Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月16日

ワークポートの評判8選|ワークポート以外のおすすめ転職サービス4選

今の会社が合わなくて別の会社に転職したい、またはもっとキャリアアップしたいとお考えの方、ワークポートという転職サービスはご存知でしょうか?転職をする際にはこういった転職サービスに登録すると有意義に転職を進めることができますよ。ぜひ参考にしてください。

ワークポートの評判8選|ワークポート以外のおすすめ転職サービス4選

ワークポートとは

ワークポートは、さまざまななジャンルの転職相談サービスを提供している総合人材転職エージェントです。 転職をするにあたって、無料でいろいろなサポートをしてくれます。

この記事では、ワークポートの評判とそれ以外の転職サービスをご紹介します。転職を考えていらっしゃる方は、ワークポートの評判などを知って、ぜひ利用することを考えてみてください。

ワークポートの評判8選

転職相談サービス、ワークポートの評判はやはりいいところも悪いところもあります。

ここでは、そんなワークポートの評判を8つご紹介しますので、転職エージェント選びの参考にしてください。

ワークポートの評判1:IT転職に強い

ワークポートは、創業以来ITに力を入れており「ITに強い代表的なエージェント」として業界で認知されています。

そんなワークポートの求人は、「IT・ゲーム系」が全求人の約半数を占めています。職種も細分化されているので、希望の仕事を見つけやすいですよ。

さらに、ITエンジニアだけでなく、「クリエイティブ職」に対する求人数、サポートの品質も高く、IT分野でのジョブチェンジを検討している人にもおすすめです。

ワークポートの評判2:専門性の高い転職サポート

ワークポートに在籍する転職コンシェルジュにはエンジニア経験者はじめ、それぞれの業種・職種への知識に富んだ方が多く、「的確なアドバイスをしてもらえる」ことに定評があります。

また、それぞれの業界・企業に精通しているスタッフのため、それらの情報を元に転職者の入社後のミスマッチを防いでくれます。

ワークポートの評判3:求人数が多い

ワークポートが扱っているIT業界の求人数は7000件(ITエンジニアだけでも常時4700件の求人)。この数は、IT業界の求人情報を扱う転職サービスの中でもトップレベルの求人数です。

他の転職エージェントでは「マッチングしないから」という理由で求人情報を教えてもらえなくても、ワークポートは「検討の余地があるならば、まずは紹介する」というスタンスですので、より多くの選択肢から選ぶことができます。

ワークポートの評判4:初回登録がとにかく楽

通常登録の際は、5ページ〜10ページほど多くの情報を入力する必要がありますが、ワークポートの登録時の記入事項は1ページのみで手間がかからず、余計な情報を書かなくて良いため個人情報の点でも安心でしょう。

他の転職サービス会社は、「面談する価値があるかどうか」を判断するために、個人情報をたくさん入力させることが多いのですが、その点ワークポートはどのような求職者でも受け入れようとするスタンスが好評価です。

ワークポートの評判5:未経験者へのサポート体制

ワークポートを利用した、業界未経験・実務未経験の転職者の方々が口をそろえて言うのが、「転職コンシェルジュの知識量の豊富さと、丁寧なサポートがとても良かった」ということです。

「未経験者へのサポート体制」をしっかり敷いている転職支援サービスは多くないため、この点に関して不安を感じていた方は、ワークポートが特におすすめでしょう。

ワークポートの評判6:対応が早く、急ぎの転職に向いている

初回面談後、その日のうちに案件が送られ、さらに翌日にはさらに多くの案件が送られてきます。また面談で話した内容をまとめてくれたものも、希望したらすぐに送ってくれるようでした。

もちろん担当者によってばらつきはありますが、スピードは大手のエージェントよりも格段に早いと言えるため、すぐに働き始めたい方にとってワークポートはおすすめです。

ワークポートの評判7:ユーザーページの機能の使いやすさ

ワークポートの「eコンシェル」というユーザーページがとても便利で評判がいいです。

「eコンシェル」とは、PC、スマホ上で管理できるスケジュール管理システムです。例えば面接日程であったり、応募求人の進捗状況、その他条件に合う最新の求人情報の自動照会、担当の転職コンシェルジュとのメッセージ送受信などが「eコンシェル」ひとつで管理できます。

ワークポートの評判8:やりとりが事務的

「対応がはやい」というメリットの反面、やりとりが事務的だという声が多く見受けられました。ただ、事務的な対応をすることで、効率良く求職者に案件を紹介することができますので、ビジネスライクにスピーディーに物事を進めたい方にワークポートは向いているといえます。

その反面、転職コンシェルジュに精神面のサポートを要求するような人にはあまり向いていないでしょう。

ワークポート以外のおすすめ転職サービス4選

ワークポート以外ではどのような転職サービスがあるのでしょうか。

ここでは、おすすめの転職サービスを4社ご紹介します。ワークポートとあわせて参考にしてみてください。

ワークポート以外のおすすめ転職サービス1:JACリクルートメント

JACリクルートメントは、イギリスで創業しアジア7か国に拠点をおく、日本国内でも人材紹介会社のTOP5に挙げられるほどの大手転職サービスです。

年収600万円以上のハイキャリア層向けの求人が多く、「さらなるキャリアアップを目指したい」という転職者の方におすすめです。JACリクルートメントは「これまでの経験を活かしてキャリアップしたい」という30代~40代の転職サポートに強化しているところが特徴です。

ワークポート以外のおすすめ転職サービス2:マイナビエージェント

テレビCMなどでおなじみの「マイナビ」が運営する「マイナビエージェント」は、20代(特に第二新卒)~30代や中小企業を狙う求職者に、最もメリットの大きい転職サービスです。

他社が力を入れているのは高年収層やハイキャリア向けの転職サポートですが、その中で20代や第二新卒にあえて注力して大手との差別化を図っています。

特に大手やハローワークでもなかなか見つけられない優良中小企業に強いのが特徴です。

ワークポート以外のおすすめ転職サービス3:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、約50000件という豊富な求人数を誇る転職サービスです。非公開求人の数も多く、全国の求人をカバーしている点も魅力です。

リクルートエージェントに多い職種は営業職やITエンジニア、業界別ではIT・通信や医薬業が多いです。求人数の多さから幅広い転職を考えている人にはおすすめです。

面接対策にも定評がありますが、細かな対応が遅くなりがちという指摘があります。

ワークポート以外のおすすめ転職サービス4:ビズリーチ

ビズリーチは、ハイキャリア向けの高収入求人を保有している転職サービスです。

「ヘッドハンティング型」を採用しており、ヘッドハンターと二人三脚で転職活動を進められます。また、スカウトを待つ「受け身」の形で転職活動を行えます。

ただし、ビズリーチには「年収500万円以下の方向けの求人」や「キャリアが浅い若者向けの求人」がなく、また、限定して求人を取り揃えているため、他社と比べ求人が少ないと感じる方も多いです。

ワークポートの評判を参考にしよう

ワークポートの評判をご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

この記事を読んで「ワークポートの転職サービスに登録しようかな」と思われた方は、併せてもう1~2つの転職サービスにも登録されることをおすすめします。複数の転職サービスに登録して、幅広いサポートと視野を持てることによって、転職活動もより有意義に進めやすくなるでしょう。

ぜひ参考にしていただき、有意義な転職活動を行なってください。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related