Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月11日

薬剤師が転職に失敗する原因7つ|おすすめ転職エージェント7選

転職しやすい職業の一つに薬剤師があげられます。人手不足で売り手市場だからです。しかし、なかにはそんな薬剤師でも転職がなかなかできないという方もいます。ここではそんな薬剤師が転職に失敗する理由について説明していきます。改善策も併せてぜひ参考にしてみてください。

薬剤師が転職に失敗する原因7つ|おすすめ転職エージェント7選

薬剤師の転職事情

薬剤師が転職に失敗する原因7つ|おすすめ転職エージェント7選
薬剤師とは主に医薬品などを扱う医療従事者のことです。

一般的に薬剤師は人手が不足しており転職しやすいとされています。実際のところ薬剤師の数は確かに不足しており、売り手市場です。しかし、かといってどこにでも簡単に転職ができるわけでもありません。

ここではそんな薬剤師が転職に失敗する原因について説明していきます。転職を成功させるための改善策や転職サービスついても紹介していますので参考にしてみて下さい。

薬剤師が転職に失敗する原因7つ

薬剤師が転職に失敗する原因7つ|おすすめ転職エージェント7選
ここからは薬剤師が転職に失敗する原因について紹介していきます。

薬剤師ならではの原因もありますが、その他の職種にも共通する原因です。これから転職する方も、今まさに薬剤師をしている方にも当てはまる可能性があります。ぜひ一度読んで自分自身を見直してみてはいかがでしょうか。

それではここから主な原因について7つ紹介していきますので、一つずつチェックしてみてください。

薬剤師が転職に失敗する原因1:転職の決断が早い

まず一つ目の理由として転職の決断が早い、ということがあげられます。

薬剤師は人手不足ですのでどこでもすぐに雇ってもらえる、という考えで何も決まらないうちに辞めてしまう方もいます。しかし、案外自分の条件にぴったり合う職場を探すのは難しいです。その結果なかなか自分に合わない企業に焦って転職し失敗というパターンに陥りがちです。

時期尚早という言葉もあります。まずよく考えて準備してから転職しましょう。

薬剤師が転職に失敗する原因2:過信している

次の原因は自分自身に対する過信です。

過信とは、自分に対する評価が高く自身の力量よりも上のことができると思い込むことです。似たような言葉に自信過剰などがあります。

薬剤師は他の職業よりも転職しやすいために自分の力を慢心し、条件を高くしすぎる人も多いです。そのために逆になかなか転職できないという事態に陥ってしまいます。自分の能力を冷静に見極める視点が必要でしょう。

薬剤師が転職に失敗する原因3:経営者の影響

薬剤師が転職に失敗する原因7つ|おすすめ転職エージェント7選
経営者の影響という原因もあります。

転職した先の経営者との相性が悪かったり、経営者の影響が仕事において悪影響を及ぼしていたりという失敗パターンです。一見すると良い企業に見えても転職してみなければわからないことも多いです。

経営者がどういった人物かを見極めることも重要です。

薬剤師が転職に失敗する原因4:転職エージェントの質

転職エージェントの質に問題がある場合もあります。

転職活動は個人でもできますが、転職エージェントを活用すると効率的に転職できます。しかし、必ずしも良い結果を生むとは限りません。転職エージェントにもそれぞれ質に違いがあるからです。

転職エージェントとは転職したい方に企業を紹介してくれるエージェントのことです。自分に合ったエージェントを見つけられなければ、転職したとしても失敗に終わるでしょう。

薬剤師が転職に失敗する原因5:転職理由が不鮮明

次に転職理由が明確にない、不鮮明な場合です。

転職したいという理由がはっきりしないままに転職活動をしても良い結果を得られない場合が多いです。なぜなら企業側に熱意が伝わらないためです。また、転職できたとしても仕事に対する姿勢に影響が出てしまうでしょう。

その結果、せっかく転職できたとしても失敗したと感じるようになってしまいます。

薬剤師が転職に失敗する原因6:知人の紹介

薬剤師が転職に失敗する原因7つ|おすすめ転職エージェント7選
知人の紹介で転職に失敗する、ということも多いです。

紹介されて助かったというケースももちろんあります。しかし、逆に断りづらい知人からの紹介で気乗りしないけれど渋々転職してしまったというケースも多いです。

知人と言っても範囲が広く関係性も人によってさまざま違いがあります。気を遣うような関係性の知人であれば、なるべく最初から紹介されないように避けておくのが無難です。

薬剤師が転職に失敗する原因7:職場見学をしていない

職場見学をきちんと行っていないということが原因の失敗もあります。

転職回数が多いと敬遠されてしまうことも多いです。なるべくなら失敗は少ない方が良いでしょう。そのためには自分に合っているかどうか職場を実際に見てみることが重要です。

実際に企業に赴き職場の雰囲気や人の様子を見ないまま決めてしまうと、転職した後に「失敗した」と感じることが多くなります。面倒くさがらずにきちんと職場見学をしましょう。

薬剤師が転職に失敗しないための改善策4つ

薬剤師が転職に失敗する原因7つ|おすすめ転職エージェント7選
失敗する原因についてさまざま見てきましたが、では一体転職に失敗しないためにはどうすれば良いのでしょうか。

ここからは上記の失敗する原因を踏まえたうえで、改善策について紹介していきます。薬剤師としてもそうですが、他の職種にも当てはまる方法です。

自分がなぜ転職に失敗したのかを考えながら読んで改善していきましょう。

薬剤師が転職に失敗しないための改善策1:徹底した情報収集

まず大切なのは転職先をきちんと見極めることです。そのために必要なのが情報収集です。

その際に重要なのは「なんとなく」ではなく目的を持った徹底的な情報収集です。少し調べて安心してしまう方もいますが、それでは意味がありません。

自分自身が後悔しないように徹底的に情報を収集しましょう。

薬剤師が転職に失敗しないための改善策2:優先条件などの明確化

自分自身の条件が曖昧な場合、転職したあとに失敗したと感じることが多くなります。そこできちんと決めておくべきなのが、転職する場合の条件の優先順位です。

人それぞれ理想とする転職の条件があるでしょうが、その条件が全てがそろった転職先というのもなかなかありません。しかし、絶対に譲れない部分を押さえておけば失敗したと感じることも少ないです。

自分がどの部分に重きを置くかをあらかじめ決めておきましょう。

薬剤師が転職に失敗しないための改善策3:職場見学へ行く

薬剤師が転職に失敗する原因7つ|おすすめ転職エージェント7選
意外とできていないのがきちんとした職場見学です。

自分が働く職場を見に行くというのは転職を失敗しないために重要なポイントです。条件だけ見て良いと感じた企業でも、実際に赴いてみると印象が変わったということはよくあります。

そういった自分の中で感じた違和感というものは結構当たります。ぜひきちんと職場見学をして、自分自身で職場の雰囲気を体感してみましょう。

薬剤師が転職に失敗しないための改善策4:ネガティブ転職をやめる

ネガティブな転職とは後ろ向きな理由が原動力になった転職活動です。

そのこと自体が反骨精神になって気力がわいてくるのであれば、そこまで悪いことではありません。しかし、ネガティブな思考でなんとなく転職先を決めるなど、やる気のない方法で決めるとあとから後悔することが多いです。

自分に言い聞かせることで良い方へ思考を導き、ポジティブ転職を心がけるようにしましょう。

薬剤師の転職におすすめの転職サービス7選

薬剤師が転職に失敗する原因7つ|おすすめ転職エージェント7選
転職に失敗する原因を見つめ直して改善策についても考えた後は、再度あきらめずに転職活動です。

転職するにはさまざまな方法がありますが、今ならネットで転職サービスを利用するのがおすすめです。とはいっても検索するとたくさんのサイトが出てきてしまい、迷ってしまう方もいるでしょう。

ここからは薬剤師に特化した転職サービスについて紹介していきます。どこを利用するか迷った方はぜひ参考にしてみてください。

薬剤師の転職におすすめの転職サービス1:マイナビ薬剤師

薬剤師が転職に失敗する原因7つ|おすすめ転職エージェント7選
まずおすすめなのが「マイナビ薬剤師」です。聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。

マイナビ薬剤師は薬剤師転職支援サービスにおいて5年連続満足度No.1と、利用者にとって信頼度がとても高いサービスです。紹介される求人も豊富で自分の条件に合った職場が見つけられます。また、面談で直接キャリアアドバイザーに相談することもできます。

薬剤師の仕事を探している方は利用してみて損はないでしょう。

薬剤師の転職におすすめの転職サービス2:ファルマスタッフ

次に紹介するのは「ファルマスタッフ」です。

シンプルですっきりしたサイトが検索しやすく、求人情報も充実しています。サービスを利用する際の導線もわかりやすく記載されており、初心者にも取っつきやすい仕様です。

とりあえず迷ったら求人特集などを見てみると良いでしょう。さまざまな薬剤師の求人特集が載っています。これらを見ながら自分の条件と照らし合わせてみるのもおすすめです。

薬剤師の転職におすすめの転職サービス3:薬キャリ

次に紹介するのは「薬キャリ」です。

薬キャリは日本最大級の薬剤師転職サイトです。紹介求人数は4万件以上で会員数も多いです。転職したくとも求人数が少なければ希望の職場を見つけることは難しいので、求人数の多いサイトに登録しておいて損はありません。

また、面談がなく電話のみというのは人によって賛否が分かれそうですが、それゆえに対応が早いともいえます。直接面談にこだわりがなければぜひ利用してみてください。

薬剤師の転職におすすめの転職サービス4:ファーマジョブ

薬剤師が転職に失敗する原因7つ|おすすめ転職エージェント7選
次に紹介するのは「ファーマジョブ」です。

ファーマジョブは北海道に本社があるため北海道の地域に強いとされていましたが、今は国内のさまざまな場所に拠点があり全国規模で展開している転職サービスです。

薬剤師のためのおすすめコンテンツが充実しており、面接マニュアルや体験談など役立つ情報がいっぱいです。転職の失敗例や成功体験談なども載っており、転職活動の参考になるでしょう。ぜひ一読してみてください。

薬剤師の転職におすすめの転職サービス5:薬剤師求人.com

次に紹介するのは「薬剤師求人.com」です。

薬剤師求人.comは薬剤師が企画した薬剤師専門の求人サービスです。約25サイトが持つ求人情報を一気に探せるとても便利なサイトです。ここに登録するだけでそれぞれのサイトに行かずとも応募できてしまいます。

応募のたびにいちいち情報を入力しなくて済みますので手間いらずで簡単です。また、複数のアドバイザーが付くことによって妥協しない転職活動ができます。

薬剤師の転職におすすめの転職サービス6:ヤクジョ

次に紹介するのは「ヤクジョ」です。

ヤクジョはその名のとおり主に薬剤師女子をメインターゲットにしている転職サービスです。もちろん性別問わずだれでも利用できますし男性利用者も多いです。

求人情報については非公開や独占求人などの案件が多数で、主に調剤薬局の求人が豊富です。土日祝日などでもキャリアカウンセリングを受けられるのも特徴の一つです。

転職を考えている薬剤師女子は登録してみてはいかがでしょうか。

薬剤師の転職におすすめの転職サービス7:リクナビ薬剤師

薬剤師が転職に失敗する原因7つ|おすすめ転職エージェント7選
次に紹介するのは「リクナビ薬剤師」です。

リクナビ薬剤師はかなり認知度の高い薬剤求人サイトではないでしょうか。リクルートという大手の会社が運営しているのもあり、利用するにあたって安心感があります。

特徴は大手をメインに紹介してくれるという点です。大手の求人を希望する方に特におすすめですので、ぜひ利用してみてください。

薬剤師が転職に失敗する原因を知ろう

薬剤師が転職に失敗する原因7つ|おすすめ転職エージェント7選
ここまで薬剤師が転職に失敗する原因や改善策についてさまざま説明してきましたが、いかがだったでしょうか。

薬剤師に限らず転職は難しいことが多いです。失敗を繰り返していれば自信もなくなっていくでしょう。しかし、そんな時こそ冷静に原因を見極めることが重要です。失敗の中から学び原因を自覚することで改善策が見えてきます。

ぜひ失敗にめげずに原因を見つけ出し、次の転職に生かしていきましょう。

Related