国複数の箇所にある場合、転勤や異動を命じられる人も少なくはないでしょう。

しかし、契約社員は原則転勤や異動がありません。必ずしもないわけではありませんが、会社の一方的な辞令はありません。転勤や異動を提案された場合も、拒否することが可能です。

一方、正社員は雇用契約書や、入社時の誓約書・就業規則に定めがあり、勤務地を限定する旨の合意がない場合には、原則拒否ができないという違いがあります。

(1)配転命令権
2. 転勤を含む配置の変更は、労働契約上の職務内容・勤務地の決定権限(配転命令権)
に基づき行われている3。裁判例では、就業規則に定めがあり、勤務地を限定する旨の合
意がない場合には、企業が労働者の同意なしに勤務地の変更を伴う配置転換を命じるこ
とが広く認められているのが現状である。

出典: https://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/meeting/kpi_kens... |

契約社員と正社員の違い3:勤務時間

正社員として働く場合、勤務時間は会社ごとに一定時間となっています。

しかし、ここに違いがあります。契約社員は、会社と雇用契約を結ぶ際に、勤務時間について定められます。そのため、契約時に勤務時間について交渉することができ、企業によっては柔軟に対応してもらえるところも多くあります。

そのため、あなたのライフスタイルにあった勤務時間に調整することも可能です。

契約社員のメリット4つ

契約社員は、実はたくさんのメリットがあります。契約社員ときくと、正社員の方が良いのでは、と考える人も少なくはありません。

しかし、契約社員には正社員とは違う魅力があります。双方の違いを理解したうえで、判断するようにしましょう。まずは、契約社員になるメリットをご紹介します。

契約社員のメリット1:特定の職種のスキルアップが出来る

契約社員は、自分のスキルを活かすこともできます。契約社員として雇用される場合、あなたの専門的知識や能力といった、スキルをかわれて雇われることも多くああります。

その場合、あなたの得意とする分野であなたのスキルを活かすことができます。そして、仕事内容によっては実力を評価され、高い報酬が得れることもあります。あなたの、スキルを活かしながら、特定の分野に特化てして働くことでさらなるスキルアップを目指せます。

契約社員のメリット2:育児やプライベートとの両立がしやすい

契約社員であれば、自分自身に合った働き方を選択することが可能です。先ほど、契約社員と正社員の違いをお話しするなかで、勤務時間に違いがあるとお話ししました。

契約社員は、勤務時間を相談できるため、時短勤務なども可能です。また、契約社員は正社員と比較すると、残業が少ないともいわれています。そのため、育児やプライベートとの両立がしやすいと言われています。

契約社員のメリット3:副業が出来る

契約社員は、スキルの幅を広げることもできます。みなさん、副業をいう言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。今、副業は注目されており、少しずつ副業を解禁している会社もあります。

契約社員は副業が可能な場合が多いです。本業とは別の分野でも、仕事をしたい、自分の能力を別に分野でさらに活かしたいという方は、正社員とは違い多様な働き方を選択することができます。

契約社員のメリット4:転勤などの可能性が低い

契約社員は、転勤や異動が基本ありません。こちらについても、先ほど簡単にお話してきましたが、契約社員は転勤や異動が基本ありません。

正社員として働いている場合、会社から辞令がおり、転勤が決まることが多くあります。しかし、契約社員の場合、仮に会社側から転勤を提案されたとしても個人の判断で拒否することができます。

そのため、正社員とは違い転勤や異動を命じられるといったことは原則ありません。

契約社員のデメリット4つ

契約社員にはデメリットもあります。ここまで、契約社員になるメリットについてお話してきました。その反面デメリットもあります。

正社員との違いとして、待遇面で劣ってしまう部分があります。その違いが、契約社員のデメリットとして、でてきてしまいます。ここからは、契約社員のデメリットについてお話してきます。

契約社員のデメリット1:雇用期間が決まっている

契約社員は、長期雇用が難しい場合もあります。契約社員には、雇用期間の定めがあるとお話してきました。雇用期間が継続された場合、長期で働くことは可能ですが、必ずしも継続されるとは限りません。

契約期間が終了した時点で、継続はなしという場合もあります。また、何度か継続はしたものの、次の継続はなしという場合もあります。そのため、長期雇用の保証はまったくなく、契約期間が近づくと、次の仕事を探しておく必要もあります。

契約社員のデメリット2:昇進・昇給がない

契約社員は、出世や賞与で差がでます。契約社員として雇用された場合、出世をするといったことは難しいです。また、昇給など給料の面でも正社員とは大きな違いがあります。

契約社員の場合は、年収額を契約期間で割った金額が毎月もらえるため、給料が高くなるということは少ないです。ボーナスもそもそも出ないということも多くあり、退職金ももらえないなどといったデメリットがあります。

契約社員のデメリット3:福利厚生が安定しない

契約社員は正社員とは違い、福利厚生が安定しない可能性があります。福利厚生は働くうえでは重要な項目のひとつですので、どのような福利厚生があるのか、事前に把握しておく必要があります。

しかし、会社の福利厚生を調べても、あくまで正社員の場合の福利厚生で、契約社員は違うといった場合があります。そのため、契約社員の場合の福利厚生は何があるのか、把握しておく必要があります。

契約社員のデメリット4:社会的信用が薄い

契約社員は、ローンなどの審査などが通らない場合もあります。契約社員の場合、雇用期間の定めがあるため、住宅ローンなどの審査に通らない場合があると言われています。

雇用期間が定められている分、ずっと同じ会社で働き続けられる保証はありません。そのため、金融機関側としてはお金を貸したとしても、ローンを返済するための収入を継続して得ることができるか不安が残ってしまいます。

そのため、ローンなどの審査に通らないといったデメリットがあります。

正社員のメリット4つ

正社員は、安定して働くことができます。

ここまで、契約社員についてお話してきました。正社員にも、もちろんメリット・デメリットがあります。

正社員のメリット・デメリットのどのような点が契約社員とは違うのか、比べながら見てみてください。ここからは正社員のメリット・デメリットを紹介していきます。

正社員のメリット1:雇用が安定してる

正社員は契約社員とは違い、雇用期間の定めがありません。そのため、基本的によほどの事情がない限り解雇されるということはありません。

定年まで勤めることを前提に雇用されているため、自分から退職を申しでたり、会社が倒産しない限り雇用が安定しています。ここが、契約社員との大きな違にもなります。

正社員のメリット2:昇進・昇給がある

正社員は昇進・昇給できる機会が巡ってきます。正社員として長く勤めていると、昇進や昇給できるチャンスが巡ってきます。働き始めたばかりだとしても、大きなプロジェクトを成功させたことで昇給、昇進したということもあります。

また、給与査定の機会が定期的に設けられているため、普段の仕事内容や役割、仕事の成果などにもとづいて昇給もあります。契約社員とは違い、昇進や昇給できる機会があるというのも正社員のメリットです。

正社員のメリット3:社会的信用がある

正社員は、住宅ローンなどが組みやすいです。先ほど契約社員のデメリットとして、住宅ローンなどの審査が通らない場合があるとお話ししました。

正社員は、長期雇用であるため、先々の収入も安定していると判断されます。そのため、契約社員では通らない場合があったローンの審査なども、正社員ではとおりやすくなるという違いがあります。

長期的に収入があることが見こせるため、社会的信用があるといえます。

正社員のメリット4:福利厚生が充実している

正社員は、利用できる福利厚生の範囲が広がります。契約社員の場合は、住宅補助や場合によっては交通費などが、支給されないこともあります。

正社員の場合が、これらが保証されていることがほとんどです。また、教育費の補助や育児休暇などもあり、契約社員とは違い幅広い福利厚生を受けることが可能となります。

正社員のデメリット4つ

正社員でもデメリットはあります。正社員のメリットについてお話してきました。しかし、一見デメリットがなさそうな正社員でも、契約社員とはまた違うデメリットがあります。

どのようなデメリットがあるのか、ここからお話していきます。

正社員のデメリット1:転勤・異動がある

勤務地を限定されておらず、雇用契約書や入社時の誓約書などにその記載が記載されている場合は、正社員は転勤・異動の辞令を、基本的には断ることが難しいです。

正社員として働くと、常に転勤や異動の可能性があります。全国に支店などがある、大きな会社の正社員になるとより可能性は高くなります。

また、辞令となるため契約社員とは違い、原則断ることはできません。そのため、転勤・異動があるということを受け入れなければなりません。どうしても転勤をしたくない、という場合は、もともと転勤がない会社に入る必要があります。

正社員のデメリット2:長期休暇が取りづらい

正社員は長期休暇が取りづらく、休みが満喫できないこともあります。就職した当初は、上の人の目を気にし休みがとりづらい傾向にあります。さらに、数年たつと責任ある仕事を任されることも多くなり、長期休暇がとりづらくなることがあります。

また、休暇中であっても、業務に関する内容の電話やメールのやりとりをしなければならないこともあります。そのため、休みを満喫するのが難しい場合もあります。

正社員のデメリット3:副業が出来ない

副業を禁止しているところが多いのが現状です。今なにかと話題になっているのが副業ですので、副業に興味を持っている人もいるのではないでしょうか。

副業解禁が少しずつは進んでいるものの、まだまだ禁止している会社が多いのが現状です。そのため正社員として働く場合、契約社員とは違い、副業はできないと考えていたほうがよいでしょう。

正社員のデメリット4:やりたい仕事が出来るかわからない

希望のとおりに配属されない場合があります。あなたが就職する際、この企業のこの部署で仕事をしたいと考え就職したとします。

会社によっては、複数の事業所があり、社員の適正などを考慮したうえで配属先を決めているところが多くあります。そのため、配属先の希望を聞いてもらえたとしても、必ず希望部署に配属されるわけではありません。

結果、当初希望していた部署と配属された部署が違ったというケースも少なくありません。

契約社員から正社員へのステップアップもある

登用制度があるか確認しましょう。

ここまで、正社員のメリット・デメリットについてもご紹介してきましたが、違いについて理解していただけだでしょうか。やはり正社員に魅力を感じたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。契約社員から正社員へのステップアップも可能です。

しかし、正社員になれるまでの過程は企業によって異なります。事前に企業の正社員への登用制度があるかなど確認しておきましょう。

自分のライフスタイルに合った働き方を選択しよう

あなたに合った働き方を選択しましょう。今回は、契約社員と正社員の違いについてお話してきました。多くの違いがありましたが、どちらにもメリット・デメリットはあります。あなたがどのような形で仕事をしたいのかが大切です。

正社員になりたいという人もいれば、育児と両立したい人もいるでしょう。充実した毎日を過ごすためにも、契約社員と正社員の違いを理解し、あなたのライフスタイルに合った働き方を選択しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related