Search

検索したいワードを入力してください

2019年07月05日

マーケティングスペシャリストってどんな仕事?必要な能力5つと仕事内容5つ

今回はマーケティングスペシャリストとして仕事をする上で必要になる能力や、その仕事内容、実際になる際の注意点についてご紹介していきます。マーケティングスペシャリストの仕事に興味がある方、転職を考えているという方はぜひ読んでみてください

マーケティングスペシャリストってどんな仕事?必要な能力5つと仕事内容5つ

マーケティングスペシャリストとは

マーケティングスペシャリストってどんな仕事?必要な能力5つと仕事内容5つ
マーケティングスペシャリストはMSと略されることも多い言葉で、医薬品卸企業での営業職のことです。特に資格などがあるわけではなく、多くの医薬品卸企業でこの職種で働いている人がいます。

今回はこのマーケティングスペシャリストとして仕事をする上で必要になる能力や、その仕事内容についてご紹介していきます。

マーケティングスペシャリストの仕事に興味がある方、転職を考えているという方はぜひ読んでみてください。

年収

マーケティングスペシャリストの平均年収は800万円ほどで、数ある職業の中では高めと言えます。

ただし企業の規模によって年収に大きく差が開く傾向にあります。同じマーケティングスペシャリストでも中小の医薬品卸企業で働いている場合には、その年収は600万円ほどと言われています。

また、新卒入社でマーケティングスペシャリストになった場合は、年収400万前後からスタートする場合が多いです。

マーケティングスペシャリストの仕事に必要な能力5つ

マーケティングスペシャリストってどんな仕事?必要な能力5つと仕事内容5つ
ここまでマーケティングスペシャリストの概要をご紹介しました。

ここからは実際にマーケティングスペシャリストの仕事に就くために必要な能力を5つご紹介します。一般的な営業職とは異なった能力も、マーケティングスペシャリストには求められています。

マーケティングスペシャリストになりたいと考えている方は自身の能力の確認も兼ねて、ぜひ参考にしてみてください。

マーケティングスペシャリストの仕事に必要な能力1:自己管理能力

マーケティングスペシャリストの仕事では、会社に出勤せず直接医療機関や調剤薬局に出向いて営業を行うことが多いです。体調を崩しての欠勤や遅刻が許されないような環境での仕事になります。

また基本的に数字や結果重視の仕事となります。結果を出すにはまず自身のコンディションを整えなくてはいけません。

これらの要素を総合的に見て、きちんとした自己管理ができる能力がマーケティングスペシャリストの仕事には求められます。

マーケティングスペシャリストの仕事に必要な能力2:自己処理能力

マーケティングスペシャリストの仕事は営業職です。ほとんどの場合は個人で取引先に向かい、その場で契約を結ぶ形になります。基本的に営業の判断、決定権は個人に一任されます。

そのため、現場での仕事を個人で処理できるだけの判断力や決断力がなければ、マーケティングスペシャリストの仕事に従事するのは難しいと言えるでしょう。

マーケティングスペシャリストとして仕事をするためには、高い自己処理能力が問われます。

マーケティングスペシャリストの仕事に必要な能力3:コミュニケーション能力

マーケティングスペシャリストは医療機関や調剤薬局の担当者と医薬品の価格交渉を行ったり、メディカルレプレゼンティティブ(MR)と呼ばれる医薬情報担当者と医薬品についての情報を交換したりすることが主な仕事内容になります。ここで大切なのがコミュニケーション能力です。

日々たくさんの人と円滑にコミュニケーションをとる必要があるため、マーケティングスペシャリストには高いコミュニケーション能力が必要とされます。

マーケティングスペシャリストの仕事に必要な能力4:プレゼンテーション能力

マーケティングスペシャリストは医師や薬剤師、担当者のところへ何度も足を運び、医薬品の価格や自身方仕入れるメリット、その他医薬品に関する情報を適切にプレゼンテーションする必要があります。

人の命に関わる内容となるだけに、正しく伝える能力がマーケティングスペシャリストの仕事には必須となります。マーケティングスペシャリストを目指すのであれば、高いプレゼンテーション能力を養うことが大切です。

マーケティングスペシャリストの仕事に必要な能力5:医薬品に関する知識

マーケティングスペシャリストってどんな仕事?必要な能力5つと仕事内容5つ
マーケティングスペシャリストはその仕事の性質上、さまざまな医薬品に関する知識を持ち合わせておく必要があります。

医師や薬剤師から医薬品に関して質問された場合に、その場ですぐに回答するのはもちろんのこと、状況に合わせて製薬会社のメディカルレプレゼンティティブに説明を依頼することも必要になります。

営業先との信頼関係の構築のため、医薬品に関する知識は日々勉強しておくことが求められます。

マーケティングスペシャリストの仕事内容5つ

マーケティングスペシャリストってどんな仕事?必要な能力5つと仕事内容5つ
ここまで、マーケティングスペシャリストに必要な能力についてご紹介してきました。かなり高く、専門性もある能力が必要であることが分かります。

ここからはマーケティングスペシャリストの実際の仕事内容を5つご紹介していきます。

マーケティングスペシャリストは営業職ですが、医薬品の営業以外にもさまざまな内容の仕事があります。マーケティングスペシャリストの仕事について知識を深めるために、ぜひ読んでみてください。

マーケティングスペシャリストの仕事内容1:医薬品や医薬機材の供給

マーケティングスペシャリストってどんな仕事?必要な能力5つと仕事内容5つ
マーケティングスペシャリストの主な仕事のうちの一つに、製薬会社から仕入れた医薬品や医薬機材などの商品を、医療機関や調剤薬局に安定的に供給することがあります。

毎朝営業先の医療機関や調剤薬局を訪問し、医薬品の不足や新たに必要になったものがないか確認し、価格を交渉の上定数を卸せるように調整する必要があります。

また時間外の対応など、その取引先ごとに臨機応変に供給できる準備を整えておくことも必要です。

マーケティングスペシャリストの仕事内容2:薬の効能や医療制度の情報提供

マーケティングスペシャリストが提供するのは医薬品そのものだけではありません。医薬品が適切に使用されるよう、薬の効能や安全性の情報、医療制度の情報を合わせて提供することが求められます。

そのため製薬会社ごとの医薬品の特徴を事前に確認し、提供できるよう努めなくてはなりません。

日々新しい医薬品が世に出ている以上、常にアンテナを張って新しい情報を敏感にキャッチできるようにする必要があります。

マーケティングスペシャリストの仕事内容3:医療機関や調剤薬局との価格交渉

マーケティングスペシャリストは営業職のため、当然ながら利益の確保も重要な仕事となっています。

価格交渉を行う際に不当な価格での取引にならないよう、マーケティングスペシャリストは製薬会社ごとに異なる製品の特徴など、幅広い商品知識を持っておく必要があります。

その医薬品にどのような効能があり、どれほどの価値があるのか、きちんと伝えた上で価格を交渉することが求められます。

マーケティングスペシャリストの仕事内容4:医師や薬剤師へのサポート

マーケティングスペシャリストってどんな仕事?必要な能力5つと仕事内容5つ
情報提供の項目でもお話ししたとおり、マーケティングスペシャリストの仕事は単なる医薬品の販売だけではなく、それに付随する情報の提供も仕事内容の一つとなっています。

この時医師や薬剤師に対して必要な情報を適切に伝えることで、間接的に医師や薬剤師の仕事をサポートすることができます。

営業として、サポーターとして人の命を預かる現場の業務に関われることは、仕事のモチベーション向上にもつながるでしょう。

マーケティングスペシャリストの仕事内容5:医薬品の品質保持

マーケティングスペシャリストは、所属する医薬品卸企業が仕入れた医薬品を医師や薬剤師の元まで品質を保って届ける責任があります。人の命に関わるため、その責任は重大です。

医薬品は人間の生命や健康に大きく影響するものであるために、取扱や保管方法に厳しい規制が設けられています。所属する医薬品卸企業と連携を取りながら、医薬品の品質を保ってスムーズに医薬品を医師や薬剤師に提供する努力を惜しまないことが大切です。

マーケティングスペシャリストとして働く上での注意点5つ

マーケティングスペシャリストってどんな仕事?必要な能力5つと仕事内容5つ
ここまで、マーケティングスペシャリストの仕事内容をご紹介してきました。

ここからは、マーケティングスペシャリストとして働く上での注意点を5つご紹介していきます。

人の命に関わる仕事であるが故に、業務にはさまざまな観点からの注意点が存在します。ぜひ確認してみてください。

マーケティングスペシャリストとして働く上での注意点1:ノルマを求められる

マーケティングスペシャリストってどんな仕事?必要な能力5つと仕事内容5つ
マーケティングスペシャリストは基本的には営業職です。実績を上げなければ評価されないのが現実です。

マーケティングスペシャリストは、他の医薬品卸との競合がある中で厳しいノルマを与えられます。ノルマの達成のために時として飛び込み営業で新しい取引先を開拓する必要に迫られることも多いです。

また他のマーケティングスペシャリストから業務を引き継いだ場合、その取引先が取引を継続してくれるかは自身の力量次第です。

マーケティングスペシャリストとして働く上での注意点2:関係者への気遣い

取引先の医療機関や調剤薬局では、患者の方の希望や状態に合わせた対応が必要になる場合も少なくありません。イレギュラーな内容であっても、柔軟に対応する必要がある場合があります。

イレギュラーが起きた際、マーケティングスペシャリストもまた、案件の内容に応じて通常の時間外に医療機関や調剤薬局に出向いたり、相談に乗ったりする気遣いが求められます。それは医薬品を使用する患者の方への配慮にもなっていきます。

マーケティングスペシャリストとして働く上での注意点3:残業や休日出勤の多さ

マーケティングスペシャリストは不定期に医師や薬剤師からの業務外サポートを求められることがあるため、残業や休日出勤が必要になる場合が多く、非常に忙しい仕事であると言えます。

一般的には激務と言われる職業になるため、日頃から健康管理などの自己管理を徹底しコンディションを整えておく必要があると言えます。

また、自身の時間を自由にするということが難しい職業である、ということも覚悟しなければなりません。

マーケティングスペシャリストとして働く上での注意点4:国の政策でビジネスモデルが影響される

マーケティングスペシャリストってどんな仕事?必要な能力5つと仕事内容5つ
医療用医薬品は国によって薬価が定められています。

基本的に医療機関などでは法定薬価よりも安い価格でマーケティングスペシャリストから薬を仕入れており、この仕入れ値は国が2年ごとに新しい薬価を設定する際の参考になっているため、ほとんどの薬は法定薬価が下がることになり利益率があまり良くないのが現状です。

国の医療政策次第では、会社の経営が大きく左右されます。転職を検討する際は確認しておくと良いでしょう。

マーケティングスペシャリストとして働く上での注意点5:育休や産休制度が整っていない可能性も

マーケティングスペシャリストの仕事の性質上、産休・育休などの福利厚生が行き届いていなかったり、あっても受けにくい会社が多いのが現状です。

これには女性のマーケティングスペシャリストがまだ少ないことも影響しているのですが、女性のマーケティングスペシャリストは女性医師や薬剤師と仕事をする際にコミュニケーションが取りやすいこともあり、採用を歓迎されることがよくあります。

マーケティングスペシャリストは個人に重きを置いている業務である

マーケティングスペシャリストってどんな仕事?必要な能力5つと仕事内容5つ
いかがでしたか。今回はマーケティングスペシャリストについて、必要な能力や業務内容、実際になる際の注意点をご紹介しました。

マーケティングスペシャリストは激務ですが、チームワークを主体とする仕事が多い日本において個人に重きを置いた職業であり、自身の裁量や能力で仕事を進めていくタイプの人には向いている仕事と言えます。

ただしこの仕事は、人の命に関わるものであるという自覚を忘れないことが非常に重要です。

Related