Search

検索したいワードを入力してください

外資系企業に転職するメリット6つ|外資系企業の特徴やデメリットも解説!

初回公開日:2019年10月11日

更新日:2019年10月11日

記載されている内容は2019年10月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

外資系企業とは、外国の法人・外国人が出資する日本の企業のことです。日系企業と異なる点や、特徴を詳しく丁寧に説明しています。また、外資系企業のメリットとデメリットについても知ることができます。外資系企業を知り、キャリアアップの足掛かりとしてはいかがでしょうか。

外資系企業に転職するメリット6つ|外資系企業の特徴やデメリットも解説!

外資系企業とは

出世やキャリアアップを望む多くのビジネスパーソンにとって、また就活生にとっても外資系企業への入社は憧れに近いものなのではないでしょうか。

外国の法人などが出資して経営が行われている企業のことを、一般的に「外資系企業」と言います。

この記事では「外資系企業で働いてみたい」と外資系企業に興味がある方のために、そのメリットやデメリットについてご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

外資系企業の特徴

まずは、外資系企業の特徴について見ていきましょう。外資系企業のほとんどは日本的な年功序列制を敷いておらず、実力主義や成果主義を採用しています。

成果を出すことができればその頑張りが収入にも反映されますが、反対に成果を出すことができなければ容赦なく解雇されてしまうシビアさもあると言えます。

そのために出世競争が激しく、日本企業に比べて効果的に自己主張をすることも求められる傾向性があるでしょう。

外資系企業に転職するメリット6つ

「今のキャリアを活かして外資系企業に転職をしてみたい」とお考えのビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。

多くのビジネスパーソンにとって、外資系企業への転職は「栄転」でありキャリアアップでもあります。

では、なぜそこまで外資系企業への転職は憧れを集めているのでしょうか。ここからは、外資系企業に転職することのメリットを6つピックアップしてご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

外資系企業に転職するメリット1:収入が高くなる

外資系企業に転職するメリットとしてまず挙げられるのが、収入がアップするということです。

一般的に日本企業よりも外資系企業のほうが年収が高い傾向があるため、外資系企業に転職をすれば金銭面で大きなプラスとなるメリットが得られるでしょう。

最近では正社員でも手取り15万円という話をよく聞きますので、収入アップを狙うのならば思い切って外資系企業への転職を考えてみるのもありでしょう。

外資系企業に転職するメリット2:キャリアアップに挑戦できる

キャリアアップに挑戦できるというのも、外資系企業に転職することのメリットのひとつとして挙げられます。

外資系企業では日本企業よりも社員に大きな自由裁量の余地が与えられており、また実力主義を採用しているため社員間の出世競争が激しいため、そのような環境に身を置くことでビジネスパーソンとしてキャリアアップを実現することができるでしょう。

より高いスキルや専門的な知識も得られるはずです。

外資系企業に転職するメリット3:ワークライフバランスが実現できる

ワークライフバランスが実現できるというのも、外資系企業に転職するメリットのひとつとして挙げられるでしょう。

残業を社員に強いることの多い日本企業に対して、外資系企業では自分の仕事が終われば上司や同僚に気後れせずに退社できる雰囲気があり、またフレックス制などを導入して柔軟な働き方が可能であるケースも多いと言えます。

そのため、仕事を効率的に行うことさえできればプライベートの時間を増やすことが可能です。

外資系企業に転職するメリット4:外国に対する知見が深まる

外国に対する知見や理解が深まるというのも、外資系企業に転職するメリットのひとつに数えられるでしょう。

外資系企業では日本企業に比べるとはるかに多くの外国人が社員として働いており、またビジネスの相手も海外の企業や人であることが多いので、日本企業で働くよりも外国に関する知識や理解をずっと深めることができます。

グローバルな水準のビジネスパーソンに成長したいという人にぴったりでしょう。

ビジネスの習慣

外資系企業に転職すると、海外のビジネスの習慣について学ぶことができるようになるのもメリットのひとつとして挙げられるでしょう。

日本固有のビジネス習慣は世界から見るとややガラパゴス化しているところがありますが、外資系企業で働くことでグローバルな水準のビジネスの習慣を身につけることが可能になります。

日本を飛び出して世界で活躍したいと考えている人にとっては、外資系企業での経験が大きな強みとなるでしょう。

文化・風習

海外の文化や風習が学べるというのも、外資系企業に転職することのメリットのひとつです。

外資系企業では上司や同僚に多くの外国人がおり、クライアントも外国人である場合が多いですが、日本人以外のビジネスパーソンと日常的に触れ合うことによって、日本にいながら海外のさまざまな文化や風習を学ぶことができます。

異文化コミュニケーションを通じて自らの狭い視野や正し、より大きな視点に立って考えることが可能になります。

ビジネス英語

外資系企業で働けば、おのずと英語が達者になりビジネス英語をマスターすることができるというのもメリットだと言えるでしょう。

ビジネス英語をマスターできれば外資系企業を離れた後も、語学力の問題を気にすることなく海外に羽ばたいてキャリアの幅を広げることが可能になります。

ただ、外資系企業に転職するためにはあらかじめ一定の英語力を持っていることが必要であることも忘れてはなりません。

外資系企業に転職するメリット5:多様性が認められる

外資系企業への転職には、多様性を認められるというメリットもあります。

日本企業の多くは個性ある社員を嫌い、社員に対して均一的であることを求める傾向性が強く見られますが、外資系企業では多様性がポジティブに受け入れられやすいと言えるでしょう。

日本企業で自分の個性を出すことができずにいた人や、マジョリティ以外を認めようとしない日本企業の保守的な雰囲気に抑圧されてきた人には外資系企業は理想的な職場環境です。

外資系企業に転職するメリット6:意思決定のスピードが早い

意思決定がスピーディーであるというのも、外資系企業に転職するメリットのひとつに数えられるでしょう。

日本企業では意思決定が行われるまでに形式的なものや本来ならば不必要な書類作成・決済などが求められますが、外資系企業では効率的かつ合理的に意思決定を行いそれをスピーディーに行動に移す傾向性が強く見て取れます。

メリットと表裏一体!外資系企業のデメリット

以上でご紹介したように、外資系企業で働くことにはさまざまなメリットがあります。

ですが、物事は何事も表裏一体であるように、外資系企業にはメリットもあればそれと同じくらいデメリットもあると言っても過言ではありません。

デメリットを十分に知らないまま外資系企業に転職してしまうのは危険だと言えるでしょう。ここからは、外資系企業に転職することのデメリットについて解説していきます。

将来的な安定性は懐疑的である

外資系企業で働くことのデメリットとしてまず知っておきたいのが、将来的な安定が保証されないということです。

外資系企業は良くも悪くも人の流動性が高く、これまで会社に立派に貢献してきた社員であっても業績が落ちてしまうと次年度には首を切られてしまう可能性も高いため、将来的な安定性という点においては日本企業のほうに軍配が上がります。

福利厚生は画一的とは言えない

福利厚生が画一的ではないというのも、外資系企業に転職することのデメリットとして挙げられるでしょう。

外資系企業の福利厚生は企業によってさまざまであり、また社員のランクによっても受けられる福利厚生が変わってくるため、日本企業の福利厚生に慣れてきた人からすると違和感を覚えることもしばしばです。

成果主義に基づく給料体制がデメリットになることがある

外資系企業に転職するデメリットのひとつとして忘れてはならないのが、成果主義による給料体制が自分にとってマイナスになることもあるという点です。

業績を上げることができれば実力主義の給与体制では高い収入を得ることが可能ですが、このことは裏を返せば、どんなに頑張っても業績を出せなければ収入が低くなってしまうということでもあります。

プロセスではなく結果がシビアに評価されることは、時に大変なことでしょう。

メリットとデメリットを理解し外資系企業に転職しよう

今回は外資系企業に転職するメリットなどについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

外資系企業では成果を出せば出すほど出世して収入もアップするというメリットがある反面、成果を出せなければ解雇されてしまうなどシビアな面も多々あるため、メリット・デメリットの両方をよく理解したうえで外資系企業への転職に踏み切りましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related