Search

検索したいワードを入力してください

2019年07月05日

エージェントとの電話面談のリスク5つ|電話面談を使いこなすコツ

転職エージェントも色々とできることを増やしていますが、その中でも有用性が高いということで一気に広まったのが電話面談です。今回はこの転職エージェントによる電話面談のリスクを具体的に5つほど紹介し、電話面談を使いこなすコツについても言及いたします。

エージェントとの電話面談のリスク5つ|電話面談を使いこなすコツ

エージェントとの電話面談が増えている

エージェントとの電話面談のリスク5つ|電話面談を使いこなすコツ
素早く転職したいという方にとって非常に便利なのが転職エージェントですが、転職エージェント側もできる限り特色を出すためにいろんな新しいことにチャレンジしております。

その新しいチャレンジの中でも、効果があると言うことでいろんなエージェント会社が取り入れているのが電話面談です。ポイントは「電話相談」ではなく「電話面談」となっているところにあります。

たいていのエージェントで可能

先ほど記載したように新しいチャレンジの中でも効果があると認められたのが電話面談なので、今ではほぼ当たり前のようにいろんなエージェント会社で行われているものの一つとなっています。

ただし、この電話面談にはメリットとデメリットがありますので、ご利用するときは双方を理解した上で行うことを強く推奨します。

全て電話で完結することもある

これは利用している転職エージェントにもよりますが、電話面談だけで完結するような転職エージェント会社もすでに存在しています。非常に忙しく転職エージェントと面談にいくことがなかなか難しいという方にとっては朗報でしょう。

転職エージェント次第になりますが、夜の22時くらいでも電話面談を実施してくれるところもありますので、残業続きで家に帰るのが遅いという方でも気軽に利用できるようになっています。

電話面談のメリット

電話面談のメリットは直接会って相談しなくても、転職エージェントを活用する上で便利なサービスを受けられるようになることと、労力をある程度減らすことができるということでしょう。

面談をするといわゆる「非公開求人」といった登録するだけでは見ることができない求人を見せてくれるようになりますが、それが電話面談で終わるとなったらかなり楽に見ることができるようになります。

エージェントとの電話面談のリスク5つ

エージェントとの電話面談のリスク5つ|電話面談を使いこなすコツ
ただし、直接会わないで面談をすることになるエージェントとの電話面談にはリスクもある程度存在しています。それらのリスクを踏まえた上で、飲み込めるという人が活用すべきサービスと言えるでしょう。

これらのデメリットがあまりにも大きいと感じた方は直接エージェントに会って行ういつもの面談も考慮した方が良いです。

エージェントとの電話面談のリスク1:紹介求人の案件の質に影響する

エージェントとの電話面談は直接会わなくても紹介求人の質がわかると言われていますが、逆に電話面談の内容がエージェント側にマイナスイメージを強く抱かせる物となると紹介される求人の質が落ちます。

あくまでも面談なので紹介される求人の質が変わるのは当たり前なのですが、直接会わないことで人柄やヒューマンスキルが伝わらないことがよくあり、見ないと評価できない部分を評価されず質が下がってしまう恐れがあります。

エージェントとの電話面談のリスク2:フィードバックなどに手間取る

エージェントとの電話面談のリスク5つ|電話面談を使いこなすコツ
エージェントと直接会う時間が全くないという方にとってはそれほど大きなリスクではありませんが、エージェントと直接会う時間があるのに電話面談のみで済ませるという方は比較するとフィードバックに時間がかかるようになってしまいます。

直接会うことができればやはりその方がエージェント側も評価はしやすいので動きは速いです。会う時間が作れない人ならば気にする必要は無いリスクとなります。

エージェントとの電話面談のリスク3:完全に理解してもらうことは難しい

電話面談では声の抑揚や話し方を含めてエージェント側も判断することになりますが、やはり電話面談だと直接会ったときに比べると人柄やヒューマンスキルはどうしても伝わりにくくなります。

よくある「電話ではなんとなく印象が悪かったけど、実際に会ってみると良い人だった」というケースが電話面談でも発生しかねないので、結果的に大損してしまうパターンもあります。

エージェントとの電話面談のリスク4:優先順位を低くされる可能性がある

エージェントとの電話面談のリスク5つ|電話面談を使いこなすコツ
エージェントとの電話面談は直接会って相談した人と比べるとどうしても優先順位は低くなってしまうので、質の低い求人しかもってこなくなってしまうという可能性もあります。

もちろん、転職エージェント会社によっては電話面談を通常の面談と同じような優先順位において転職支援サービスをうけさせてくれるところもあります。

エージェントとの電話面談のリスク5:事前準備が必要になる

エージェントとの電話面談も面談形式となっていますので、転職において必要となってくる情報収集のためにいろんな質問が飛んできます。これらの質問に答えられるようにするために、事前準備が必須となります。

履歴書の用意は当然のこととして、どうして転職をしたいのか、どのような仕事をしたいのか、優先事項はどうなっているのかといった質問に直ぐに答えられるような状況を整える必要があります。

エージェントとの電話面談のコツ4つ

エージェントとの電話面談のリスク5つ|電話面談を使いこなすコツ
このようなリスクを抱えているエージェントとの電話面談サービスですが、これらのリスクを理解した上で対応ができればメリットを最大限享受してデメリットを打ち消すことができます。

具体的にどのようなリスク回避が有効なのかを4つほど紹介いたしますので、できる限りそれらを実戦できるようになりましょう。

エージェントとの電話面談のコツ1:なるべく直接面談する時間を確保する

やはり直接会わないと人柄やヒューマンスキルや熱意は伝わりにくいので、電話面談主体になってしまいがちな人でもなるべく直接面談する機会を設ける必要があります。

電話面談の方が気軽だからという理由だけで直接面談を拒むとそれだけやる気が無いとみられがちですので、やる気をアピールするためにも直接面談する時間を確保するのが正解でしょう。

エージェントとの電話面談のコツ2:準備を徹底する

エージェントとの電話面談のリスク5つ|電話面談を使いこなすコツ
転職において重要となるエージェントからの質問にしどろもどろになってしまう方は意志薄弱とみられがちですので、電話面談でも評価を落としてしまう恐れがあります。

ただでさえ電話面談では好印象を与えられる確率は低くなっているので、そこからさらに悪印象を与えがちな行動をするのはよろしくありません。そうならないようにするために準備は徹底してください。

エージェントとの電話面談のコツ3:後回しにされないように熱意をアピールする

エージェントとの電話面談はやはり直接面談よりも優先順位を落とされてしまいがちですので、優先順位を下げられないようにするためには熱意をできる限り伝えてやる気を見せないといけません。

転職エージェントも慈善事業では無いので、できる限りやる気があって転職してくれる人に積極的に求人情報を提供してくれます。このお眼鏡にかなうかどうかが鍵となっています。

エージェントとの電話面談のコツ4:場所を選ぶこと

エージェントとの電話面談のリスク5つ|電話面談を使いこなすコツ
エージェントとの電話面談は1時間程度かかることが当たり前なので、静かな場所でメモをとりながら電話面談できる場所を最初から選ぶことが重要です。

これが街中といった声を拾いにくい場所だと高確率で悪印象を与えてしまいますので、できる限り自分の声が伝えやすい環境を選んでから電話をしましょう。

エージェントで電話面談をする際はコツを押さえて効果的な面談をしよう

エージェントとの電話面談のリスク5つ|電話面談を使いこなすコツ
エージェントとの電話面談はメリットも多いのですがこのようにリスクとなってくるデメリットも多数抱えているのでコツを抑えて効率的に活用するのが正解です。

多くの人達と接してきているプロのエージェントは電話面談だけでもやる気のあるなしを簡単に見抜いてきますので、楽をしたいからという単純な理由で活用するのはやめましょう。

Related